« ぶざま | トップページ | 記憶の中できらめく »

2013年2月28日 (木)

死亡率100%

このところ、日本人が外国滞在中に亡くなるという事件・事故が続いています。
故国から遠く離れた地で、死の準備もしないまま終末を迎えなければならないのはどんなにか無念なことでしょう。
危険な地域に赴く人々の覚悟はともかく、楽しみに心躍らせながら旅行に出かけた人々の悲惨な最期にご遺族の苦しみもいかばかりかと思います。

私も65歳になりましたが、死を意識する気持ちが年を重ねるごとに強くなってきます。
できるだけ安らかに死にたいと希望するものの、そんなにうまくいくものではありません。

予期せぬ事件・事故に巻き込まれ、苦しみながら死ななければならないこともあるでしょうし、脳卒中に見舞われ、長年寝たきりになって下の世話を受けながらだんだん弱っていく死に方もあるでしょう。

そんなのいやだ、と思っても死に方は選べないし、誰でも必ず死にます。

でももし選べるとしたら、やはり癌かな、と思います。

だいたいの死期がわかるし、痛みの緩和治療もずいぶん進んでいるようです。無理やり癌をやっつけようとするから痛いのだ、と力説するお医者さんもいます。

死ぬまでの時間があれば、人生の整理整頓ができますし、痛くないのであればこんな良いことはありません。

iPS細胞の研究が進むことは難病を抱える患者にとっては朗報ですが、「(長生きに利用されると)今度はお年寄りにどうやって死んでいただくかが問題となります」とコメントした評論家がいました。
まったくその通りで人間は順番に死んでもらわなくては社会はやりくりできません。

しかし、もしかしたらiPS細胞って、楽に明るく死ねる道へのヒントも提供してくれるんじゃないか、なんとなくそんな気がします。

.
       死ぬなら癌がいい 人気blogランキング

.

関連記事: 「日本人の死に時」  
お勧め本: 「大往生したけりゃ医療とかかわるな」(中村仁一)

|

« ぶざま | トップページ | 記憶の中できらめく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/49721022

この記事へのトラックバック一覧です: 死亡率100%:

« ぶざま | トップページ | 記憶の中できらめく »