« DNA | トップページ | お望みのもの »

2013年9月 8日 (日)

日本が動き出す

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催決定、おめでとうございます。

招致活動に全力を尽くされた皆さま、本当にお疲れ様。ありがとうございました。

低迷にもがいていてた時代から抜け出す予感がします。

経済だとか景気の話以前に、日本中の人々に未来への希望や活力を持ってもらうことは何より大事なことだと思います。

ちょっと前、社会学者内田樹氏のこんな記事を読んだのですが、とてもイヤな感じがしました。 →「五輪招致について」  

《東京に招致できたら「どれくらい儲かるか」という皮算用の話しかメディアからは聞こえてこない。
「国境を越えた相互理解と連帯」とか「日本の伝統文化や自然の美しさを海外からのお客さんたちにどう味わってもらうか」というようなのどかな話題は誰の口の端にも上らない。》

内田さんの周りではそうだったのかもしれませんが、私はそのようには全然思いませんでした。経済効果も大事、日本文化の紹介やおもてなしの心も大事、と私には聞こえてきました。「誰の口の端にも上らない」という言い方は内田さん独特の煽りの手法だと思います。

《原発事故のことを忘れたがり、隣国を口汚く罵倒する人たちが政治の要路に立ち、ひたすら金儲けの算段に夢中になっている国に五輪招致の資格があるかどうか、それをまず胸に手を当てて考えてみた方がいい。》

この人の訳知り顔の日本批判はいつものことですが、いったい、政治の要路に立つ誰が「原発事故を忘れたがり、隣国を口汚く罵倒している」というのでしょうか。

.
五輪招致反対の意見があってももちろんかまわないと思います。でも、「金儲けは卑しい」だとか「隣国を口汚く罵倒する要人」だとか、自分だけが高級であるかのようなモノの言い方は成熟した大人の意見とはとても思えません。

日本が今、お金を稼がなければいけないのは、何も金の亡者になるためではありません。

日本が元気になるために先立つものはお金ではありませんか。

経済効果もあり、若者が希望を感じ、世界に日本の素晴らしさをわかってもらう、そんなめったにないチャンスを日本は手にしたのですから、みんなで一緒に喜びましょうよ

.
                  よかったよかった →人気blogランキング

.
関連記事: 「何に投資したいですか」

|

« DNA | トップページ | お望みのもの »

コメント

オリンピック、東京に決まってよかったですね。活力が出そうで何よりです。4年前のときは、「べつに東京でなくても、他の都市にチャンスをあげたらいいのに」という気分もありましたが、今回はなんだか、がんばるチャンス(誰が?アッハハ)をもらえたように思います。
震災直後、混乱を起こさないで対応する日本人が評価されましたよね。これまでは、なんだか、日本人として「追っかけてがんばらなくては」という風潮でしたが、昨今は「オヤッ、私たちの国では当然」と思っていることが、他の先進国からも賛美されたりもするんだ、という感覚を味わいました。
そんな日本人気質の延長で、最難題である汚染水問題にも取組んで、海外から遣ってくる皆様に「こんな日本です」って見てもらいたいものです。
最近の日本の首相って、いいと思いませんか。だって、私欲、蓄財の魂胆を疑わなくていいのですから。有能かどうかは別として、断然誠実ですよね。短命なのが珠にキズだったのが、今回は次の選挙までは続きそうで、政策の継続性が見込まれるから、日本のよい季節到来かもしれませんね。

投稿: 街中の案山子 | 2013年9月10日 (火) 12時24分

★街中の案山子さん

東京でほんとに良かったと思えるように、成功させたいですね・・と言っても私なんか何もできないけど
とにかく人の心が前向きになるのはいいことです。
汚染水のことも、安倍首相は自信をもって大丈夫と宣言したのだから、裏切らないよう全力で対処してほしいです。

>最近の日本の首相って、いいと思いませんか。だって、私欲、蓄財の魂胆を疑わなくていいのですから。有能かどうかは別として、断然誠実ですよね<

そうですね。お坊ちゃん政治家が増えたからかな(笑)
でも、政治家がカネ集めするのは私財を貯めこむためというより、そのカネを使って政治を動かすためでしょうから、個人的な蓄財に励んだ人というのはいるんでしょうかねえ。一人ばかり思い当たるけど(笑)

あと7年、私は72歳ですが、生きてるかなァ・・・
街中の案山子さんはまだ60代なんですよね。

投稿: robita | 2013年9月10日 (火) 23時10分

日本が今、お金を稼がなければいけないのは、何も金の亡者になるためではありません。

そうそう、福祉の行き渡った国家、インフラの充実した国家であり続けるためにも、資金は入用なのですよね。

でもデパートが「おめでとう 東京オリンピック」を掲げて、お祝セールもできないらしい。誘致活動にお金がかかっているから、タダノリは許さないよ、といったところでしょうか。商標権の類が設定されていて、使うためには利用料を支払わないといけないのでしょう。ドライなものです。

傍観者の特権で、どんなふうに展開していくのか、興味深いです。経済活動のさなかの人たちは、知恵を絞りまくって、ガンバッてほしいものです。

あっ、ワタシ、団塊の世代の尻尾です。

投稿: 街中の案山子 | 2013年9月11日 (水) 11時09分

★街中の案山子さん

>商標権の類が設定されていて、使うためには利用料を支払わないといけないのでしょう。ドライなものです。<

えー、そうなんですか。みんなで盛り上げてお金が回ればいいと思うんですけど。

>誘致活動にお金がかかっているから、タダノリは許さないよ、といったところでしょうか<

今までの開催国でも同じような事情があったのでしょうか。
なんだかそんなに締め付けられると気持ちがしぼんでしまいます。
ま、どっちみち7年間ずっとオリンピックセールやれるわけじゃないですけど。

>あっ、ワタシ、団塊の世代の尻尾です<

あっ、そうなんですか。

投稿: robita | 2013年9月11日 (水) 22時53分

>>隣国を口汚く罵倒する人たちが政治の要路に立ち

 内田樹氏はこのような発言をしていたのですか。拙ブログの常連さんの1人が田中宇氏を、「特に中国関連になると孫崎享氏のような中国に都合のよい主張でどうにも気持ち悪いんですよね」と評していましたが、氏も同類のようですね。もっともその手合いの論客でないと、マスコミでは取り上げられないのでしょう。

 隣国だけでなく他国なら手厳しく非難するのが当たり前ですが、日本人から見れば口汚い罵倒レベルですね。私はインド、中東に関心を持って本当によかった。あちらでは隣国を口汚く罵倒する人たちが政治の要路に立つのは当たり前。そうでなければ政治家は務まらない。例え我田引水でも、自己主張の強さが美徳とされる国が世界では多数です。

 先月末頃だったと思いますが、宮城県の地元紙・河北新報に瀬戸内寂聴氏へのインタビューが載っており、憲法改正の動きは「軍靴の足音が聞こえる」と言っていました。マスコミ御用文化人とは、“軍靴の足音”の繰り返しが決まり文句なのでしょうね。

投稿: mugi | 2013年9月13日 (金) 21時45分

★mugiさん

>あちらでは隣国を口汚く罵倒する人たちが政治の要路に立つのは当たり前。そうでなければ政治家は務まらない。<

私は日本人でほんとに良かった(笑)

そういう「隣国を口汚く罵倒する人たち」にこそ向けられるべき批判を、なぜ自国に向かって言いたがるのか、これは、自虐的態度を「謙虚」とか「大人の対応」だと勘違いしているからでしょう。

日本人ほどおとなしくお行儀の良い国民を私は知りませんし、これからも隣国を口汚く罵倒する必要もないでしょう。

瀬戸内さんも人生の達人とは思えない頑迷さですね。
戦後、歴代の政権がどれだけ慎重に冷静に国際情勢を見極めながら、国益のために憲法や軍備の問題に取り組んできたか、そういうことを少しでも考えたことがあるなら、単純に「軍靴の足音」などという古びた決まり文句で片付けられるはずがないだろうと私は思うのですけどね。

投稿: robita | 2013年9月14日 (土) 13時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本が動き出す:

« DNA | トップページ | お望みのもの »