« 第三極の結集 | トップページ | 本当のことを言うと本当に負けるのか »

2012年11月23日 (金)

豊かな暮らし

衆議院解散後、総選挙に向けて政界の動きがあわただしくなり、離党・結党・合併などが次々と起こっています。
離合集散を繰り返す中でそれぞれの政策があいまいになり、有権者は「誰に、どの党に投票すればいいのか皆目わからない」と戸惑うばかりです。

原発、TPP、消費税、金融政策などについて、○とか×とかつけた政党ごとの一覧表を見せられても、素人の国民に適切な判断ができるというものでもありません。

国民が望むのはただ一つ、豊かな暮らしが欲しい、それだけなのですから、政治家は日本が貧しくならないためにはどうしたらいいかを真剣に考えてくれればいいのです。

乱立する政党がそれぞれの問題に関して「賛成」とか「反対」とか叫んでも、それが我々の豊かな生活に結びつくのかどうか国民には判断ができません。

もちろん、直接的な利害関係者にとっては、それははっきりしているでしょうが、今はもう、個別の利益誘導という選挙事情にこだわっている場合ではなく、国全体として利益があるかどうかの道を選択しなければならないのです。

つまり、日本の国力を上げること、そのことを念頭に置いているであろう党と候補者に投票したいと私は思います。

極端に言えば、個別の「政策」には関心がなく(というよりわからない)、「経済成長」と、それを阻む官僚組織の「改革」を第一に掲げる政党を応援したいというのが率直な気持ちです。

日本維新の会代表の石原慎太郎氏が「個々の政策は瑣末なことだ」と言うのも、副代表の橋下徹氏が「政策に関心がないようだ」と言われるのも、政策一つひとつにこだわっていては大きな改革ができない、という考えの表れでしょう。

明治新政府の指導者大久保利通ら倒幕を画策した維新の志士たちには情熱はあったものの、新政府構想についての具体的な案は何も持っておらず、そのほとんどは幕臣の勝海舟の幕府改革案(新政府制度案?)をそのまま採用した、と書かれているのを何かで読んだことがあります。

それでも、志士たちはとにもかくにも明治維新を成し遂げ、近代国家を樹立しました。
時代が違うし、グローバル経済は複雑なのでしょうから、同様に語ることはできないかもしれませんが、維新というのは「具体的な構想を練る人」と「動かぬものを力技で動かす人」がそれぞれの役割を分担しながら共同で起こすものではないかと思います。

明治維新は間違っていた、と言うつもりがないなら、今の時代に於いても、旧弊に囚われて身動きのできなくなった体制を変えようとする人をつぶすべきではありません。

「日本に再び経済力をつける」、この一点を目的に、信頼できるブレーンを集めることのできるリーダーならば、「政策はあとからすり合わせばよい」との発言も私は気にならないのです。

ポピュリズムだと言って、維新の会の台頭を危険視する人が右派にも左派にも多いようですが、それではどの政党に政権を担当させればいいのかをまったく言いません。失敗した時に「ほら見たことか」と言いたいがためだけに新興政党を批判してるんじゃないでしょうか。

.
   自民党に戻れば良くなりますか? →人気blogランキング

.
             

|

« 第三極の結集 | トップページ | 本当のことを言うと本当に負けるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊かな暮らし:

« 第三極の結集 | トップページ | 本当のことを言うと本当に負けるのか »