« 意識の科学 | トップページ | 恐怖 »

2014年1月15日 (水)

老兵は去らなくてもいいから賢くあるべし

私は東京都民ではありませんが、今回の都知事選挙に一言。

【細川&小泉両元首相の「脱原発タッグ」に九州の政財界から怒りの声】という記事がありました。 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140114/stt14011420520007-n1.htm

「今夏まで原発ゼロが続けば、九州にはブラックアウト(大規模停電)の危険が迫り、電気料金再値上げも現実味を帯びる。アベノミクスによる景気回復も腰折れしかねない。両元首相による無責任な「原発ゼロ」発言に九州の政財界から怒りの声が噴き出した。」

エネルギー問題は九州や東京だけの問題ではなく、日本全体の問題として国が取り組むべき問題です。原発だけを都知事選の争点にしようとする細川・小泉両氏の姿勢には疑問を感じます。

「原発がなくても日本は発展できるというグループと原発がなくては発展できないというグループの戦いだ」「東京から脱原発の大きなうねりを作って行く」という小泉さんには失礼ながら事の全体像が見えていないんじゃないかと思いますね。

だいたい「うねり」ってなんです?

原発事故の恐怖は国民誰もが既に知っていることです。
放射性物質が飛散すれば非常に厄介なことになるのも誰もが知っています。
高濃度の放射能が人体に危険だということもわかっています。
使用済み核燃料の最終処分場を建設しなければならないのもわかっています。

いまさら「うねり」を起こすって、それは放射能の恐ろしさをみんな知らないだろうから啓蒙活動をして目を覚まさせてあげようってことなんですかね?

なんか勘違いをしているんじゃなかろうか。もう今そんな段階ではないでしょう。

日本経済を停滞させないためのエネルギーをどのように安定的に確保するかは、ただ都知事が「脱原発!」と叫ぶだけで解決することではないですよね。
具体的な方策を提言しなければ意味がありません。

舛添要一候補は「原発依存はもちろん考え直さないといけないけれど、都知事として、オリンピック、防災、社会保障など取り組むべき問題は山ほどある」と言います。

舛添さんが猪瀬前知事の都独自のエネルギー構想を引き継ぐつもりかどうかわかりませんが、その立候補表明記者会見には「まともさ」を感じます。
細川・小泉両氏はどうでしょうか。人間、年を取ると子供に還ると言いますが・・・

人物的に、舛添さんは何となく気に食わないけど、(細川さんの応援団長の)小泉さんには好感が持てる、という理由だけで判断しないほうがいいと思いますよ。

.
      いつもありがとうございます →人気blogランキング

|

« 意識の科学 | トップページ | 恐怖 »

コメント

無責任にものごとを言ってはいけないのだろうけれど、私のどこかに、反原発の細川都政を見てみたい気持ちもあります。
使用済み核燃料の放射能がなくなるまでに何十万年もかかる、という難点はどうしても抱えているわけです。この数十年の経済の安定のために、目をつぶってもいいのか、という問いを忘れることは出来ません。
電気料金の高騰。時には停電。電気料金高騰による物価の上昇。賃金へのしわ寄せ。目の前はこの手の難局の山となるでしょう。でも、戦後の焼け野原から復活した経験もあるのだから…、そんなことを思ったり。
極めて個人的にはあと長くても30年ほどなので、逃げ切れるかしら、とは思いますが、「ダメ」と舵をきったら、どう展開していくか、関心があります。

投稿: 街中の案山子 | 2014年1月16日 (木) 07時35分

★街中の案山子さん

>反原発の細川都政を見てみたい気持ちもあります。<
>「ダメ」と舵をきったら、どう展開していくか、関心があります。<

私もそう思います。
仰るように戦後のような厳しい状況を経験するのも「絶対悪」とは言えませんね。
だから私も脱原発は日本が貧乏になるからダメだ、という主張でなく、都民、国民に覚悟が問われているのだ、と言うべきですね。ただ、70年前と今のような世界では事情が違うと思いますので、いったん貧乏になるとそのまま沈んでしまうんじゃないかという心配はありますが。

また、それとは別に、私はたびたび主張しているように(これは主張です)、原発技術を封印するべきではないということと、放射能を必要以上に恐れることの弊害も同時に考えないといけないと思っています。

>使用済み核燃料の放射能がなくなるまでに何十万年もかかる<

びっくりなさるかもしれませんが、それがなんだというのだ、というのが私の考えです。
とかく人は「何十万年(!)も毒を抱えて生きていくのか」という恐怖にとらわれがちですが、私たちが恵みを受けているありがたい太陽だって巨大な原子炉ですよね。もちろんバリヤーである程度守られてはいますが、私たちは毎日放射線を浴び、放射能を持つ食品を食べ、放射線照射の医療を受けながら生きていますね。
それに私たちはすでに長年の原子力利用により使用済み核燃料を抱えてしまっています。どっちみち最終処分場は作らなければならないわけです。

脱原発、試してみるのも一つの道だと思います。10年か20年後、細川さんや小泉さんがご存命であれば「日本人ガンバレガンバレ」と老体に鞭打って旗を振っているかもしれませんね。


原発関連の記事をいくつか:
「悩み多き原発」  
「試してみれば?」
「追悼 小松左京様」

投稿: robita | 2014年1月16日 (木) 11時32分

東京都民です。ホント、嫌になります。

まるで10年前に不祥事を追求されて嫌になった、もう止めたと放り出し引退した元社長が、今頃になって会社の行き先が心配で仕方ないと、元は犬猿の仲だった元会長に手を引かれて、僕こそ最適と二人で経営に口出ししようとしゃしゃり出てきているようなものです。

二人とも久しぶりに脚光を浴びて良い気持ちでしょうけど、東京都自体、難問山積なのにオリンピックの時には平均余命を大きく超えるようなおじいちゃんに舵取りを任せるのはリスクが大きすぎます。気力、体力、知力、瞬発力、忍耐力、どれ一つとっても優るものがないような…。昔の名前で出るんじゃないと言いたいです。

桝添はうさんくさいし、五輪は東京改造の絶好のチャンスなのにあーあです。

投稿: さなえ | 2014年1月16日 (木) 16時40分

★さなえさん

>まるで10年前に不祥事を追求されて嫌になった、もう止めたと放り出し引退した元社長が、今頃になって会社の行き先が心配で仕方ないと、元は犬猿の仲だった元会長に手を引かれて、僕こそ最適と二人で経営に口出ししようとしゃしゃり出てきているようなものです。<

その喩え、ピッタリ。
細川さん、あの辞めた時のこと忘れてしまったのでしょうか。
猪瀬さんは5千万円で辞めたのに細川さんは1億円疑惑を抱えたまま立候補するのか、なんてあちこちで言われまくってますね。
17日に予定していた正式な出馬記者会見を20日以降に延期する、というニュースがありました。会見で発表する政策について準備が整っていないからだそうですが、やっぱり脱原発のことしか考えてなかったんですね。

消去法で舛添さんしかいないかな、と思ったのですが(彼の言うことは筋が通ってるし、細川さんよりまともに見えます)、自民党を離れた経緯や今回の出馬の仕方など考えるとやっぱり胡散臭いですかね
猪瀬さんが立候補すれば当選するだろうと言われていますが、こうなってくると、猪瀬さんをなんであんなに小突き回して辞めさせちゃったのかなあと思います。

投稿: robita | 2014年1月16日 (木) 22時27分

東京都民ですが、正直、投票したい候補がいません。困ったものです。

私は、正直「脱原発」です。(アニミズム的な私の信仰によります)
しかし、細川さんじゃあねぇ。。。もう賞味期限切れだし(苦笑)
かといって、サヨクだから宇都宮氏はだめ。
升添さんは、自民党除名の経緯がいやですし、女性関係もダメ。下半身のだらしない男は信用しません。
田母神閣下はいいんですが、原発容認なのがなぁ。
私は原発反対、核兵器容認なら支持してもいいんですが(苦笑)あれは、武器に使うしかねえだろ、と。

というわけで。
選択肢がない、と。これは、ほんとにドクター中松なのか、と(笑)

で、たぶん、今回の選挙は投票率低いのじゃないか、と。

いっそ、みそぎ選挙で猪瀬さんが出てくれたら、投票したいですよ、ほんと。

投稿: single40 | 2014年1月17日 (金) 00時45分

どっちみち最終処分場は作らなければならないわけです。
    ↑
それはそうです。でも、原発をこの段階で「否」とした場合と、受け入れ続けた場合では、その数に膨大な差がでるから、「どっちみち」ではないと思いますよ。

長らく「原子力で食べてきた人たち」にとっては、日陰者になりたくないでしょうから、脱原発を何が何でも避けたいでしょうね。そして、国も国の有力産業として支援してきていたので、国を富ます輸出産業として発展していってもらいたいのでしょう。そこをストップ、となるとどうなるか。
その現状で細川に声が、なのですが、その細川さん、雲行きがあやしくなってきたようですね。民主党が支持するのかと思いきや、民主党で優勢を占める連合が、原発支持(!)ということで、党として細川支持はありえないそうですね。「明日のお飯が食えなくなっては困る」が現実問題なのでしょう。「電力が値上げされたくない派」をどう説得するか、どんな名案が出てくるか、です。

それにしても、1000万人の有権者による首長の選出、大統領選みたいですね。

投稿: 街中の案山子 | 2014年1月17日 (金) 07時41分

★single40さん

>私は、正直「脱原発」です。(アニミズム的な私の信仰によります)<

なるほど。私は霊魂と呼ばれているものや物質の正体をどこまでも追究すべし、という「信仰」を持っております(*^-^)

舛添さんは女性関係がだらしないんですか。そりゃあいけません。

田母神さんに都知事をやってもらうというのはどうもピンときません。総理大臣ならまだしも(^-^;
田母神さんは核兵器容認だから原発技術を保持すべきと言ってますが、原発を持っていれば抑止力になるのですか。

さなえさんのところで面白いアンケートをしているブログの紹介がありましたので参加してきました。猪瀬さんがトップ当選だったりして(笑) 

投稿: robita | 2014年1月17日 (金) 11時34分

★街中の案山子さん

猪瀬さんの副知事時代のレポートです。→http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20120730/318000/?ST=business&P=1
放射性廃棄物の最終処分の実験施設である北海道幌延深地層研究センターを視察しています。
最終処分場の建設については、小泉政権も関わっているそうです。
小泉さんは「10万年=途方もない、恐ろしい」という考えに取り憑かれているようですが、「“ガラス固化体という状態にすれば10万年保管できる”というだけであって、決して10万年保管する必要があるということではない」と、昨日主人が買ってきた週刊新潮に書いてありました。
「だいたい3000年も経てば放射能の強度は100万分の1程度、人間が手で握れるウラン鉱石の10倍程度にまで落ちる」と。

3000年も途方もない長さといえばそうなんですが、そもそも現在の20年・30年の人類の生存を脅かしてまで(エネルギー不足による)、3000年スパンの心配をする必要があるんだろうか、と私は思います。

一方でさなえさんのところで知ったChikirinさんのブログでは、「原発か自然エネルギーかというような議論は意味がない」という記事を読みました。→http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20110724
発送電システムを改革して、いかにして効率よく電力供給するかが問題だ、というのは猪瀬さんの主張と同じです。

投稿: robita | 2014年1月17日 (金) 11時37分

★街中の案山子さん

一つ書き忘れました。
放射性廃棄物は、人間が出し続ける他のゴミ(有害物質を含む産業廃棄物等)に比べて嵩が非常に小さいのです。
だから、これから原発再稼働があるにしても、出てくる廃棄物の保管に場所が足りなくなるということはなさそうです。

投稿: robita | 2014年1月17日 (金) 13時07分

年末に浜岡原発を訪ね併設展示されている資料館を見てきました。廃棄物の保管場所の説明もあり、地下500m(?)だったかに案内するように、下降エレベーターがありました。興味津々で乗って、エレベーター内にある下降している様を映している映像を真剣に見ていました。アッハハ、本当のエレベーターではなく、それっぽく振動しているだけの代物、でした。国としては、もんじゅのように、原料をエンドレスに再利用していきたい、というのが目的だということがわかりました。まだその技術は今のところ未完です。
廃棄物の保管方法のその仰々しさに、専門家たちは、いかに危険で恐ろしいものだと、実は知っているのではないかと感じました。
猪瀬さんの記事にありましたが、
エリートたちにとっては「原発事故のリスクより自分の人生選択のリスクを重く考える」ところがあるようで、出てくるデータが誘導されているということも考えられないでしょうか。
robitaさんのブログで桝添さんが女性にだらしないということになってしまいますが、? です。
何回も結婚していることを指して、「だらしない」なのかしら。年取ってからも結婚したから?浮気をしたり、歓楽街に入り浸っているってわけでもないと思うのだけれど。
歳をとっても好きな人が出来て、結婚できるっていいことではないですか。

投稿: 街中の案山子 | 2014年1月18日 (土) 07時38分

★街中の案山子さん

浜岡原発に行かれたのですね。原発是非で議論している人の多くが実際に足を運ばず情報だけであれこれ言っている(私もそうです)でしょうに、敬意を表します。

>廃棄物の保管方法のその仰々しさに、専門家たちは、いかに危険で恐ろしいものだと、実は知っているのではないかと感じました。<

放射性廃棄物はとても危険なものです。だから地中深く強固な岩盤に半永久的な保管施設を作ろうとしているんですよね。

>「原発事故のリスクより自分の人生選択のリスクを重く考える」<

そういう人もいるでしょうね。政治家にも国民のことより自分が脚光を浴びることの方により強い興味を持つ人がいたり、国民だって国全体のことより自分の安心安全を強く求めてしまうんですから。

>出てくるデータが誘導されているということも考えられないでしょうか<

そういうことって、すぐわかるんじゃないですか。(例えば食料自給率の算出法など)
データに疑問を持つ人との議論を聞きたいですね。

>桝添さんが女性にだらしないということになってしまいますが<

詳しいことはわかりませんが、愛人が子供を産んだというのを何かで読んだことがあります。しかしちゃんと養育費を支払っているのだったら世間的にはまあいいかな。
いずれにせよ噂だけで判断しちゃあいけませんでした。反省

投稿: robita | 2014年1月18日 (土) 10時48分

私にも、前言撤回させて下さい。
桝添さんの、婚外子がいることは知っていても、複数の愛人のエピソード、その他もろもろ知りませんでした。今の時代、水増し情報もごちゃ混ぜでしょうが、私が半可通だったようで、撤回します。
それにしても、都知事選どうなるのでしょうね。

投稿: 街中の案山子 | 2014年1月19日 (日) 08時00分

老兵は過去の御自分を悟るべし。
細川氏を推すことで俄かに目立ってきた小泉氏。
人を推すより御自分が立候補されたらどうでしょう?
都知事選、立候補者が二桁いるにしては
メディアが取り扱う内容はワイドショー(私のような者)向きですね。
それにしても泣かず飛ばずの立場に嫌気?がさしたか
維新の会から出て行った昔お笑いタレントは立候補しないのですね。
権力の座を求めて?あちらこちらへ。
都知事選では分が悪いと踏んだのかも・・
どこかの番組に出ても笑う気もおきません。

難しいことは判りませんが安部総理には頑張ってほしい・
都知事選なのに話・飛びすぎました。

投稿: kayo | 2014年1月19日 (日) 12時38分

★街中の案山子さん

舛添さんがどうなのかはわかりませんが、不誠実な人はだめですね。
やっぱり猪瀬さんがよかった

投稿: robita | 2014年1月19日 (日) 23時24分

★kayoさん

細川さん「もういやんなっちゃった」みたいな感じで首相やめましたよね。もし都知事になってもまた同じような辞め方するんじゃないかと心配です。

>維新の会から出て行った昔お笑いタレント<

品がなくて権力がほしいだけに見えるこの人、前々回の都知事選では得票数が石原さんに次いで2位だったのだから、都民の気持ちがわかりません。

>安部総理には頑張ってほしい<

そうなんですが、自民党が割れないと安倍総理が目指す政治はできないと思います。
その意味で小泉さんが脱原発路線を利用して何か企んでいるならそれもいいかと思いますが、小泉さんの脱原発に対するあの真剣な訴えをみると、やっぱり「思い込んだら命がけ」の類だろうなあと思います。

投稿: robita | 2014年1月19日 (日) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老兵は去らなくてもいいから賢くあるべし:

» 東京都知事選 [あんなこと、こんなこと。どんなこと?]
ちきりんの日記で面白いことやってる。逆指名・都知事選アンケートだそうだ。いったいどんな人に都知事になって欲しいと考えているのか。また、都知事選の争点は何であるべきと考 ... [続きを読む]

受信: 2014年1月16日 (木) 16時27分

« 意識の科学 | トップページ | 恐怖 »