« 感じ良く盛り上げて | トップページ | ポテチ好き? »

2015年3月 6日 (金)

なるようになる、のかな?

脱藩官僚というのがひところ話題になりました。

「官僚国家日本を変える元官僚」がグループ結成したり、告発本を出したり、テレビなどで官僚支配の実態の一端を発信したり、国民は大いに期待したものです。

国民が納めた税金を適正に使ってほしいから彼らに期待するわけですが、元官僚が政権批判をするとき、どういう意図でやっているのか戸惑うこともあります。

思い浮かぶのは、孫崎享さん、天木直人さん、古賀茂明さんなどですが、省庁の内実を知る元官僚という立場で政府を批判する論調は共通していると思うのですが、それはいいとして、外交・安全保障面でとても頑迷です。
今は省庁批判より官邸批判に移っています。

特に天木さんや古賀さんの言動は、激化した感情を思いのままぶつけているようで、いったいどうしてしまったのかと思うほどです。「どうしてしまった」というより、もともとこういう方々だったのでしょうか。
霞が関改革が必要とは思うものの、ああいう人たちが退官した理由は本当は何だったのだろうと勘ぐってしまいます。

.

さまざまな事情の摺り合わせをせねばならないであろう統治のシステムとはそもそも、清と濁・善と悪のバランスの上に成り立っているものなのかもしれず、それを一掃するとなると明治維新のような革命的大変革を覚悟しなければならないのかもしれません。

そういう大変革を国民が嫌うのであれば、安倍政権が独裁だとか暴走だとか言われながらも農協改革や電力システム改革など今までできなかったことに手をつけたことをせめて評価すべきじゃないのかなと思います。

昨日のBSフジ「プライムニュース」では、嘗ての自民党の大物亀井静香氏と古賀誠氏が安倍政権の「拙速ぶり」を批判していましたが、昔の政治を懐かしむだけの守旧派に偉そうに言われては安倍首相も苦笑するしかないだろうなと思いました。

民主党は一連の閣僚の献金問題が岡田代表にも及んだことを受けてか、追及を下村文科大臣に絞って続けるようですが、聞けば、献金の額が10万円だそうですね。少額だから許されるというものではないですが、側近を辞めさせて安倍政権にダメージを与え、総理を椅子から引きずり下ろすのが目的としても、今の政権よりましなのが期待できるんでしょうか。

さっさと決めれば「独裁、暴走」と言われるし、調整に時間をかけて結局中途半端で何も変わらない結果になれば期待はずれと言われるし、政権を担当するのは大変なことですね。

正義や理想を掲げた脱藩官僚や覆面官僚もほとんどの人が個人的事情を抱えた単なる不満分子ではないと思いますが、われら国民としては何を信じていいのやら、また、すべてをひっくり返さなければ国の病巣を取り除くことはできないのか、そもそもそんなものは取り除く必要がないのか、国民全員が一度政治家にでもなってみないとわからないのかもしれません。

地方分権が進めば必然的に中央省庁の構造は大きく変わるのでしょうけどね。

しかし、自民党も勢いがあるのはいいのですが、思い上がることなく気を引き締めてくださいね。なんですか、西川農水大臣辞任の夜の中川郁子政務官のあのふるまいは。小娘じゃあるまいし、いい年をしてみっともない。

.
    
いつもありがとうございます → 
                           人気ブログランキングへ

.

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

|

« 感じ良く盛り上げて | トップページ | ポテチ好き? »

コメント

お久しぶりです。

ついぞテレビ(特に地上波)を見ない生活になっており、古賀氏とやらがテレビでどういう「御活躍」だったかは存じ上げませんか、彼の後輩だった人の評は以下のようです。

古賀茂明氏がテレビから追放されたのは当たり前の話(BLOGOS)
http://blogos.com/article/107116/

(引用はじめ)
そして所詮にわか仕込みに過ぎない知識に「経産省と電力会社の陰謀」なるスパイス加えてぐちゃぐちゃに歪め、それを「元官僚」というブランドを悪用してそれっぽく話す、ということで陰謀論芸人として生きる道を開拓したのは皆さんご存知の通りです。なお彼に原子力行政のイロハを教えた同僚(私から見れば経産省の先輩)は自分が教えたことをめちゃくちゃに歪めて語る古賀氏の姿を見て「アイツに色々と話したことは生涯最大の間違いの一つ。原子力行政を正してくれると思ったら、陰謀論を作り上げて自分の商売のタネにするだけだった。」というようなことを言っていました。
(引用終わり)


脱藩官僚については「官僚として有能ならば請われて官僚として居続けられるわけで、そこからドロップアウトしたということはその程度の人間なんだろ?」という意見もあったり。

投稿: かせっち | 2015年3月 6日 (金) 19時03分

★かせっちさん

お久しぶりです。
宇佐美さんの記事紹介ありがとうございます。すごい支持数とコメント数ですね。
私も古賀氏が出演したという報道ステーションは見ていないのですが、今日出るということなので、今見てみたら、文官統制見直しのニュースで典型的な平和ボケ話を披露なさってました。
古館さんは感心しながら聞いてましたけどなんか情けなくて腹も立たないです。
古賀氏が省庁の実態なる話を引っ提げてテレビに出るようになった頃は、なんて頼もしい!なんて思ったものですが、今となっては恥ずかしい

>脱藩官僚については「官僚として有能ならば請われて官僚として居続けられるわけで、そこからドロップアウトしたということはその程度の人間なんだろ?」という意見もあったり。<

ここがよくわからないんですよね。官僚の仕事をしているうちに政治家にならなければ改革はできないと決断して辞めた人もいるんですよね?

投稿: robita | 2015年3月 6日 (金) 22時53分

>ここがよくわからないんですよね。官僚の仕事をしているうちに政治家にならなければ改革はできないと決断して辞めた人もいるんですよね?

官僚の内情や彼らの決断の背景など、私風情に知る由もありませんとした上で(苦笑)、改革を実行する場合「内からの改革」をするか「外からの改革」をするかの2つになると思います。

「内からの改革」をするには官僚組織の中でのし上がり、そこからトップダウンでやっていくしかありません。で、脱藩官僚の中にはのし上がるだけの能力が無くてドロップアウトしたいうわけで、元居た組織を悪しざまに言うのは、取れなかったブドウを「あれは酸っぱいだけだ」というイソップ童話のキツネと同じように見えます。

一方「外からの改革」をする場合でも、政治家になったところで官僚に影響力を及ぼすには、政権与党に属して、その中でのし上がる必要があります。これは官僚にいた時以上に難しいですし、そもそも属した政党が政権与党になる保障もありません。

マスコミに露出して発言するのも一つの手ですが、官僚からの情報でおまんま食べてるマスコミが、本当に官僚に逆らう情報を流せるかというと非常に懐疑的です。ぽっと出の脱藩官僚と自分達の収入源を天秤に掛ければ、マスコミの選択肢も自ずと決まり、「外からの改革」も失敗するリスクが大きいと思います。

結局のところ、プロ野球選手として大成しなかった高校球児が、外野から野次を飛ばしているのとさほど変わらないのではないか、と。

投稿: かせっち | 2015年3月 7日 (土) 08時45分

★かせっちさん

なるほど。よくわかりました。
結局この世は「持ちつ持たれつ」でバランスを保っているんでしょうねえ。
それでも長い間に疲弊した組織やシステムはメンテナンスや取り換えが必要だとは思います。安定した支持率が支えるからそれが可能になりますね。
民主党には、本当は自民党に入りたかったが選挙区がないので仕方なく民主党から出馬した、という元官僚が結構いるみたいです。それならなおのこと協力したらいいのにとは思いますが、献金疑惑の追及で時間をつぶしているのは、野党として仕方のない行動なんでしょうかねえ。

投稿: robita | 2015年3月 7日 (土) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なるようになる、のかな?:

« 感じ良く盛り上げて | トップページ | ポテチ好き? »