« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月31日 (水)

未の年へ

平成26年の大晦日です。来年は戦後70年を迎えます。

この70年の間、日本はどういう国だったでしょうか。


池田信夫氏が 「安倍晋三氏のユートピア」 という記事で、
「日本は日米同盟のおかげで平和でいられたし経済発展もした。そういう日本にとって憲法改正の必然性はなく、今回の選挙で「次世代の党」が惨敗したことや連立を組んでいる公明党が護憲政党であることを考えれば、憲法改正が実現する可能性はゼロに近い」とし、次のように書いています。

≪丸山眞男の主張した非武装国家が消え去ったように、福田恒存のとなえた「押しつけ憲法」の改正も、見果てぬ夢に終わるだろう≫

そして憲法改正の実現を「ユートピア」だと表現しています。ユートピアってなんでしょう。池田氏は「絵空事」という意味で使っていると思われます。

しかし、居心地の良い温室と定義するならばまさに日本は、世界の中で最もそれに近い国であろうと思います。


さらに池田氏は 「憲法改正は『大改革』ではない」 という記事の中でも、
≪日本はアメリカの世界戦略に組み込まれた「属国」だというのは、安倍氏も平和ボケの左翼も批判しているが、それは何と平和で豊かな属国だろうか。日本の「宗主国」がソ連だったら、どうなったか考えてみればいい。国家としてのプライドさえ捨てれば、これほど安上がりで快適な属国はない。≫と書いています。

.

「国家としてのプライドさえ捨てれば安上がりで快適」

これこそ戦後の日本が選択してきた道であったのですが、それは本当の意味で快適だったのでしょうか。

人はよく、物質的な豊かさより心の豊かさが大事と言います。特に左翼思想を持つ人がそのように言う傾向があります。

でもプライドを捨ててしまっては、心の豊かさは育まれないと私は思うのです。豊かで強い心を育てるのはプライドなんじゃないでしょうか。

日本人は「国家としてのプライド」というごく単純な概念にさえも過剰に反応し、曲解する癖がついてしまいました。これを正そうというのが、安倍首相がたびたび口にする「日本を取り戻す」ということだと思います。

今までずっと「護憲護憲」と主張してきた人々が、安倍内閣が提起した集団的自衛権についての論議が活発になると、にわかに「曖昧な解釈で集団的自衛権を認めてはいけない。ちゃんと憲法を改正すべきだ」と、改憲論を唱えるようになりました。

論理的に考えるとそれはまことに正しいのですが、護憲派もようやくわかってくれたかと思うのは早計。70年で刷り込まれた戦後思想はそう簡単に変わるものではありません。彼らの本心は集団的自衛権も嫌だし、改憲だって嫌なのです。どっちもイヤ。


70年という歳月はあまりにも長く、このユートピアから出るのはいやだ、とおおかたの日本人が思っても不思議ではないでしょう。
しかし外界の現実に向かい合わずに国家は強くなれるのでしょうか。

「強い」というと、「強くなくても良い。寛容な精神こそが大切なのだ」と反応する人が多いですが、昔から言われているように強くなければ優しくも寛容にもなれません。

何も核武装して個別自衛に徹しようというのではない。日米同盟を解消するわけにはいきません。
けれども、独立国としての主権を確立し国家の矜持を保つためには、9条の変更のみならず自主憲法の制定は最低限必要なことだと国民が理解することが今の日本に最も必要なことだと私は思うのです。

独立総合研究所の青山繁晴氏は常に次のように言います。

 
≪集団的自衛権の問題がなぜ神学論争になるかというと、憲法9条に抵触するのではないかという不安があるからだ。
 「国の交戦権はこれを認めない」と憲法9条に書いてある。 
 交戦権のない国家はあり得ない。それは主権がないという意味だから。つまりこの憲法は日本は主権国家ではないという意味を持つ。
 主権回復した時に当然自主憲法を作るべきだった。≫


.
来年の干支の羊は「臆病で主体性がない」のだそうです。
ひつじについて考える年にしたいですね!
    
   
どうかよろしくお願いします → 人気ブログランキング

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月20日 (土)

次世代の党がかわいそう

今回の衆議院選挙で「次世代の党」が壊滅的敗北をしてしまったことをとても残念に思います。

私自身は他党に投票しましたし思想的に極右でもなんでもないですが、次世代の党が「極右」と言われ遠ざけられることを疑問に思っています。
歴史教育や愛国心涵養の大切さを謳い、自主憲法の制定を目指すことがどうして「極右」なんでしょうか。
世界の国々では当たり前になされていることが、どうして日本では極右と称されてしまうのでしょうか。
ちゃんと説明できる人いますか。

党の中には、過激で品のない言動をする人もいると思いますが、党の方針としては何ら危険視するような要素はないんじゃないでしょうか。


何を恐れてか現行憲法を変えることに強硬に反対する人はこの日本にまだまだいます。

周辺事態の緊迫化から、憲法改正の必要性に目覚めた国民は増えたと思いますが、「自主憲法制定」となると、なぜか怖がってしまうのです。

憲法というものは神聖で厳かなものだから、そう簡単に変えてはいけないという「信仰」が国民の間に根強いのだろうと思いますが、憲法はいったい国民の頭上に神のように君臨するものだろうか。

早い話が、憲法は人間が作ったものです。神から与えられたというモーセの十戒じゃあるまいし、時代に合わせ、国益を考慮して変更するのは当たり前のことだと思います。

まして現憲法には我々日本人がそんなに畏れ敬い崇め奉り有難がるほどの「権威」はありません。
その「でき方」を知れば、そんなことは容易にわかります。→「右翼って呼ばないで」 

占領軍が日本の手足を縛ることを目的としてわずか一週間で急ごしらえしたものに「触れてはならぬ神聖性」を感じてしまうことが変なのです。

戦後、言論界を支配した左翼の罪は重いものですが、唯々諾々とそれに付き従った国民も愚かでした。

.
自主憲法制定にアレルギーがある「結いの党」が石原さんと橋下さんの仲を裂く結果になったのは本当に残念なことでした。

意外に健闘した維新の党について、石原グループを切ったから有権者が投票しやすくなったのではないか、だから維新の党にとっては分党したのは正解だったと分析する人もいるでしょう。それも一つの見方だと思います。
でも分党しなければ比例票はもっと集まっていたかもしれません。

平沼赳夫氏は「身を切る改革」に消極的だったそうですが、そんなことは党の中でいくらでも説得できると思うのです。
国民の幸福は自主憲法だけによってもたらされるものでなく、経済の活性化や行政の効率化によるところが大きいのですから、その面での改革を渋るようであればその時こそ切リ捨てればいいのではないでしょうか。少数派の頑固爺さんを追い出すのは簡単だと思います。


.
   
主婦カテゴリで政治の話題、頑張っています
    どうかご支援のほどよろしくお願いいたします
  →   
                                                                                人気ブログランキングへ
 
 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年12月18日 (木)

我々はましな選択をしながら何とか生きている

12/14(日)の曽野綾子さんの産経新聞コラム「小さな親切、大きなお世話」≪「ベター」を選ぶ知恵≫という一文に共感しました。

≪このごろ、極端なことを言う人が増えた。「絶対の安全を保障せよ」とか、「戦争のない平和な世界の構築」などという言葉を恐れげもなく使う。___(中略)___人生では、最上(ベスト)と最悪(ワースト)はほとんど起きない。___(中略)___むしろ人間に要るのは、ベター(よりよい)を選んで、ワースト(より悪い)を避ける知恵なのだ。≫

.
全文写せないのが残念ですが、たしかに、特定秘密保護法、集団的自衛権、原発再稼動などの問題でも、左派言論は極端で「絶対」を求めているように感じます。

政権が「ベター」な方向を指し示すと、「いや、絶対に安全でなければ容認できない」と言わんばかりです。じゃあそれを選ばないのならどうするのかと思えば、きちんとした対案などなく、根拠のない希望的観測だけで政権の方針に反対します。

言論は自由ですからお好きなように、とは思いますが、ほとんどのマスコミのそういう無責任な態度には辟易とします。

東京新聞は左寄りだそうですが、論説副主幹の長谷川幸洋さんは中立(世間的には右寄り)で、ラジオでその意見を聞いていると勉強になるしホッとします。所属先の主張と違うことを言うので「東京新聞の異端児」と言われているそうですが、野放しにしている東京新聞はなかなか寛容だと思います、というか、なぜそのまともさを自社の姿勢として堂々と表明しないのでしょうか。

マスコミの宿命というものなんでしょうかねえ。

.
     
よろしくお願いします →  
                      人気ブログランキングへ

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月15日 (月)

何が怖いって・・・

衆議院選挙で与党が圧勝したことについて:

≪これはマトモな選挙結果ではなく安倍首相による国家乗っ取り(クーデター)だ、あのナチス・ドイツの再来だ≫ という見出しをでかでかと一面に出したタブロイド紙、はぁ~、これが安倍首相をクズ呼ばわりするあの日刊ゲンダイなのですか。すごい書き方しますね。

日刊ゲンダイが特別かというとそうでもなくて、安倍政権を「独裁」とか「暴走」とか表現し、「このままだと安倍首相のやりたい放題になってしまう」などと怖がる人は、ネット上にもご近所にも結構います。

なんでこうやすやすとマスコミの煽りに乗せられてしまうんでしょうねえ。なんで自分の頭で考えないんでしょう。

長期政権、安定政権を確保することによって、外交面で有利になるとか、成長戦略が立てやすくなるとか、そういうことを歓迎すべきじゃないんでしょうか。国益、つまり国民の幸せのために。

ワイドショーのコメンテーターの言うことを真に受けて政権の悪口ばかり言うのでなく、ネットやオピニオン誌やラジオなどでいろいろな意見を見たり聞いたりしてくださいな。
左派メディアに思い込まされることのほうが、与党圧勝よりずっと恐ろしいことなんですよ、そこのあなた。

.
    
よろしくお願いします →   人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月13日 (土)

嘗て「子供が大好きな人々」と言われた日本人

長谷川豊さんというかたは、元フジテレビのアナウンサーで、会社とのトラブルがあって退社されたそうですが、縛りがなくなったせいか以後のはじけたような自由な意見は愉快爽快小気味が良い。

世の女性(どれぐらいの割合かわかりませんが)から総攻撃を受けそうな本音をバンバンぶつけるさまが面白くて、BLOGOSに載ると早速読むことにしています。

これなど大爆笑してしまいました。→「保育環境を整えれば子供を産む、という大ウソ」   

私もそうなんですが、これに共感する男性のみならず、女性だって少なくないんじゃないでしょうか。思っているけど口に出せないことのような気がします。

もちろん、「女性の社会進出が少子化の原因」などというのはもうとっくに終わった議論。わかってない。ただのバカ。という意見だって多いと思います。

子育てにかかるお金を自分のために使いたいという人がいったいどのくらいの割合なのか、数字的に出ていなければ確かなことはわかりません。
世の中を眺めていて何となくそう感じるというだけでは説得力はありませんが、何年か前に流行ったDINKS(共働き、子供を持たない価値観)夫婦や、子供の数よりペットの数のほうが多いとか、子育てが敬遠されている傾向がこの日本に果たしてあるのかないのか。

たぶん、こういうことではないでしょうか。
非婚・晩婚化、低賃金、保育環境、夫・企業の無理解、そういった要因の一つ一つを全て包括する形で、そんなに苦労してまで子供はいらないという「子供を忌避する時代」なのだと思います。

.
    
長谷川氏を見習ってもっとラディカルにthunder    
  
いつも応援ありがとうございます          →人気blogランキング

.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年12月10日 (水)

世代を越えて

女性が子供を産まないこと、何も生み出さない高齢者がどんどん増えること。それが少子高齢化ということです。

麻生副総理の「子供を産まないのが問題だ」という発言に、海江田民主党党首が街頭演説で厳しく批判していました。
「麻生さんの発言を聞いて『女性は子供を産む機械』を思い出しましたっ。安倍内閣は女性活用とか何とか言ってますが本心はそういうことなのですっ。」

本心もなにも「子供を産まないのが問題」というのはまぎもない事実です。
たしかに麻生さんの発言内容は間違っているところもあります。「高齢者が悪いのでなく産まないのが問題だ」じゃなくて、「高齢者が増えるのも問題だし、産まないのも問題だ」と言うべきですね。

ま、閣僚がそれを言っちゃあおしまいということなのかもしれませんが、野党やマスコミが噛み付くほどのことでもないと思います。

    .
保守評論家の加地伸行氏は、世にはびこる老人のエゴを痛烈に批判しています。→
「社会保障より道徳教育」 

お年寄りをいたわるのはもちろん大事ですが、権利ばかり主張し不満を言うだけの老人にもちょっと考えてもらいたいと若い人たちは思っているに違いありません。

評論家たちは、「若い人は投票に行かないが高齢者は選挙に熱心です。だから高齢者偏重の政治になるんです。若い世代はぜひ選挙に行ってください」と言います。

でも、実際、どの候補者が「高齢者優遇の福祉政策を見直す」と言っているでしょうか。

「高齢者にもいろいろ我慢してもらわないといけない」と言いにくいことをはっきり言っているのは維新の党の橋下さんぐらいだと思います。(立候補してませんが)

他の候補者は老人の票でもなんでもほしいから、みんなに優しいことしか言いません。

今の日本に必要なのは、嫌われる勇気を持った政治家じゃないでしょうか。しかし嫌われると当選しにくくなるので、これは大いなる矛盾です。

結局、有権者が腹をくくるしかありません。
国民がどれだけ真剣かということ、つまり国民のレベルが国政に反映するのですから、 「私」を優先するばかりでは全体は改善しないのです。

個人のライフスタイルにまで国が介入すべきではない、というのはその通りなんですが、それなら、国民が自らを律するしかありません。

それをするのもいやだというなら、国政に対してむやみに不平不満は言うべきではない。

         .
   
   
ほのぼの専業主婦カテゴリでラディカルにやっとります →人気blogランキング

                                                                  .
5年前の選挙の時、同じようなこと書いてました →「目も眩む時代」 

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月 6日 (土)

国民のレベル

流行語大賞なるものの正体を今年初めて知りました。

「だめよ~だめだめ」というあれ、何の捻りも新味もないのに何が面白いのか、なぜ流行るのか不思議に思っておりました。
奇抜な服装や化粧や変顔などで「どうだ面白いだろー」とばかりに笑わそうとするのってまさに「芸がない」ことの表れだと思うんです。
日本人のユーモアのセンスはこんなもんじゃないはずだと思っていましたが、「集団的自衛権」という流行語(?)とセットで受賞したそうですね。つまり「集団的自衛権はだめだめ」ということなんだそうです。
選考委員に、姜尚中・鳥越俊太郎・やくみつる・俵万智、といった方々がおられるそうで、なるほどそういうことかと腑に落ちました。

鳥越氏などは4・5日前ラジオで、受賞した日本エレキテル連合というお笑い芸人を盛んに持ち上げ、いかにも可笑しそうに「だめよ~だめだめ」の正しい言い方を「こういう風に言うんだよ」とレクチャーしていました。アホくさ。

左翼とマスコミが仕掛けを作って自分たちで大賞を決めるというお手盛りで、それが否応なしにテレビから流れてきます。人々は知らず知らず乗せられていくのでしょうか。

ところで、朝日新聞の慰安婦誤報問題の件で日本人が長い長い戦後の思い込みからようやく脱却するかと思いきや、なんだか近頃かえって左翼の勢いが強くなっているような気がするのです。
あの頃「朝日バッシングが異常だ。やりすぎだ」などという意見も多数ありましたが、私は全くそうは思わず、この機会を逃したら元の木阿弥になってしまうと思っていました。 →「異常な朝日バッシング?」 

でも、週刊誌やオピニオン誌もいつまでも慰安婦特集ばかりやるわけにもいかず、朝日新聞も社長が辞めて体制を一新すると決めたらしいですが、まったく期待はできません。
このまま朝日問題はフェイドアウトして朝日新聞社も生き延びるんだろうなあと思います。とても怖い。

生き延びたっていい、意図的に国を沈めようとする反日的報道をやめ本当に反省してまともなリベラル新聞としてやっていくならそれでいいと思います。でもきっとそうはならないと思います。

朝日新聞が息を吹き返し、代案もないのに安倍政権の批判しかしない左翼が攻勢を強めている。そんな風に感じませんか。

安倍首相は頑張っておられますが大丈夫でしょうか。

首相の足を引っ張るのはそういった反日勢力だけではありません。

週刊新潮に載っている数学者藤原正彦氏のエッセイが安倍首相の苦悩をよく表していると思いました。

≪安倍首相が衆議院の解散に打って出た。「大儀なき解散」などと言われるが、大儀は見にくくとも首相の気持ちならよくわかる。
首相の就任以来の最大関心事は、国民、とりわけ弱者を15年間も苦しめてきたデフレ不況の退治だった。当然中の当然である。
思い切ったアベノミクスも成長戦略に強い懸念が残るものの正しい方向だった。不運は民主党野田政権時代の三党合意があったことだ。
2014年4月に消費税を5%から8%に、2015年10月に10%にするという取り決めである。財務大臣経験者の野田、谷垣両氏の主導で作られたものだ。
アベノミクスがデフレ不況克服のアクセルとすれば消費増税は強力なブレーキ、と2013年秋の8%決断前には私もこの欄で再三反対した。
アベノミクスが沈没したら政権はそれまでだから決断記者会見での首相の憔悴ぶりは気の毒なほどだった。
増税に本気の財務省による用意周到な政界対策、マスコミ対策に外堀を埋められたのであった。
国論を二分する大問題なのに、大新聞は横並びで増税を支持したし、普段は口うるさい週刊誌さえ沈黙を保った。
財務省配下には怖い国税庁が控えている。
消費増税と引き換えに法人減税を狙う経団連が賛成だから、広告主を失いたくないマスコミは反対できない。
とりわけ新聞は軽減税率も狙っていた。正義を振り回すマスコミの浅ましい姿だった。
5%から8%に上げる決定前に政府は60名の有識者にヒアリングを行った。
圧倒的多数が増税賛成だった。そういう人選だった。
大多数を占める業界代表や会社社長が、賛成表明と共に自らの業界に有利な減税や支援を政府に訴えたのは見苦しかった。「私」を離れ国家国民を考えて欲しかった。____以下略≫

.
「国のために」とはどういうことでしょうか。
世界中どこの国も、「私」が国の方針を妨げることはよくあると思います。
でも我慢強く勤勉な日本人なら、この国難の時、国のために「私」を控えるということはできるのではないでしょうか。

国民が「国のために」と思うと戦争に突っ走る、のではなく、国を立て直すために国を思わなければならないのだと思います。

安倍首相に改革の意志はあっても自民党にはそれを阻むしがらみを抱えた議員もたくさんいます。このままでは成長戦略が立てられない、という維新の党の橋下・江田共同代表の言うことはもっともです。

衆議院選挙には、誰が最も「国」のことを考えているかを見極めましょう。そのためには有権者自身が「国」を思うことが大切じゃないでしょうか。

国を立て直すことができれば、その恩恵はいずれ自分や自分の子供たちにもたらされることになるんですよ。

.
       
いつも応援本当にありがとうございます →人気blogランキング

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年12月 3日 (水)

公示後に有権者が書いてもいい事

5年前、民主党が政権を担うことになって、経験不足から混迷が始まっていた頃、こんな記事を書いたことがあります。→「いいとき悪いとき」

誰でも初めての時があるのだから、与党という現実的立場からよーく学習して一人ひとりが政治家として成長してほしいと思っていました。
実際に政権担当してみなければわからなかったことがたくさんあったと思います。

選挙戦に突入した今、立候補者のみなさん何を思って声をからしているでしょうか。

所属する党の方針に納得できない点も大いにあるが、政治家という立場を維持するためにはなんとか自分をごまかすしかない・・・という思いの候補者も多いことでしょう。

なかなか見どころのある政治家だと思える人には、所属政党にかかわらず国会に戻って来てほしいと思います。意欲ある新人にも頑張ってほしい。そしてやはり政界再編は必要じゃないでしょうか。

大阪市長の橋下徹氏は出馬しませんでしたが、政界再編の起爆剤になったのではないかと思うとちょっと残念です。あれほどの暴れん坊は今のところ他にいませんからね。 →「腹が減っては戦はできぬ」 

.
     
投票行きましょう

      

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »