« 難解に見えて案外単純なことかも | トップページ | マスコミの威力に勝てない »

2014年3月17日 (月)

「深く静かに潜行せよ」

以前にも紹介しましたが、「嫌悪韓~韓国と紳士的に離れよう~」というブログがあります。 →  「韓国と日本について考えることからはじめよう!」

韓国を口汚く罵ることはやめて、穏やかに離れるのが最善の策であると、わかりやすい文章で書き続けておられます。

穏やかな意見というのは、えてしてあいまいで具体性に欠け、現実味がないものですが、この方の主張はそうではありません。

今まで、「首相は靖国参拝しないほうが良い」とか「河野談話は見直すべきでない」とかの意見は数多く見受けられましたが、それらの意見にはほとんどすべて、「日本が悪いのだから」というニュアンスを感じます。
平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、日本は決して周辺諸国に逆らってはいけない、というものです。

でも紹介したブログは基本的なスタンスが違います。
韓国の理不尽さをよくわかった上で、付け入られるようなことはしないのが賢明、という主張です。

だから日本が国際社会に強く訴えるべきは「すでに条約で解決済みのことを韓国がいつまでも言い募る」ということであって、「河野談話の見直し」はしてはいけない、と仰います。

この点については、保守派のかたがたには納得のいかないところでしょうし、韓国に脅されるような形で作成された談話の検証は本当にしなくていいのだろうか、と私も思いますが、見直しすることによってどんな恐ろしいことが起きるのか恐怖も感じます。

私は事の経緯をきちんと国際社会に説明すべきだと思ってきました。
ブログ主さんは「談話の見直しをすればそりゃあスカッとするでしょうが」と仰っていますが、スカッとするためでも、韓国に「ざまーみろ」と言うためでもありません。
事実でないことが歴史となって残ってしまうことや国の名誉が傷つけられることを放置してはならないと思うからです。

けれども見直しをすることによって、今でも聞く耳を持たない韓国が激昂して今度こそ本当に手がつけられなくなるかもしれません。

そうなると、わかってもらうなどということは残念ながらほとんど不可能になるでしょう。

やはり国民一人ひとりの努力で深く静かに潜行しながら時間をかけて、理不尽なふるまいをやめさせていくしかないかもしれません。

そのためには日本人のできるだけ多くの人が関心を持つことが重要だと思います。

嘘を言いふらされてなぜ、日本はまっとうな抗議ができないのだろう、違うことは違うと言うことができないのだろう、なぜ少しでも毅然たる態度を取ろうとすると「右翼」だなんて言われてしまうのだろう、そういう疑問を持つ人は多いと思います。

今まで私はそれが戦後教育によるもの(日教組)だと思ってきましたが、もしかしたら、それだけではないのかもしれないと思うようになりました。

この国のあらゆる場に日本的な顔と名前を持った人々が入り込み、あちらこちらで層となって日本人の気持ちを押さえ込んでいるのかもしれません。
もしかしたらそれは意図的とか計画的というようなものでなく、誰も気づかないうちに水がだんだん浸みるように、少しずつ色が染まるように、じわじわと自然に広がっているのではないでしょうか。

例えば政治討論番組で慰安婦問題などが議論されているのを聞いていても、「捏造であった」という結論には絶対に至りません。相手を論破することができないのです。「ああいえばこう言う」といった、何を言ってるのかよくわからない論法で押されて結局うやむやになって終わりです。
なぜこうなってしまうのか。テレビ局がそういう風になるように論者を揃えているからではないかと思います。それも計画的というより、空気でなんとなーくそうなっているような気がします。

知らず知らずのうちに、マスコミ、芸能、教育、企業、政治、あらゆる世界で浸透が広がっているのかもしれません。

そうだとしたら、これは防ぐことができるものなのか、それともこうやって世界は「はびこる人々」によって侵食されていくものなのでしょうか。

文化の融合や経済のグローバル化は人類社会の当然の成り行きだと思いますが、心の侵食はそれとは違うと私は思うのです。

「民族」なんていう意識があるから同じ人類同士で軋轢が生じるのだ、と言う人がよくいますが、たとえ遠い将来、国境がなくなって世界がひとつになる日が来たとしても、なお最後まで残るのが民族の記憶というものじゃないでしょうか。これをパトリオティズムと私は理解しているのですが。

現に韓国は「民族の怒り」をもって日本を責めているわけですから、仮に日本人が「民族の違いなんて無意味ではありませんか」と提案したとしても受け入れてはくれないでしょう。

.
    いつもありがとうございます →人気blogランキング

|

« 難解に見えて案外単純なことかも | トップページ | マスコミの威力に勝てない »

コメント

本文とは関係のないコメントですいません。


この先どうなるかはわかりませんが、とりあえず、なんだか訳のわからない無理やりの選挙で、クリミヤをロシアに編入のプーチンさんの、外部からの圧力によるその判断に、ほっと、しました。


軍事介入、しなくて、よかったなあ、と思いました。


投稿: ゆったり | 2014年3月19日 (水) 11時18分

★ゆったりさん

ロシアとの良好関係構築上、日本も苦しい立場ですね。
アメリカが頼りなくなって、ロシアと中国が帝国主義を強めて、この先世界はどうなるのか?なんて心配もしたくなりますが、もう誰も世界大戦は望まないし、世界中が経済でつながっている以上、大混乱に陥らぬよう、なんとか治まることになっているのでしょう。

投稿: robita | 2014年3月20日 (木) 13時29分

頼りないのはアメリカではなくオカマ野郎です。あの大統領を見れば、安倍首相もプーチン魔王にチアリーディングでもしたくなってくるのでしょうね。ソチでは我らが首相の底抜けの笑顔に対し、魔王陛下は氷のように冷たい表情。こんな様子で同盟諸国から突出した行動に出ると、日本には手痛いしっぺ返しです。

投稿: Σ・亜歴 | 2014年3月21日 (金) 14時26分

★∑・亜歴さん

共和党大統領になればまた強くなるんですか。
親分がどこの国になっても、日本はちゃっかり生き延びるような気もするんですけどね。

投稿: robita | 2014年3月22日 (土) 00時17分

ロビータさんのコメント4を読んで、こんなことを思い出しました。


あの松下さんは、人の良いところだけを見れば、悪いところなんか気にならなくなる、と言いましたが、人間、やっぱり、人の悪いところばかりに目がいきますよねえ。その方が楽だし、松下さんのような考えまでいくには、エネルギーがいりますものねえ。


それから、昔読んだ哲学の本の中に、戦いたくて仕方がない相手のその土俵に乗ってはいけない。相手がどう戦かえばいいのかわからない戦い方に知恵を絞れ、というのがありました。

冷静沈着頭脳明晰のロビータさんに、もうひとつ、聡明を捧げるのは、褒めすぎですか?

投稿: ゆったり | 2014年3月22日 (土) 04時44分

★ゆったりさん

ゆったりさんが常々主張しておられるように、「みんなもっと知恵を絞って大人の対応をすればこの世には争いはなくなる」という考えの穏やかで賢明な日本人はすごく多いと思います。非常に好ましい国民性です。
その日本人がさらに賢くなるためにも、ロシアや中国が王者になった世界を経験してみるのも、なかなか良いことのように思えます。
起こらなかったことについては不知のままですが、人間、起こったことからは学べるものです。

投稿: robita | 2014年3月22日 (土) 10時11分

私の頭を絞っても、たいした名案は浮かばないかもしれませんが、ロシアや中国が王者にならない為に、賢者はどのように知恵を絞ればいいのか?なんてことを思います。

投稿: ゆったり | 2014年3月22日 (土) 11時17分

★ゆったりさん

幸か不幸か、この世を動かすのは賢者ではないんですね。

投稿: robita | 2014年3月22日 (土) 23時42分

robitaさん

どのように生き延びるかですね。圧政国家の中でも、そこの国民はちゃっかり生き延びてはいます。オリンピックのためなら何も言わずに農地を高速道路や鉄道にしてしまう国でも、農民は生き延びます。それは抑圧され苦しい生き方です。

投稿: Σ・亜歴 | 2014年3月23日 (日) 00時27分

★∑・亜歴さん

アメリカが弱くなっても、中国が日本を侵略して支配し圧政をしくようなことにはならないでしょう?

投稿: robita | 2014年3月23日 (日) 23時50分

何でもかんでも軍事介入して、何の罪もない子供や老人を皆殺しにしてきた強いアメリカよりも、今のアメリカの方が、いいと私は思います。


オバマさんは、弱いのではなく、賢い人だと思いたいです。

投稿: ゆったり | 2014年3月24日 (月) 09時12分

★ゆったりさん

大国が穏やかにおとなしくなればそれで世界平和が保てるというようなものでもないようでして。私もよくわかりませんが、抑止力とか力の均衡とかの働きでなんとかなっているようです。
優しいゆったりさんが、罪のない人たちの受難に心を痛める気持ちもわかりますが、この世は富の奪い合いです。
崩壊寸前の中国に「もう諦めなさい」とか、EUに対抗して大帝国の復活を目論むロシアに「今のままでいいじゃないか」なんて言葉で説得できると思いますか。
優しいだけでは秩序は保てませんし、秩序崩壊すればもっと多くの人が苦しむことになります。日本の多くの人はロシアが強くなるより、アメリカが強くなるほうを望んでいるんじゃないでしょうか。
アメリカの地位をロシアが占めるようになった世界を見てみたい気もしますが、まあそういう国際情勢に振り回されないよう、日本が独自に強くなることができればいいんですけどね

投稿: robita | 2014年3月24日 (月) 10時25分

おとぎの国で生きている訳ではないので、軍事力による抑止力がいかに大切なのか、をわかっているつもりです。


それを踏まえたうえで、アフガニスタン武力介入のようなことをしないロシア、イラク爆撃のようなことをしないアメリカを、評価したいと思います。

国そのものが、かってのベルリンの壁のように存在している北朝鮮。どうにかならないものでしょうか?

投稿: ゆったり | 2014年3月27日 (木) 02時22分

★ゆったりさん

争いのない平和な世界になるといいですね。

投稿: robita | 2014年3月27日 (木) 22時34分

聡明なロビータさん。

お心遣い
ありがとうございます。

投稿: ゆったり | 2014年3月28日 (金) 10時03分

投稿: robita | 2014年3月30日 (日) 15時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「深く静かに潜行せよ」:

« 難解に見えて案外単純なことかも | トップページ | マスコミの威力に勝てない »