« ホリエモン再び | トップページ | STAP細胞 »

2014年1月26日 (日)

発想の転換

1月19日産経新聞コラム「小さな親切、大きなお世話」で、作家の曽野綾子さんが「高齢者も働ける社会を」という一文を寄せています。

【夫は先日、満88歳になった。
「昔は88歳なんて人、見たことがなかった。珍品だね」
と夫は言う。
「百年前だったら、『88年も生きてる人間』という珍獣として、サーカス小屋の見せ物になれたかもしれないわね」
と私もレトロなことを言う。
しかし今は「珍獣」どころか
元気な高齢者はどの町にもいる。しかしその生き方は必ずしも充分に議論されていない。高齢者という世代に対する、昔の概念を引きずったままだ。
その現状に、違和感をもつ世代もいるのだ。数日前に会った若い中年は言う。
「お年寄りがお元気なのはいいんですが、ご夫婦でせっせと歩いておられるのを見ると、歩く元気があるならもう少し働かれたらいいのに、と思います」

ほんとうは見かけでは人はわからないのだ。内臓の病気を抱えている人はかなりいる。外見は元気だが、実は痛風でいつも痛みに耐えていた人もいる。
若いときから貧しい家庭に育って働き通してきたから、せめて60歳を過ぎたら遊んで暮らすのを生涯の目的としてきた人もいる。一応元気なのだが、私のように怪我の後、関節が曲がりにくくなって畑仕事ができなくなったのもいるだろう。
日本は個人の希望を大切にする自由な国なのだ。だから、遊んで暮らしたければ、そしてそれが個人的・社会的に可能なら、遊んで生きればいい。

しかし年寄りの中には、2種類の精神的性向がある。遊んでいるのが好きな人と、どんなことでもいいから働いてその生産性によって社会と繋がることを望む人とである。後者が私の周囲には、絶対多数である。どうして政府は年寄りに、収入はある程度安くていいから、体力の許すだけの働く場を作らないのかと不思議に思う。

ある日、わが家の屋根の下に住む高齢者の平均年齢を調べたら、87歳だった。この3人はしかし3人ともまっとうに、肉体労働によって経済的収入を得ている。つまりまだ現役なのである。ただ椅子に座ってお茶を飲んで、時々居眠りをするような生活はしていない。

中国その他アジア諸国の労働賃金が安く太刀打ちできないというが、日本の老齢人口が、安い労賃を承認しながら、「日本社会のために働く」という意識を持てば社会はかなり変わると思うのだが、それは不可能なのだろうか。60歳や70歳で定年退職させるのは、その人が長年培った得難い特殊技能までをみすみす捨てさせるようなものだ。

その代わり、高齢者は、自分の年を考えて後進にポストと高額な給与の道を譲り、自分は「ほとんど道楽か趣味で」ただ日本社会の未来のために、自分の技術と残る体力をささげるという、新しい老後の生活目標の自覚があってもいいだろう。

遊んで生きられる老後は、既に社会の年齢上の人口比が急速に変化してきている以上、不可能になりつつあるが、遊んでいきたい人は遊び、働きたい人は働くという晩年の自由を、すべての老人が得られる社会を創出してほしい。】

.
冷凍食品に農薬マラチオンを混入した容疑で49歳の男が逮捕されました。
動機はまだはっきりしませんが、給与に不満があったとも言われています。

中国毒餃子事件以来、冷凍食品の会社は工場を日本国内に移す傾向にあるそうなのですが、人件費を安く抑えなければならない事情がこういう事件の背景にあるのでしょうか。

働き盛りの人にはこれからの成長産業でより多く稼げるように、政府は対策を考えてもらうとして、一方でこういう食品工場で高齢者が働けないものでしょうか。短時間の交代制ならば高齢者にとってもそれほどキツイということはないと思います。 

曽野さんは「どうして政府は年寄りに、収入はある程度安くていいから、体力の許すだけの働く場を作らないのかと不思議に思う」と書いています。
こういった案は政府が作るものなのか、企業が提言するものなのかわかりません。新しい制度を作るのは面倒といえば面倒ですが、その気があればすぐにできることのように思えます。

年寄りをどうやって養うかということばかりじゃなく、どうやって協力してもらうか、という発想もこれからの社会には必要だと思います。社会保障費をどうするか、考えるだに恐ろしい、ならば固定観念からの脱却しかないのでは。

.
     いつもありがとうございます →人気blogランキング

関連記事:
「誇りを持って見栄を捨てる」

 

|

« ホリエモン再び | トップページ | STAP細胞 »

コメント

高齢者ばかり雇っている会社がありますよ。時々テレビで紹介されています。そういう会社がぽつぽつとでてきているようです。また、技能の継続のためにJFEでしたか、退職後の技術者を後継者の育成役としてフルではなく雇うという新聞記事もありました。
現在のような長時間労働は生産性がどうしても低いですから、一つの仕事をシェアするやり方をもっと取り入れて、効率の良い働き方に変わっていくのではないかと希望的に思っています。その方が移民を入れて安くこき使おうと考えたり女性にもっと生めと圧力をかけるよりマシですもの。

投稿: さなえ | 2014年1月27日 (月) 18時39分

曽野さんが、どこまでご存知で書いていらっしゃるのか知りませんが、高齢者を雇用すると、雇う企業側に特典があるような仕組みがあるのではなかったかしら。今まで雇用していた従業員が、その年齢になったときに、一旦退職させて、新たに「高齢者枠で新規雇用」という作戦を取りたいという話を聞いたことがあります。
国のサポートは大事ですが、サポートの名を借りた、バラマキになって欲しくもありません。

投稿: 街中の案山子 | 2014年1月27日 (月) 22時18分

★さなえさん、街中の案山子さん、一緒に返事させてください。

>高齢者ばかり雇っている会社がありますよ<
>今まで雇用していた従業員が、その年齢になったときに、一旦退職させて、新たに「高齢者枠で新規雇用」<

はい、ありますね。
ただ、そういったしくみがポツリポツリと増えていったとしても、大勢の高齢者が働く方向には動いていかないと思います。
稼ぎたいとか社会とつながっていたいとかとにかく働くのが好きだとか、そういう動機だけではだめだと思うんですよね。
「高齢者を救うため」じゃなくて、「高齢者が国を救う」という動機付けが必要だと思います。
つまり官民あげての大プロジェクトでないと意味がないんです。
曽野さんがそういうのを考えていらっしゃるかどうか、文面だけではわかりませんが、私は「国を救う」という目的を掲げることで、立ち上がる高齢者は増えると思うのです。
これから高齢者にかかる費用をどのように捻出すればいいのかわからないのなら、いろいろなアイデアをみんなで出し合うしかありませんね。

投稿: robita | 2014年1月27日 (月) 23時57分

この話題を読まれて、robitaさんは、「さぁ、自分も社会参加して、働こう」という気持ちに転換されましたか。
65歳超の人を高齢者と呼ぶなら、私ももうそろそろの口です。曽野さんはずっと文筆業をやりやりつづけて来られて今があり、さなえさんは翻訳業をなさって今がある。私もしかり。みなさん、自分の歩んできた続きを真剣に選択しているのであって、大枠での論評しても個々人の問題に響かないのではないですか。
企業のことは知らなかったのですが、大企業のルールがあるようですね。ある年代になると系列会社の代表取締役になり、相談役、そして引退。官庁組は、やっぱりアマクダリの順送り。この仕組みって、なかなか手ごわく、踏襲されていくのでしょうね。

投稿: 街中の案山子 | 2014年1月28日 (火) 08時17分

★街中の案山子さん

>この話題を読まれて、robitaさんは、「さぁ、自分も社会参加して、働こう」という気持ちに転換されましたか。<

私は今2つの団体の役員をやっていて、それは社会参加して働いていると言えますね。ボランティアですが、少しは地域や国のためになることをしています。
それで、何も役を引き受けていなければ、何か働き口があれば働きますが(私のような者でもできる仕事)、それを一部の人間がしたところで特に意味をなさない、ということを言いたいのです。

>曽野さんはずっと文筆業をやりやりつづけて来られて今があり、さなえさんは翻訳業をなさって今がある。私もしかり。みなさん、自分の歩んできた続きを真剣に選択しているのであって、<

努力して立派なキャリアを積み上げて来た人はそれでいいじゃないですか。その仕事を続けることに専念すればいいだけです。私の知人友人にも、定年後70過ぎても仕事をしている人はいます。個人事業主の強みでもあります。

同時にいわゆる会社人間で定年退職後に何もすることがない人も多く見かけます。
技術を持っている人でこれを生かしたいと積極的に思っている人は放っておいても働きます。
それ以外で、「もう定年になった。勤めあげた。もう家でのんびりしてていいんだ」と思い込んでいる高齢者のほうがずっと多いのではないかと思います。調べたわけではありませんが。
でもそういう人たちは、退屈な日々を無為に過ごしているかもしれず、何もしない生活の中でストレスもたまり、ボケたり体を壊したりしていくんじゃないでしょうか。
自分一人では積極的に「何かしよう」と仕事を探す行動は起こさないかもしれないけど、「国を救う」という一大国家プロジェクトが始まる、となると意識が変わるかもしれません。

趣味に勉強に活発に動きまわっている高齢者ももちろん多いです。でも1週間に1日か2日、一日3・4時間の奉仕だったらやれる、という人も出てくるかもしれない。
私は自分が働いてこなかったので何を言われてもしようがないのですが、少子高齢化社会を乗り切るために高齢者という分厚い層が今何をしたらいいのか、ない知恵を絞って一所懸命考えています。


投稿: robita | 2014年1月28日 (火) 11時16分

ゴメン、気を悪くなさったのでは。
曽野さんの「高齢者にも働き口を」という論調に、なんだか、余計なお世話よ、みなさん、数十年社会人をやってきて、それなりの自分の生き方を考えているし、活躍の場を見つけている人々もいるのに、、、、という気持ちが湧いたもので。
憲法の3大義務のひとつに、勤労の義務ってのもあるけれど、それこそ義務から自由になった働き方が出来るのが60代以降なのでしょうね。健康でなくてはなりませんが。
現実問題としては、今後年金の減少は避けて通れない問題で、そうなると、正しく生活の維持のために働き続けなくてはならなくなるってことも、おおいに出てくるのでしょう。

投稿: 街中の案山子 | 2014年1月29日 (水) 09時00分

今までの高齢者とは異なり、団塊世代は大人しく引っ込んでいるような高齢者にはなり得ないのでw、随分景色が変わっていくことと思います。

ただ、
>「高齢者を救うため」じゃなくて、「高齢者が国を救う」という動機付け

ですが、ある程度の地位や技能を有する人たちは俺がいなくてはダメだと(半分うぬぼれ、半分期待、生きる目的探し)から隙さえあれば出てくる人たちが若者の邪魔をし、日本の進路を台無しにしなければ良いのですが。

自助と自分から動くのは当たり前ですが、その前提である自分は心身共に若者ほど動けないとか、もう今では自分が思うほどの能力が備わっていないかも知れない、理解していると思っていることを本当に理解しているだろうか、周囲が遠慮してくれているだけではないかという、自分や組織、国を含めた他者に対する認識を辛くても持つことが必要だと考えます。自分が国を救うのだと、自分に対する疑いを全く持たない、いや持とうとしない人たちが大量に出そうな危惧があります。

元首相トリオを見ていると、老残という言葉が思い浮かびます。自分では自分のことは分からないとつくづく思います。

投稿: さなえ | 2014年1月29日 (水) 11時54分

たびたび失礼。それから日本はボランティア活動がまだ非常に低調なので、高齢者や主婦の人たちに期待しています。母が入所している老健でごくたまにボランティアの人たちが来ますが自分たちの芸を披露するのがほとんどです。もちろんそれはそれでありがたいですが(ありがた迷惑もかなり混じっている感じですが)、もっと継続的な話し相手やちょっとした手助けの人が常駐して下さると助かるのですが全くいません。

ヘルパーさんたちは忙しく、また高齢者を怒鳴りつける人たちも少数ですがいます。他者が入ると高齢者や障害者に対する虐待も減るはずです。

目の不自由な人に本を読んであげたり、外に連れ出したり、買い物をしてあげたりする人たちがいればいいのですが。キリスト教系の施設にはそういうボランティアの人たちはいるのでしょうか。

ちなみに海外での生活体験からすると、学校、病院、施設、どこでも多数のボランティアが活躍していました。日本もそうなると良いのですが。

投稿: さなえ | 2014年1月29日 (水) 12時07分

★街中の案山子さん

>気を悪くなさったのでは<

私が意見を書いて異論反論があって、また私が返して、そういうキャッチボールを繰り返すのがネットの醍醐味ですから気を悪くするなど全くありません。

ただ、私も長年ブログをやっている中で「専業主婦のクセに偉そうに」といった類のコメントをよくもらいました。

若いころ、専業主婦というものがこれほど白眼視される時代が来るとは夢にも思わず、結婚したら家庭に入り、子供をたくさん産んで育てておばあさんになって死ぬのだと単純に思っていました。
周りの女性達も学校を卒業後、一応就職はするものの、結婚したら、あるいは子供ができたら仕事を辞めて家庭に入る、そんな時代でした。

こんなことなら何が何でも仕事をするんだったと思わなくもないですが、もし仕事をしていたら私は子供を3人も持たなかったと思います。
幼い子供を何人も抱えて仕事を立派にしている人はもちろんいますが(案山子さんもそうですね)、そういう人たちの体験記を読んでも、「これは私にはとても無理だ」と思うことばかりです。
幸い、主人の給料だけでなんとか生活できましたから、私は働かなくてもすみました。
末っ子を産んだのが40歳でその子がようやく10歳になった時に私はもう50歳になっていました。
その頃出会ったのがインターネットで・・・・と身の上話になっちゃいましたが、専業主婦でも国の行く末が気になるものです。

家庭を持つ女性が働く動機はいろいろです。夫の給料だけではやっていけない、経済的に自立した自分でいたい、アイデンティティ確立のためやりがいある仕事を持ちたい、いろいろあるでしょう。
専業主婦だっていろいろな人がいると思います。
お金は足りているので働く必要がないとか、外で働くことで家族に負担をかけたくないとか、家事子育てにやりがいを感じているとか、私のように「・・・さんの奥さん、・・・ちゃんのお母さん」で充分、と思ってる人とか。

考え方や立場の違う人がいろいろな意見を言い合えばいいと思うのですが、時々「やっぱり、エラそうかな~」なんて反省することもあります。

案山子さんのコメントの返事になってませんが、思いつくまま書いたら長くなってしまいました

>今後年金の減少は避けて通れない問題で、そうなると、正しく生活の維持のために働き続けなくてはならなくなるってことも、おおいに出てくるのでしょう。<

そうですね。
高齢者が働くようになれば若年層の職場を奪うことにもなりますが、新産業振興に力を入れて雇用拡大を図ることが今もっとも重要ですね。

曽野さんのエッセイ、全文がネットに出ておらず、あるブログで一部を載せているのを見つけてコピーしただけなので、ちゃんと伝わらないかもしれません。新聞切り抜きがあるので埋めます。

投稿: robita | 2014年1月29日 (水) 22時58分

★さなえさん

>隙さえあれば出てくる人たちが若者の邪魔をし<

独善的な団塊オヤジに対してよくこういう批判がされたものでしたね。
彼らが上司でいるうちはこういう愚挙をどうにもできませんが、使われる側になれば、自分が変わるかあるいは淘汰されるかのどちらかしかないのでは。
本当に使える人が残るようになるんじゃないでしょうか。
細川さんが厄介なのは「下働き」でなく、上に立とうとしているからですよね。

ボランティア活動については、日本でもっと盛んになるといいと思いますが、盛んにするにはどうしたらいいかが問題ですね。やっぱり教育かなと思いますが、大人をどうやって教育するか
それと、介護の場でのボランティアが何らかの経済効果をもたらすということはあるんでしょうか。
ボランティアが盛んになることによって、介護職の人たちの負担が軽減され、辞めなくてもすむようになるかもしれませんが、給料は上げてもらえるんでしょうか。

>自分たちの芸を披露するのがほとんどです<

あるある

投稿: robita | 2014年1月29日 (水) 23時09分

robitaさんの前コメント読んだ後の、一番の感想。
「末子を40歳で産んだとのこと、だったら、私もあとひとり二人産んむ、という人生も面白かっただろうなー」
なんです。うっふふ。
私は3人目を30歳で出産。その後、専業主婦をしていられない状況だったのだから、ムリなんですが、根が欲張りで、精一杯って言うのに惹かれるタイプなんです。

曽野綾子さんの追加された部分読みました。
エッセイの注文を受けると、こんな風に話題を広げて展開すれば、という手馴れた感を先に感じてしまいました。
次の台詞を引用なさっています。

「お年寄りがお元気なのはいいんですが、ご夫婦でせっせと歩いておられるのを見ると、歩く元気があるならもう少し働かれたらいいのに、と思います」

60代の私などは、ご夫婦で歩いておられる光景を目にすると、「前向きでいいなぁー、日常的に夫婦で健康を気遣う暮らしをしておられるのだ」とプラス評価で眺めています。
曽野さんは、否定はしていなくても、遊んでくらすのも自由、という捉え方。微妙に違いますね。

「どうして政府は年寄りに、収入はある程度安くていいから、体力の許すだけの働く場を作らないのかと不思議に思う」とも。

働きたいと思えば、あるはずです。
知人(大企業を退職した60代後半男性)は、大学院の聴講生をやる一方で、大型スーパーの裏方の荷だし作業のアルバイトをしていました。おしゃべり好きなタイプで、自宅にいるより、スーパーでオバちゃんたちと会話している方が楽しいのかも知れません。
私の仕事場があるビルで私より年上は、ビル清掃員のおじちゃん、オバちゃんです。
何故、政府に作らせようとするのか。
きっと、沢山の注文文章を書いていて、筆運び上、こんな展開になっちゃったんは、、、。
曽野さんに失礼かしら。

投稿: 街中の案山子 | 2014年1月31日 (金) 07時43分

>介護の場でのボランティアが何らかの経済効果をもたらすということはあるんでしょうか

お金は経済の血液です。淀まず流れることが必要なのです。ボランティアで人が動くこと、今まで家にこもってテレビを見るだけだった人が出かけるだけでも経済効果はありますよ。外に出たら、交通機関を利用し、お腹がすくから何かを食べ、外に出るのだからと洋服の1着も買ってみたり、お仲間とお茶したり、自分の活動や施設に興味が深くなれば本を読んだり勉強したり活動が増えると将来の医療費削減にも役立ち…。遊ぶことも経済に役立ちます。うろうろする人は経済に一役買っているのです(^^)/ 明日、明後日と日本の経済のために遊びに行く予定です

投稿: さなえ | 2014年1月31日 (金) 10時01分

★街中の案山子さん

>だったら、私もあとひとり二人産んむ、という人生も面白かっただろうなー<

さすが案山子さん バイタリティにあふれていますね。
性分の違いでしょう。私は分刻みの移動や子供を急かせるとかの忙しすぎる状態をうまく采配する能力がないし、子供に何かあった場合に、預けていた人に責任の一端を負わせてしまう事態が苦しいだろうな、ということも思います。
少なくとも幼児期から7・8歳位まではなるべく自分の目で見る時間を多くしたいと思っていました。
もちろん、経済的な問題があればそんなことは言ってられませんが、私は幸運でした。
子供がたくさんの家族は楽しいですね。
案山子さんは私が初産の頃にはもう三人目のお子さんを出産されてたんですね。私は10年遅れのドジでノロマなカメですね

私よく中高年の求人広告を見るんですが、清掃、警備、調理補助、介護、などの仕事はいくらでもあります。
働きたい人はそういうのを探し、時間や賃金を考慮して仕事を得ます。

なかなか誤解が解けないのですが、年取っても元気なんだから働けばいいのに、という単純なことを言ってるのでなく、放っておいても働く人は働くのです。
「退職後、退屈だけどすることがない。清掃や介護の仕事は抵抗がある」と思っている人たちを発掘することです。
前の記事に書いたように、主眼は工場労働にあり、賃金の中から一部国庫に提供する、という奉仕活動を制度として整備するということです。(そこから清掃や介護などの仕事にも広がっていくと思います)
その形がそもそも憲法に違反するのかどうか私にはわかりませんが、国難の時に特別な制度が必要になることもあるでしょう。

工場というと、熟練した技術が必要だから初めての高齢者には無理、という意見もあるでしょうが、それも思い込みかもしれません。

以前、NHK Eテレ「団塊スタイル」という番組で、70代の女性が工場で熟練工として働いているというリポートを見たことがあります。
この人は60代から仕事を覚え始めたということでした。定年後でもこういう仕事ができるんだなあと思いました。

国内に安い人件費で工場を稼働することができれば、国を救うことができると思った次第です。

戦後教育を受けた人々は「救国」や「報国」という響きに抵抗感を持ちがちですが、国が衰退すればそもそも個人の幸せは持ち得ません。

「前例」という枠の中で考えているだけでは社会状況を好転させることはできないんじゃないかと思います。
突拍子もないたくさんのアイデアの中から、高齢化地獄を乗り切るものが出てくるといいなあ・・・。

投稿: robita | 2014年1月31日 (金) 22時16分

★さなえさん

例えば老人の交通機関無料パスだって、老人を甘やかすなと言われることもありますが、それがあることで出かけやすくなり、仰るような経済効果が生まれることがありますね。
そういうこととは別に、ボランティアで介護職の給料が上がるような効果はあるのかなと思ったのですが、やはり、景気が良くなるのを待つしかないんでしょうかね。
景気の上昇に伴って介護職の給料が上がるってどういう経過でそうなるのかちょっとわかりませんけど。施設への補助金額が増えるってことなんでしょうか。

>明日、明後日と日本の経済のために遊びに行く予定です<

いいですね。楽しんできてください。いっぱいお金使って

投稿: robita | 2014年1月31日 (金) 22時24分

>景気の上昇に伴って介護職の給料が上がる

景気が上昇すると物、サービスの循環が活発になり、人手不足が生じるのです。賃金は需給関係で決まりますから。もうすでにスーパーなどあちこちで小幅ですが賃金が上がり始めています。人手不足を何とかしようと思ったら、人が来るような条件を付けなければなりませんので。

ただ現在は産業革命のような大きな変動が起きているときなので、単純労働に高賃金を与えるというわけにはいかないでしょう。介護職などでは移民やロボットの使用がだいぶ前から言われていますし、機械ではできないような職種でなければある程度の収入は見込めなくなっています。単純な翻訳も消えゆく運命です。

投稿: さなえ | 2014年2月 1日 (土) 11時23分

★さなえさん

>あちこちで小幅ですが賃金が上がり始めています<

介護職は人手も足りないし賃金も安いと言われていますが、景気が上がるにつれて報酬も上がっていくといいですね。

>介護職などでは移民やロボットの使用がだいぶ前から言われていますし<

私の妹がパートタイムの介護職なんですが、そういえば職場に外国人がいるし、入浴介助などお年寄りの状態によって機械を使うのでそんなに力がいるわけではないと言ってました。
介護はどんなに機械化が進んでも、人手がいらなくなるということはないでしょうが。
翻訳の仕事も消えるんですか。機械でできるものなんですか。

投稿: robita | 2014年2月 1日 (土) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発想の転換:

« ホリエモン再び | トップページ | STAP細胞 »