« 行動する人を応援したい | トップページ | 豊かな暮らし »

2012年11月 3日 (土)

第三極の結集

野田首相が粘りに粘って年内の解散はなくなったようですが、来年早々の通常国会でどうなるかわかりません。
野田さんの引き摺り下ろしを画策している民主党幹部がいる、なんて噂も耳にしますし、それを知った総理がやぶれかぶれで解散するかもしれません。

選挙後は自民党が第一党にはなるんでしょうが、それで安定政権ができるわけでもなさそうです。

前回の衆議院選挙では、みんなの党が躍進して第三極としての存在感が見えてきました。

今回は、人気の高い大物が動いて、さらに大きな第三極を形成しようとしている・・・のかどうかはわかりませんが、政界地図がどうなるのか有権者として非常に興味のあるところです。

前回の選挙の時は民主党に風が吹きました。

民主党が勝つことで政界再編が起きるんじゃないかと期待した記事を懐かしく読み返しました。

今と同じようなこと言ってますね

「目も眩む時代」 

「何を選べば・・・」  

石原慎太郎氏が、もういいかげん引退して好きな創作の世界でのんびり過ごしたいだろうに、老体に鞭打って日本の建て直しのために立ち上がったのを、私は素直に「見上げた根性だ」と思います。

第三極の連携について「政策の違いは話し合えばいいじゃないか」という提案にも賛同します。
ここが違う、あそこが違うと言って、連携の可能性を潰してしまうのはもったいないです。

石原さんが「原発問題はある意味小さな問題だ」と言ったことに、「とんでもない。何が小さな問題だ!」と憤慨する人も多いですが、根本の改革のほうが大事です。
国の体制や東京電力の体質そのものが、今回のような事故とその後の対応の失敗につながっているとすれば、そこを治さなければまた同じようなことが起こります。
枝葉の部分をいくらいじくっても大本を改革しなければ何も変わりません。

橋下徹が嫌いな人も、小泉竹中路線を継承していると言われる「みんなの党」が嫌いな人も、「国のしくみを構築し直す」という点で一致できるなら、石原翁の勇気ある行動を無駄にしないためにも、もう少し柔軟な考え方をしてほしいなと思います。

民主党が寄り合い世帯だからうまくいかないのとは根本的に違います。今の第三極と言われるグループには左翼イデオロギーはありません。

また、小泉時代に日本が「新自由主義」とやらいうものにとらわれたと信じておられる方はちょっとこういう考え方にも目を通していただけるとありがたいです。 →「頓痴気」  「ヒステリック」 

大きな視座に立ち、政治家のみなさんにはオールジャパンの精神で日本のために働いていただきましょう。
.
    
   なんとか安定政権を作らなくては 人気blogランキング

.

|

« 行動する人を応援したい | トップページ | 豊かな暮らし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第三極の結集:

« 行動する人を応援したい | トップページ | 豊かな暮らし »