« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月28日 (土)

欧米か!

昨日のTBSラジオ「デイキャッチ」で、ニューヨーク在住のジャーナリスト北丸雄二氏のコメントに戦後日本人の対米追従ぶりがよく表れていたので紹介します。

安倍総理の靖国参拝は間違っているという立場で、こんなふうでした:
「アメリカが“disappointed”という表現を使って安倍さんを批判しましたね。これはアメリカでは先生が子供を叱るときに使う言葉なんです。ケリー米国務長官とヘーゲル米国防長官が千鳥ヶ淵戦没者墓苑訪問したのは、靖国神社に行くな、というメッセージなのに、安倍さんはそれを理解せず靖国に行ってしまいました」

つまりこの人は、「アメリカは、こういうことをやっちゃいけないよと子供に対するように教え諭してくれているのだから、安倍総理はそれにおとなしく従うべきだ」、と言ってるんですね。
安倍首相を批判してるつもりで、どれだけアメリカに媚びへつらっているのか気づいていません。 これでもジャーナリストなんでしょうか。
しかもその場に、いつも「アメリカの言いなりになるな!」と威勢よく叫んでいる宮台真司首都大教授がいたのに、これに同調する雰囲気なんですよ。どちらさまもおめでたいことです。

____

東京裁判を受け入れたことで日本は国際社会に復帰できたのだから、その基本を覆すことは許されない、とバカのひとつ覚えのように言う人がいます。

これは一つの理屈として、あると思います。
しかし、問題の多い裁判であるにもかかわらず、これを戦後の国際秩序の出発点とする固定観念に日本人は縛られすぎていないでしょうか。
日本の名誉を著しく傷つけ、日本人の伝統を守ることさえ外国から厳しく否定されてしまう、これに対しては毅然たる態度をとらなければならないのではないでしょうか。

東京裁判をやり直すべきとは思いませんが、名誉を守るメッセージを発信することはそんなに国際秩序を乱すでしょうか。それこそ左翼の人々がいつも言うように「誠心誠意伝える努力」をすべきだと思うのです。

アメリカは「東アジアの安定のために」などと言いますが、きっと「不当な裁判」と告発されるのが困るのです。
だから、「東京裁判まで遡るつもりは毛頭ない。不当な裁判をしたことを謝れとも断じて言わない(日本人の間の共通認識としてとどめておく)。ただ、中国と韓国のいじめをやめさせたいだけだ」と「誠心誠意」訴えればいいと思います。
アメリカが中韓と違うところは聞く耳を持っていることだと思います。日本があの時のように歯向かうつもりがないことさえ約束すれば、きっとわかってくれるのではないでしょうか。

本当はもう一度戦って勝つのが一番いいのでしょうが、勝つとは限りませんし、今は戦争ができない時代です。

いじめられっぱなしがいやなら、論理と真心で戦うしかありません。

日本が隣国の内政干渉やでっち上げによって世界から誤解されているのを正すのがそんなに国際常識に反しているでしょうか。

そうだとすれば、国際常識のほうが間違っているのではないか、というぐらいの自信と誇りを持つことが今の日本人には必要だと思います。

まずはマスコミ、あなたがたが心を入れ替えてください。

       いつもありがとうございます →人気blogランキング

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2013年12月27日 (金)

根本原因を治す

今日もワイドショーは安倍総理の靖国参拝を責め立てています。

朝日新聞の社説なども相変わらずです。
「A級戦犯がまつられた靖国神社に対する政治家のこだわりが、すべての問題をこじらせていることは明白だ。戦後70年を控えているというのに、いつまで同じことを繰り返すのか。」

こういったメディアの論調やテレビのコメンテーターたちの判で押したようなコメントを眺めていると、外国に対する日本人の「尋常でない気の使いよう」に改めて驚かされます。

日本人はとにかく中国や韓国やアメリカの機嫌をそこねないよう、怒らせないよう、常に顔色を伺っていて、日本にとってはそれがすなわち外交のすべて、という印象ですが、いったい外国のほうは、「こんなこと言ったら日本が機嫌そこねるんじゃないか、こんなことしたら日本が怒るんじゃないか」なんて気を遣ってくれているのでしょうか。
そして、外国の政治家が日本を傷つけるような言動をした時、あちらのメディアや国民は「日本に失礼じゃないか。外交の常識を知らないのか」などと大騒ぎして為政者を責め立てたりするでしょうか。

なぜ日本だけがこんなに自虐的なのでしょうか。

ここには、日本が悪いことをしたのだから、という思い込みがあります。これがおおもとにあるからこういう問題が起きるのだと私は思っています。

戦争はそれぞれの国益をかけての必死の目的がありますから、お互いに悪いこと(今の時代の価値観で言えば)をしているわけです。

日本だけが極悪であったいう日本人にかけられたマインドコントロールを利用して日本を押さえつけておきたいという「諸外国」の目論見に気がつかねばなりません。

マスコミやしたり顔のコメンテーター諸君、ちっとは状況を俯瞰してみたまえ。

そういえば、今日はTBSラジオ「デイキャッチ」に安倍首相嫌いの宮台真司首都大学教授が出るんだった。日本が良くなるより安倍首相が失敗するほうが喜ばしいといった風情で安倍批判を繰り返す人です。今日もさぞかし嬉々として「安倍ちゃんは愚かですから」などいってしゃべりまくるんだろうなァ。

安倍首相、マスコミや学者や評論家がどんなことを言おうと信念を貫いてください。それが覚醒した国民の願いなんですから。

.
    いつもありがとうございます →人気blogランキング

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月26日 (木)

慰霊・感謝・平和希求

ニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか」で青山繁晴さんが怒ってました:
「安倍総理が今日靖国参拝したことについて、ラジオで(テレビ?)ある女優さんが『参拝することが外交問題になっているのを知らない日本人が多すぎます』と言ってましたが、話が逆でしょ。慰霊のために参拝してるのを中韓のほうが騒いで政治問題にしてるんですよ」

この女優って誰ですか。いや別に誰でもいいですけど、「日本人が中国韓国の嫌がることをするから関係が悪化する。靖国参拝はするべきでない」と思い込んでる人、まだまだいるんでしょうね。

人はいろいろな考えを持っていて、御霊は靖国神社にはいないと思う人もいるでしょうし、そもそも霊魂など信じない人もいるでしょう。そういう人がいても別におかしくないと思います。
でも、「日本が罪を犯し、その罪を反省しないので中国韓国の人々が傷ついている」「中韓と良い関係を保つためには、あちらが嫌がるようなことをしてはいけない」というのは明らかに間違った思い込みです。マインドコントロールされていると言ってもいいでしょう。
そのようなことを日本人に施したのは主に左翼マスコミですが、どうかしっかりしてほしい。

徐々にそのマインドコントロールから脱却する日本人は増えているものの、まだまだ頑なな人はいて、件の女優のような発言を堂々とする人もいます。マスコミにも責任はありますが、どうか自分の頭で考えてほしいと思います。

しかし、その女優、誰ですか(笑)

.
  安倍首相、これを機に折にふれて参拝なさったら 人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月19日 (木)

結いの党

「みんなの党」を出た議員たちが「結いの党」を結成しました。

「政党助成金ほしさの駆け込みの行動」などと言われますが、政党結成には資金が必要ですから仕方がないと思います。

渡辺喜美氏が、離党した比例代表選出の13人の会派離脱を認めないので、新党の国会活動に支障が生じるのだそうです。

想像ですが、党首がこういった意地の悪い妨害をするような人物であることに、離党のそもそもの原因があるのではないかと勘ぐってしまいます。

「党の比例代表で当選した人は議席を返すのが当然。渡辺氏は意地悪なんかではなく、筋が通っている」と言う人もいますが、考えてみると、これは「分党」とも言えるもので、残留組と離党組のどっちに理があるのかなんて傍目にはわかりません。
もしかしたら、江田憲司という政治家を応援するからみんなの党に投票した、という人のほうが多いかもしれないじゃないですか。

江田氏は「強い野党を作る。党がなくなっても構わない」と言い、連携を模索する維新の会の橋下徹氏も「維新の会がなくなっても構わない」という考えだそうです。そうです、その勢いでやってほしい。

安倍首相の采配は上々ですし、景気も上り調子なので、野党結集には国民の関心はあまり集まらないようですが、「反対反対」とピーチクパーチクやっているだけの野党じゃなくて、やはり国会には、きちんと議論できる、そして与党に賛成できるところは賛成するしっかりした野党にいてほしいものです。

.
           いつもありがとうございます →人気blogランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年12月18日 (水)

飽きてはコトをし損じる

singleさんの記事のコメント欄で、男性方の「アレも飽きる」という会話を読んで吹き出してしまいました。

少子化に歯止めをかけるには、男女交際を禁止すればいいだとか、徴兵制を導入すればいいだとか、まあ勝手なことを仰ってますが、でも真理じゃないでしょうか。

こんな記事書いたのを思い出しました。→「ペルシャの市場にて」

.
    いつもありがとうございます →人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月17日 (火)

針のむしろ

猪瀬東京都知事の疑惑に対する総務委員会の集中審議は今日で打ち切りになりましたが、今度は百条委員会というものを設置してまだまだ追及は続くようです。

この問題について、ラジオでコメンテーターが「猪瀬さんは選挙に勝つのはほぼ確実だったし、印税も入るのでお金に困っているということはないと思うんだよね。何か脅されるとかで大金が必要だったのかなあ」と言っているのを聞いたのですが、作家の曽野綾子氏も同じようなことを思ったのかどうか、「現実と混同されては困る」とした上で、コラムで次のような「お話」を作っておられました。

産経新聞【透明な歳月の光】

《___前略___人から理由のない恩恵を受けるとき、そこには不気味な反対給付を期待されていると見るのが当然だ。それを反射的に感じない人は、政治家としての資質にも欠ける。
ただし恋のような理不尽な思いで好きになった相手に貸すのなら別だ。それこそ文学の世界の出番なのである。
公人でも、私的に5千万円を借りたいと思った理由はいくらでも考えられる。以下に述べる一例は、すべて私の小説家としての仮定だから、現実の都知事の実情と決して混同されないことを望む。
ある公人が同時に作家でもあるとする。公人としての生活を始める頃、突然別れたはずの昔の愛人が接触してきて、2人の間にできた子供が、たとえば一生治癒を期待できない難病であることを告げる。そのために5千万円を調達してほしいと言われたとする。
この場合の5千万円は確かに私的な目的で入用だったし、公人に妻がいれば秘密にしておきたい話である。その時たまたま身近に少し関係のあった企業家がいて、5千万円をご用立てしましょう、という。それがちょうど立候補するのを決意した日だった。小説なら作れる話である。》

.

この問題が起こった時、選挙ってお金がいるもの、立候補者は必死で金策に走るんだろうなあ、と思いましたが、当選する確率は高く、借りる必要もなかったとなると、いったい何にそんなにお金が必要だったのか。作家の曽野さんの「お話」を興味深く読みました。

.

《私の言いたいのはそこからだ。》と文章は続きます。
《公人になった後これが事件になった以上、その人は私的な部分でも作家の才能で詳細にわたって金の用途を説明すべきだろう。そのような捨て身の説明は、多くの場合「仕方がない。あの人も人間だ。責任を取ろうとして当然だ」と受け入れられるものだ。
公人になるというのは、そういう責任を負うことだ。それがいやなら、生涯作家でいればいいだけの話である。
明らかな犯罪は困るが、作家は初めから人格者であることなど求められていない。度外れの浪費、博打狂、色事、奇矯な振る舞い、過度の不潔や潔癖や吝嗇、などで鳴らした作家はいくらでもいた。人道的でなければ作家ではない、という昨今の幼稚な道徳観は文学を知らない人の言うことだ。だから作家はポストのある公人になるのは不適格で、なれば魂の自由を失う、と私は思う。
作家が公人になると、私的生活も部分的に侵害される。私が今の都知事なら、腹を据えて「金は女にやりました」「博打ですりました」と言ってしまうが、私は票を失う恐怖を知らないからできると思うのだろう。都知事が作家だけでいれば、借金の出所を追及するのは税務署だけで済んだ話だ。》

.
居丈高に詰問する議員たちと、あくまでもなんとか切り抜けようとする都知事との攻防戦はいつ終わるのでしょうか。

「この5千万円のおかげで、都政が停滞してるんですよ!」と声を荒げる議員。

それなら追及はもう終わりにすればいいのに、と思いますが、疑惑は追及しないわけにもいかず猪瀬さんが辞めると言うまでやるんでしょう。

結局辞めることになるんなら、早いほうがよかったのに。

正直こそ最善の策、と改めて思います。

.
      いつもありがとうございます →人気ブログランキング

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年12月 7日 (土)

隠居してみたものの

新聞紙をまとめようとして、夫が購読している日経新聞にふと目が止まりました。
作家の塩野七生さんへのインタビュー記事。

「小泉さんはお辞めになった後に会ったことがある。どうして辞めたのか聞いたら『僕は疲れちゃった』と。もう時効だから言ってもいいと思うが、『首相の当時は時々、夜にがばっと起きるときがあった。今はそういうことがなくなって熟睡しているよ』と言っていらした」
「私の無責任な見方から言えば、小泉さんは熟睡に飽きちゃったのだと思う」
と、最近の元首相の脱原発発言を評します。

熟睡に飽きちゃったとは面白いですね。
いくら好きでも、オペラや歌舞伎三昧で余生を過ごすにはまだ若過ぎることに気付いたのでしょうか。

退屈に耐えかねて蠢き出したか。

塩野さんは「粋な男は焼けぼっくいに火をつけないこと。やめると言ったらやめる」とピシャリ。

引退した人は旋風を巻き起こすような言動は慎むべき、とは一概に言えないと思いますが、原子力のことは塩野さんの仰るように科学者が徹底的に議論すべきとは思います。

小泉さんは今でも世の中に影響を及ぼす力があるそうですから、めったなことは言わないほうがいいですね。

野中広務翁の特定秘密保護法案に対する「戦争の足音が聞こえてくるようだ」というコメントなどは毒でも薬でもないでしょうけど。

あー、だめだめ、片付けの途中に面白いものを見つけては道草を食うので、年末のお掃除がはかどりません。

そろそろ気合い入れないと。

.
    いつもありがとうございます  →人気ブログランキング     

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »