« 生前贈与 | トップページ | 男の目 »

2014年6月30日 (月)

女の目

夫婦の平等度が高まり、夫が家事に参加すればするほどセックスの数は減っていく・・・・・、これは最近の社会学の研究で実証されていることなのだそうです。

週刊新潮連載の医学エッセイ「医者のけもの道」で岩田健太郎医師が心理療法士ロリ・ゴットリーブのエッセイ(ニューヨーク・タイムズ・マガジン)を紹介しています。

≪しかも、よりフェミニンな家事、たとえば炊事、洗濯、お掃除なんかを夫がよくやる夫婦は、よりマスキュリンな家事、たとえばゴミ出しとか、自動車の修理・・・・を夫がやる夫婦よりもセックスの回数が5割減なんだとか。
なぜか。
その説明としてゴットリーブはこう考えます。
炊事や洗濯をしてくれる、理解のある夫と一緒にいるのはとても楽しく、妻はより幸せになる。
でも、そういう夫はセックスの相手としては、魅力に乏しくなるのではないか、と。≫

.

もちろんこれは夫婦間に起こること(つまり同居しているからこその事態)であり、独身男性が家事をやっているからといって女性から見て魅力がなくなるというわけではありません。
昔から一人暮らしの男性は家事を全部自分でこなしていたし、結婚した時点で、家のことは妻に任せるようになる人が多かったのです。

岩田医師も次のように分析します。

≪確かに、性欲というのは相手の「他者性」に惹かれるわけです。自分ではない、他者との関係性、その「差異」が、異性への恋愛感情を生み、性欲をドライブするのでしょう。
ところが、仕事においても家事においても、いろいろな生き方が同化していくにつれ、男女の違い、その「差異」が小さくなっていきます。
「差異」が小さくなればなるほど、両者の間に諍いは起きなくなり、夫婦の仲はよりよくなっていく。しかし、逆説的に「差異」の大きさが生み出す性欲が減退する。≫

私、男女平等に関する問題をたくさん記事にしていますが、「女性たちはそのうち『おばさんみたいな男ばっかりで、もうやだ~』なんて言い出すんじゃないかと心配で心配で・・・」なんて書いたことありましたっけねえ。

          (次回「男の目」に続く)

.
          いつもありがとうございます →人気blogランキング

.
関連記事:「男が家事育児に参入すると」  

|

« 生前贈与 | トップページ | 男の目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女の目:

« 生前贈与 | トップページ | 男の目 »