« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月28日 (日)

目を覚ませ

≪作家の村上春樹さん(62)が、東アジアの領土をめぐる問題について、文化交流に影響を及ぼすことを憂慮するエッセーを朝日新聞に寄せた。村上さんは「国境を越えて魂が行き来する道筋」を塞いではならないと書いている。≫
のだそうです。

一ヶ月も前の朝日新聞への寄稿ですが、昨日本屋さんで「月刊WiLL」を捲っていて山際澄夫さんの記事で知りました。

いつもの「日本人にお説教」ですね。中国を怒らせるようなことをする日本が悪いのだ、と。

山際さんも書いていましたが、村上さんは中国問題がどういうことなのか考えたこともないのでしょう。

文化交流が断ち切られることに深い悲しみを持つのは理解できます。
「『国境を越えて魂が行き来する道筋』を塞いではならない」という文学的表現もとても素敵です。

しかしそれを「日本のせい」にするのは何故ですか。
情緒だけで世界を判断してくれては困ります。

中国のふるまいを、そして日本の姿勢を、最低限の知識としてちゃんと頭に入れてほしいのです。

よくこう言う人がいます:
「せっかく鄧小平の時代から日中でお互い『棚上げ論』を守ってきたのに石原都知事が『尖閣を買う』なんて言い出した。日中関係の悪化はそんなことを言い出した人間の責任だ」

これは明らかに間違いです。

「棚上げ」というのは、鄧小平が勝手に言い出したことで日中で合意したことではありません。
仮に合意したことだったとしても、先に「俺のものだ俺のものだ」と強硬な態度を押し進めてきたのは中国のほうです。
それを何とか穏便に収めようと努力してきた日本に対し、足元を見てなおも図々しく出張ってきたのも中国です。

たしかに都知事が「買う」と言わなければ、反日暴動は起こらなかったでしょう。そのかわり、どんどん進出の度合いを強めてきて、なし崩し的に自分たちのものにしてしまったと思います。
フィリピンのミスチーフ環礁を掠め取ったのと同じ手口ですね。軍事力の弱いフィリピンと同じように、日本は戦うことができないのですから。

だいたい鄧小平の棚上げ論は尖閣奪取のための狡猾な戦略の一環に過ぎません。
あの時代は、まだまだ中国は貧しく、経済力のある日本の助けが是非とも必要だった。だから「棚上げにしよう」と自分たちに都合の良いことを言ったまでです。
お人好しの日本はその言葉にホッとし、日中平和友好条約を結んで経済面での援助・協力を惜しみませんでした。
(この「脅したり優しくしたりして人の心をコントロールする」って、なんだかあの尼崎事件の怖い女の手口に似てませんか。日本人の中に親中派を作って日本人同士争わせるというところも)

その間に中国は、経済力、軍事力を増大させ、愛国教育で尖閣は中国固有の領土であると国民に教え込み、自国の法律にしっかり書き込み、国際社会に向けた大々的な宣伝工作を仕掛け、着々と尖閣諸島奪取の環境作りに励んできました。

そして、民主党政権になって、日米関係にヒビが入るや否や、好機とばかりにさらに強硬な態度に出始めました。

このままでは本当に、日本の正しい主張が国際社会でも認められなくなってしまう、という危機感を抱いた都知事があの行動に出たのを、なんで、「日中関係が悪くなったのは都知事のせいだ」なんて言うんでしょうか。

思考能力がないにもほどがある。

村上春樹さんについて言えば、自己の内面とばかり遊んでいる人が、情感だけで政治を語るからこういうトンチンカンな論評になってしまうのでしょうね。

チベット出身の政治学者ペマ・ギャルポさんに「恥ずかしくなるくらいに地球市民を気取っているのが情けない」と指摘されてしまった日本ですが、最近マインドコントロールから目覚め始めている人が増えてきたように思います。あともう少し。

自分を戦後思想の安全な場所において、日本人に説教して悦に入ってる村上さん、恥ずかしいからもうやめて。
          →人気blogランキング

________________________________________________________________________

以下が村上春樹さんのエッセイです:

 尖閣諸島を巡る紛争が過熱化する中、中国の多くの書店から日本人の著者の書籍が姿を消したという報道に接して、一人の日本人著者としてもちろん少なからぬショックを感じている。それが政府主導による組織的排斥なのか、あるいは書店サイドでの自主的な引き揚げなのか、詳細はまだわからない。だからその是非について意見を述べることは、今の段階では差し控えたいと思う。

 この二十年ばかりの、東アジア地域における最も喜ばしい達成のひとつは、そこに固有の「文化圏」が形成されてきたことだ。そのような状況がもたらされた大きな原因として、中国や韓国や台湾のめざましい経済的発展があげられるだろう。各国の経済システムがより強く確立されることにより、文化の等価的交換が可能になり、多くの文化的成果(知的財産)が国境を越えて行き来するようになった。共通のルールが定められ、かつてこの地域で猛威をふるった海賊版も徐々に姿を消し(あるいは数を大幅に減じ)、アドバンス(前渡し金)や印税も多くの場合、正当に支払われるようになった。

 僕自身の経験に基づいて言わせていただければ、「ここに来るまでの道のりは長かったなあ」ということになる。以前の状況はそれほど劣悪だった。どれくらいひどかったか、ここでは具体的事実には触れないが(これ以上問題を紛糾させたくないから)、最近では環境は著しく改善され、この「東アジア文化圏」は豊かな、安定したマーケットとして着実に成熟を遂げつつある。まだいくつかの個別の問題は残されているものの、そのマーケット内では今では、音楽や文学や映画やテレビ番組が、基本的には自由に等価に交換され、多くの数の人々の手に取られ、楽しまれている。これはまことに素晴らしい成果というべきだ。

 たとえば韓国のテレビドラマがヒットしたことで、日本人は韓国の文化に対して以前よりずっと親しみを抱くようになったし、韓国語を学習する人の数も急激に増えた。それと交換的にというか、たとえば僕がアメリカの大学にいるときには、多くの韓国人・中国人留学生がオフィスを訪れてくれたものだ。彼らは驚くほど熱心に僕の本を読んでくれて、我々の間には多くの語り合うべきことがあった。

 このような好ましい状況を出現させるために、長い歳月にわたり多くの人々が心血を注いできた。僕も一人の当事者として、微力ではあるがそれなりに努力を続けてきたし、このような安定した交流が持続すれば、我々と東アジア近隣諸国との間に存在するいくつかの懸案も、時間はかかるかもしれないが、徐々に解決に向かって行くに違いないと期待を抱いていた。文化の交換は「我々はたとえ話す言葉が違っても、基本的には感情や感動を共有しあえる人間同士なのだ」という認識をもたらすことをひとつの重要な目的にしている。それはいわば、国境を越えて魂が行き来する道筋なのだ。

 今回の尖閣諸島問題や、あるいは竹島問題が、そのような地道な達成を大きく破壊してしまうことを、一人のアジアの作家として、また一人の日本人として、僕は恐れる。

 国境線というものが存在する以上、残念ながら(というべきだろう)領土問題は避けて通れないイシューである。しかしそれは実務的に解決可能な案件であるはずだし、また実務的に解決可能な案件でなくてはならないと考えている。領土問題が実務課題であることを超えて、「国民感情」の領域に踏み込んでくると、それは往々にして出口のない、危険な状況を出現させることになる。それは安酒の酔いに似ている。安酒はほんの数杯で人を酔っ払わせ、頭に血を上らせる。人々の声は大きくなり、その行動は粗暴になる。論理は単純化され、自己反復的になる。しかし賑(にぎ)やかに騒いだあと、夜が明けてみれば、あとに残るのはいやな頭痛だけだ。

 そのような安酒を気前よく振る舞い、騒ぎを煽(あお)るタイプの政治家や論客に対して、我々は注意深くならなくてはならない。一九三〇年代にアドルフ・ヒトラーが政権の基礎を固めたのも、第一次大戦によって失われた領土の回復を一貫してその政策の根幹に置いたからだった。それがどのような結果をもたらしたか、我々は知っている。今回の尖閣諸島問題においても、状況がこのように深刻な段階まで推し進められた要因は、両方の側で後日冷静に検証されなくてはならないだろう。政治家や論客は威勢のよい言葉を並べて人々を煽るだけですむが、実際に傷つくのは現場に立たされた個々の人間なのだ。

 僕は『ねじまき鳥クロニクル』という小説の中で、一九三九年に満州国とモンゴルとの間で起こった「ノモンハン戦争」を取り上げたことがある。それは国境線の紛争がもたらした、短いけれど熾烈(しれつ)な戦争だった。日本軍とモンゴル=ソビエト軍との間に激しい戦闘が行われ、双方あわせて二万に近い数の兵士が命を失った。僕は小説を書いたあとでその地を訪れ、薬莢(やっきょう)や遺品がいまだに散らばる茫漠(ぼうばく)たる荒野の真ん中に立ち、「どうしてこんな何もない不毛な一片の土地を巡って、人々が意味もなく殺し合わなくてはならなかったのか?」と、激しい無力感に襲われたものだった。

 最初にも述べたように、中国の書店で日本人著者の書物が引き揚げられたことについて、僕は意見を述べる立場にはない。それはあくまで中国国内の問題である。一人の著者としてきわめて残念には思うが、それについてはどうすることもできない。僕に今ここではっきり言えるのは、そのような中国側の行動に対して、どうか報復的行動をとらないでいただきたいということだけだ。もしそんなことをすれば、それは我々の問題となって、我々自身に跳ね返ってくるだろう。逆に「我々は他国の文化に対し、たとえどのような事情があろうとしかるべき敬意を失うことはない」という静かな姿勢を示すことができれば、それは我々にとって大事な達成となるはずだ。それはまさに安酒の酔いの対極に位置するものとなるだろう。

 安酒の酔いはいつか覚める。しかし魂が行き来する道筋を塞いでしまってはならない。その道筋を作るために、多くの人々が長い歳月をかけ、血の滲(にじ)むような努力を重ねてきたのだ。そしてそれはこれからも、何があろうと維持し続けなくてはならない大事な道筋なのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

反骨の人

若松孝二という映画監督が亡くなり、弔問に訪れた人々がその死を惜しんでいました。

私はこの人の映画を一つも見たことはないし、どういう思想を持っているかも全く知らなかったので、その人となりや作品については論評しませんが、若松氏が発する言葉が印象に残りました。

「反骨の映画人」だそうで、ワイドショーで流れた映像で「国が喜ぶような映画は絶対作りたくない。死ぬまで反抗してやろうと思ってる」と語っておられました。

国を敵視していらっしゃったようです。
「国は敵」というのは、どういうことなのか、私にはよくわかりません。

国の体制に反対で、では、革命か何かで体制が自分の思い通りに変われば敵ではなくなるのでしょうか。それとも、体制が変わろうがなんだろうが、いつも「国は敵」なのでしょうか。

「国」という形自体が嫌なのでしょうか。いわゆるアナーキストというやつですか。

国がなければどういうことになるのでしょうか。

どういう社会体制になれば「良し」とするのか。

国とは、第一義的に国民の生命財産を守る装置だろうと私は理解しているし、実際、世界中の悲惨な国々の状況を垣間見るにつけ、私などは日本という国に生まれたことをとても幸せなことと感じております。

映画人や舞台人が反体制の伝統を持っているのは知っていますし、国における左翼の存在意義というのも大いにありますが、ただやみくもに反体制を叫ぶことがカッコ良いわけでもなく、国家に守られてきた事実に目を向けることは、国家を作る一有権者としてぜひとも必要だと思います。

「日本のような国では、反体制を叫んでいれば『反骨』と呼ばれて一目置かれ、安全圏にいることができる。しかし本当の反権力運動とはもっと危険に満ちたものだ」という意味のことが、あるブログに書かれているのを最近読みました。

齢80にして、疲弊した官僚支配の体制を変えようと、都知事を辞職して立ち上がった石原慎太郎氏が、危険を冒して国家権力に立ち向かう本物の「反骨の士」と私には見えるのです。

ぬるま湯のような戦後思想にどっぷりつかりながら(つまりは「安全な場所」から)、保守勢力を目の敵にしてきた人々は結局なにも結果を出せず、いつも本気で行動を起こしたのは「右翼」と蔑まれてきた人々ではなかったでしょうか。

.
   新党、国のためにうまくいくといいですね 人気blogランキング

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月17日 (水)

野田総~~~~~理!

もう充分でしょう。
よく粘りましたよねえ。

なんの為に粘ったのか。
なぜ年内解散を確約しないのか、なぜ臨時国会を召集しないのか、ご自分でよくわかってらっしゃるでしょう。

日本という国のためではないですよね。
民主党の議席を減らさないため、一日でも長く民主党政権を続けるため、そして来年度予算編成をやらないうちに政権を下りるのがイヤなんですよね。

民主党が政権についているかぎり、政治が機能せず日本がダメになっていく一方だということをもうみんなわかってるんですよ。

一言で言えば無能、それどころか害悪になってるんです。

それでも政権を手放したくないですか。日本がどうなっても民主党という一政治団体のほうが大事ですか。

消費税増税の是非はともかく、野党と協議を重ね、法案を通したその粘り強さはひとまず褒めて差し上げましょう。

もうそこまでで充分でした。

あの後、谷垣さんに約束した通り、すぐに解散すれば、こんなに長く政治が停滞することはなかったんじゃないですか。

でも、解散は総理の専権事項。野田さんがその気にならなければ総選挙にはなりません。

どうするんですか。いつまで引っ張るんですか。民主党の延命が日本の命運より大事だなんて、あなた、それでも一国の指導者か。

早く国会開きなさいよ。

国のためなら民主党ひとつぐらい壊れたって構わない、というぐらいの度量を持ったらどうなんですか。

もうこうなったら民主党内の憂国の士によるクーデターしかないでしょ。

.
       リコールができればねえ 人気blogランキング

.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

誇りを持って見栄を捨てる

荒唐無稽な話かもしれませんが、高齢者が生活のためでなく、いわば「お国のための勤労奉仕」ができるような環境を整えることはできないものでしょうか。

介護スタッフが足りない、給料が安くて人が辞めていく、企業が人件費の安い海外に工場を移し、国内市場が空洞化する。そんな話をいやというほど人は繰り返しながら、どうしたらいいのか具体的な案が出なくて一向に改善されません。

企業が、日本より人件費が格段に安い中国に生産拠点を移したのは、時代の流れであったでしょうが、その中国でも最近は人件費がずいぶんと高くなり、加えて、日本が真っ当な意見を言うたびに起こる反日暴動にも悩まされます。
さらに、中国が怖いからと工場を撤退させようとすると莫大な撤退費用を要求されるそうです。
そんなとんでもない国に、なにが悲しくて生産拠点を置かなければならないのでしょうか。

工場をベトナム、ミャンマー、バングラデシュなどの発展途上国に移すべきだという考えもあり、それはそれでもっと進めればいいと思いますが、基本的には、工場が日本から逃げないような策を講じればいいのではありませんか。

日本には退職してもまだまだ若く元気な人はいっぱいいます。特に団塊の世代は「お爺さん、お婆さん、ご隠居さん」にはほど遠く、退職はしたけれど意欲も体力もまだ充分あるという人は多いのではないでしょうか。

そういう人たちが「起業」をして第二の人生を始める動きが広がっているそうです。

これはこれでとても良いことで、いくつになっても元気に働き、国に税金を納める、というのは今の時代、実に大きな意味があります。

でも起業というのはそんなに簡単にできるものではないでしょう。やはり、才能のある人、資金のある人、運の良い人に限られるとなると、退職した団塊世代がみんなそういうことができるかというとかなり難しい。

介護や清掃やその他、キツイ割りに報酬の少ない仕事はいっぱいあると思います。高齢者にはキツイ仕事は大変だと思いますが、毎日でなくても、沢山の人数で無理のない範囲で仕事を分担することはできないでしょうか。

.
国難のとき、国民こぞってお国のために滅私奉公した時代がかつてありました。
強制動員でも、国民は国を滅ぼしたくない一心でそれぞれの持ち場で力を尽くしたと思います。
今、平和で豊かで自由な時代ならばこそ、国のためなら低賃金で働こうじゃないかという人が、アイデアさえ提示されれば手を挙げるかもしれません。
生産拠点を外国に移す必要もないほど多くの人が馳せ参じれば、国内で工場が活気を取り戻すことも可能ではないかと思います。

1947~1949年生まれの団塊世代の人口は660万人ほどです(2009年総務省統計局)。前後一歳ずつ加えれば、一千万人を軽く超えると思われます。
70歳まで広げればさらに増えます。
その内、健康な人、まだ働きたい人、国のために奉仕したい人・・・と絞っていったら、さあどのくらいの人数になるでしょうか。

週2日か3日ぐらい、無理のない時間だけ働き、さらに得た収入の中から5%~10%ほども税金を納めれば、結構な国の収入になります。手元に残るお金はせいぜい月5千円~1万円かな、お小遣い程度ですね。

そんな割に合わないことはしたくないという人はしなくてもいいけれど、割に合わなくても「どんな仕事でも働きたい、国のためになることをしたい、中国なんかに工場を作らなくても我々にまかせろ」といった気概のある人は結構いるかもしれません。

この「勤労奉仕制度」は、当然の事ながら、生活の為に働く高齢者とは別枠で整備されなければなりません。

まずは世論調査で、希望者がどのくらいいるかを知ることが必要です。人数が集まらなければ意味がありません。

ただ、最初は少なくても、社会が動き出すかもしれません。
ゆとりある高齢者の間で「今日は勤労奉仕なの」「あら、ご苦労様。私は明日」といった会話が普通に交わされるのは、悪くない光景ではありませんか。

法律や制度の壁は、強い意志と知恵があればなんとか変えられると思います。

実際の工場の事情は知りません。
簡単な流れ作業から熟練を要する作業など仕事内容の違い、どのくらいの研修で覚えられるものなのか。60代以上の人にはどう頑張っても無理なのか。
そういうことが知りたいと思います。

自由主義国ではそういうことはできないようになっているのでしょうか。そんなことをすると資本主義の原理が失われてしまうのでしょうか。国際労働市場の観点からも不都合なことなのでしょうか。
私にはまったくわからないのでどなたか教えてください。

でも、もし少しでも可能性があるなら、国と企業が協力して大々的に広報してみたらどうでしょう。
そういうことは国とか企業から発信するものではないのでしょうか。
国民サイドから提案するにはどうしたらいいのでしょうか。

工場が無理なら、介護でも清掃でも、何かの労働をして少しでも協力金のようなものを納めたい。キツイ割りに報酬の少ない仕事を、毎日でなくても、無理のない範囲だったらできるのではないだろうか。
「起業」といったリスクの高いことは自分には無理だが、何か国のためになることを奉仕の精神でやりたい。

そんな人たちがいれば、の話ですが(^^)

.
年を取ってから肉体労働なんか、と思う人も多いでしょうが、プライドを捨てるのではなく、見栄を捨てればいいのです。

団塊世代は、若かりし頃に社会を変えたいと意気込んだ世代でもあります。

本当の国の危機を迎えた今、再び熱き思いをたぎらせることはできないものでしょうか。

「滅私奉公」「お国のため」「愛国心」「忠誠心」などという言葉を嫌うあまり、日本人が本当に大切なものを見失ってしまった今、団塊世代を中心とする高齢者群の誇りある生き方とは、「後代にのしかかる笠の雪」であり続けることではないと思います。

.
はは、勤労奉仕などやっぱり荒唐無稽でしょうかねえ。

.
    よろしくお願いします 人気blogランキング

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

科学的思考

京都大学iPS細胞研究所所長・山中伸弥教授がノーベル医学生理学賞を受賞しました。
良かったですねえ。ほんとうにおめでとうございます。

今朝の産経抄に、「韓国が科学分野でノーベル賞を取れないのは科学力が育つような風土になってないからではないか」と書かれていました。 
日本に帰化した評論家の呉善花さんは「韓国では容易に歴史が科学にならない」と嘆くそうです。

韓国だけでなく中国も、先進大国にしては平和賞一つずつ以外ノーベル賞を取っていません。

.
歴史や領土問題に関して、中国の人々も韓国の人々も、「なぜ日本人はあのように言い張るのだろうか。その根拠はいったい何なんだろう?」と疑問に思わないことを私はかねがね不思議に思っていました。
常識的に考えれば「お互い、とことん根拠をつき合わせてみたらいいのではないか」と思うはずです。

「自分たちのものなんだから自分たちのものなんだ」という何の説得力もない彼の国々の主張の論理性のなさは、「科学力が育つ風土になっていない」からだったのか、と合点がいきました。

真実を追究する気がないというのは、科学力の向上にとって致命的な欠陥です。

他の研究者の仕事を丁寧になぞる、論理的に思考を積み重ねる、粘り強く辛抱強く真理に近づく努力をする、そういった緻密な精神のありようこそが、科学を発展させるのだと思います。

日本が他の先進国のように潤沢な研究費が得られない中、工夫を重ね地道に筋道をたどる研究者の合理的かつ強靭な精神が、数多くのノーベル賞受賞という結果をもたらしているのではないでしょうか。研究費をケチらなければ、もっと成果を上げることができて国力が増大するでしょう。

感情だけで物事をごり押ししようとする中国も韓国も、もう少し論理や道理を大事にすれば、そして人の話を聞く耳を持てば、科学的発想が育成され、いつの日かノーベル賞も・・・イケるかもしれませんよ(^^)

.
   よろしくお願いします 人気blogランキング

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

転換期

前記事の「戦後レジームからの脱却」について、Σ・亜歴さんからご意見をいただいて、簡単にお返事しましたが、今朝の産経新聞にちょっと関係のある記事が載っていました。
「時代の風潮による政治家の劣化」がわかりやすく述べられています。 

明治大学特任教授山内昌之「自分しか見えぬ政治家たち」 

≪個人の尊重はもちろん大切だが、それは社会とつながる個人でなく、社会と切り離された「俺はこう思うというだけの個人だ」という人間を育ててしまった。こういう風潮こそ、歴史や国家とのつながりで物事を見られない首相まで誕生させたのだろう。」

かつて中曽根康弘元首相は、いつまでたっても総理を辞(や)めようとしない菅直人氏について、「過去も未来もない政権だ」と巧みな表現を使った。老川氏は、過去とは歴史であり、未来も国家としての日本の未来、つまり基本は国なのだと述べている。「菅さんの頭にはその国というものは一切ない。あるのはただ現在、それも現在の自分だけだ」と。

 菅氏だけでなく、鳩山由紀夫氏はじめ民主党さらには自民党の議員にもバランスのとれた国家観や歴史観をもたない政治家が増えている。総選挙は歴史と国家なき政治家にいかなる審判を下すのであろうか。≫

さらに言えば、政治家だけがこのように劣化したのではなく、国民みんなでつくり上げた時代の風潮がこのような政治家を生み出したのです。

もうひとつ、論説委員安藤慶太氏「尖閣に見る『憲法の欠陥』」 では

≪国の羅針盤である憲法のエッセンスともいうべきものが前文である。前文がこのありさまならば、国の至るところに狂いが生じるのは避けられない。現行憲法は世界に先駆けた普遍的かつ誇るべきもので、いつまでも守っていかなければならない-といった学校教育が何十年も続けば、眼前の危機を国民が適切に認識できなくなるのも無理からぬ話だ。≫
として、憲法改正の必要性を説きます。

私たち国民がその気になりさえすれば、教育も変えられるし憲法も変えられます。

.
     よろしくお願いします →人気blogランキング

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »