« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月18日 (火)

日本はきっと甦る

衆議院議員選挙で、自民党は予想以上の大勝でしたが、選挙特番に出ていた参議院議員の片山さつきさんとか山本一太さんたちによると、安倍総裁を始めとして当選者の誰一人として「浮かれてはいない」ということです。

それはたぶん本当だと思います。

国に勢いのあった時代とは違い、非常に難しい問題が山積しており、どの党が政権に就こうが、その対処には大変な苦労を伴います。浮かれる暇などないことは当の政治家が一番良くわかっているはずです。

安倍さんは、衆議院解散後、気分が高揚してはしゃいでいるように見えましたが、公示後からは終始笑顔もなく厳しい表情で選挙戦に臨んでいたと思います。

世の中の人は「誰がやっても同じ」とか「日本の政治家はだめだ」とか「人材がいない」とか「政治に期待しない」とか、ただただお決まりの文句を並べるばかりです。
しかし、本当に「昔の政治家は立派」で「今の政治家はだめ」なんでしょうか?

そんなことはないと私は思います。

現在の未曾有の国難を乗り切るための政治は、潤沢に入ってきた国の収入をただ配分すればよかった時代の政治とは全く質の違うものではないでしょうか。

このような国難は長い間の自民党政治の負の遺産であろうと思いますが、国際情勢の変化や国民自身の姿勢によるところも大きいと思います。

政治の混乱が続き、政治が停滞しているとか、決めることができない日本の政治家はだめだとか言われ続けてきました。
しかし、時代の混迷期にこのような状態になるのも仕方のない面もあると思います。

だいたい、政治や経済が混乱しているのは日本だけじゃありません。
アメリカだって中国だって韓国だってヨーロッパだって、およそ先進国と言われる国々の状況が日本より良いと言えるのでしょうか?

首相がコロコロ変わるのが悪いでしょうか? コロコロ変わらない国の政治や経済はうまくいってるんでしょうか?

次々と首相を変えながらも、日本の心ある政治家は「改革に抵抗する勢力」といつも戦ってきました。

たしかに、菅・鳩山両政権は酷いものでしたが、野田総理はあの難しい状況でよく頑張ったと思いますし、若手幹部たちも髪振り乱し必死の形相で奔走していたのではないでしょうか。
民主党の政治家はおかしな人も多いけど、信頼できる人も少なくありません。

選挙後、これから政権を担う自民党の幹部は、一様に厳しい表情をしています。前途多難な船出を控えて身を引き締めているのでしょう。
おそらく今度こそ、やってくれるのではないかと期待します。やらなければ本当に日本がつぶれてしまうことはわかっているはずです。

国民の「今度は本当に頼みますよ」という期待が、政治家の気を引き締め、覚悟を決めさせるのだと思います。

政治の知識・情報を少しばかりも得ようとせずに単なる印象だけで「今の政治家はみんなダメだ」と決め付けるのは、それこそダメじゃないでしょうか。

少し気をつけて見ていれば、自民党にも民主党にも第3極の党にも優れた人材がたくさんいることがわかります。

早く日本が立ち直るよう、私はそういう優れた政治家たちを応援し、期待し続けるつもりです。

民主主義の時代なんだから、国民が諦めちゃだめなんですよ。

.
      よろしくお願いします 人気blogランキング

.

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

年寄りは勝手だ

「放射能は本当に危険なのか」とか「放射能は怖くない」とかの言葉で検索すると、夥しい数の項目がズラーっと並びます。
そして、放射線というものは一度に大量でなければ恐れる必要がないという数々の根拠が述べられています。
放射能がこの世で一番危険なものであると思いこんでいた私も、福島の原発事故後、さまざまな知識を得ることによって、人は放射線をむやみに恐れすぎているのではないかと思うようになりました。

そうは言っても、福島のような原発事故が起これば、放射性物質が飛散してしまうこともあるだろうし、今の放射線量安全基準が厳しすぎるから少し緩めたとしても、やはり線量の高い地域からは逃げたいと思うのは人として当然であろうと思います。

ただ、福島原発がひどい状態になったのは元々欠陥炉であることや津波に襲われたこと、また初期対応が非常にまずかったということもあるので、そういうことさえなければ、たとえ地震で壊れたとしてもあれほどのおおごとにはならなかったのではないかと言われます。

選挙を控えてどの党も「脱原発」「再生エネルギーへの転換」を盛んに訴えますが、今日本にとって一番大事なのは国力増大であり、景気回復であろうと思います。

敦賀原発の真下を通る破砕帯が活断層であると判断され、廃炉の可能性が高いといいます。
東北電力東通原発敷地内の断層の調査も始まり、こちらも活断層の疑いが指摘されてるようです。

こうして、日本中の原発が次々と「疑わしいので廃炉」となっていく運命なのでしょうか。

原発ゼロになって、太陽光やら風力などのこころもとない発電や、値段の高い天然ガスや石油による火力発電では、日本経済は復活できないだろうということは、私のような素人でも想像ができます。

「それでもいいじゃないか。命のほうがずっと大事だ」と脱原発派は言いますが、経済が悪くなれば人々の命は脅かされます。それはもっと危険なことではないでしょうか。

昨日、久しぶりにTBSラジオ「荒川強啓デイキャッチ」を聴いていると、コメンテーターの近藤勝重さん(毎日新聞論説委員)がこんなことを言ってました。
「3・11の事故で得た教訓をなぜ今度の選挙の争点に活かさないのか。
経済効率ばかり追いかけてきた結果がこんな社会を作ってしまった。
『足るを知る』(橋田壽賀子)とか『身の丈に合った生活』(倉本聡)とか『下山の思想』(五木寛之)とか、そういうことを真剣に考えてみたらどうか」

大変立派な考え方だとは思いますが、成功し、すでに財を成し、人生の終盤を迎えたこれらの人々のそういう提言というのはずいぶんと勝手じゃないかと思いながら聴いていました。

そうしたら、今日の産経新聞に、古代ローマ帝国のストア派哲学者セネカについてのこんな記事をみつけました。→「無欲を説いた金満哲学者」  

≪金銭や名誉を求め、他人の目を気にしながら、俗事の雑務にあくせくして多忙な生活をおくる。それがいかに無益なことであるか。セネカはなによりもそれを問題とする。豊かで自由な精神を取り戻し安らかな晩年をすごす。そのためには、どうすればよいのか。彼はそのためのさまざまな心構えを説いたのである。

だが、セネカの言葉は彼の世俗生活を目にすると虚(むな)しく響くことがある。あれほど金銭や権勢を軽んじていながら、羨(うらや)ましいほどの大富豪であった。しかも、高利貸をしたり、相続人のない財産を狙ったりしたのだから、これはもう言語道断というしかない。そのせいで、セネカの道徳論のなかには、自分の生き様への弁明があると考える人もいる。≫

先の近藤勝重さんは、以前番組の中で「田舎に小さい山小屋を持ってるんですが」と言ったことがあります。これはたぶん別荘のことでしょう。つい口を滑らせたのか、それとも自慢したかったのか(笑)

いいじゃないですかぁ。頑張って稼いで別荘を手に入れる。素晴らしい成果を上げたと思います。

だから、「足るを知れ」だの「身の丈に合った生活をしろ」だの、そういうことを言わずに、努力すればよりより良いものを手にすることができる、と若い世代を励ますべきだと思いますよ。
私だってもう人生長くはありません。もう何もいらない。けれども、次世代の人に「価値観を変えて足るを知れ」と説教するなどおこがましい真似をするつもりはありませんね。

人の価値観はいろいろです。「贅沢はいらない」という人も「もっと豊かになりたい」という人も、みんなが自分なりの生活を求めることができる、そのためにこそ、国は豊かにならなければならないんです。

3・11以降、日本人の価値観は変わったなどと言われます。たしかに悲惨な大災害ではあったけれど、人間の目指すものなんていつだって同じです。何も変わらない。

将来、何か素晴らしいエネルギー源による電気が安定供給されるまでの間、原発、稼動させてもいいのではないかと思うのですが。

.
       よろしくお願いします 人気blogランキング

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

肥やし

このブログも、以前はよく男女問題について書いたものだけれど、このところ、ほとんど政治がらみの文章ばかりになってしまっています。
おそらく、男女問題は一見「永遠に解決しない深い問題」のように見えて、実は案外単純で、動かせない真理が土台にあることは明らかであることから、結局何を書いても似たり寄ったりになってしまい、書く気が起こらなくなってしまったのかもしれません。

歌舞伎役者中村勘三郎の訃報を聞いて、太地喜和子という女優と付き合うことで大人の男に成長したという、こんな記事を書いたこともあったなぁと思い出しました。→「年上の女」 

近頃でも、ずいぶんと年上の女性と付き合う男性は増えてきたようにも思いますが、昔との違いは、そのずいぶんと年上の彼女と結婚までしちゃうことでしょうか。

いい男に育ててもらった彼女に敬意を表しつつ、役者の家庭をしっかり守ってくれそうなお嬢さんと結婚した勘三郎さん。
頼もしい跡継ぎを残していかれましたね。

  合掌
.
            よろしくお願いいたします 人気blogランキング

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

いよいよ選挙戦

自民党の安倍総裁が連日元気いっぱいでテレビに出たり街頭演説したりしています。
体の調子も良く、次の選挙では自民党が第一党になる可能性が高く、今度こそ誇りある美しい国目指して頑張るんだ、と張り切っているのでしょうか。
でもちょっと心配です。あんまりはしゃぎ過ぎると安倍嫌いの人たちのさらなる反感を買ってしまいます。

調子に乗ると人はつい失敗してしまいます。特に今の安倍さんは「活力に溢れている」というより、ハイテンションという感じがするのです。

たしかに安倍さんは前回の短い総理在任中にかなりの大きな実績を残しました。

戦後60年ものあいだ誰も手をつけなかった憲法改正のための「国民投票法」そして「教育基本法の改正」は、大変な困難を伴う大事業だったそうです。
そして、それらを実現するとすぐに集団的自衛権の見直しのための作業に取り掛かり、その激務のさなかに倒れた、ということです(岡崎久彦「正論」)。

そして捲土重来、二度目のチャンスに恵まれた安倍さんが、今度こそ、という意気込みでハイになるのも理解はできますが、私はどうもそういう様子に好感が持てません。
もう少し落ち着いてほしいなあと思います。

「正論」の岡崎さんは野田総理を高く評価していますが、私もこの二人を並べて比べてみると、今のところ野田さんのほうがどっしりと落ち着いていて頼り甲斐があるように思えるのです。単に体型のせいだけでもなさそうです。

なんだろう、今の安倍さんは軽く見えるのかしら。

岡崎さんの文章の一番最後:
 「願わくば、野田首相は、たとえ項羽のように、最後は28騎の手勢となっても、真に国を思う人々を手元に残し、羞を包み、恥を忍んで、再起を図っていただきたい。それがお国のためである。」

とても温かく深みのあるエールだと思います。

.
        安倍さんも野田さんも頑張って!人気blogランキング

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »