« 世界はひとつ その2 | トップページ | DNA »

2013年8月31日 (土)

夢のあと

独身のころ、近くに住んでいた姉が幼い子どもたちを連れてよく実家を訪れました。
私は子どもたちが可愛くて、それこそいじくりまわすように可愛がりました。

夕方、彼らが帰った後、すっかり静かになった家のあちこちに、おもちゃだとか、他の部屋から持ってきたらしい小物などが転がっているのを見ると、ああ、ついさっきまでここに子どもたちがいたのだなァと余韻を楽しむような寂しいような気分になったものです。

kayoさんのブログ記事のタイトル、まさにこういう感じなのです。 →「静けさや 子や孫達の 夢のあと」

私はまるで孫を愛おしむおばあちゃんのような叔母さんだったのですね。

単純に子供好きなので、私は子供を3人持ちました。

でもまだ彼らは独身で、当然孫もいませんが、いつかは結婚して子供を持ってほしいと思います。

子孫をできるだけたくさん残したいというのは生き物の本能であり願望ですが、人間は全く別の価値観をも身につけてしまったがために、子孫をたくさん残すことに執着しなくなりました。
優先すべきは個人の能力の発揮であり、結婚にも出産にもあれこれ理屈をつけるようになりました。
嘗ては、それこそ有無を言わさぬ勢いで男女はペアになり子供を産んでいたのですけれどね。

「娘(息子)が結婚しない」「嫁(娘)が子供を産まない」などという親の悩みはもう珍しいことでもなんでもない時代です。

若い人が子供を産まなくなったのにはさまざまな理由があるでしょう。
「ただ産みたくないから産まないんじゃないんです」というのも本当だと思います。

すべては時代の変化なんです。どうしようもない。

産経新聞に連載中の小説「ミッション ・ 建国」(楡周平)で子供を持たない選択をした若夫婦の描写があります。

≪32歳同士の夫婦。共働きでお金には不自由しないが、妻は優秀で頑張ってキャリアを積んできた。
子供がほしくないわけではないが、仕事がチームで動いている以上、出産育児はその足並みを乱すことになるので仕事を辞めざるを得ない。今までの苦労が水の泡になる。
出産や育児に関する支援制度がいくら整えられたとしても、全てうまくいくわけがなく自分のキャリア形成に子供の存在が負担となる。≫ といった主旨です。          

.
お金がなくて産めない人も多いかもしれないけれど、キャリア志向の女性が産みたがらないというこういった事例も話によく聞きます。

大局的に物事を俯瞰すれば、個人の願望が集積した結果子供がいなくなると国の存亡にも関わることになりますが、国が滅びたらキャリアも何もないのではないだろうかと思ってしまいます。

でも仕方がありません。個人は国なんぞのために生きているわけじゃない、と誰もが思っているのですから。   

マグロだってそうです(突然マグロの話になりますが)。
日本人がマグロを食べ過ぎるので、マグロの資源量は危機的状況なんだそうです。今朝の「ウェークアップ」でやってました。
養殖技術の開発も進行中ですが、まだそんなに効率は良くない。しばらくの間みんなで食べるのをやめれば回復するそうなんですが、食べるのをやめろというわけにもいかない。

寿司店などで実際に食べている人にマイクを向けると、
「食べられなくなるのは困ります」
「マグロ大好きですから」
などと言いながらマグロを食べる手が止まりません。
でも、
「マグロばっか食ってんじゃねーよ、このバカちんが」とも言えず、漁獲制限や養殖技術の向上に励むしかありません。
   
かように個人の自由と全体の利益は両立することが難しいのです。

でも、自分の子供たちだけには(また子供の話に戻ります)、「子供」という何物にも優る宝物を慈しむ経験だけはしてほしいなと思います。
それは個人的な幸せですが、考えてみれば、「国のためになる行動をする」というのも「自己満足」という個人の幸せと言えるかもしれません。

自己満足なんぞを少子化の話に持ち込んじゃいけませんね(笑)

.
   中トロ好きだけど 人気blogランキング     

|

« 世界はひとつ その2 | トップページ | DNA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢のあと:

« 世界はひとつ その2 | トップページ | DNA »