« 豊かな暮らし | トップページ | いよいよ選挙戦 »

2012年11月30日 (金)

本当のことを言うと本当に負けるのか

衆議院選挙が近づいてきましたが、わが党の方針は「脱原発」です、と言ってる党が多いです。
そして、景気を良くします、経済成長させます、とも言います。
本当に原発なくして経済成長するのかどうか私たち素人にはよくわかりません。

原発の穴埋めで火力発電をフル稼働させるために日本は現在一日に100億円近くも払って石油を買っているのだそうです。
国のお金がどんどん海外に流出し、しかも電気料金は大幅に値上がりし、工場の海外移転加速などで約42万人分の雇用を喪失、法人税収は約1兆円減ってしまう恐れもあるという試算もあるそうです。      
そんな状況で本当に経済は良くなるのでしょうか。

そうでないなら、「原発は全部廃炉にします。そのかわり貧しくとも我慢してください」、と言うべきじゃないでしょうか。

国民のほうも原発の廃止を叫びながら、景気も良くしてくれという、いいことばっかりの夢みたいな世界を期待するのはやめたらいいと思うのです。

今、「脱原発」だの「卒原発」だの主張している党が、いざ政権について現実に直面した時、「学べば学ぶほど、原発なくして景気回復はあり得ないことがわかりました」なんて言い出すんじゃないかしら。

与党経験の長い「自民党」と、政権に就く前に「これをやります」などとマニフェスト提示するより実行あるのみ、と言っている「日本維新の会」が、現実的な政治をやってくれそうな気がします。

特に維新の会は、高齢者にも応分の負担を求めていくようで、それをはっきり言うところはなかなか勇気あるなあ。

.
     よろしくお願いします 人気ブログランキング

.

|

« 豊かな暮らし | トップページ | いよいよ選挙戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本当のことを言うと本当に負けるのか:

« 豊かな暮らし | トップページ | いよいよ選挙戦 »