« マスコミという怪物 | トップページ | お嫁の貰い手がなくなりますよっ »

2013年6月 6日 (木)

正直こそ最善の策

もう国会議員でも自民党員でもない元自民党幹部の野中広務氏が中国を訪問し、尖閣諸島の領有権問題に関して「棚上げ論は田中角栄総理と中国との合意だった。私が生き証人だ」と発言したそうです。
「棚上げ論」というのは、「我々より将来の人のほうが知恵があるだろうから、将来世代の賢い解決策に任せよう」と中国が提案したことに対して日本も同意した、と言われているものですね。

元々何の疑いを挟む余地もなく日本の領土であるのに、中国がいきなり自分のものだと言い出して、「しょうがないから棚上げにしよう」とは呆れるほどの図々しさですが、果たして日中でそんな合意があったのでしょうか。

合意があったという記録はどこにもなく、日本政府はその合意自体を「存在しない」と否定していますが、もしかしたら首脳同士の「あうんの呼吸」みたいなものはあったのかもしれません。

そう考えると、田中角栄も情けない人だな、それでも一国の指導者か、と批判したくもなります。

なぜ、「棚上げなど絶対に拒否する。尖閣諸島は歴史的にも国際法上も間違いなく日本のものです」とはっきり言えなかったのか。

たぶん怖かったんでしょうねえ。強い態度で出れば日中国交回復ができないと思ったんでしょうねえ。ぜひとも自分の手で日中国交回復を成し遂げて名誉としたかったんでしょうねえ。

個人的な欲望と中国の本意への誤った認識が、これほどまでに問題をこじれさせた元凶と言えるかもしれません。

野中氏も日本政府に進言して共に善後策を考えるべきなのに、なんで中国にそんなこと言いに行ったんでしょうねえ。 日本を困らせるためとしか思えませんね。

.
もう一つ、従軍慰安婦問題も個人の意固地な態度がこじれさせているとも言えます。

韓国に責められ続け、「政府として謝ればもう許してもらえるのではないか」と考えた当時の宮沢内閣の意図で「河野談話」が出され、ありもしないことを「誠に申し訳なかった」などと謝ってしまいました。

しかし、その後も韓国は水に流すどころか、ますます猛々しく言い募り、何かというとこの問題を持ち出して対日本外交のカードに使い続けているのはご承知のとおりです。

日本がいくら強制連行はなかったと説明しても「河野談話があるじゃないか」と根拠にされてしまう始末です。

この河野談話を「間違いだった」とはっきり表明しないかぎりこの問題は終わらないのに、肝心の河野洋平氏は「間違っていない。私は信念をもって談話を発表した」と今でも言い続けているそうです。

この問題の経緯をきちんと考えたらそんな言葉が出てくるはずがないのに、絶対に間違いを認めないのは、やはり個人のメンツを大事にしたいからではないでしょうか。

この問題を大々的に報道した朝日新聞も謝りませんねえ・・・。

.
唯一の解決策は「正直」になることなんじゃないかなあと思えてきます。

尖閣棚上げは、「そんなことは絶対に言ってない」ではなく、「そういう雰囲気だったとそちらは理解したのかもしれませんが、あの時は中国がただただ怖かったので場を収めようとしてはっきり言えませんでした」なんて(笑)

河野談話は、「ああ言えばこの問題を終わりにしてもらえるかと思っていたので、不本意ながら、軍や官憲が女性たちを強制連行したなどと言ってしまいました」と。

国として情けないけど、そういう弁明しかないんじゃないでしょうかねえ。

日本はこんなに濡れ衣を着せられて既に充分「情けない国」になってしまっているので、いっそもうひとつ屈辱を乗り越えて、心を晴々とさせたいものです。

.
       よろしくお願いしますm(_ _)m 人気blogランキング

.

|

« マスコミという怪物 | トップページ | お嫁の貰い手がなくなりますよっ »

コメント

仄聞するところによりますと、この「棚上げ発言」は中共側が行ったものです。で、日本は返事をしなかった、と。「黙っているのは認めた証拠」というのは支那の論理ですが、日本では「返事もしなかった」といって否定の意味にとります。で、両者、誤解があるのを察知しながら、そのままにした、と。よって、外交記録にないわけです。

ま、当時は「オトナの知恵」だったわけでしょう。まさか、それが今頃になって問題になるとは思わなかったわけでしょう。

今まで、これが問題でなかったのは、日本が経済的に中共を圧倒していたからです。ところが、今やGDPは逆転。だから支那は言い始めたのです。すべての政府は銃口から生まれる、正義とは力の謂なり、ということですね。これは、一面の真実(それも大いに真実)をはらんでおります。
つまり、中共が(あるいは韓国も)日本に抗議を続けるのは、彼らの国力が伸長した一方、日本は下り坂だからに他なりません。

つくづく、落ち目にはなりたくないもんですねえ。

投稿: single40 | 2013年6月 6日 (木) 14時45分

★single40さん

当時は中国が日本の技術協力や資金提供を必要としていたので「棚上げ」という穏やかな言い方をしたんですね。

>日本は返事をしなかった<
あー、そうなんですか。
ただ、日本に勢いがあろうがなかろうが、やっぱり日本側としては中国や韓国を怖がっていたんじゃないでしょうか。別の言い方をすれば腫れ物にさわるがごとく接しなければならなかったのだと思います。被害者意識の強い相手にはなかなかこちらも正論であっても言いにくいものですから。実際、日本が揺るがぬ経済大国の時代でもきっぱりと言えませんでした。

それにしても、中国韓国北朝鮮と利権でつながっている人間が日本政府の中枢にいたということですよね。政界の深い闇というのでしょうか、怖い話です。

投稿: robita | 2013年6月 6日 (木) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正直こそ最善の策:

« マスコミという怪物 | トップページ | お嫁の貰い手がなくなりますよっ »