« 内田樹の研究室 | トップページ | 芸術って何 »

2012年9月 7日 (金)

祖国

選挙というのは、自らの政策を述べて「私はこういう政策を考えています。実現させるために議員にならせてください」と訴える候補者に応じて、自分の利益や国益を考慮して有権者が一票を投じることですね。

最近は、「自分の利益になるかどうか」より「国を良くするため」という観点で選挙を考える人が、昔よりずっと多くなっているのではないでしょうか。無党派層の増大と重なります。

小泉郵政選挙、民主党圧勝選挙、さらに大阪維新の会への期待の大きさは、いくら学者や評論家が「まだ懲りないのか!」と怒ろうが、旧弊にとらわれた政治構造のしぶとい壁を突破して国力を甦らせてくれるリーダーを捜し求める日本国民の率直な思いを物語っていると思います。

未熟で支離滅裂な民主党にうんざりし、長老の支配する自民党も信用できない国民が、国の統治システムを根本から変える道州制・地方分権をはっきりと打ち出した橋下徹氏の突破力に期待するのも尤もなことです。

民主党は、政策を数字まで細かく羅列する「マニフェスト」なる公約を掲げましたが、それはあまり意味がなかったのではないかということになったようです。

細かい数字の約束は利益誘導選挙、御用聞き政治をもたらします。

大きな国策としては消費税の問題がありますが、「消費税を上げます」と言ったって、上げれば本当に財政が改善するのか、また「しばらくは上げません。経済成長にうんと力を入れます」と言ったって、どうすれば経済が成長するのか、そんなことは素人の国民にはわかりません。
原子力政策にしても同じことが言えます。
国民に正しい判断などできないのです。

だからそういう経済やエネルギー政策については、「こっちのほうがいいような気がする」とか、「好きな政治家の言うことだから信用してみよう」程度のおおまかな選択でも仕方がないかなと思います。国民は日々の生活に忙しく、政策の勉強なんかできません。

私はそれでもいいと思います。政治家のホームページを読んだりテレビ討論を聞いたりして、「この人信頼できそう」と感じて支持する、というぐらいのものでいいと思います。

そうやって選んだ政治家が「国民の負託にこたえて」一所懸命政治をやってくれることを期待しながら、私たちは政治を見つめ続けるしかないでしょう。
だって、ほんとうに細かい政策のことなんかわからないのですから。

しかし、どうしてもしっかりと理解してから投票行動に臨まなければならないことがあります。

それは「国家観」であり「国の誇り」だと思います。

「国の誇り」とはなんでしょうか。

「毅然たる態度」とか「気概」とか「愛国心」とか「日本人としての誇り」などという言葉を聞くと、鼻で笑うような態度をとる人がいます。左翼に多いです。

軍国主義につながる、などという勘違いをしているのでしょう。

戦後平等主義教育や平和教育が日本人に事なかれ主義を植え付け、気概を失わせた、という論議は、いやというほどそこら中にあふれています。

そうなんです。日本人の、というより為政者の事なかれ主義がどこからきたものか、もう「いやというほど」私たちは思い知りました。

国を統治する者が外交交渉の際、「一方的にそちらの主張だけを通させるわけにはいかない。こっちの言い分も聞いてもらう。さもなくばこういう手段も使わざるを得ない」という一歩も引かない態度を取れるかどうかは、憲法9条の改正にかかっていると思います。
外国から理不尽な要求を突きつけられた時、いつもいつも日本はお金で解決してきたのではないでしょうか。それが左翼の言う「話し合いで解決」ということだったんじゃないでしょうか。
お金ですむことなら、という精神で外交をやってきたのは、日本が経済的に勢いのあった頃の自民党と、憲法改正を口にすることができなかった社会の雰囲気のせいだと思います。
いまもなお、経済的に不利益だから、という理由で外国の脅しに立ち向かおうとしない政治家や官僚が国を支配しています。

いざという時の腕力はものを言います。「腕に覚えあり」の自信は、それを使わずとも相手をたじろがせます。

庶民の一人ひとりが「誇り高く」「毅然と」した人間に生まれ変わるべきだ、ということではありません。

私なんかも相当な「ビビり人間」でありまして、怖い人に大声で怒鳴られたら、こっちが悪くなくても謝ってしまいそうです。

けれども、国のエリートたるリーダーには、誇り高くあってほしい。国民を守る気概を持ってほしいのです。

そういうリーダーを見つけ、国を託すことこそ、私たち国民のやるべき仕事だと思います。

民主党政権になってからの総理大臣はひどいものでした。

鳩山さんは、良い人でしたが最も政治家に向いていない子供のような人でした。
菅さんは、国のことより保身と自己実現に必死な人でした。

野田総理は、保守思想と穏やかで誠実な人柄と職務に忠実な姿には好感が持てますが、民主党にいることで手足が縛られて決断ができません。国のためなら民主党一党壊すぐらいの覚悟を持ってほしいものですが、そういう一世一代の大仕事が出来ません。
尖閣諸島の問題でも、魚釣島を購入後、野田総理は石原都知事が条件としていた船だまり(漁船の避難港)や電波の中継基地の建設を進める意志があったそうですが、それを引っ込めて現状維持で何も建設しないことに決めました。
何故か。
外務省の圧力に屈したそうです。具体的に言うと親中派の岡田克也副総理が「そんなことをしたら代表選挙であなたを支援することはできない」と脅したそうです。
昨日ラジオ番組(ニッポン放送「ザ・ボイス」)で、独立総合研究所の青山繁晴氏が暴露していました。

いくつかの言葉で検索してみましたが、このことを書いているブログ記事はありません。書いてはいけないことなのでしょうか。
それとも、あの放送を聴いて尚且つネットで取り上げようと思う人が皆無だったのでしょうか。

青山氏は官邸で総理の側にいる人から直接聞いたと言っていますからでたらめとは思えません。「僕は売国奴という言葉は使いたくないけれど、野田首相は総理の椅子を失いたくないばかりに国を売ったのだ」と言っていました。

.
今度の民主党代表選では、イケメンであれば勝てるのではないかというバカみたいな戦略で細野豪志環境相を推す一派が出てきたようです。

問題は民主党をどうするかではなくて国をどうするかなのですが、まあ、議席獲得のためにはなりふり構わなくなるのでしょうね。そんな風に振るまうのも仕方のないことです。

しかし、国民としては「仕方がない」と言ってはいられません。いらない人は落とさなければなりません。

今、日本の「維新」の始まりの始まりではないでしょうか。

党首が決まったら近いうちに解散総選挙があるでしょう。私たち国民が維新を起こすチャンスです。

政界再編の離合集散のうちにしばらくは混乱が続くでしょう。

どのように収斂されて、どのくらいの時間をかけてしっかりとした政権ができるのかわかりませんが、願わくは、保守思想と若さ溢れる経済建て直し戦略とを併せ持った政治家に政権を取ってもらいたいと思います。

自民党が勝てばそれで良いと思いますか?

我々が選んだ政治家の真っ当な意志を阻止しようとする官僚組織をほんとうにこのままにしていればそれで済むと思いますか?

「大阪維新の会」の台頭を、「小泉チルドレンや小沢チルドレンのように胡散臭いではないか。もういい加減に学習せよ!」と怒ってさえいれば済むと思いますか?

改革にチャレンジしようとする人たちが現れたら、私たちはそれを応援するしかないではありませんか。他にどうせよというのです。
何度でもやってもらえばいい。成功するまで何度でも。
もう誰にも期待しない、というのはあきらめることですか?
祖国をあきらめるのですか?

どうですか。せっかく、主婦カテゴリーにいるので、主婦のみなさんに聞いてみたいと思います。

.
   
   応援したい政治家はいますか 人気blogランキング

.

|

« 内田樹の研究室 | トップページ | 芸術って何 »

コメント

主婦じゃありませんが(笑)、大阪維新の会を支持しないことと祖国をあきらめることがなぜ直結するのか、その論拠がわかりません。

robitaさんの物言いはただの脅迫ではないですか?

投稿: かせっち | 2012年9月 7日 (金) 19時05分

★かせっちさん

>大阪維新の会を支持しないことと祖国をあきらめることがなぜ直結するのか<

脅迫してるわけじゃありませんが(笑)

別に維新の会じゃなくてもいいんです。「あの自民党に政権が戻るだけでいいんですか」ということを問うているんです。
依然として長老たちが力を持っている自民党と今のままの官僚組織では、結局何も変わらないんじゃないですか、ということを言いたいのです。

かせっちさんは、自民党が政権を取り戻せば景気も回復するし、国が沈むことはないというお考えでしょうから、維新の会のような異端は邪魔になるだけだと思っていらっしゃいますよね。
だけど、ほんとうにそうでしょうか。

思い切った改革を断行するためには突破力を持った大きな力が必要じゃないでしょうか。

それとも「思い切った改革」など日本に必要ない、とお考えですか。

投稿: robita | 2012年9月 7日 (金) 20時25分

>かせっちさんは、自民党が政権を取り戻せば景気も回復するし、国が沈むことはないというお考えでしょうから、維新の会のような異端は邪魔になるだけだと思っていらっしゃいますよね。

勝手に私の考えを決めつけないで頂きたいものです。思いこみで話をしているだけではないですか?

投稿: かせっち | 2012年9月 8日 (土) 17時58分

★かせっちさん

申し訳ありません。
今までのお話から自民党支持だと勝手に思い込んでいました。

投稿: robita | 2012年9月 8日 (土) 22時53分

わたしは主婦です。ただしカテゴリーは、ダメ主婦(笑)。

わたしは、「野田総理やるじゃん」という印象です。
自民党政権ではできなかった消費税引き上げを、曲がりなりにも通したし(あれ?まだ途中でしたっけ?)、韓国が竹島を実効支配していることに対して「不法占拠」と明言したし、小泉さんのようなメディアの使い手ではないですが、同じように自分の考えを行動に移している(移そうとしている)と思います。

尖閣諸島の問題については、今の状況で中国を刺激するのは得策でないと考えたのではないでしょうか。お子ちゃまの鳩山さん(robitaさんの鳩山さん批評は、あまりにもぴったりで吹き出しちゃいました)が冷え込ませてしまったアメリカとの関係をもうちょっと修復し、日本を怒らせるとアメリカを敵に回しちゃうかも?くらいなムードにしてからじゃないと、中国の反撃に対して十分な備えができないんじゃなかと思います。
アメリカとの関係だけでなく、中国の反撃に対して十分効果のあるさらなる反撃を用意していないと、石原都知事の言うようなことはできないんじゃないかな?

それと、もうちょっと経済を強くしたいですよね。
製造業だけではもう立て直せないのじゃないかと思います。でも、技術力は世界一レベルですから、もっと知的所有権の保護政策をとるとか、その世界標準を定めるシステムを構築するとか、あるいは、日本流の笑顔たっぷりサービス抜群の小売業を広めるとか、時間に正確な交通や物流システムを売るとか、なんかこう、日本発の世界標準を作れないものですかね。やっぱ、仕組みというのは先発に優位があると思うので。

だけど、今は正直言ってあまり選挙に興味ないですね。
そんなことより、早く東北のかれきをなんとかして欲しいです。あれじゃ、東北の急成長は難しいでしょう。選挙になると俄然張り切る政治家って、なんなんでしょうね~(呆)。

投稿: とと | 2012年9月 9日 (日) 00時23分

★ととさん

良いご意見だと思います。
野田総理は、ほんとに我慢強く粘りますよね。今国会で成立させたのは消費税増税だけだそうですが。
でもねじれ国会では誰がやってもそんなものではないでしょうかね。

尖閣の問題は仰るように、日米同盟を確固たるものにすることが大事ですね。
もちろん、まずは日本が自分の力で守る意志がなければ、いくら同盟国でも自分たちの血を流してまで助けてはくれないでしょうが。

経済のこと、震災復興のことを考えれば、選挙などやってる場合じゃない、というのはわかるのですが、そもそもなぜ何もかもうまくいかないのかといえば、民主党が政権を担っていることや衆参がねじれていることが原因だと思うんです。
だから、選挙は「急がばまわれ」ということじゃないでしょうか。
選挙で自民党が勝つ公算は大きいでしょうが、自民党単独で政権ができないとなると、どこと組むかということになります。
で、民主公明と組むのか、維新の会と組むのかというのが問題になっていますよね。

自公民連立では結局、元に戻ってしまいます。国民が長年なんとかしてほしいと思ってきたのは「政・官・業」とか「産・官・学」(原子力ムラはその最たるもの)とかの利権構造ですよね。
いくら景気が良くなったとしても、こういうものができてしまう土壌をそのままにしておいては、財政はちっとも良くならないんじゃないでしょうか。
例えば、原子力ムラが悪いから、原発はやめて再生可能エネルギーにしたとしても、結局「再生エネルギームラ」ができるだけ、と言われます。
国のしくみを変える、と橋下さんがしきりに言うのはそういうことだと思うんです。

いま、そういう構造を大きく改革するチャンスじゃないでしょうか。
その点で、根本から変えることを目指している大阪維新の会以外、期待できる政治グループはないでしょうに、「民主党に騙されたように同じことの繰り返し」とすっかりしらけた人が多いのも、これまでの経緯を考えると無理もないのですが、あきらめてほしくない、と思います。
維新の会は素人集団です。けれども、自民党から派生した民主党とは違います。素人だからこその思いもよらぬ改革をやってくれないかな、と思います。
自民党の改革派と組んで突撃隊の役割を果たしてほしいのですがどうでしょうか。
もっとも、国民の多数が「根本を変えるのは恐ろしい。それならば元の木阿弥でも自民党でいいや」と思うのなら仕方がありませんけどね。

投稿: robita | 2012年9月 9日 (日) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祖国:

« 内田樹の研究室 | トップページ | 芸術って何 »