« 「深く静かに潜行せよ」 | トップページ | 時代は変わった? »

2014年4月 5日 (土)

マスコミの威力に勝てない

ブログ「非韓三原則」「日本は特アに敗北する」 という記事で、保守活動に疲れた知人の方のことが書かれています。わかるなあ、と思いました。

私自身は特別な活動をしているわけではないし、ブログで自分の思うことを書いているだけですので、疲れるということはないですが、このごろちょっと面倒くさくなってきました。
書いても書いても、訴えても訴えても、事実でないことが世界中に広まっていくような状況の中、「世界の人々に本当のことをわかってほしい」と願っているだけの普通の人々が疲労感を覚え始めているのではないでしょうか。

きっとほとんどの日本人はそんなことどうでもいいのです。冤罪に無関心なのです。
日本人の誇りを取り戻そうという首相が現れれば「右傾化」などと言ってつぶそうとします。

たしかに中国や韓国が非常に厄介な国だということは多くの人が認識するようになりましたが、まるで「それとこれとは別」だとでもいうように、安倍政権のやることなすことイチャモンをつけます。
それは主にマスコミがやっているのですが、それならそういう新聞をとらなければいいのに、そういう新聞社はつぶれません。

結局国民が本気になってないからこういうことになるのですね。

だから、件のブログ記事にあるように「今の日本人と昔の日本人はメンタリティが変わりすぎていると思う。昔の日本人と今の日本人は、もはや別の国の人だ。」などと言いたくなる気持ちもわかります。
戦後教育による刷り込みの影響はあまりにも根深い。

「愛国心」に対する忌避感情は多くの日本人の頭に染み付いています。洗脳されている人には説得はききません。
「愛国心を持つと戦争になる」、この思い込みは絶望的に強固です。

インターネット上では議論をすることは可能ですが、問題は現実社会で政治の話はタブーだということではないでしょうか。

先日、近所の70代の女性が灰谷健次郎の「風の耳朶」という本を貸してくれました。

灰谷という人は典型的な左翼だと聞いていたのですが、「もうほんとにすっごくいいから読んでみて」と目をキラキラ輝かせながら熱心に勧めてくれたので読んでみました。

大部分が年寄りの説教みたいで、天皇や靖国神社批判、戦時の残虐行為を日本は謝罪していないなどの記述もあり、小説としても全然面白くありませんでした。この本を返す時、感想を求められたら何と言えばいいのか。私はこの70代の女性に対して「この本は左翼的なので嫌いです。」とはっきり言うことができないでしょう。

ネットでは言えることも、現実の生活の中ではなかなか難しいものです。

ネットの力って・・・・・、あるんでしょうか?

.
     いつもありがとうございます →人気blogランキング

(わかりにくい文章を一部削除しました。4/7)

|

« 「深く静かに潜行せよ」 | トップページ | 時代は変わった? »

コメント

お疲れ様です。
robitaさんが取り上げていらっしゃるテーマをのみ考え続けていると、暗闇に入り込んでしまいそうになりませんか。
「日本は特アに敗北する」の「特ア」って、なんですか。
日本が地理的に悪い環境にいて、時代もドンドンキナ臭い方向に行くのではないか、と考える人もいるでしょう。
でもね、日本から見ると近隣に嫌な国がいる、きっと、全世界、どこの国でもそうなのではないですか。
韓国は地理的には古代からもっと大変な位置にい続けています。自分の国の隣、数十㌔のところに金王国ですよ。中国は情報化時代が人民を啓蒙するから、自国内に爆弾を抱えています。そんな国の為政者の立場を想像すると、一筋縄では行かないのは百も承知なハズです。その彼らが自分の政権の安泰や国益を主張している形が現状であり、それを非難に次ぐ非難という直球を投げ続けることが、私たちの国の国益の最善かどうか、ということですよね。行政府は国政のプロ。キャリア官僚も彼らのブレーンのはず。いろんな作戦で、日本丸の航海の舵取りをしていってくれているのでは、と思っています。
昨日の日経の「日曜に考える」-熱風の日本史-を読みました。robitaさん読まれましたか。私たちの国も、途上国のひとつだったのだと、100年も遡ると、これが現実だったのかと、教えられました。

投稿: 街中の案山子 | 2014年4月 7日 (月) 07時25分

★街中の案山子さん

仰りたいことはよくわかります。
ただ、案山子さんと私では、「日本」という国に対する認識が違うのだと思います。
仰るように世界は隣国との軋轢を抱えたところだらけだと思います。それぞれの国益のため「負けてはならない」という姿勢で身構え続けているものと思います。

そんな世界の中で、日本って特殊なんですよね。
海で囲まれていることで他国の進入を阻みやすかったというのはよく言われます。
のんびりと独自の文化を発展させることができた特殊な国です。

世界大戦で大きく傷つくもひたすら復興に取り組み経済大国として上り詰めました。

大国になる過程で、狡猾さや高圧的な態度で他国を抑圧したということもありません。

いわば「悪意がない」国なんですね。

「特定アジア」というのは、中国、韓国、北朝鮮という、悪意を持って日本を抑圧しようとする国のことじゃないでしょうか。

私は中国とも韓国とも仲良くできたらいいなあと思っています。

でも仲良くするために捏造された事柄を受け入れるべきとは思いません。それは仲良くなるということではなく、へつらうということではないですか。

>そんな国の為政者の立場を想像すると、一筋縄では行かないのは百も承知なハズです。その彼らが自分の政権の安泰や国益を主張している形が現状であり<

案山子さんが中国や韓国の為政者の立場に同情しているのではないことはわかりますが、日本は中国や韓国の事情のために存在しているのではないと思います。

>それを非難に次ぐ非難という直球を投げ続けることが<

日本政府はそんなことを一切しておらず、非難に次ぐ非難は中国や韓国がやっていることですね。
ネット上で過激な人々がそういうことをやっているのは承知していますが、私は正当な意見を書いているだけです。

「お願いだから捏造を世界中に広めないで」と訴えることさえしてはだめですか。

>行政府は国政のプロ。キャリア官僚も彼らのブレーンのはず。いろんな作戦で、日本丸の航海の舵取りをしていってくれているのでは、と思っています。<

政治家や官僚はプロですから、外交を間違えるはずがない・・・、かどうかは素人の私にはわかりません。
しかし、この記事 で書いたように外交のあれこれは素人にはわからないものだと思います。
指導者の適切な判断に対して素人の国民がワァワァ騒ぎ立てるとさぞかしやりにくいでしょうから国を信任したいと思いますが、その指導者が鳩山さんか安倍さんかによってもずいぶん違ってきますね

ただ、国民も最低限の事実は知っておかなくてはいけないし、関心も持つべきだと思います。

「熱風の日本史」これから読んでみます。

投稿: robita | 2014年4月 7日 (月) 10時13分

「特ア」って、「特定のアジアの国」の略なんですね。初めて聞いた表現です。

「愛国心」に対する忌避感情は多くの日本人の頭に染み付いています。洗脳されている人には説得はききません。
「愛国心を持つと戦争になる」、この思い込みは絶望的に強固です。


という文章がありますが、この括り方もまた、最近の私にはステレオタイプっぽく読めます。
今、集団的自衛権が議論されていますが、憲法9条の文意からすると、そぐわない、相容れない、と思います。でも、日本が理不尽な不利益下に置かれないために必要ならば、容認もアリ、と、最近、思えてきました。
韓国における「反日」は、自国の法律より上の概念だから、法律的には通らなくても、反日に根拠を置く要求を最高裁が容認するのに似た、発想といったら、語弊があるかな?(苦笑)
集団的自衛権を避けて、日本を自国の自衛隊のみで守れるか、自分たちは守れると思っていても、外から見ると、無防備な国に見えるのではないでしょうか。民主主義国家側の団体さんに加盟して、不利益からの防護をするのが、国益に叶うと思います。
私、中学で学んで以来長らく日本国憲法大好きな人間できました。
robitaさんのおっしゃる、戦後教育を受けてきた一人です。そんな時代を生きてきたものでも、学校や教科書では教えてくれなかったことを学ぶ場はたくさんあります。
前のコメントで、robitaさんに、憲法改正論者とかされて、ワレながら、「!」でした。ああ、robita さんからすると、そういう範疇になるのか、と。保守とか、右とか、左とか、レッテル貼って区分けするタイプなのですね。

投稿: 街中の案山子 | 2014年4月 8日 (火) 07時55分

★街中の案山子さん

>韓国における「反日」は、自国の法律より上の概念だから、法律的には通らなくても、反日に根拠を置く要求を最高裁が容認するのに似た、発想といったら、語弊があるかな?(苦笑)<

うーん、構造的には似てると言えるのかもしれないけど、日本の場合は「安全保障のため」であり、それは自国のためになるからですよね。
でも韓国のそういう姿勢は、そんなことを続けていると自分たちが損をすることになるのに、感情のほうが勝ってしまってるわけですよ。やっぱり大きく違うかな

>前のコメントで、robitaさんに、憲法改正論者とかされて、ワレながら、「!」でした<

ちょっと意味がわからないのですが、私がどこかのコメント欄で案山子さんのことを「憲法改正論者」と言ったのですか? 覚えていませんけど、でも案山子さんは「領土は武力で取られてしまえばおしまい。そういうことの抑止のためにも憲法改正は必要ではないか」という趣旨の記事をお書きになっていたので、憲法改正の考え方を持っている人だと私は思っていますよ。それはレッテル貼りなんですか?

私も案山子さんと同世代で戦後教育を受けてきました。憲法9条を信奉する教師に教育されたわけじゃありませんけど、日本社会全体が左翼的(この言葉に抵抗あるかもしれないけれど、いわゆるダチョウの平和論が蔓延していたということです)だったし、何の疑いもなく憲法9条は大事なものだと思っていました。

>レッテル貼って区分けするタイプなのですね。<

案山子さんは、私のブログでよく率直で活発な意見を書いてくださいます。良い議論が出来ているんじゃないかと思っていますが、私のブログなど弱小世界です。

広いブログ界を見渡せば(例えば、人気ブログランキングで上位にあるブログなどご覧になったことありますか?)、ああいうところに行ってスタンスの違う意見を書いたとしましょう。
ブログ主さんだけでなく、わらわらとお仲間たちが集まってきて、それこそ「お前は左翼か!」といったレッテル貼りをされてまともに議論することなどできないと思います。
私はそういうことが予想されるのでコメントしたことはありませんが、そういう事態を目撃したことはあります。

私のブログでは幸い皆さんお行儀が良く、喧嘩になることはありませんが、広い世の中には聞く耳持たない人がたくさんいますよ。
「○○さんはレッテル貼りをする人」というレッテル貼りをしないためにも、私も謙虚に学んでいこうと思います。

投稿: robita | 2014年4月 8日 (火) 14時14分

robitaさん

国を愛してはいけない、国歌を歌ってはいけない、と刷り込まれた人たちが、何かおかしい、変だと思い始めています。

右とか左に偏らない普通の感覚を持った若者も増えていると思いますよ。

テレビには相変わらず変なキャスターやコメンテーターとかいう人たちが顔を並べていますし、ジャーナリズムの使命を忘れた新聞も多くありますが、若者たちはテレビも見ませんし、新聞もとっていません。

発行部数の極端に減った新聞がやたらテレビで宣伝してますね。変な新聞が潰れないのは押し紙という手があるからでしょうか。

先ほどプライムニュースに安倍首相が出演していました。
対話を始める条件を朴大統領が提示してきたようですが、
「会うために条件を呑むことはしません。それは誇りある態度とは言えません」と言っていました。

嗚呼、やっと普通に物言う首相が出てきた、と思いましたね。

争うのがいやで下手(したで)に出れば必ず嵩にかかって頭を押さえつけようとする人がいるのを、平和主義者の私は50年生きてきて経験してきました。

毅然とした態度をとれば、右だ、好戦的だと言いたがる人はいますが、国民の支持が高ければ対等にモノが言えるのですね。

投稿: kai | 2014年4月 9日 (水) 00時46分

うーん、構造的には似てると言えるのかもしれないけど、日本の場合は「安全保障のため」であり、それは自国のためになるからですよね。
  ↑
きっと、韓国も、そういう態度を取ることが自国のためになる、と考えているのでしょう。ぴたり同じとは言いませんが、ものごとは、つい自分よりに、自国よりに、判断しがちなものです。

反日とわめいている庶民の光景を、半可通な報道機関が、さも「ワレこそはマスコミ」といった風情で、日本のお茶の間に流すから、イタイんだと思います。
中国でも、反日デモよりもはるかにたくさんの、地方政府のやり方に対するデモが横行しているのが現実です。めったにデモも少ない日本の若い報道担当者が、報道ネタを見つけたとばかりに平和な日本のお茶の間にながして、仕事をしたと思っているのだから、うんざりです。
中国が抱えている現実問題について、興梠一郎さんの「中国激流」-13億のゆくえ-、という新書本ですが、かの国の仕組みがよく判って、よかったですよ。

○○論者の件は、robitaさんご指摘の箇所のことです。私も、自分自身が変遷したなとは思っているのですが、そっち側でしょ、みたいな言い方には、デリケートになってしまいます。

投稿: 街中の案山子 | 2014年4月 9日 (水) 07時17分

★kaiさん、街中の案山子さん

コメントありがとうございます。
明後日お返事します。

投稿: robita | 2014年4月 9日 (水) 22時27分

あくまで私の周囲のみの話ですが、お年寄りの意識はかなりはっきりと変わったと思います。
中国・韓国には我慢ならないと憤るお婆ちゃんやお爺ちゃんが明らかに増えました。

投稿: basock | 2014年4月11日 (金) 07時59分

★kaiさん、

初めまして。

>右とか左に偏らない普通の感覚を持った若者も増えていると思いますよ<

そうですね。右でも左でもない、という人が大半だと思うのですが、日本では普通の防衛感覚や国の名誉を守る気持ちを持つことを「右傾化」と批判するのが普通感覚になってしまっていますね。

>変な新聞が潰れないのは押し紙という手があるからでしょうか。<

押し紙ってずいぶん前に問題になったと思うのですが、新聞社から押し付けられても搬入部数に応じて補助金が出るので販売店も損しない仕組みになっているそうですね。それでも人々が買うのをやめれば反省すると思うのですが、みなさん惰性で購読してるんでしょうか。そういう我が家も6年くらい前まで朝日新聞を惰性でとっていたので反省してますが

>国民の支持が高ければ対等にモノが言えるのですね。<

「やっと出てきた普通に物言う首相」を国民が支持することが大事で、そのためにも国内外の状況に関心を持つことが基本ですね。

投稿: robita | 2014年4月11日 (金) 23時25分

★街中の案山子さん

>きっと、韓国も、そういう態度を取ることが自国のためになる、と考えているのでしょう<

安倍首相が韓国語で話しかけたのを朴槿恵大統領が無視したという報道がありました。しかしテレビに映ってない場面で安倍首相とにこやかに握手したそうです。その時朴大統領は日本の事務方に「握手したことは口外しないでくださいね」と念を押すのを忘れなかったとか。
このことについて、「韓国大統領にも国内事情があるから」と同情する人もいるでしょうが、「韓国大統領の支持率維持のための反日言動に日本は付き合わなければならない道理があるのだろうか」と思う人もいると思います。私は後者のほうがまともな姿勢だと思いますね。
韓国も「自国のため」をもっと冷静に考えたほうがいいとと思います。

>中国でも、反日デモよりもはるかにたくさんの、地方政府のやり方に対するデモが横行しているのが現実です<

中国では政府のやり方に不満があっても力で抑えられてしまうし報道は規制されていますから、「反日」より「反政府」のほうがずっと国民の思いが強いとしても、そのようには現れてきませんね。日本の報道も反日デモの映像ばかり流します。
韓国の場合は、民主主義で選ばれた大統領の支持率が高いわけですから、反日感情は本物だと思います。そのことに日本人は気づいたほうがいいと思います。

>○○論者の件は、robitaさんご指摘の箇所のことです。私も、自分自身が変遷したなとは思っているのですが、そっち側でしょ、みたいな言い方には、デリケートになってしまいます。<

「そういうつもりはまったくないのですが、気を悪くなさったのなら謝ります。ごめんなさい」というのが、よくある日本人の態度ですね。私もそれをやってしまうことがあります。自分さえ謝っておけば丸く収まる、と考えがちな日本人ですから。
でもきっとそれは日本人のいけないところなのだと思います。きちんと説明し合うことは必要だと思います。
「ご指摘の箇所」とはどこのことですか。はっきり指摘していただかないとわかりません。
「そっち側でしょ、みたいな言い方」を私はした覚えがないのですが、それは案山子さんの個人的な受け取り方でしょうか。
「なんとなくそんな感じがする」というだけなら、単なる思い込みと判断されるでしょうから、論理的な説明が必要であろうかと思います。
案山子さんの防衛問題の記事について書いたのはここです。 

投稿: robita | 2014年4月11日 (金) 23時37分

★ basock さん

はじめまして。

>お年寄りの意識はかなりはっきりと変わったと思います<

そうですね。
中国や韓国にただ腹を立てるというのでなく、日本人が防衛意識を持つようになったのなら、周辺国につつかれるのは有難いことかもしれません。

若い人は二極化しているのではないかと思います。
憤激して中国韓国を過激に批判する人と、「もう中韓問題はうんざり」なのか、無関心な人。

私は少なくとも冤罪は晴らしたいし、防衛も必要だと思うので、日本政府の対策に関心を持っていたいと思います。

投稿: robita | 2014年4月11日 (金) 23時43分

基本的に、国対国のやりとりは、何でもありですよね。


そこに倫理観を持ちこむのは、やはり、世界を統率する神様でもいない限り、無理ですよねえ。


中国や韓国の日本との領土問題ですが、ハワイは何故アメリカの州なんでしょうねえ。


グアムは何故アメリカの領土なんでしょうねえ。


南米のフォークランド諸島は何故イギリスのものなんでしょうねえ。


沖縄だけがアメリカ軍の基地を負担している。地理的に沖縄にはアメリカ軍基地が必要だと言うのに、何故神奈川県にあれだけたくさんのアメリカ軍基地があって、神奈川県の人達は、何も言わないんでしょうねえ。


本当に、わからないことばかりです。


教えて下さい。

投稿: ゆったり | 2014年4月13日 (日) 10時22分

★ゆったりさん

>本当に、わからないことばかりです。<

国際紛争がややこしいのは世界が統一されてなくてルールが定まっていないからだと思います。

>教えて下さい<

無知な私なんかに聞くより、ネットには詳しい人がいくらでもいますよ。
検索すればわかりやすい答えが出てくるんじゃないでしょうか。

投稿: robita | 2014年4月13日 (日) 23時40分

私は、そんな遡った記事のことを言っているのではなかったのです。ただ、私のコメントに対するrobita さんの受け止め方を、勝手に私が思い込んだのでしょう。撤回します。
前述のkaiさんのコメントがらみなのですが、私はね、昭和47年の社会人第一歩のときに、「国歌斉唱はタブー」の洗礼を受けた一人です。個人的には長らく、自問自答してきました。数年前に、なんだか一皮向けた感で、片意地張らなくても派になりました。ようやく日教組の呪縛が融けたのでしょうか。苦笑。でね、この3月、久しぶりにいくつかの卒業式に参列する機会があり、拘っていた頃をしのびました。

投稿: 街中の案山子 | 2014年4月19日 (土) 12時50分

★街中の案山子さん

ご説明ありがとうございます。
ネット上のやりとりというのは誤解や微妙なズレがつきものです。
「なんとなくそう感じる」というのは私もよくあることで、それはネットに限りませんが。

「平和憲法」については、私も信奉していたというほどではありませんが、刷り込まれていました。ほとんどの日本人はそうだったんじゃないでしょうか。
で、自分が目覚めた後は、「なんでわからないんだ」とイラついたり、なかなか理解されないことに皮肉のひとつも言いたくなったりするわけで、これもほとんどの人が体験することだと思います。
記事はそういう書き方のほうが面白味があって読まれやすいこともあると思うのですが、コメント欄では人対人ですから気をつけなければいけませんね。

投稿: robita | 2014年4月19日 (土) 14時23分

★街中の案山子さん

あ、そうだった、「国歌斉唱」でしたね。

>昭和47年の社会人第一歩のときに、「国歌斉唱はタブー」の洗礼<

そうでしたか。
私は、長男の小学校卒業式(22年ぐらい前)、国歌斉唱の時に歌わなかった記憶があります。「歌っちゃいけないもの」と思っていました。来賓の席に生協出身の市議会議員の女性がいて、その人は起立さえせず口を一文字に引き結んでいました。「すごい意志」と思いました。

いつごろから呪縛が解けたのか覚えていませんが、長女の時は平気で歌ってましたね。
広報担当の役員になったことがあって、広報誌を作る作業をしながらの雑談の中、何かの話から「(君が代歌っても)別にいいじゃない、ねえ」と言った人がいました。するとそれに続いてみんなが「私もそう思う」と口々に発言したことがあって、「ああ、みんな同じ思いだったんだな」と思いました。

投稿: robita2 | 2014年4月19日 (土) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マスコミの威力に勝てない:

« 「深く静かに潜行せよ」 | トップページ | 時代は変わった? »