« 生還 | トップページ | 日本国憲法 »

2013年6月28日 (金)

Let's speak English!

IOCの評価報告書によると、2020年オリンピック開催地候補の3都市の中で東京はなかなか良い評価を得ているようです。

国民の支持の低さや猪瀬都知事の失言などで、どうなることかと心配しましたが、今回の高評価のニュースで希望が見えてきました。

挽回の理由の一つに、都知事のスピーチが挙げられています。

飛び跳ねんばかりのパフォーマンスでカタカナ英語を駆使し、東京のアピールに全力を尽くした猪瀬さんは、恥も外聞もかなぐり捨てる覚悟かどうかはわかりませんが、よくやったと思います。

そのスピーチや、英文でのツイッターを、恥ずかしいとか下手くそだとか批判する人がいますが、文法的な間違いはところどころにあるものの、充分通じます。
知的レベルが高いはずの首都のトップがこんな初歩的な間違いをするのは日本の恥だ、というのが批判者の言い分のようですが、そもそも、なぜ日本人が簡単な英会話さえできないのか、というその大本の理由をあれこれ考えれば、猪瀬さんだけを責めるような問題ではありません。

恥ずかしがり屋の日本人が頑張って英語を話す時、同胞である日本人が重箱の隅をつつくように批判し萎縮させてしまうことが日本人の英語が上達しない理由の一つではないでしょうか。

検索してこんな記事をみつけました。→「猪瀬さんの英語を恥ずかしがる人が恥ずかしい件」 

まったく同感です。
日本人が英語を喋るのをハラハラしながら見てしまったり、変な英語だと恥ずかしがったり、そういうのって日本人特有の現象ですね。
私の経験によると、外国人にはそういう態度は見られません。

間違っていようがなんだろうがちょっとでもその言語の知識があれば喋る、コミュニケーションを取ろうととにかく喋る。特にラテン系の人々はそうです。

何も日本人がラテン系になれとは言いませんが、もう少し肩の力を抜いて中学で習った英語を思い出しながらゆっくりでいいから使ってみればいいのではないかと思います。「あんな英語」とか「あんな発音」とか言いたい人には言わせておけばいいのです。

カナダのブルージェイズという球団に所属する川崎宗則選手が臆することなく英語で叫んだり、インタビューを受けた時に英会話の例文を書いたメモ帳を繰りながらたとえ棒読みでも英語を発しているのを見ると「いいねェ」と思います。
「何を言っているのかよくわからないが、間違いなくチームを押し上げている」とチームメイトに評されている様子をyoutubeなどで見ると、愛すべきキャラクターとして大歓迎されているのがよくわかります。川崎選手はそんな中で少しずつ英語を習得していくことでしょう。

前に記事に書きましたが、数学者の藤原正彦氏は英語教育の前に日本人としての知的レベルを上げる教育をするべきだとして、「グローバルな人材というが、世界へ出たら、勝負は英語やITの能力ではない。教養と人間性の勝負なのだ」ということを言っています。→「なにごとも基礎が大事」

それはその通りで、教養や人間性を育て、誇りある国を目指すことは大前提だと思います。

しかし、そのことと、拙い英語でも喋ってみる、というのは別問題です。
第一、日本人が人間性や教養において外国人より劣っているなんてことはないですよ。
外国人がみな教養高いというわけではない、どころか、安心しなさい、ほとんどがありふれた大衆です。
卑下することはないのです。日本人は平均的に教養が高いほうだと思います。
藤原先生が盛んにああいうことを仰るのは、アメリカの一流大学やケンブリッジ、オックスフォードの学者たちと日常的につきあっていたからということもあるのではないでしょうか。そんなレベルの高い知識人たちとの交流はまず置いといて、一般庶民は普通のよくある会話から出発すればいいと思います。

ただ、これは教育の偏重がもたらしたものだと思いますが、日本人は「日本」を説明することが不得手なのではないかと思います。
恥ずかしながら私も外国滞在中に「日本はどうなの?」と聞かれて答えられないことがよくありました。単に私がバカだったのかもしれませんが、近代史とか天皇制とか今の政治の問題点とか、そういうことに関して日本人はあまり考えない人が多いのではないでしょうか。
授業でディスカッションが盛んに行われるにもかかわらず、私はいつも「大人しい女の子」でした。
先の大戦は日本が侵略して中国や朝鮮の人にひどいことをしてアメリカに負けて、はいおしまい、そんな教えられ方をして、外国の人にいったい日本の何をわかってもらえるでしょうか・・・・と、これは話がそれるので置いておきます。

藤原先生の言う「人間観、歴史観、大局観」を育成する教育はこれからに期待するとして、今の世界で英語が共通語である以上、日本人も恥ずかしがってはいられません。英語を敬遠していてはビジネスでも外交でも損をするばかりだと思います。

そういう私もかなりの恥ずかしがり屋で、だから英語が上達しなかったのだと思いますが、だからこそ、カタカナ英語でいいじゃないか、単語の羅列でもいいじゃないか、とにかく喋ってみよう、と若い人たちにアドバイスができるのです。

まずは、外国からのお客様で日本中がいっぱいになるであろうオリンピックめざして、英語で喋るチャンスをみつけましょう。

オリンピックは色々な面で成長するチャンスだと思います。→人気blogランキング

.

オリンピック関連記事: 「何に投資したいですか」  

|

« 生還 | トップページ | 日本国憲法 »

コメント

受験英語にどっぷりつかり、英会話がからっきしの私が来ましたよ(号泣)

その昔、スペースシャトルに搭乗した日本の女性宇宙飛行士・向井千秋さんが地球に帰還した後にアメリカで行ったスピーチ(当然英語)を見たことがあります。

その時彼女が話していたのが「コテコテの日本語英語」だったんで、「ああ、NASAでもこんな英語で通用するんだな」と妙に安心した覚えがあります。

英語を話す時、とかく発音やイントネーションに気を使いがちなんですが、それらは二の次で、まず「言葉を発する」ことが大事なんじゃないでしょうかね。

投稿: かせっち | 2013年6月28日 (金) 18時17分

ツイッターは字数に制限があるので、文法的に全くおかしくない英語を書けという方が無理です。私は冠詞を省略することがよくあります。また、字数制限があるので、当然ながら構文を編集し直すこともよくあります。そうして土台から英文を変えてしまうと、動詞の活用も変えねばならないのですが、しばしば変更を忘れます。

気がつくと、間違いだらけの英語になります。他人の英語を批判する前に、自分でもツイッターで英語を駆使してみてはと思います。ことによると、長文論述よりもツイッター英語は難しいかも知れません。

投稿: Σ・亜歴 | 2013年6月28日 (金) 20時15分

★かせっちさん

>その時彼女が話していたのが「コテコテの日本語英語」だったんで<

そうでしたか。
でもネイティブのように発音しようと変に力を入れるより、日本語英語のほうが喋るほうも聞くほうも楽だと思うんですよね。
デヴィ夫人なんかもカタカナ英語ながら、しっかりとした発音で、非常に慣れた態度で外国人と話しているのをテレビで見たことがあります。上手だなあと思いました。

>英語を話す時、とかく発音やイントネーションに気を使いがちなんですが、それらは二の次で、まず「言葉を発する」ことが大事なんじゃないでしょうかね。<

そう思います。

投稿: robita | 2013年6月29日 (土) 22時16分

★Σ・亜歴さん

>ツイッターは字数に制限があるので、文法的に全くおかしくない英語を書けという方が無理です<

そうなんですか。
私はツイッターはほとんど読んだことがないのですが、猪瀬さんのツイッターの英語は、それを引用している記事で読みました。

>他人の英語を批判する前に、自分でもツイッターで英語を駆使してみてはと思います<

そうですね。他人の英語の間違いを見つけて文句を言うのは簡単ですが、自分で簡潔な文章を素早く書いて載せるのは難しいと思います。

投稿: robita | 2013年6月29日 (土) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Let's speak English!:

« 生還 | トップページ | 日本国憲法 »