« 日本の麦になる | トップページ | 蛮勇 »

2015年3月29日 (日)

非常事態

テレビに出ては何でも安倍政権批判に結び付けてコメントする元経産官僚古賀茂明氏が、報道ステーションでキャスターの 古舘伊知郎氏と口論した件、普段あの番組ほとんど見ないのですけれど、たまたま見ていました。

二人とも喋り方は一応穏やかなんですが、明らかに不穏な雰囲気を醸し出し、キャスターとコメンテーターの口喧嘩というめったに見られない画面に釘づけになりました。

詳細については、youtubeなど見ていただくとして、長谷川豊氏が、この「事件」をとても明快に解説していると思います。→ http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/43396113.html

古賀さんの被害妄想ぶりは既に定評でしたし、テレビ局との個人的な揉め事だろうから、そんな大層なことではないだろうと思ってましたが、ニュースショーのコメンテーターの役割分担のくだらなさとか、こんな人でも本を出せば結構売れて商売が成り立つのか、なんてことを考えさせられて、大変ためになる記事でした。

ネット情報は玉石混淆と言われますが、長年インターネットを利用してきて、筋書きの決まっているテレビのニュースショーなどよりずっと傾聴すべき意見が多いのを実感しています。

年配者の多くはテレビや新聞(いまだに大手偏向新聞の呪縛から解放されない人は多いでしょう)が主たる情報源でしょうが、一方通行でないネットでの意見交換では情報がまともな方向に収斂されていきます。

これを、ネットを見ない頭の固い人にどうやって知ってもらうかということ、それが問題だ。


.
 せめてもう少し上↑に押し上げてやって下さいませ 
                                人気ブログランキングへ

////////////////////////////////////////////////////////////////

|

« 日本の麦になる | トップページ | 蛮勇 »

コメント

先ほど、ちょこっと、Webでさわりを読みました。
こんな裏事情、さもありなん。顕在化されて不具合な立場の人が起こっているのでしょうね。
アメリカのドラマに「ニュースルーム」というのがあります。
なかなか見応えあって、好きです。経営者は当然視聴率を気にするし、ニュースアンカーはジャーナリズム魂あっての自分だという自負があるし、個々人の人格も立ち上がるように描かれている大作です。WOWWOWで。新たなシーズンがまた始まるので、毎週楽しみ。
そんなもので、この手のドタバタ、一石を投じてくれたほうがおもしろいと思う外野です。
鼻を明かされて困るのは、どっちか。

投稿: 案山子 | 2015年3月30日 (月) 12時51分

★案山子さん

>この手のドタバタ、一石を投じてくれたほうがおもしろいと思う外野です<

私もこんな騒動があって、「職業左翼」(仕事として左翼を演じる)なんていう言葉を知りました。テレビのニュースショーでは想像以上にしっかりと「演出」がされているのですね。
そういったショーを見せられているとわかることは、視聴者にとってもプラスになるでしょう。

「ニュースルーム」おもしろそうですね。日本でもそういうドラマができたら面白いでしょうが無難なものになってしまうでしょうね。

投稿: robita | 2015年3月31日 (火) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 非常事態:

« 日本の麦になる | トップページ | 蛮勇 »