« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月 8日 (日)

日本が動き出す

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催決定、おめでとうございます。

招致活動に全力を尽くされた皆さま、本当にお疲れ様。ありがとうございました。

低迷にもがいていてた時代から抜け出す予感がします。

経済だとか景気の話以前に、日本中の人々に未来への希望や活力を持ってもらうことは何より大事なことだと思います。

ちょっと前、社会学者内田樹氏のこんな記事を読んだのですが、とてもイヤな感じがしました。 →「五輪招致について」  

《東京に招致できたら「どれくらい儲かるか」という皮算用の話しかメディアからは聞こえてこない。
「国境を越えた相互理解と連帯」とか「日本の伝統文化や自然の美しさを海外からのお客さんたちにどう味わってもらうか」というようなのどかな話題は誰の口の端にも上らない。》

内田さんの周りではそうだったのかもしれませんが、私はそのようには全然思いませんでした。経済効果も大事、日本文化の紹介やおもてなしの心も大事、と私には聞こえてきました。「誰の口の端にも上らない」という言い方は内田さん独特の煽りの手法だと思います。

《原発事故のことを忘れたがり、隣国を口汚く罵倒する人たちが政治の要路に立ち、ひたすら金儲けの算段に夢中になっている国に五輪招致の資格があるかどうか、それをまず胸に手を当てて考えてみた方がいい。》

この人の訳知り顔の日本批判はいつものことですが、いったい、政治の要路に立つ誰が「原発事故を忘れたがり、隣国を口汚く罵倒している」というのでしょうか。

.
五輪招致反対の意見があってももちろんかまわないと思います。でも、「金儲けは卑しい」だとか「隣国を口汚く罵倒する要人」だとか、自分だけが高級であるかのようなモノの言い方は成熟した大人の意見とはとても思えません。

日本が今、お金を稼がなければいけないのは、何も金の亡者になるためではありません。

日本が元気になるために先立つものはお金ではありませんか。

経済効果もあり、若者が希望を感じ、世界に日本の素晴らしさをわかってもらう、そんなめったにないチャンスを日本は手にしたのですから、みんなで一緒に喜びましょうよshine

.
                  よかったよかった →人気blogランキング

.
関連記事: 「何に投資したいですか」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

DNA

国益を守るために世界中のどの国も必死だと思います。
外交交渉も手練手管が必要で、時には騙したり裏取引をしたり他国を利用したり情報を盗んだり、ありとあらゆる策謀をめぐらして政府は頑張ります。国益のためにやっているのに、当の国民から理解されず批判を浴びたりもしますし、指導者の苦労は計り知れません。

日本は外交ベタと言われます。どう下手なのか知りませんが、とにかくうまくないんだそうです。
そして、嘘を言ったり、恫喝したり、自国を利するために他国の悪口を世界中にばら撒いたり、といった卑怯なやり方もしません。
ひたすら真面目に誠実にやってきました。

日本はそれでも、こんなに強く豊かな国になりました。他国が普通にやっている「策謀」なしにです。

左翼は「だから、日本がこの誠実な態度を保持し、国家間のトラブルも話し合いで解決できる、ということを世界中に訴えて行かなければなりません。武力など必要がないのです。憲法9条は死守しなければなりません」などと言います。

違いますってば。
日本が特殊なだけなんですよ。

いくら説得したって世界の国々は日本みたいになりませんて。違うんだから。

外国からの干渉を受け、開国を決意して外海に漕ぎ出したこの美しく小さかった日本の歩みを考える時、そのあまりの健気さに私は感動し涙を抑えることができません。保守のおっさんか。

この奇跡のような国、珠玉の島国をグローバリズムから守ろうではないか、というのが保守派の考え方であろうと思います。

その是非はさておき、我が国は如何にしてこのような奥ゆかしく誠実で潔い国民性を持つに至ったのでしょうか。

300年に及ぶ徳川家の支配体制によるものでしょうか。それとも神武以来の天皇中心の「神の国」ゆえなのでしょうか。あるいは日本列島の位置や気候によるものでしょうか。

それとも、戦後レジームによる・・・・、これは違うな。

どの国もそれぞれ自分の国が一番だと思っているのでしょうが、そういった根拠の薄い自尊心でなく、客観的に見て日本人(日本という国)はどうも特殊であるようだ、と長年ブログを続けているうち、より強く思うようになりました。

政治体制や硬直化した巨大組織の弊害など、良くないところもありますが、日本が持っている元々の良さは強い原動力として私たちの中に内蔵されているんじゃないでしょうか。

これだけ褒めてあげたんだから、公務員制度改革も原発事故の後処理も速やかに誠実に進めてくださいね。苦労はお察ししますが。

.
        いつも応援ありがとうございます 人気blogランキング

参考記事: 「逝きし世の面影」 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »