« 日本国憲法 | トップページ | 冤罪_晴らさずにおくものか »

2013年7月14日 (日)

国民として共有できること

参議院選挙まであと1週間。きょうの政治討論番組は各党の幹事長クラスの方々が勢ぞろいで、経済問題や安全保障問題について論じていました。

憲法改正や歴史認識についてはそれほど大きな争点にはなってないのかなと思っていたけれど、フジTV「報道2001」もNHK「日曜討論」も各党の意見を引き出すのにけっこう時間を割いていたと思います。
 
私は「日本維新の会」の橋下さんの言うことが一番わかりやすく筋が通っていて共感できました。

しかし日本では、というより世界の国々だって、筋の通ったことを明言する人は政治家には向いていないようですね。はっきり言わないのが政治家らしい賢いやり方なのかもしれません。

だからほとんどの政治家は多弁を弄してあいまいなことを繰り返すばかりで、何を言いたいのかよくわかりません。

特に日本での「あいまいの極み」は憲法9条でしょう。

各党の議論を聞いていると、自民党と橋下さん以外は、たくさん喋るわりにはっきりしません。
民主党の細野幹事長の意見など、何言ってるかほとんどわかりません、私。

共産党や社民党など護憲政党の言うことはいつも同じです。
「憲法9条の理想を世界に広げていかなければならない」

世界の国々は自国の国益のために行動するのですから、日本が改憲しようがしまいが、そんなことには関係なく争う時は争います。
もし日本が先頭に立って憲法9条を世界に広めようと本気で思うなら、強くなって覇権を握り、それを各国に力で強要するしかないんじゃないでしょうか。

護憲派はこうも言います。
「日本は侵略戦争をし、夥しい数の人が死んだ。その反省の上に立って憲法9条ができた。だから憲法9条を守らなければならない」

世界の国々の中で侵略をして人殺しをしたのは極悪な日本だけだとでも言いたげな不思議な論理です。

参院選後に政界再編が起きるかもしれないという予測もありますが、護憲改憲問題は政界再編の軸などではないと思います。
国民一人ひとりが憲法について考えることは重要ですが、国家防衛の基本は国論を二分するたぐいの問題ではないはずです。
保守もリベラルも右も左も、一つの国家を成している以上、自分たちの国は自分たちで守るという自主独立の精神を共有するのは当たり前のことと思います。
.
      みんなで考えましょう 人気blogランキング
.

|

« 日本国憲法 | トップページ | 冤罪_晴らさずにおくものか »

コメント

参議院選挙で プログ検索中です
自民党 圧倒 人気かなぁ(新聞の調査結果~)他の党は 票われ選挙でどうなるかなぁ。
3つの岐路といわれる 3つとも反対の4党の支持率~
原発反対の党は 多いかなぁ 憲法とTPPは 意見 それぞれですね。参議院政権を握るのは~
私の県の 参議院は 誰にしようかなぁ
国会 参議院の多数決は~長い歴史の中で~
政治研究会(名前検討中

投稿: 村石太だー&検索マン&あ男 | 2013年7月15日 (月) 09時28分

★村石太だー&検索マン&あ男さん

よくわからないんですが、どこに投票しようか迷っている、ということでしょうか?
「日本政治.com」というサイトで投票マッチングというのをやってます。
個々の政策について「賛成」とか「反対」とか押していくと、どこの政党に最も近いか、というのが出てきます。
そもそも「自分はこう思う」とはっきりしている人なら、こんな判定してもらわなくても支持する政党は自分で決められるでしょうが、どの政党がネット上では人気があるかわかるので結構面白いかも(*^-^)


投稿: robita | 2013年7月15日 (月) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国民として共有できること:

« 日本国憲法 | トップページ | 冤罪_晴らさずにおくものか »