« 芸術って何 | トップページ | 本物だけ残すのは難しいけど »

2012年9月19日 (水)

中国が怒るから

「デモ」と称する中国人の乱暴狼藉を、「日本があんなことするから中国人が怒った」とコメントする人が結構いるのに驚かされます。

例えばTBSラジオの武田一顕記者は「(この喧嘩を)始めたのは野田首相の方なんですから、後始末をちゃんとしてほしいものです」などと言い、同じくTBSラジオ「デイキャッチ」の近藤勝重コメンテーターは、「どのタイミングでどういうことをすれば中国が怒るのか、その後のことまで考えて行動してほしいですね」みたいなことを言っていました。

その他のメディアでも、石原都知事が「島を買います」と言い出したからこんなことになった、というニュアンスの発言を見かけます。

「日本は中国が怒ることをしてはいけない」という思い込みですね。ヤクザに脅されて言いなりになっているのと同じ構図だということに気づいていないようです。

その気になればカードは出せるでしょう。

信じられないことに、あの経済大国にまだODAで援助をしているそうですし、日本企業が進出していることで中国人の雇用も生み出している。 もうやめますよ、引き上げますよ、と言ってみることぐらいできるでしょう。

こういうやり方を「外交」というんだそうです。
「中国を怒らせることはしてはならない」と思い込んでいる人々は「なんとか外交努力を」と言いますが、こういう「相手を困らせる外交をしたらどうだ」という提案はいっさいしませんね。 まごころで話し合うことが外交努力だと思っているみたいです。

今度自民党が政権とったら、国家としてあるべき頼もしい駆け引きが期待できるんでしょうか。今までできなかったのに。

.
    強く逞しくなって戻っておいで、自民党人気blogランキング

.

|

« 芸術って何 | トップページ | 本物だけ残すのは難しいけど »

コメント

御無沙汰しております。

 貴女の主張に全面同意致します。マスコミに登場する著名人ばかりではなく、ネットにも同じ意見の者も珍しくありません。少し前、拙ブログにもそんなブロガーからコメントがあり、結局その人物とは大喧嘩となりました(笑)。
 先日その者をネタにした記事を書きましたが、要するに主旨は「中韓が怒るから冷静に」に付きます。「中韓が怒るから」と言う者でなければ、メディアから締め出されるようになってきたのかもしれません。
 
 今年夏頃のブログ記事に、「ロシア政府は秘かに西欧のPR会社を使って、環境論者ら、真正の環境団体などに働きかけて」いたという一文がありました。これら西欧の環境系団体には、実は昔からの左翼系人が多く、今ではプーチンが環境擁護論のチャンピオンとなっているとか。
http://79909040.at.webry.info/201208/article_3.html

 日本でも似た流れがありますよね。改めて脱原発や平和主義を唱える者には、胡散臭い連中がいると感じられました。現に私がネタにした人物も、環境と平和を訴える似非菜食主義者でした。

投稿: mugi | 2012年12月19日 (水) 22時07分

★mugiさん

お久しぶりです。
怒らせると怖いからと言うなりになっていると、結局もっと怖い事態に陥ると思うんですけどねえ。

プーチン氏は自国の権益を守るために、環境保護を声高に叫び、アメリカのシェールガス採掘事業に反対しているわけですね。
どの国も自国を守るためにエゴイスティックにならざるを得ず、そのエゴの度合いの強いのが大国、ということになりますか。
プーチンが戦略的に環境保護を訴え、宗教的な思い込みを持つ左翼系の人々がそれに乗せられているという構図ですか。
いずれにせよエネルギー問題さえ解決すれば、世界は平和になるでしょうが。

投稿: robita | 2012年12月20日 (木) 11時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国が怒るから:

« 芸術って何 | トップページ | 本物だけ残すのは難しいけど »