« 血祭り | トップページ | 情報識別能力 »

2014年9月 6日 (土)

海外に発信するためにまず

BLOGOSに掲載された二つの記事があります。
 『朝日新聞社は「朝日新聞」を一度廃刊にすれば良いと思う』片岡英彦
 『「池上彰さん、最後のチャンスありがとう!」もし朝日新聞の社長だったらそう言うけど』水島宏明

ふたつとも、朝日を批判しながらも、「新しく生まれ変わってほしい」という内容です。

反省して反日路線から脱するのならば廃刊しなくても良いのではないかと私も思っていました。

しかし、記事につけられたコメント群を読むと、事はそんな単純なものではないのかもしれないと思えてきました。

≪世の中から全く政権批判や巨悪に対する追求や、世論のアンチテーゼ-となるような媒体がなくなって、全部が全部似たような論調、似たような主張の新聞になる≫ と片岡氏は心配しているようですが、朝日以外の新聞は政権批判や巨悪に対する追及をしていないのでしょうか?

朝日新聞が問題なのはそんなことではなく、その特殊性にあります。

朝日はそもそもなぜ嘘をついてまで日本を貶めようとするのでしょうか。
世界広しといえども、クオリティ・ペーパーとされる新聞がそんなことをしている国なんてあるのでしょうか?
報道の内容が事実ならば内部告発という意味を持つでしょうが、でっち上げまでしてそんなことをするメディアが存在することがそもそも他国の人々には信じられないことなのではないでしょうか。
国連で信じてもらえない理由はここにあるのではないかと私は思います。

しかも自国を辱めて得意になっている新聞を多くの国民が有難がって購読し、それに対する当たり前の反論さえ「右傾化」などと蔑まれてつぶされてしまいます。

慰安婦問題の真実を国際社会にわかってもらいたいと思うなら、敗戦以来のこの特殊な日本人体質を理解してもらうことから始めなければならないのではないでしょうか。

ブロガーのさなえさんがコメント欄で評論家池田信夫氏による慰安婦問題の英文発信を紹介してくださいました。

英語で発信するのはとても大切なことだと思います。ネット上では世界中の人が読んでくれます。

しかしその前にすることがあります。
日本人に過剰な罪悪感を植え付けてきた勢力が日本国内に存在すること、そして洗脳されていることに気づかず常識的な判断ができない日本人が多数いることを、恥ずかしいことだけれども説明できなければ、いくら熱心に英語で発信してもわかってもらえないのではないかという気がするのです。

今回さすがに、国内では朝日は相当に変だという認識が広がりつつあるように見えます。
朝日新聞と有名人の池上彰さんとのトラブルも表面化し、朝日に広告を出している週刊新潮や文春の見出しもあからさまです。

それでもなお事の重大性がわからない根っからの朝日ファンや、言論の場を奪われまいとする左翼知識人たちは考えを変えることなく今のままの朝日新聞を支え続けることでしょう。
そういう人たちはもう放っておくしかありません。

そういう頑迷な人たちを説得するエネルギーを国際社会で誤解を解く努力に向けるほうが得策です。

それにはまず朝日を廃刊させるしかないのではないかと思います。
「質が高い」とされる大新聞社が廃刊となると国際社会に相当のインパクトを与えます。

朝日廃刊の原因究明の過程で、まともな日本人が発する意見に聞く耳を持ってもらえるのではないでしょうか。
問題の発端や経緯、そして日本にはびこる特殊なメンタリティを説明するチャンスが与えられると思います。
そしてそれは日本人の覚醒にもつながるでしょう。

厳しいけれど、それをやらなければこの問題に限らず、これからもいろいろな局面で日本国民は判断を誤ることになるのではないでしょうか。

そのために絶対に朝日新聞に対する批判は続けるべきです。

廃刊だなんて、そこまで追い込まなくてもいいのではないかと思う人がいるかもしれませんが、朝日はそれだけの罪を犯したのですし、今もなお犯し続けていることを忘れてはなりません。

.

    いつもありがとうございます →人気blogランキング

.

|

« 血祭り | トップページ | 情報識別能力 »

コメント

紹介して下さりありがとうございました。

ただ、朝日新聞がどのような傾向の新聞か等を海外に説明するよりもひたすら、朝日が多数の少女を強制連行して慰安婦というねつ造記事を32年前に報道して以来、これまで訂正せず、ようやく今頃になって訂正したという事実を伝える努力をした方が良いと思います。

当の朝日が認めたということで真偽の議論が起こりにくいですから。現前とした事実を提示しなければ、朝日がどういう傾向の新聞かについては、長く説明する必要があり、結局、印象論になってしまいます。

それに海外にも随分変な新聞も自国の政府を罵倒する新聞もありますから(もちろん言論の自由が確立されている国だけですけど)。

とにかく32年間かけて真実だと思い込まれていたことですから、一点集中で、その情報は虚偽であったことを広く知らせることが大事だと思います。

この間教えて頂いた慰安婦に関する論文ですが、英文には一部であってもコピーは許可しないとの通告があり拡散は無理でした。残念です。

投稿: さなえ | 2014年9月 8日 (月) 21時15分

★さなえさん

>それに海外にも随分変な新聞も自国の政府を罵倒する新聞もありますから<

朝日新聞がそういう新聞と違うのは、時の「政権」批判ではなく、日本人や日本国そのものを辱めるような嘘を書くことですね。それが日本を代表する大新聞というのですから、まったくなんということでしょう。

>朝日がどういう傾向の新聞かについては、長く説明する必要があり、<

まあそうかもしれませんね。日本人の過剰な贖罪意識についても“War Guilt Information Program”から説明しなきゃなりませんからね。
でもそれができる人は個別にでもチャンスをみつけて話してみるのもいいんじゃないかと思います。

投稿: robita | 2014年9月 8日 (月) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外に発信するためにまず:

« 血祭り | トップページ | 情報識別能力 »