« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月28日 (月)

老人の成熟が先

コラムニストの天野祐吉氏が亡くなった。

この人の書く文章は非常に面白いものもあって、朝日新聞をとっていた頃は、「CM天気図」というコラムを愛読していた。

一方で、そのピュア過ぎる考え方に疑問を感じることも多く、朝日新聞の購読をやめると同時に、氏の書く文章を目にすることはほとんどなくなった。

天野氏を偲んで、左翼路線の報道番組などで「成長より成熟。経済力より文化力」といった氏の立派な思想が紹介される。

さわやかな考え方だと思うし、私も余生をそんな風に生きたい。

しかし、成熟にも文化の涵養にもカネがいらないということはない。つまりは「衣食足りて」、ということなのだ。

「大きいことはいいことだ、などと言っていたあの頃のようなイケイケドンドンの経済成長が今必要なのか」といった言葉で金儲けを蔑む社会派の人々は多い。

でもアベノミクスを歓迎する人々だって、高度成長期のようにどんどん成長するべきだなんて思っていないと思う。

新産業分野を開拓することや若い世代のチャレンジを応援することは重要だが、いったい50年前の急成長とかバブル時代のマネーゲームなどをいまさら期待する人がいるだろうか。

要するに、真面目に働いただけの報酬がちゃんと支払われ、年月とともに給料が上がり、家庭を持ったり、子供を持つ母親が働きに出ることができる、そういう当たり前の生活を国民ができるようにならなければ、成熟やら文化やらの話にはならない。

社会保障政策だけではそういう楽しげな事を言っていられる社会になりそうもないから、経済振興対策に力を入れなければならないのだと思う。

.
順番に年寄りが亡くなってゆき、医療費や介護費が大幅に減り、あと20年も我慢すれば、人口の減った日本でそんなにお金が必要ではなくなるのかもしれない。

しかしその間に日本はまた大きく傷つくだろうし、「老人にお金がかからなくなる時が来るのを待つ」という生き方を20年も続けることは日本人の精神や社会を大きく変質させるのではないかと思う。

つまり下の世代にそんなことを言わせてはいけない、思わせてもいけないということだ。

団塊世代以上の高齢者が自ら「しがみつかない生き方」に自覚的になることで、それは避けられる。

国民である私たち自身が、特定の利権を守ろうとする永田町(自民党)と同じ構造になってしまっては恥ずかしい。

私たちはよく「命を捧げて国の礎となった父祖たち」と、戦争の苦難を引き受けた方々の覚悟ある態度に涙する。

そんなたいそうなことではない。父祖たちの足元にも及ばないけれど、ほんの少しの我慢で国が救われるなら、ほんの少し我慢しようじゃないかという程度のことだ。ちょっと発想を変えてみようかという程度のことだ。

経済の活性化と、年寄りの矜持、この二本立てが国の衰退を防ぐんじゃないでしょうか。成熟と文化はその上に成り立つものじゃないですか、天野さん。
合掌。

.
    いつも応援ありがとうございます 人気blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日)

夜毎のウェスタン

昨夜、BS放送でアメリカ映画「マーヴェリック」を見た。
メル・ギブソン、ジョディ・フォスター主演のハリウッドの娯楽西部劇である。
どんでん返しの連続で、飽きずに楽しめた。

中学生の頃、テレビで放映される番組といえばほとんどがアメリカのドラマで西部劇が多かった。この「マーヴェリック」もその中の一つで人気シリーズだった。
主演はジェームス・ガーナーで、年を取った彼がこのリメイク版の映画に出演していたのは驚きだった。
その他にも、日本で社会現象になったほどの人気を博した「ララミー牧場」のジェス役、ロバート・フラーや、一時間半西部劇「バージニアン」のトランパス役、ダグ・マクルーアがエキストラのような形で出演しているのを見つけた時は嬉しかった。
もっと目を凝らせば他にも懐かしい往年のテレビ・スターが見つかったかもしれない。
ジェームス・ガーナーとともにこの映画に出演していたジェームス・コバーンもテレビ出身だ。

テレビで人気が出た俳優が、ハリウッド映画のビッグ・スターになった例は多い。
他にクリント・イーストウッド、スティーブ・マクィーン、チャールズ・ブロンソン、リー・マーヴィンなどがいる。

嬉しいことに、youtubeで、昔懐かしいテレビ西部劇を見ることができる。
最近、大好きだった「バージニアン」を見つけ、夜遅く一人で楽しんでいる。

字幕もなく、早口の米語を聞き取るのが難しいが、だいたいの筋だけがわかればいい。
少女時代に夢中になったカウボーイの活躍が50年もたってまた見られるなんて、インターネットに感謝である。
ついこの間までこんな夜更かしはできなかった。
「個人の自由」を満喫する毎日だ。

.
   いつも応援ありがとうございます 人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2013年10月25日 (金)

野党、頑張って!

前記事で橋下徹大阪市長と維新の会が勢いを失ったことが残念だ、と書いた。

果たして「大衆を煽った独裁者の正体があらわになって人々の熱が冷めた」といったことで片付けていいのかと私は今も思う。

彼が政治家として出現した時、なぜ多くの国民が支持したのか。

それは、どうにも動かない既得権益という岩盤を壊してほしかったからだ。

橋下氏は、弁護士としてテレビタレントとして地位を確立し充分に収入もあったはずだ。落ち目のタレントが将来を見越して政治家にでもなろうか、などといった事情は抱えていなかった。

欲があったとすれば、大阪、ひいては日本を改革して歴史に名を残したい、といった野望はあったかもしれない。あったと思う。

しかし実際に改革を成し遂げなければ、その名誉は得られない。そんなことは改革者自身が一番よくわかっているはずだ。

あの過激さや強引さが気に入らない、という人は、既得権益の岩盤の強固さを想像してみたことがないのかもしれない。

.
さて、特に電力、農業、医療の三分野で著しい「既得権益」というものだが、「壊さなければいけないものだろうか、利権の恵みを受けている国民も多い、経済発展の一環だ」、と考える人も多いと思う。

けれど、なぜこれを壊さなければいけないかというと、成長の妨げとなるからだ。成長が阻害されると、日本の国自体が衰退する。衰退すれば利権の旨みも何もあったものではない。

経済成長を促進するさまざまな産業の新興のためには適切な規制緩和が必要だ。規制に守られている既得権益をそのままにしていては日本は衰退に向かう。

・・・と、私が期待していた政党はこのように説明するし、その通りだと思う。

ではなぜ、日本がたとえ衰退しても自分たちの利権を守ろうとするのか。

彼らが老人だからだろうか。寿命はせいぜいあと10年~20年だから、その間さえ個人的な損失を被らなければあとは日本国がどうなろうと知ったことではないということなのか。

いや、既得権益にしがみつくのは老人ばかりではない。
視野が狭く国の未来も考えたことがない人たち、と表現するのは厳しすぎるだろうか。

政治家の中にはこういう人たちの既得権益を守るために議席を占めている勢力が存在する。
自民党にはそういう政治家が少なくない。自民党の支持基盤が既得権益集団そのものなのだ。

安倍首相が日本の成長のためにそういう勢力を切る覚悟があるかどうか、と問われるゆえんだ。

安倍首相は橋下氏とは違って、良い人で優しい。たぶんできないだろうという予想もある。

アベノミクスはぜひともうまくいってほしいけれど、もし一年後ぐらいに頓挫することがあれば、冷徹で強引な橋下徹にもう一度チャンスが訪れるのではないかと私は思っている。

その時のためにも、議会政治の健全性を保つためにも、強い野党を作る準備をしていてほしい。揚げ足とるだけの野党ではなく。

.
        いつも応援ありがとうございます 人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水)

何のためにそんなことをしたの?

橋下徹氏と維新の会はもうだめなのだろうか。
氏を「衆愚の王」などと揶揄するマスコミは、一時の持ち上げ方とは掌を返したような態度だ。

いったい何がいけなかったのかといえば、「従軍慰安婦」に関しての発言に他ならないだろう。

しかし「間違ったことが広がるのは良くない。きちんと正さなければ」という橋下氏の発言のメインの部分が無視されて、彼の言ってしまった余計な部分だけが大きく取り上げられてしまい、それが失墜につながったのは非常に残念だ。

橋下氏が「強制連行などなかった」とはっきり言ったことを、同じように「強制連行の濡れ衣を晴らすべき」と思っている主に保守の人々はどう思っているのだろう。

そのことより、橋下氏の強引な政治手法のほうがずっと腹立たしいことなのか。

「政治家として未熟」と言われる橋下氏だが、従軍慰安婦発言はぜひとも擁護しなければならないと私は思っている。

.
産経新聞「正論」で【慰安婦で寝た子起こしたのは誰】(秦郁彦)を読んだ。 

強制連行という事実無根の話を作り上げたのは韓国でも北朝鮮でもない。日本人自身なのだ。その朝日新聞、河野洋平氏らを指して次のように表現する。

《 まさに「捕らえてみればわが子なり」だから、国民の怒りは持って行き場がないのだが、愉快犯と見えなくもない「わが子」たちの動機を解明するのが先決だろう 》

.
日本国民の多くも、アメリカも「もうそんなことにこだわるのはやめろ」と思っているのだろう。

でも本当にそれでいいのだろうか。

正さなくていいのだろうか。

そういう私は「しつこい」のか。

個人的な事柄での誤解なら、わかってもらえなくてもこれ以上こだわるのはやめよう、と割り切ることもできる。

でも国の名誉はそういうわけにはいかないんだ。

歴史になってしまってからでは遅いんだ。

国民のみなさんはどう思っているのですか。

.
      いつも応援ありがとうございます
    みんなで考えましょう      
人気blogランキング

.
   関連記事:「おかしくない?」 
        「勇気を出してください」
       「冤罪 晴らさずにおくものか」 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

奇跡の国

外国にしばらく住んだ日本人は愛国心が強くなるとよく言われる。
外から眺めてみることで生まれ育った日本の良さに気がつくのだろう。

ただ遠く離れたから祖国を愛おしく感じる、ということなら、他の国の人も同じだろうと思うが、生活しやすいとか人々が穏やかで優しいとか町が清潔で楽しいだとかその他諸々具体的なことを考えると、やっぱり日本は世界的に見てとても良い国と言えるのではないかと思う。
そのことに日本人自身があまり気づいていないのではないだろうか。

作家の川口マーン恵美氏は20代でドイツに住み始め、すでに30年になる。

近著「住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち(講談社+α新書)は、祖国愛に満ちた書である。

二国間を往復する川口氏が、両者の違いを冷静に分析する。そして本の帯にあるように「不便で窮屈なドイツ・・・日本人は世界一の楽園に住んでいた!」と教えてくれる。

学校制度、休暇の使い方、公共サービスなど、日本のほうが優れている点は多い。もちろん、ドイツのほうが良いと思えることもあるが、それこそ学ぶべき点として参考にすればいいと思う。

.
「領土問題」を論じた章では、以前 街中の案山子さんのブログ で知ったアルザス地方の帰属にまつわる「最後の授業」の話が紹介される。

「原発」に関する章には、脱原発に熱狂したドイツ国民が現在では急速に現実に目覚めつつある様子が描かれる。
日本人は熱しやすく醒めやすいなどと自分たちのことを評するが、ドイツ人も熱狂しやすい民族であるようだ。

太陽光や風力発電の難しさに直面しているドイツの経験は我々日本人も知っておいたほうがいいと思う。
.

余談だが、「脱原発」をあちこちで連呼しているらしい小泉元総理のことを、自民党の村上誠一郎衆議院議員が「小泉さんみたいに単細胞になりたい、うふっ」と言っているのをテレビで見て、その言い方がおかしく思わず笑ってしまった。
「単細胞」は失礼だが、政権与党としてそう言いたくもなるのではないか。
小泉さんも政権に就いていれば、「原発ゼロにかぎる」などと単純に言い切ることはできないだろう。
原発存続も脱原発も、同じように国家の安寧を脅かす可能性がある。どっちかを選ぶなんて簡単な問題ではないと思う。
国家の安全、国民の生活の保障という責任を負うのは大変なことである。メルケルさんや安倍さんの苦労をお察しする。

.  
さて、川口さんの本に戻るが、あとがきにこういう文章がある:
《 何かの拍子に、ドイツの街角で日の丸を見かけると、とても嬉しくなる。その一瞬、頭の中に日本の美しいイメージがパッと広がって、同時に、そこはかとない誇らしさも感じる。この感情こそが、日本で多くの人が忌み嫌っている愛国心だろう 》

長期の外国滞在中、日の丸を目にして、溢れんばかりの懐かしさとともに頼もしく誇らしい気持ちになったことがある人は多いと思う。
どんなに遠く離れていても祖国はいつも自分を待っていてくれる。無条件に受け入れてくれる。育ててくれた母親のよう、まさに母国。

人はわけもなく親に反発する時期もあるが、戦後教育による刷り込みは、成長とともに正常に戻る子供の反抗期とは別物だ。
その刷り込みがあまりにうまく作用した日本人の場合、正気を取り戻すのはとても難しい。

未だに日本人の心に巣食う洗脳の残滓が払拭される日がいつか来るだろうか。

.
    いつもありがとうございます 人気blogランキング

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

いい加減になさい!

一昨日(10/16)、産経新聞一面に「元慰安婦報告書 ずさん調査」という記事が載った。
   
河野談話の根拠となった元慰安婦16名の聞き取り調査報告書を産経新聞が入手し、その内容が、曖昧で不正確でおよそ歴史資料として通用しないものだったということだ。

でも、今さらそういうものが開示されたところで、何が変わるだろうか。
韓国はそんなもの何の痛痒も感じないだろう。

この記事から数日たったけれど、特にテレビのワイドショーが大々的に取り上げるわけでもないから、関心のない人は関心がないままだ。

アメリカが「韓国と問題を起こすな」と言ってるらしいので、安倍内閣もこのことには言及したがらない。

結局韓国はこれからも言いたい放題やりたい放題続けるだろう。

どうすればいいのだろう。
なんとか本当のことを世界に知ってもらいたい。

火をつけた朝日新聞が「嘘でした」と、ただ謝ればいいのである。
根拠のないまま、でっち上げを真に受けて談話を発表した河野洋平氏が「あれは間違いでした。撤回します」と言えばいいのである。ただそれだけで済むのだ。

なぜなら、韓国の日本口撃の根拠は朝日新聞の報道と河野談話だからである。

騒動のたねを蒔いた朝日新聞と、とにかく謝れば事はうまく運ぶと思っていたらしい河野氏。この二者がただ勇気を出せばいいだけなのである。

上を下への大騒ぎになるだろうが、冤罪を晴らすためならそれぐらい覚悟しなければならない。アメリカが機嫌をそこねるだろうがそれが何なのだ。

国の名誉を守るのか、汚名を歴史上の事実として定着させてしまうのか、日本人がどっちを選ぶかの問題だ。

.
   どっちにしますか →人気blogランキング

.

産経ニュース【河野洋平氏を提訴へ 「国民運動」談話撤回求める署名も3万超】
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

現場では

漫画雑誌「モーニング」に掲載されたMANGA OPEN大賞受賞作「いちえふ」(竜田一人)を読んだ。

どう表現したらいいのだろう。汗だくの体に爽やかな風がさっと吹き抜けたような感じと言ったらいいのか。重いリヤカーを引いて坂道を上がっていたら、後ろから誰かが押してくれたような感覚とでも言おうか。

事故後の福島第1原発で実際に働いていた作者が、作業現場の日常を淡々と描く。
盛り上がりはないが、マスコミや反原発市民団体が「フクシマの隠された真実」だとか「この世の地獄」だとかの言葉で不安を煽り立てることと、現場の作業員たちの見ているもの感じていることとの間には相当の隔たりがあることがわかる。

批判されるべき電力会社の体質や国の対策の不備・遅れなどの問題とは別に、放射能それ自体への正しい理解の大切さについて考えさせられる。

2011年3月当時、誰もがそこから逃げようとした恐ろしい現場は、たしかに地獄とみなされていたことだろう。

だから、「放射能なんてほんとはそんなに怖くない」と言うつもりはないけれど、この2年半の間に私たちはいろいろな情報を得て、必要以上に放射能を忌避するのはかえって健康面、精神面、経済面で大きな損失を被ることを知った。

それでも、低線量の放射能にもヒステリックに拒絶反応を起こしてしまう人々がまだまだいるのは事実だ。

しかし、冷静で理性的な放射能への理解が、風評被害をなくし、復興を加速する力となるならば、ただ恐れ慄くばかりでなく、落ち着いて判断することが重要だ。

高い放射線量の事故現場では当然のことながら被曝量をチェックしながら作業をする。

一日の許容量を超えないように交代する。

高濃度汚染の現場で働くことも勇気ある行為だが、世界中が放射能を絶対悪として拒絶する中、このようなルポを発表した勇気もまた讃えたい。

新人漫画家ということだが、48歳の作業員竜田氏がなぜこのように絵がうまいのかはわからない。売れないながらもずっと描いていたのだろうか。

まだ店頭にあると思う。ご一読あれ。

.
        いつもありがとうございます →人気blogランキング

.
関連記事: 「追悼 小松左京様」

        「noisy minority」  

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

ゲラ体質

笑い上戸というのかどうか、私には笑いの発作の持病がある。

人が特に面白いと感じないことでも、ツボにはまれば、いつまでも笑ってしまう。止めることができない。
困ったことに、静粛にしなければならない場面でよくツボにはまってしまう。下を向いて笑いを押し殺す時の苦しさは喩えようもない。おかしいのか苦しいのかよくわからないまま涙まであふれてくる。

なんとか止めても、またすぐにそのことを考えてしまい、吹き出してしまう。
周りの人は「こいつバカか」と思っているに違いない。辛い。

先日、救命救急講習会に参加した。人形を使って胸骨圧迫(心臓マッサージ)や人工呼吸、AEDの使用も実際にやらせてもらい、大変有意義な体験だった。

しかし指導の途中、講師の救急隊員の何気ない言葉に笑い虫が激しく反応してしまい、しばらくのあいだ笑いの苦しみから逃れることができなくなってしまった。

指導員は何も笑わそうと思って言ったのではないのだろうから、いつまでも笑っているわけにいかない。講習中に不真面目な態度は失礼だと思い必死に堪えた。誰も笑わないのがまた何故かおかしさを増す。涙が出てきた。
救命処置の体験が始まってようやくおさまった。
家に帰ったらまた思い出してひとしきり笑った。

子供の頃からずっとこうである。
いい大人になったらこういうことはなくなると思っていたけれど、65歳になった今もこの病気は治らない。80歳になってもこうなのだろうか。その前にお陀仏になるといいのだが。

因みにwikiで見てみると、笑い死にというのは珍しいことでもないようだ。事例がいくつか載っていてそれを読んでまたおおいに笑った。
笑いながら死ぬのは幸せのようにも思えるが、一方でおもいきり頓馬な印象を免れない。
気をつけよう。

.
   いつも応援ありがとうございます 人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

お望みのもの

映画やテレビドラマは、多数の観客が「こういうのが見たかったんだ」というようなものを作ればヒットするわけだけれども、人々がどういうものを見たがっているかを把握するのはなかなか難しいらしい。

大いに楽しませてもらったTVドラマ「半沢直樹」の演出を手がけた福澤克雄氏は言う。
《視聴率稼ぐために、恋愛エピソードやらなんやら差し挟むのはやめ、女性に見てもらわなくてもいい(というのはちょっと失礼かもしれませんが)、日曜の夜、男性の方々に見てもらおうと割りきって作りました》

《ドラマを作るときは、恋愛要素を入れなくてはいけないとか、こういう人をキャスティングをしないと視聴率は取れないのだと、いわゆるセオリーを言われるんです。
けれど、言われたとおりにやっても、最近は視聴率が取れなくなってきている。
ならば、どうせ当たらないというスタンスで、言われていたことを全部無視して、自分が面白いと思うようにやりました。
恋愛もないし、主題歌もない。半沢直樹には寝間着を着て、妻や子どもとじゃれるシーンは不要です。
スーツを着てひたすら銀行で上司と闘う姿がつまらないと思うんだったら見なくてもいい、
というつもりで作ったからよかったんじゃないですか。》  
  → 
http://dot.asahi.com/wa/2013092000028.html
 
《まったくの「想定外」でした。びっくりしています。僕らは最終回で20%を取ろうとしていたのです。
「半沢直樹」は、これまでのドラマ界の常識で考えると、登場人物に女性が少なく、
わかりやすく視聴率を取れるキャラクターもおらず、恋愛もないという「ないないづくし」。
それに銀行という“男”の世界が舞台です。
セオリーどおりなら、ドラマのメインターゲットと言われる女性は「見ない」ということになりますよね。

 だから、当初は、12~13%から始めて、徐々に視聴率を上げて、最終回で20%。プロデューサーと「平均15%取りましょう!」と誓い合っていたくらいです。
でも、いざ、フタを開けてみたら、女性が見ていた。
テレビの常識がいかに適当だったか、マーケティングというものがいかにアテにならないか、ということでしょう。》   → 
http://news.livedoor.com/article/detail/7946083/

.
マーケティングはアテにならない、たしかにそう思うが、そもそもそういうものをやっているのだろうか。
「世間の雰囲気からしてトレンドはこの方向だろう」という勝手な思い込みでいろいろなものが作られているような気がする。

例えば服飾もそうである。

もし市場調査をちゃんとやっているなら、60代70代女性向けの洒落た服がもっともっと出回ってもいいはずだ。

どこのお店も若い世代向けの服が中心で、その中から中高年はなんとか選んでいるようだ。でもやっぱり60過ぎて短いスカートはおかしい。 

かと言って高齢者向けのお店に行けば、お婆さん臭くて野暮ったいものばかりだ。
落ち着いた年齢にふさわしいお洒落な服をデザインし製作するのはそんなに難しいことなのだろうか。
同世代の女性から同じような不満を聞くことが多い。

超高級店に行けばお洒落な服があるのかもしれないけれど、私たちが求めるのはそんな高価で大げさなものではない。シンプルでいいのだ。

「上品で知的で女らしい」、服を選ぶ時の3要素だと、私の友人が言う。しかし手頃な値段でそういう服を探すのは至難の技だ。

「団塊世代を含む高齢者という巨大な市場」に服飾関係者はもちろん目をつけている。しかし彼らが提供する製品はピントがズレている、と私は思う。
「高齢者向けのお洒落服のファッションショーが開かれた」などというニュースを見ても、「あー、そういうんじゃないんだけどなァ」とがっかりすることが多い。

テレビドラマにしろ、着るものにしろ、人がどんなものを求めているのか、通り一遍の市場調査では現れてこないのだとしたら、思いがけない「大ヒット」は、たった一人の「目のつけどころ」によって生まれてくるのかもしれない。

かくなるうえは「日本の高齢女性にリーズナブルな価格で品良く装っていただく」、こういうコンセプトでブランドでも立ち上げてやろうか(笑)

.
   いつも応援クリックありがとうございます 人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »