« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月26日 (土)

右翼って呼ばないで

石原慎太郎という人は「極右で危険な人」と思われているようです。
でも石原のどういったところをもって「極右」というのか、具体的に説明できる人いるんでしょうか。 自分たちの認識と違うから何となく怖い、という程度のものじゃないのかなと思います。
東京裁判を否定し、「自主憲法制定」を主張しているところでしょうか。 そのことは特に右に偏りすぎているとは思えないのですが。
極右かどうかはともかく、最初、石原さんが維新の会に合流すると言って平沼さん、園田さん、片山さんなどの高齢政治家を引き連れてヨタヨタと出てきた時は「老害」と思ったものですが、お年は召しているものの、よく聞いてみると言ってることはそんなにエキセントリックではありません。
年齢だけで人を判断するのは、それこそ老害と同様、頭の硬直化だと思います。

オピニオン誌 月刊”WiLL”で「さらば、若き盟友 橋下徹」という手記を読みました。 ネットで探したら、掲載がみつかりました。→ http://matome-allstar.com/datapage.php?titid=861

その中で、これはたびたび石原氏が紹介する話ですが、戦後日本人が受けた屈辱的な扱いについて書いています。

≪僕は子供の頃、親父がどういうつもりか入手してきた東京裁判の傍聴券を握りしめて、近所の大学生のお兄さんと一緒に見に行った経験がある。

 _____中略____

あの雰囲気は忘れがたいものです。 傍聴席では同時通訳を聞くこともできませんでしたし、被告人たちも発言のすべてを理解できてはいなかったでしょう。
「この人たちはどんな思いで論告を聞いているんだろう」と思いましたし、非常に一方的、不公平な感じがしました。
判決が下されるときにも一所懸命ラジオに耳を傾け、淡々と
「The accused Hideki TOJO, Death by hanging......」
「The accused Hirota Kouki,Death by hanging.....」 と読み上げられるのを聞いて、
「ああ、みんな縛り首か」と思った時のことは、いまも強烈に印象に残っています。

そして絞首刑が執行されたあとも遺体は遺族に返還されず、すぐに横浜で焼かれて灰にされて、米軍によって東京湾に捨てられた。
弁護士の一人だった三文字正平が、秘かに七人分の遺骨が混ざった遺灰をかき集めたおかげでなんとか祀ることができたけれど、本当にひどい仕打ちだったと思う。

また戦後、村松剛が交換教授で行っていたカナダから帰国する際に思い立って、日独が降伏した日のNYタイムズの論調を知るべく、紙面をコピーしてきた。
それを僕と三島由紀夫さんにくれたことがありました。
これは非常に対照的で、ドイツが降伏した1945年5月8日のあとに出た紙面には、「ドイツは非常に優秀な民族だから、ナチスは道を間違ったけれど国を立派に再建できるし、我々も協力の手を差し伸べたい」と書いてある。
ところが、日本が降伏した際の論調は全く違っていました。
クジラぐらいの大きなナマズのような化け物がひっくり返った漫画が掲載されていて、そのあんぐりあいたロのなかに、鉄兜をかぶった米兵、三人くらいが入って行って牙を抜いている。
そして次のように書いてありました。
「この醜くて危険な怪物は、倒れはしたがまだ生きている。 我々はアメリカ、世界の安全平和のために、この怪物を徹底して解体しなければならない」
これは完全なるレイシズムです。
中世以降、特に近代、白人は産業革命で得た力を使って、日本以外の有色人種の土地を収奪してきた。
そして彼ら白人は日本人を化け物扱いし、その化け物を解体するために日本国を作ったわけです。
そういう経験が醸し出す情念を決して忘れてはならない。
憲法がどんな思想に基づき、どんな経緯で作られたものかを知れば、自主憲法制定を掲げざるを得ないはずなのです。≫


石原氏のようなこういった思いというのはもう手垢がついた古臭いものなのでしょうか。
日本がどんな理不尽な裁かれ方をしたか、などというのはもう遠い歴史上の単なる出来事であって、今を生きる日本人には関係のないことなのでしょうか。
たしかにあの時代、人種差別は普通にあったわけで、白人は有色人種を差別し、強い者は弱い者を屈服させ搾取し、日本人だってアジアの国々を低く見ていたでしょう。
今、人類は差別思想から抜け出す努力を続けていますし、70年も前に差別されたことを今でも根に持つのはまことに愚かしいことです。

しかし、石原氏の言う通り、現行憲法がどんな思想に基づき、どんな経緯で作られたものかを知れば、自主憲法制定の考えがそんなにひどく忌避されるほど、突飛なことではないと理解できるはずです。

それを理解する人と、70年も大事にしてきた憲法を破棄して今さら新しいものを作って何か今の日本人にメリットがあるのか、と考える人との違いはどこにあるのか。
そこにあるのは決してナチズムのような危険な右翼思想などではない。
プライドの問題です。

どんなに左翼的であろうと、日本の伝統をないがしろにして良いと思う人などいないと思います。

伝統とは国民自身で育んできた大事なものであるはずです。
我が国を弱体化する目的で戦勝国から押し付けられた今の憲法が、いくら70年経とうが、日本の伝統に基づくものであるはずがありません。
歪んだまま、というより、でき方そのものに不当性があるのになぜそれを我々の憲法としなければならないのでしょうか。

このように考えることは東京裁判を否定することにつながるから裁いた側のアメリカが反対している、といった意見を聞くことがありますが、そんなことはないでしょう。
実際アメリカ上層部は日本が主権回復した時にすぐ憲法改正を行うと思っていたというじゃありませんか。 理不尽なものであるということはアメリカ自身がわかっているんですよ。
どちらにしても、自主憲法を定めるのにアメリカにお伺いをたてる必要などないはずです。

・・・・・・と、一応「自主憲法」に対する私の見解を述べた上で言うのですが、新しいものを作るにしても、現行憲法に9条以外不都合なところはほとんどないのでしょうから、実質的には「改正」ということになるのではないでしょうか。

それでも、私はいいと思う。
現憲法には「憲法破棄」の場合にはどうするかの条項はないので、手続き上「破棄」は無理なんだそうです。
石原氏も今では「憲法改正手続きによる実質的な自主憲法制定」という形で譲歩しているそうです。
「次世代の党」の綱領や基本政策決定のニュースには、次のようにあります。  


≪綱領に基づく基本政策を8項目掲げ、最初に「国民の手による新しい憲法(自主憲法)の制定」と明記した。
桜内文城暫定政調会長は24日の記者会見で「独立した中で国民の手でつくるという意味だ。現行憲法の破棄との立場はとらない」と説明した。≫

党内で話し合った結果このようになったということですね。
石原さん柔軟じゃないですか。どこが極右なんでしょうか。

左翼的で自虐的な世の空気の中で何の疑いも持たぬまま戦後を生きてきた団塊世代あたりの人々にとっては、石原さんのような考え方がすごく右に傾いて見えてしまうのかもしれませんね。

ぜひ、頭を柔らかくして色々な意見を取り入れていただきたいと思います。

 .

  いつも応援ありがとうございます →人気blogランキング

.

 関連記事: 「言葉を怖がる日本人」 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月21日 (月)

言論界は天上界?

集団的自衛権の論議はついに煮詰まった、ように見えます。

賛成派も反対派も、言うことが似てきました。

反対派の言う「あれもこれも個別的自衛権で対処できる」という言い分と、賛成派の「集団的自衛権というのは個別的自衛権の延長上にあり、どちらも自国を守るためだ」というのは結局同じことではないのでしょうか。

そんなこと始めからわかっていたよ。みなさんご苦労様でした。ま、無駄な時間ではなかったと思うけどね。・・・・なんて、苦笑している誰かがいるのかもしれませんね。

「安全保障体制の大転換」という大げさなことでもなかったような・・・・・、あるいは、政府側が譲歩し過ぎ、あるいは目くらましを画策した結果・・・・、なのかもしれません。

いずれにしても、国防に関しては与党も野党もなく、ひたすら「国」があるだけなのですから、こんなことは早く一致させ決着をつけて、国内政治に本腰を入れてほしいものです。

その上で、こちらの記事のようなことは理解しておいたほうがいいのではないかと思います。 →『「戦争をしない」こそ得?』
.

この記事に対する意見の欄に「普通のことを長々と書いているだけ。こんなものでは反対派を説得できない」というのがありました。
たしかに、集団的自衛権行使容認がなぜ必要なのかということの説明は、同じ論旨であちこちで繰り返されていると思います。
しかし、こういう「普通の」わかりやすい文章こそ繰り返されるべきなのではないでしょうか。

集団的自衛権行使容認に反対している人のほとんどは、それについてよくわからないまま、単に「戦争ができる国になるのはいやだ」という思いの「普通の人々」でありましょう。

論壇と言われる場所で、言論人と言われる特別の人々だけの複雑な議論は、私たち一般国民には広がりません。
だからこそ、「普通の」意見を発信し続け、それを「普通の人々」に届ける努力をすることが大事なのだと思います。

「戦争は損か得か」の議論はともかく、少なくとも「戦争が好きか嫌いか」の議論ではないことを普通の人々が知るべきなのです。

朝日新聞だけしか読まない年配のかたがたもこういうところを読めばいいと思うのですが・・・・・。

.
     いつも応援ありがとうございます →人気blogランキング

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年7月15日 (火)

頭でっかちでは為政者にはなれない

昨日、衆議院予算委員会の中継をところどころ見ました。こういうのを神学論争というのかな、と思いつつ。

野党はどの議員も「個別的自衛権で対処できるのになぜ集団的自衛権が必要なのか」といった質問や「説明が足りない。議論が足りない」という非難に終始していたように思います。

そうなのでしょうか。国会での議論だけでなくメディアでの政治家や専門家による説明や議論がイヤと言うほど繰り返されてきた印象が私には大いにあるのですが、これ以上同じことを延々と繰り返して、果たして国民が「これでよくわかった」なんて納得する日がいつか来るんでしょうかねえ。
反対の人はどんな議論をしても反対でしょうし、わからない人は何を説明されてもわからないだろうし、興味のない人は何年たっても興味が湧かないだろうと思いますよ。

国民が選んだ政権、しかも戦後日本の政治のほとんどの期間を担ってきたベテラン政党が、国益を考えて進めていることだと思います。わざわざ滅びに向うような暴走などするものでしょうか。
拙速とか独裁的とかの批判もありますが、与党は粘り強く説得を重ねてきたと思います。
強引で独裁的だと思う人は具体的にどの点でそう思うのか説明していただきたいと思います。

さて、集団的自衛権行使容認に反対の人は、そろって「個別的自衛権だけで可能」と主張しますが、もともと非武装の意味を持っていた憲法9条について少しずつ拡大解釈をしてきたのは、国際情勢、周辺事態の変化に伴ってその都度合理的な判断をしたからでしょう。日本は既に集団的自衛権を行使していると言えます。

今さらわざわざ「個別」と「集団」とに分け、「個別的自衛権であれもできるこれもできる」と言い張ることに何の意味があるのだろうと思うのです。

そもそも外国は日本の平和維持活動もしくは武力行使を見て「あれは個別的自衛権でやっている」とか「これは集団的自衛権を使っている」などといちいち確認するものでしょうか。戦わざるを得ない事態になれば個別だろうが集団だろうが戦わなきゃならないでしょう。

現在日本で繰り広げられている集団的自衛権の論争を見て、敵国はどう思うのでしょうか。敵に手の内を明かしているようなものなんじゃないかと思うのですが。

政治家は軍事の専門家ではない、その素人がこんな重大なことを決めるのは非常に危険だ、という意見もありますが、当然のことながら軍事エキスパートのレクチャーやアドバイスを受けた上での判断であるはずです。

日本に限らずどこの国も閣僚たちが常に軍事専門家というわけではないでしょう。

一番戦争を避けたいのは自衛隊であろうと思います。実際に国のために戦ってくれる現場の人たちが動きやすいように法律を整備するのが政治家の仕事ではないのでしょうか。 

要するに、欲望やエゴが渦巻くこの世界で、正義・正論を振りかざしたり反対のための理屈をこねくりまわしたりするだけで国は存立できるのか、ということだと思います。
知識や理論ばかりで行動がともなわないことを「頭でっかち」と言いますが、小難しい理屈を並べて反対している人たちはそれに当たるのかなと思います。評論家はそれでもいいと思うのですが、政治家はそれでは困ります。

国の根幹を成す安全保障について、与党と野党に別れてこんな初歩的な議論をしていていいものでしょうかね。

.
     いつも応援クリックありがとうございます →人気blogランキング

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

どちらにしても「覚悟」の問題

集団的自衛権行使容認が閣議決定されました。

官邸前でシュプレヒコールを挙げていた反対派は、強引に決めようとする安倍首相が悪者で、その悪者に立ち向かう正義の国民との戦いという構図を作り上げていました。

 しかし、

自衛隊の武力行使の範囲を広げるということは今までより大きなリスクを抱えるということです。
だから国民の半数の反対を押し切って集団的自衛権行使容認を決める、ということは、日本のような国の指導者としては相当の覚悟が必要です。

集団的自衛権というものを世界各国では議論するまでもなく当然の権利として所持し行使しているとはいえ、戦後日本の特別な歩みを考えると、まさに大転換になるのですから。

海外での武力行使が正当防衛として可能になる。その結果、もし自衛官が負傷したり死亡したりしたらどうなるか。マスコミは「それ見たことか」と大騒ぎすることでしょう。政権は危うくなります。

中曽根内閣の時にアメリカからの機雷除去(イラン・イラク戦争)の要請を受けようとしたが、後藤田官房長官が断固として反対したので自衛隊は派遣されなかったということがありました。
これをもって後藤田氏は気骨ある政治家という評価を受けているようですが、どうなんでしょう。
アメリカの要請を断るべき、と毅然たる態度で首相に進言したという点が評価されているのでしょうか。

しかし、「武力行使を伴う自衛隊の海外派遣に国民が反対している、それでも自衛隊には行ってもらう」、という決断のほうが比べものにならないくらい勇気がいることではないのでしょうか。

時代が違い、国際情勢も違うので、中曽根内閣の時はあの対応で済んだのかもしれません。

でも今回、政府与党は強い反対を押し切ってなぜ決断したのでしょうか。

私も素人なりに考えます。

集団的自衛権行使のポイントは次の2点にあると思います。

① 日米同盟の強化

② 国際社会での責任ある態度

①については、米国だけでなく、東南アジア諸国との協力体制によって東アジア地域の安全安定を図っていくということでしょう。その責任から日本は逃げてはならないということだと思います。

②について:

日本は絶対に海外で武力行使しないのだ、そういう国なのだ、と言い張っていればそれは国民受けも良いし、自衛隊も血を流さなくても済むし、責任を取らなくても良いし、日本だけが安全地帯にいることができます。

そういうスタンスで、これからもずっと国際社会の一員として生きていくのに何の問題もないのならそうすればいいと思います。

ただ、日本は完全自立で生きているわけではないので、、エネルギー資源や農工業製品の材料となる資源などの輸入、出来た製品の輸出をしなければなりませんし、海上輸送の安全確保は不可欠です。

死ぬのはいやだからと危険なことはすべて他の国に任せ、安全になったところへ出かけていって、石油を売ってください、商売しましょう、と言い始めるのはどうなんでしょう。
いつも自分たちだけ安全圏にいて、都合の良い時だけ仲間に入ろうとする。
それでもいいじゃないかと割り切るのならいいのですが、国際的な評判を気にする日本人はいずれそれに耐えられなくなるのではないかと思います。

日本独自のスタンスを守っても一向に構わない事柄もありますが、国益につながるかどうかを長い目で見ることが大切なんじゃないでしょうか。

日本は今まで後ろめたかったのだと思います。だからアメリカの顔色を伺わざるを得ず、自立した国としての姿勢が取れなかったのでしょう。

そんなに勇ましくならなくていい、などという意見がありますが、ことさら勇ましく「日本は強いんだから手を出すとひどい目に遭わしてやる」みたいなことをわめく人はごく一部なのです。

勇ましさを前面に出して騒ぎ立てている人は普通の感覚を持った人ではないと思います。
これは「嫌韓・嫌中」の人々に見られるヒステリックな言動と同じパターンです。
これらの人々はわかっていないのか、あるいは、わざわざ問題を大きくして、その様子を楽しみたいだけの「退屈している人々」なのかもしれません。そういう人はネットにもマスコミにもいます。マスコミも面白がってそういう騒がしい人々を取り上げます。

でも、集団的自衛権行使や憲法改正に賛成している人のほとんどは、勇ましさを誇示して気持ち良くなりたいのでも、騒ぎを大きくして何らかのメリットを得ようとしているのでもなく、守りを固め、極東アジア地域の安定を図ることでなるべく穏やかな日々を過ごしたいと願っている人たちなのです。国防とはそういうことだと思います。

蟻の一穴で、ひとたび武力行使が行われると歯止めが利かなくなる、と心配する人がたくさんいます。

けれども、世界を見てみると集団的自衛権を当たり前のこととして所持している国々はどこもそんな風になっていません。

なぜ日本だけが「歯止めが利かなくなる」「どんどん戦争に突き進む」と思ってしまうのでしょうか。

それは「日本は手足を縛っておかないと何をするかわからないとんでもなく恐ろしい国だから」と日本人自身が思い込まされているからではないでしょうか。

東京裁判史観の刷り込みはものすごく根深いと思います。

最後に徴兵制について、独立総合研究所青山繁晴さんの言葉を紹介します。

≪SNSで徴兵義務のことが子供たちの間で広まっている。集団的自衛権が行使できるようになると、日本も海外の戦争に出かけていかなくてはならなくなるので一般から兵士を集めるようになる、自分たちも強制的に戦争に行かされる、と。
子供たちのネットワークを使ってでたらめを流布する卑劣な行為だ。
集団的自衛権行使可能になっても、将来憲法9条が改正されても、日本が徴兵制を取り入れるということはあり得ない。
アメリカはベトナム戦争に負けた後、徴兵制をやめた。戦争はプロでないと勝てないことを思い知ったからだ。今の戦争はハイテク化せざるを得ず、素人を集めてたった2年ほど訓練したところで何の役にも立たない。
それは世界の常識であるにもかかわらず、日本だけが第二次世界大戦時の感覚のままでいる。≫
.


     
いつも応援ありがとうございます →人気blogランキング 

 .
関連記事: 
「変節しよっかな~」 
.

/////////////////////////////////////////

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

男の目

「女の目」より続く)

例の都議会の野次問題はテレビなどでは「セクハラ」として連日大騒ぎでしたが、週刊誌やネットでは塩村文夏議員の過去の言動のあれこれが取り沙汰されています。

「過去がどんなであろうと、今都議会議員として真面目に頑張っている女性を叩くべきではない」という正しい意見もあります。

その過去とやらをyoutubeで見ますと、現在の塩村さんとのギャップの大きさに驚くばかりです。
「誰だって若い頃は羽目をはずしたりするものだ」という意見が一般的であるならば、男性のかたがたは女性を「そんなものだよ」と思って受け止めているはずですが、どうもそのようには思えません。

もちろん議員として立派に仕事をするのであれば、過去のことなど持ち出して批判するのは筋が違います。

しかし、結婚相手としてはどうなのでしょう。塩村さんのことではないですよ。一般論です。

過去の武勇伝を隠して何食わぬ顔の女性が今の時代そんなに珍しくない、というのなら、ウブな男性は女性というものにたじろいでしまうのではないでしょうか。
恋愛にも結婚にも積極的になれない男性の気持ちもわかるような気がするのです。

時代の感覚としては、「そんな心の狭い男はこっちから願い下げ」「男の武勇伝は問題にならないのになんで女ばかりが責められるのか」ということでしょう。

でもね、それはね、心が狭いとか男女平等とかの話なんかじゃなくて、人類が子孫を残すために進化の過程で出来上がった恋愛のメカニズムなんですよ。

.
      いつもありがとうございます →人気blogランキング

.
関連記事: 「女性は美しい」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »