« 最高峰 | トップページ | 腫れ物にさわってみる »

2014年11月21日 (金)

共有すべき「国の基礎」

総選挙が行われることになりましたが、「現政権に不満があっても、なぜ日本には交代できる野党がいないのか」と在英ジャーナリスト小林恭子氏は疑問を呈します。→ http://blogos.com/article/99110/

答えは簡単だと思うのです。

野党の幹部連中に国の土台となる思想がないからじゃないでしょうか。

そのため、政権を担っても外交・防衛面で迷走してしまい、国民の信頼を失ってしまうのです。

現政権の自民党の中にも国家観のない人はいます。それでも長年の経験があるため辛うじて体面を保つ形になっています。

日本の左派政党は、実は問題外なのです。他国(日本に敵対する国)を利するようなことを平気でやるし、軍事そのものを忌避する。これはそもそも政治家の体をなしていません。

日本国民は戦後ずっと「国家」という「悪い思想」を持たないよう教育されてきたので、政治家の中にも国家観のない人間が沢山います。それは与党の中にもいますが、野党にはとても多く、そのことを自覚していないのです。

マスコミは今なお国民をそのように教育し続けています。

本当は、まず国民がそのことを理解しないと何も変わっていかないと思うのですが、小林恭子さん、外から日本を眺めていてそういうことが見えてきませんか。

.
 
当たり前のことを日本人はわかっていない → 
                               人気ブログランキングへ

.
関連記事: 「土台の上で二つに分かれる」  
        「健全な野党」 
        「健全な野党になりさえすれば」   

        「憲法記念日に思ったⅡ」 

.

/////////////////////////////////////////////

.

|

« 最高峰 | トップページ | 腫れ物にさわってみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/58048977

この記事へのトラックバック一覧です: 共有すべき「国の基礎」:

« 最高峰 | トップページ | 腫れ物にさわってみる »