« 価値観の転換は起こるか | トップページ | 隠居してみたものの »

2013年11月25日 (月)

どっちがより怖いか

特定秘密保護法案について連日報道が盛んです。

この法案に反対しツイッターで呼びかけ合った人々が東京日比谷公園に集まって大規模集会を行い、「知る権利」や「報道の自由」を求めて気勢を上げていました。
デモ行進をしている様子がよくテレビに映りますが、掲げているプラカードには「暗黒の時代」だとか「戦前に戻してはならない」だとか「軍国主義」「憲法改正反対」などの文字が読めます。

うーん、軍国主義ですか・・・・

先頭に立っているのは、こういう集会にはお馴染みの福島瑞穂議員のパートナー海渡雄一氏や元アナウンサーの落合恵子氏。

特定秘密保護法というものが必要なのかどうか、私にはよくわかりません。一般国民のほとんどがわからないんじゃないでしょうか。

だって、この法律を制定してもしなくても、どっちにしても怖いらしいですから。

現状では日本はスパイ天国で、軍事や産業の情報が簡単に漏れて国益を損なう恐れが大きく、一方で、こういう法律ができると政府は都合の悪いことを国民に隠すことが可能になるのだそうです。

国家としてこういう法律が必要だということで、戦後何度か議論され、提出された法案だということですが、そのたびに、世論の反対で廃案になってきたという経緯があるそうです。

なぜ今こんなに急いでやろうとするのか、という声もよく聞きますが、「急いで」ということではなく、もういい加減に決めなきゃ、ということなのかしらと思います。

「特定秘密」の範囲があいまいなので、国民が真に知るべきことも隠されてしまうのではないかとか、知らないまま罪に問われたりするのではないか、という懸念も上げられます。

ならば、範囲を決める話し合いをしたらいいと思うのですが、そもそもきっちり線引できるような事柄ではないからこのようなことになるんじゃないでしょうかね。

この法案について、「よくわからないけどなんとなく怖い」という声も聞きます。

私はこの「よくわからない怖さ」というのは、戦後ずっと続いてきた左翼言説の影響だろうと思います。国は信用できない、という。

こんな記事を書いたことがあります。  →「反骨と協力」 
                           「憲法記念日に思った」  

おめでたいと言われようが、バカと言われようが、私はやっぱり、日本って根幹のところで政府を信用しても大丈夫な国だと思うのです。(民主党政権はちょっと危うかったけれど)

といいますか、「国家権力にあくまでも抵抗する勢力」と、「国をある程度信用している暢気な人々」のバランスが実によくとれている国なんじゃないかと。

だから、反対集会もデモも大いにやればいいでしょう。

但し、国家運営に責任を持つ政治家は、反対勢力の有様をマスコミがどんなにオーバーに報道しようが、国民の安全のためと信じるならば断固として方針を貫く勇気を持ってほしいと思います。

.
     いつもありがとうございます →人気blogランキング

|

« 価値観の転換は起こるか | トップページ | 隠居してみたものの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どっちがより怖いか:

« 価値観の転換は起こるか | トップページ | 隠居してみたものの »