« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月15日 (土)

馬鹿とはなんだ

作家の百田尚樹氏が都知事選で田母神俊雄候補の応援演説をした際、対立候補を「人間のくず」呼ばわりしたことが国会で問題になったそうで、私は百田さんもその作品も好きですけれど、「人間のくず」はさすがにひどいんじゃないかと思い、どんな言い方だったのかyoutubeで見てみました。

確かに人間のクズって言ってますね。
でも何回か言ってるうちの最初の言葉は「日本人のクズ」と聞こえます。
これはわかる気がする、というか、祖国をわざわざ貶めるような言動をする人物に首都のトップになってほしくないという気持ちはよくわかります。
候補者にはそういう人がいました。

「日本人のクズ」から「人間のクズ」に変わったのは弾みだったような気もします。
百田さんは応援演説は初めてのことだそうで、おそらく気分が高揚し「人間の」になってしまったのではないかと推察します。

しかし、そうではないかもしれません。
百田さんは関西の人です。
もしかしたら「クズ」って大阪人にしてみたら「カス」みたいな感覚で、「こんなカスみたいな人物に東京を任せられますか」というほどの意味かもしれません。

たしかに民主党政権の時なんか、これが国家の指導者かというような人間が首相になってました。その人たちを「クズ」と呼ぶかどうかは個人の自由だと思います。

大阪人の言う、カス、ボケ、あほんだら、どあほ、のような言葉はさしたる重大な意味を持たず、「挨拶みたいなもんや」、と彼らは言うかもしれません。

「クズ」、しかも「人間の」がつくと人は過剰に反応するけれど、「カス」だったらどうなのか。

ボケなす、スカタン、とんま、まぬけ、イカレぽんち、くそったれ、豚野郎などはどうか。

やっぱり「クズ」は最上級の罵り言葉なのか。
「人間のクズ」と「クズみたいな人間」の違いはどこにあるのか。

.
このことで民主党の有田議員や大串議員が国会で安倍総理を追及したニュースがありましたが、これを聞いて娘が小学校三年生の時の保護者会での担任の女の先生のつぶやきを思い出しました。

面倒見の良い先生で、「困ったことがあったら何でも言ってね」と子どもたちに言っていたらしく、
「女の子は真面目でいろいろなことをいちいち報告に来ますね。『せんせ~い、○○君がバカって言いました』なんて」と苦笑。

「バカとはけしからん!」と憤激したお母さんはおらず、みんなで笑いましたけど。

まあ、しかし百田さん、大阪人のノリではあるかもしれないけど公に口にしたのはまずかったですね。
右でも左でもない、まともなことを訴えたいと思ったら、穏やかに上品に、且つきっぱりとした弁舌が有効だと思います。
なかなか難しいですけどね。熱心であればあるほど、つい言葉が激しくなってしまうものですから。

安倍総理の答弁には笑いました。
「ある夕刊紙は私のことをほぼ毎日のように『人間のくず』と報道しておりますが、私は別に気にしませんけどね」

.
    
 いつもありがとうございます 人気ブログランキング


.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

NHKの公平中立

慰安婦問題や靖国問題は結局日本人問題なのだと思います。

ネットでは中国や韓国の理不尽さを批判するものが大半だと思うし、私もそういう記事を書きますが、一番悪いのは日本人自身なのです。

籾井NHK会長の就任記者会見での慰安婦に関する発言が問題だとして大騒ぎになりました。

例えば昨日のTBS「サンデーモーニング」でやっていた批判の内容は(全部は見ませんでしたが)次のようなものでした。

【公共放送は公平中立でなければいけない。
 NHKは国の宣伝機関になってはいけない。
 正しいことを伝えるべきであり、政府に迎合してはいけない。】

そして、「ウォーターゲート事件を暴いた米ジャーナリズム、イラク戦争に絡むイギリスBBC報道の勇気」などを例に挙げ、
【メディアはこのように権力を監視する使命がある】

.

居並ぶコメンテーターの学者先生たちが頭が悪いのか、それとも私が無知なために何か勘違いをしているのか、慰安婦の濡れ衣問題と例に挙げられた英米の報道姿勢とは全く次元の異なる問題じゃないでしょうか。

公平中立を言うならば、なぜ事実をねじ曲げたまま(強制連行に関しては関しては捏造だということがわかっている)放置するのでしょうか。

「日本軍による強制連行はなかったし、軍が関与する慰安婦は当時どこの国にもいた」というのは公平中立な意見ではないのでしょうか。

籾井会長は、慰安婦のことを聞かれた時、最初「コメント差し控えたい」と躊躇しました。でも、記者はしつこく考えを引き出そうと食い下がり、籾井氏はまるではめられたような形で自分の意見(ごく公平中立)を言ってしまいました。

記者は会長が「ノーコメント」で済まそうとしたのを、しつこく私見を引き出した上で「会長就任の場で言うべきことではない」みたいなことを言い、会長が「では取り消します」と言うと、「いやもう取り消せないですよ」ですと。この記者はしつこく質問していったい何をしたかったのか。

たしかに嵌められるようなことになってしまったのは会長としして迂闊だったと思います。
それにオランダの飾り窓まで持ち出したのも余計なことだった。
そして「日本だけが強制連行したっていうから話がややこしくなるんですよ」という言い方は、まるで「日本も強制連行をしたが他の国もやっていた」みたいな誤解を生みます。

だから話し方には気をつけなければいけないと思います。

でも、籾井氏の意見の概要は正論です。
これが偏っていて、慰安婦に関する客観的事実を無視することが偏っていない、というのはどう考えても恐ろしく偏っています。

ところで、籾井氏の発言を橋下大阪市長が全面支持しました。

マスコミが大騒ぎするかと思ったら何もありません。以前大バッシングされた時と同じ意見を言っているのに静かです。

「『また橋下がこんなこと言った!』と、なんで大騒ぎしないのかしらね」と私が言うと、妹が「そりゃあもう新しいイジメの標的が現れたんですもの、橋下が何を言おうと興味を失っただけでしょ」

マスコミの役割はイジメじゃなくて公平中立な報道のはずです。慰安婦問題の誤解が世界に定着するのを防いでほしい。

国民も無関心であってはいけないと思います。国民が「公平中立」の意味を正しく理解すればこんな騒ぎにはならないはずです。

慰安婦問題は、マスコミによって、「公平中立」を「右傾化」などと思い込まされてしまう日本人自身の問題だと思います。

.
      いつもありがとうございます →人気blogランキング

関連記事:
  http://robita-48.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-72ac.html
 
 

 
 
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

STAP細胞

理化学研究所の小保方晴子さん率いる研究チームによる体細胞初期化の方法はニュートンの万有引力やキュリー夫人の放射能に匹敵すると言われるほど画期的な発見なのだそうです。

日本人の科学力ってなんでこんなにすごいの、と、次々と新しい成果を生み出す日本の研究者たちの活躍を見るにつけ思います。

テレビで「どうしてこんなにすごいんでしょう」と聞いたキャスターに、科学解説者は「日本は基礎研究を非常に大切にするんですね。その積み重ねが成果につながっていると思います」と答えていました。

こういう記事を書いたことがあります。→ 「科学的思考」 

論理に背を向けゴリ押しで主張を通そうとする例の二国が科学分野でノーベル賞を取れないのは科学的思考が欠如しているからではないかと書きました。

「基礎研究」をwikiで見ますと、「基本原理の理解を向上するために進める研究。それらはじかに、あるいは即座に商業的な利益を生み出すことを意図しておらず、知識欲や好奇心から生じるものと考えることができる」とあります。

ふむふむ。なるほど。

「捏造から始まっている」というおおもとのところに目をつぶって平気でいられるのは、真実への好奇心より当面の利益の方に重きを置くからなんでしょうか。  

ところで、チームリーダーの小保方さん、「晴子さん」というちょっぴり古典的なお名前とお祖母様からのプレゼントという割烹着を来て実験に臨んでいる姿から、どんな家庭に育たれたお嬢さんなのか興味が湧きます。

.
     いつもありがとうございます →人気blogランキング

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »