« 幸せな評論家 | トップページ | 東北に行ってきた »

2013年7月31日 (水)

政治の手腕と好悪の感情

夕方のラジオ、ニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか」を聞いていると、
リスナーからこんな質問が:

「安倍首相は消費税を上げることに慎重だと言われます。一方で麻生財務大臣は消費増税を予定通り来年4月にやらせていただきたい、と言っています。果たして安倍首相は麻生さんのメンツをつぶさずに、増税を先送りすることができるのでしょうか?」

これを受けて、コメンテーターの東京新聞論説副主幹長谷川幸洋氏は次のように言いました。

≪大丈夫。すでにこういうことは経験しています。日銀総裁を選ぶ時、安倍さんは黒田さん、麻生さんは武藤敏郎さんを推していました。しかし、安倍さんが黒田さんを推す意向が強いことを理解し、麻生さんは『首相が決断されるなら自分はそれを全面的に支持する』と言って、きっぱりと引き下がったのです。さすが首相経験者だなあと思いました。首相の決断は重いものだとわかっているのです。自らの分をわきまえているのです。≫

ベタ褒めでした。

長谷川さんに限らず、麻生さんを高く評価する人は多いです。特に男の人はそのようですね。

麻生さんに「男気」を感じるんでしょうかね。

悪いけど、私はどうも素直に麻生さんを評価する気になれないのです。

総理の決断に自分が一歩引き「総理に従います。支えます」と言ったからって、それがそんなに褒められるほどすごいことなの?
誰にでもできそうな気がするんですけど。

それなら最初から余計なこと言わずに総理についていきますという姿勢でいいんじゃないんでしょうか。

男の世界ってそんな簡単なものじゃないんですか?

ま、女性にとっては理屈じゃなく、あの気障な言動が鼻につく、もっと遠慮なく言わせていただけば、気色悪い、というだけのことかもしれません。

たぶん、女性で麻生さんを好ましく思う人はあまりいないんじゃないでしょうか。

男と女の感性の違いなのかなあ(笑)

.
  ほんとに麻生さんてすごい政治家なんですか? →人気blogランキング

|

« 幸せな評論家 | トップページ | 東北に行ってきた »

コメント

麻生さん、最近、講演でトンデモ発言をしたそうですね。
政府のナンバー2の立場でこの発言は、なし崩しでは困ります。アメリカのユダヤ人からのクレームがあったといいますが、私も国民の一人としてブーイングすべきだなと思っています。ゴメン、自分のブログにきちんと書かなくチャと思いながら、夏バテで、こちらで少し似通った内容だったので、コメントさせてもらいました。

投稿: 街中の案山子 | 2013年8月 2日 (金) 07時49分

★街中の案山子さん

たまたま麻生さんのことを記事にしたら、その翌日でしょ、このニュース。
私も早速このことをきちんと書かなくちゃ、と思っていたけど同じくバテ気味。貴女からコメントいただいたので、ここで書いちゃいます。

改憲に関する討論会での発言だそうですが、ネットで探し、内容を文字にしたものを読んでも、結局麻生さんは何のためにナチスを引き合いに出したのかよくわからないんですよね。

「憲法改正は静かな環境の中でじっくり議論して進めるべきだ」ということを言いたいのなら、ワイマール憲法を無視して暴走したナチスの手口を学んだらどうか、というのは矛盾していますし、ブラックジョークとしても成立しません。

もちろん、ナチス政権は全世界で否定されていますし、麻生さんだってナチスを肯定する気など毛頭ないのはわかります。
でも、「悪い例」としても論理的におかしい。

真意が伝わらなかったとか例として適当でなかった、と弁解するんじゃなく、私の論理は支離滅裂でした、と正直に言ったほうがいいと思うのですがどうでしょうか。

「かっこ良くふるまいたい」とか「ちょい悪オヤジでありたい」という願望で頭がいっぱいなので、ついこういうことを言ってしまうのだと思います。

「日本極悪」や「日本極右化」を世界中で宣伝してまわっている中国や韓国を大喜びさせたことに麻生さんは気づいているでしょうか。

一人の閣僚のキザな性格が日本の国益を損ねた、かどうかはわかりませんが、「いい年してカッコつけるな」って言いたいです

参考: こちらのブログ で 発言の全文が出ています。
≪『護憲と叫んでいれば平和が来ると思っているのは大間違いだし、改憲できても、世の中すべて円満にと、全然違う。改憲は、単なる手段だ。目的は国家の安全と、安寧と、国土、我々の生命、財産の保全、国家の誇り。狂騒、狂乱の中で、決めてほしくない。落ち着いて、我々を取り巻く環境は何なのか、この状況をよく見て下さい、という世論の上に、憲法改正は成し遂げるべきだ。そうしないと、間違ったものになりかねない。≫

という下線部はその通りだと思います。こういうことは麻生さんでなくてもまともな人なら誰でもが考えることです。

しかし、喋るにつれて、論理がおかしくなっています。
麻生さん贔屓の人たちは懸命に援護するけれど、好きな人の言うことをなんでもかんでも支持するのでなく、変なことは変だと言うべきだと思います。

ただ、共同通信社がこれを最初に報道したそうですが、その報道の仕方が、いかにも恣意的で「問題発言!」という書き方だったそうで、面白がって火をつけるようなやり方をメディアは厳に慎んでほしいです。

投稿: robita | 2013年8月 2日 (金) 10時20分

麻生さんが女性に人気がないことを初めて知りました。なるほど・・・なご意見です。私は麻生支持の一人として第二次麻生内閣を夢見る者です。
 麻生氏の魅力は政策の実現力ではないでしょうか。政治家は理想を求めなければなりませんが、同時に結果を残さなければ選挙に勝てません。麻生氏の自由と繁栄の弧政策などは理にかなった政策だと思えるし、財政金融担当者として実績を残していると思います。
何より麻生氏が日本の力を信じていること(所信表明演説など)が支持の理由です。
 政治家は支持者が育てるものだというのをYuyuuさんのブログで学びました。ロビタさんのご意見に通ずるものだと思います。お互い支持する人が違っても基本は日本が好きだということ、私も投票した政治家にメールを送ることにします。

投稿: 小坂 | 2013年8月 8日 (木) 20時31分

★小坂さん

保守の人って麻生さん好きなんですよねえ。考え方には同調しますが、どうにもこうにもあの気取った喋り方や態度が私はダメですね。
そんなもの国政には関係ないだろと言われそうですが

しかし、支持者は麻生さんの実績を高く評価しますよね。私はその実績とやらがあまりよく理解できないのですが、テレビや新聞では報道されず、支持者だけがわかっている、というのはどういうことなのでしょうか。

>麻生氏の魅力は政策の実現力ではないでしょうか<

それを知らないのは私の怠慢だと思いますので、政治を語るブログをやっている以上、もっと勉強したいと思います。

>Yuyuuさんのブログ<

聞いたことがないので検索してみましたら、保守の考え方の人の評論などを集めているブログのようですね。

仰る通り私は政治家は支持者が育てていくものだと思っています → 「民主主義と宗家」   のコメント欄  
麻生さんのお年だともう「育てる」というレベルではないでしょうが

麻生さんが愛国者なのはよくわかりますよ。国のためにはそれだけで充分かもしれませんね。

投稿: robita | 2013年8月 8日 (木) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治の手腕と好悪の感情:

« 幸せな評論家 | トップページ | 東北に行ってきた »