« 右翼って呼ばないで | トップページ | 朝日さん、楽におなりなさい »

2014年8月 2日 (土)

言ってはいけないことなの?

原発事故の刑事責任をめぐって東京電力の旧経営陣を起訴すべき、と検察審査会が議決、というニュースがありました。

このニュースを受けてニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか!」で、青山繁晴さんが、「これは良いニュースです」と言いました。

そのわけを青山さんは次のように説明しました。

≪GE製品の沸騰水型軽水炉は核燃料棒を冷やすプールが地上高40mにある。事故が起きた時に水を入れることができない。

さらに、1980年代から知られているのはこのMarkⅠというGE社製品は格納容器が小さすぎるので災害に極めて弱い。

だからこれをアメリカは西海岸では使っていない。地震が多いからだ。

しかしGEはそれを東電に売り、福島で使われた。

加圧水型なら、冷却プールが地上にあるので水を入れることは容易にできた。

政府も電力会社もこういう事情をちゃんと言わないから、なにがなんでも原発は危ない、という話にすり替わっている。

裁判になれば、実際は欠陥炉をめぐって何が起きたのか、そもそもなぜ東電はこの製品を買ったのか、全てが明らかになり、安全性が高いものと低いものの仕分けができるようになる。だからこれは前向きな良いニュースです。≫

.

マスコミもなぜか言わないので私たちは一部ラジオやネットでしかそういう情報に触れることができません。

国民は、沸騰水型と加圧水型の違いもわからず、福島第一の原子炉は格納容器が小さすぎるGE社製の欠陥商品だということも知らされず、とにかく原発はだめだ、全ての原発を廃炉にすべきだとその一点張りで反原発の論調が固定されてしまい、原発にも欠陥品と安全性の高いものがあるのだという事実がなかなか受け入れられなくなってしまいました。

ところで、9・11のアメリカ同時多発テロの第4機目、米軍による撃墜説のあるユナイテッド93便の標的がハドソン川河口にあるインディアンポイント原発だったかもしれないと言われています。

週刊新潮コラム「変見自在」筆者高山正之氏によると、

≪______ここではウェスティングハウス社製の加圧水型原子炉2基が稼働中だった。

もしここに93便が突っ込んだら、朝日新聞だったら炉心は溶融しマンハッタンは汚染され、死の街になると書くだろう。
米原子力規制委(NRC)もそれを考えていた。ニューメキシコ州の国立サンディア研究所の協力で実際に27トンのF4ファントムを原子炉建屋に突っ込ませる模擬実験もやった。
結果、NRCの基準に従ったコンクリート建屋なら格納容器には一切被害は及ばなかった。
使用済み燃料プールも破断して水抜けといった可能性はすべて否定された。

ただ一つ、不安は炉運転用の電源だった。格納容器は安全でも、冷却水を循環させる電力がなければ結局は炉心溶融につながる。
NRCは9・11テロの教訓として05年、米国内の原発はすべて非常用電源を複数に、かつ異なる場所に設置せよとする命令書「B5b」を出した。
同時に日本など関係国政府に「B5b」を送り、早急の対応を促した。

しかし東電など日本の原発関係者がそれを知ったのは3・11のあと。それも韓国辺りからの情報だった。
福島は非常用電源をまとめて置いた。それが全滅してあの事故になった。
「もし米NRCの指示を政府が伝えていれば福島はすぐにも別の非常用電源を準備した。あの事故は避けられた」と関係者は悔やむ。

この重要な命令書を放置したのはだれか。05年当時の首相、小泉純一郎だ。
その罪は馬鹿を言って対策を遅らせた愚かな菅直人より重い。彼は最近、ボケ老人と組んで急に反原発を言い出した。過去を振り返り、だれがA級戦犯か気が付いたのだ。_____≫

こんな重大な話がマスコミでは問題になっていないようで、週刊誌の片隅でひっそりと語られるだけというのは、いったいどういうことなんでしょう。

.
       いつも応援ありがとうございます →人気blogランキング

.

|

« 右翼って呼ばないで | トップページ | 朝日さん、楽におなりなさい »

コメント

なぜ突然にと言う疑問と整合性がありますね。また電源喪失が長引いたのは米国製で会う物がすぐに手に入らなかったためだそうですし。このGE製の購入時期は日本叩きが激しかった頃かしら。
数日前にツイッターに上げましたが、ごくごくちっぽけな層に向けてですので、今に至るも反応無しです。

投稿: さなえ | 2014年8月 5日 (火) 13時44分

★さなえさん

小泉首相(当時)がアメリカからの「B5b]なる指示書を無視したというのはネット上でもあまり語られていないようなのですが、検索するとこちらの記事が出ました。→ http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-c501.html
もちろん悪意があったわけではないでしょうが、放置した怠慢は総理として責任が問われる重大問題だと思います。なのに今の様子は反原発運動を楽しんでる暇なおじいさんみたいに見えてしまいます。
小さい政府・既得権益打破、を目指す小泉改革を支持していた私としては、小泉さんにはちゃんと当時の原発の取り扱いのことを反省し、謝罪して、放射能に関する正しい知識を得、宗教化して加熱する反原発運動を批判するぐらいのことをしてほしいのですけどね。
人間、年をとれば怖いものはなくなるような気がするのですが、やはり保身してしまうのでしょうか。

投稿: robita | 2014年8月 6日 (水) 10時40分

robitaさんのこの記事を読んで、とっさに思い浮かべたのは、30年近く前に耳にした話です。
日本ではインスタントコーヒーの会社として知られているネッ○○という会社の話です。私たちは知りませんでしたが、赤ちゃん用の粉ミルクも製造しているそうで、その粉ミルクの成分に不適格成分が含まれていたことで、多くの製品が販売禁止になったそうです。ところが、アフリカへの輸出は止めることなく続けていたため、アフリカで薬害が発生した、という情報でした。
本件原発に関しては、アメリカ側が情報を開示してきたのに、軽く受け止めて対応をおろそかにしていた、というのであれば、おろそかにできない問題ですね。同じ製品を日本の他の原発では使用していないのか、原発でも開発レベルというその時々の違いはあると思うので、専門家の人たちは、迎合することなくチェックしてほしいものです。とかくイエスマンばかりを配置する傾向、ありますからね~。

投稿: 案山子 | 2014年8月15日 (金) 15時30分

★案山子さん

>アフリカへの輸出は止めることなく続けていたため、アフリカで薬害が発生した<

そんなことがあったのですか。私は知らなかったのか、忘れてしまったのか・・・。
案山子さんはよく覚えていますね。
今、ネ○レという表記になってますね。

>おろそかにできない問題ですね<

書かれていることが本当なら、たしかにおろそかにしてはいけないと思うのに、なぜかあまり話題にならないですね。
小泉さんというよりそれを首相まで上げなかった役人の問題なんでしょうか。いずれにしても国のトップとしての責任は重大じゃないかなあと思うのですが。

>迎合することなくチェックしてほしいものです<

仰るとおりで、それが原発というものを正しく理解することにもつながると思います。

投稿: robita | 2014年8月16日 (土) 09時52分

日本の一般紙で特に話題になっていないのだと思います。その頃は、犬養道子さんの、アフリや、インド社会を書いた本を読んでいたもので、そこで知ったのだと思います。ヨーロッパの製薬会社が、貧しいアフリカ人の弱みにつけ込むかのように、新薬開発のサンプル取りしている社会問題を告発している映画も、ありましたね。ちょっと、横道の話題になりました。

投稿: 街中の案山子 | 2014年8月16日 (土) 16時20分

先程はipadからの入力だったので、端折ってしまいましたので、加筆させてください。
犬飼道子さんの本は「人間の大地」の中でだったと思います。
映画の方は、その10年あまり後でしょうか、「ナイロビの蜂」というタイトルでした。ナイロビの人たちは、食べ物がもらえるというので、深く考えずに被験者になるのでした。

投稿: 案山子 | 2014年8月16日 (土) 17時39分

★案山子さん

>犬養道子さん<

あの頃、女性ルポライターとかフリージャーナリストの草分け的な人が活躍してましたね。桐島洋子さんとか俵萌子さんとか樋口恵子さんとか、かな? 女性の味方として今みたいに鬱陶しがられることもなく、生き生きと仕事をなさってた印象があります。私はどのかたの著作も読んでいませんが
女性の社会進出や最貧国の女性の人権など、こういう方たちの活動でより広く知られるようになった功績は大きいですね。
案山子さんはそういう問題にずっと関心を持ってこられたのですね。
アフリカなど途上国の不幸は今でも変わらないように見えます。富の偏在なのでしょうが、まずは教育ですね。

投稿: robita | 2014年8月16日 (土) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言ってはいけないことなの?:

« 右翼って呼ばないで | トップページ | 朝日さん、楽におなりなさい »