« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月29日 (水)

麗らかな昭和の日

内田樹氏がこんなことを言ってます。→ 「国旗国歌に関する国立大学への要請に反対する声明」  

.
国旗を掲揚し国歌を斉唱するよう要請することは
、「学問の自由と大学の自治を揺るがしかねない大きな政策転換」というほど危険なことでしょうかねえ。

大学における研究や学者の言論が国家権力によって弾圧された事例をいろいろ挙げていますが、現在、内田氏の類の知識人が圧力と感じているのは、国家権力によるものではなく、正常に戻りつつある日本の言論界の状況に他なりません。

他の国では何の問題もなくなされていることに日本でこんな拒絶反応が起きるのは、戦後「これまでの日本は悪い国家だった。これからは民主主義国家に生まれ変わる」と徹底的に教え込んだGHQとそれを何の疑いもなく引き継いだ左翼勢力によるものだということに気付いてほしいと思います。

「国旗掲揚」「国歌斉唱」という普通の行為をこれほどまでに強硬に拒絶するということは、それが「日の丸・君が代」であれ何であれ、国旗・国歌というものを断じて認めないということなのでしょう。

いや、認めないのでなく、国家から押し付けられるのが危険だと言っているのだ、と彼らは言うでしょうが、「国旗を揚げない自由、国歌を歌わない自由」を言い立てるのがそもそもおかしいと私は思うのです。

この人たちは、他のこと、例えば「天皇」についてはどう思っているのでしょうか。

世の中には天皇の存在を認めないという人はいるでしょう。でもその人たちは日本に天皇がいてはいけない、などと表立っては決して言いません。
「天皇制を廃止すべき。こんなものが存在する国体を国民に押し付けるべきではない」などとは言いません。

私たちは立憲君主制を「押し付け」られているのか、それとも、民主主義によってそれを国民自ら「選択」しているのか。

サヨクの勘違いは「国家対国民」の構図でものを考えるところにあるでしょう。革命に憧れた若いころの癖で。

「憲法は国民による国家に対する命令である(立憲主義)」という主張をしているわりには、「国は国民の頭上に位置し、我々を支配していろいろなことを押し付けようとする。だからその頭上の敵と闘い続けなければならない」という思い込みが強固です。

民主主義国家ならば国家は国民自身ではないでしょうか。国家が国民を支配しているとしたら、それは自縄自縛という意味ではないでしょうか。

日本という自由で豊かな国でたっぷりの恩恵を受けて暮らしているので、国旗国歌を押し付けるなという程度のささやかな抵抗をしてみたいのかもしれませんが、こういう知識階級の人々がそういう発信をすると引きずられる人も出てくるので面倒くさいです。

真に警戒すべき国家権力とは、国歌斉唱の慣習の中になんかありませんよ。

.
     いつも応援ありがとうございます → 

                                人気ブログランキングへ

.
 関連記事: 「君が代が嫌い」 

//////////////////////////////////////////////////////

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年4月25日 (土)

宮台真司と小林よしのり

昨日のTBSラジオ「荒川強啓デイキャッチ」で宮台真司氏と小林よしのり氏が日本の防衛体制について語っていました。

二人は以前はお互いを無知呼ばわりし罵倒し合うほど考え方が違っていたのですが、今、「対米従属からの脱却」その一点で一致し、宮台氏ときたら小林氏の「新戦争論」(幻冬舎)を絶賛するほどに進化しています。

日本は自主防衛ができるように重武装し、アメリカとは距離を置くべきだ、と口を揃え、それができない安倍総理も、それを言わない保守論客も情けない、と言うのです。

     .
うーん、やっぱり評論だけするのは簡単なものだな、というのが感想です。「正論」を言うのは簡単。

安倍総理の「本音」はまさに自主防衛・重武装であると思います。戦後レジームからの脱却を目指している人なのですから、当然といえば当然です。

だけどね、日本の総理がそんな本音をあらわにしたらどうなると思います?

「右傾化」「極右」「独裁者」どころか狂人扱いされてしまうのではないでしょうか。マスコミも国民も上を下への大騒ぎとなり、政権は維持できなくなるかもしれません。元も子もなくなります。

小林氏も宮台氏も集団的自衛権など必要がない、と言いますが、2兆円かけて重武装する道のりは恐ろしく遠いと言わざるを得ない現状では、とりあえず集団的自衛権で対処するしかないのではないでしょうか。

安倍政権は、集団的自衛権の議論から入って国民の意識を少しずつ変えていっているように思います。現にあんなに護憲を叫んでいた人たちが、「集団的自衛権では歯止めがきかなくなる。きちんと憲法改正をするべきだ」などと改憲派に転向し始めました。

まあこれは、政権の企みによるものでなく、傍若無人な隣国のふるまいのおかげでしょうが、それにより少しずつ国民の意識が変わってきたことはラッキーだったと言うべきかもしれません。

しかしながら軍事アレルギーの日本国民にいきなり「本音」を表明しては、すべてが台無しになります。重武装で自主防衛が可能になるまでは、アメリカ頼りになるのも仕方がありません。

.
キャスターの荒川氏が、「どこから手をつければ良いですかね」と聞くと、小林氏が「簡単なことですよ。その意志を持てばよい」と言いました。

この「意志」というのは、国民の意志に他ならないでしょう。民主主義なんだから。

「簡単なことですよ」・・・・、それが簡単にできれば苦労はありませんよねえ。いくら安倍総理が独立自存の国を目指したとしても、それにともなう重武装(あるいは核武装も含む)を国民が忌避するかぎり、そんなものは実現しませんて。

宮台小林両氏が重武装自主防衛を主張するのは、思ってても言わない他の保守論客よりはまあ勇気はあると思います。でも所詮評論家だから、批判されるにしてもたいしたことはありません。

日本では政治家がそれを言うと「極右」というレッテルを貼られ、とてつもなく危険な人物とされてしまうのです。

宮台氏と小林氏の言うことは正論ではあるけれど、政治や外交を実際にやってる人がこの二人の威勢の良い意見を聞いたらどう思うのでしょうね。

結局、具体的にどこから手をつければいいかの話にはならなくて、ご両人(というか特に宮台氏)は安倍総理とネトウヨをさんざんバカ呼ばわりして、番組が終わりました。

.
   
いつも応援ありがとうございます → 
                             人気ブログランキングへ

////////////////////////////////////////////////////

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月18日 (土)

普通の国家観

よく、メディアは権力を監視する役割がある、とか、メディアはリベラルであるべき、とかいう言い方がされます。
しかし、日本のリベラルが特殊であることを考えれば、そんなに単純な言い方はできないことがわかります。

長い間、日本はいわゆる左翼言説に支配されていて、おおかたの国民が「リベラル」でありました。

政治家でも「日本は戦争中悪いこともしたが良いこともした」とか「南京大虐殺はなかった」とか「侵略戦争ではなかった」などと言おうものなら、世間(マスコミ)から総攻撃を受け、辞任を余儀なくされる大臣も何人かいました。

つまり戦勝国から「悪い国」と決め付けられたことを理不尽だとは思っておらず、ことさら自国を悪く言うのが「リベラル」だったのです。世界中にこんな国があるでしょうか?

そういう時代が長く長く続いて、ようやく、反日勢力の嘘が暴かれ始めると、反撃に出ることを正当化するために彼らは「まともさ」を「右傾化」と称して、なお国を貶めようと懸命になっています。

マスコミはリベラルであるべき、なんて言い方は日本では意味がないと思います。そもそも国の土台が割れてグラグラしているのですから。
国家というものはリベラルだろうが保守だろうが共通の土台を持つべきなのです。


昨日のTBSラジオ「デイキャッチ」で宮台真司氏が言いました:

「マスコミの中立性とは、政府批判をすることである」

はい、それは普通の国においてはほぼ間違っていないのですが、日本のマスコミや国民の多くがまだまだ戦後の刷り込みから脱しきれていない現状では、的外れな政府批判には用心しなければなりません。日本の場合「反政府」ではなく「反日」になっていることが多いからです。

少なくとも、宮台氏の言う「中立性」は、自虐的な戦後風潮を是正しようとしている現政権には当てはまりません。

自民党がNHKとテレビ朝日を呼びつけて事情聴取したそうで、「権力のメディア介入だ」「横暴だ。危険だ」と各メディアは勢いづいてここぞとばかりに批判を繰り広げています。

まあこれも、「お互い誤解があってはいけないからどういうことだったのか話を聞きたい、説明したい」、程度のことだったのかもしれませんし、放送局側も特に嫌がってる様子もないので、騒ぐほどの事でもないとは思いますが、自民党はつけ入れられるようなことをしてしまったなと思います。

増長していると思われるようなことはしないでほしいのです。


マスコミの中では、産経新聞が頑張っています。

宮台氏は、「ああいう新聞だから」と産経新聞をバカにするようなことをよく言いますが、刷り込まれた自虐史観を正そうとする当たり前のことが、なぜ嘲笑されなければいけないのでしょうか。

こういう人が反安倍を掲げてもっともらしい理屈を並べ、それをキャスター・サブキャスターが感心して聞き入っているのがラジオで流れて、どれほど多くの人が勘違いするかと思うとハラハラします。

まずは反日を払拭し、その上で堂々と政府批判をする、これが普通の国というものです。

.
 
いつも応援ありがとうございます →  
                              人気ブログランキングへ

.
関連記事:「共有すべき国の基礎」 

           「長い間言えなかった」 

 

//////////////////////////////////////////////////////////////

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

少ない電気で倹しく暮らす

関西電力高浜原発の再稼働について福井地裁が再稼働を認めない決定を下しました。
関西電力はこれに対し異議申し立てをする方針ですが、審理が長引くことから目標とする11月の再稼働は見通しが立たなくなったそうです。

ニュース映像では再稼働差し止めを求めていた申立人や弁護団が「正義は勝った」と満足そうな表情を見せていました。

再び同様の事故が起こり、対処しきれない事態に陥るとなれば、たしかに原発を動かすことにためらいがあるのは無理もありません。
住民の皆さんにも複雑な思いがあるでしょう。

それでも政府が福島の教訓をもとにした厳しい安全基準によって原発を稼働させてなんとか電力を確保しようとしているのはなぜかというと、国民の生活の安定に責任があるからです。

化石燃料や自然エネルギーだけに頼ることには、繰り返し指摘されるように多くの深刻な問題点もあります。
それが原発事故によって被る損失とどちらが大きいのか、試算の説明だけでは納得できないのなら、実際に時間をかけてやってみて比べてみるしかないのかもしれません。

国としては「比べてみる」などという悠長で無責任なことはできませんから、できるだけ早期に原発再稼働させようとするのは当然ですが、放射能恐怖で頭がいっぱいの反原発グループの強固な意志による行動を見ていると、電力供給の不安定な生活がどういうものか経験してみるのも一つの方法ではないかと思えてきます。

放射能より安全とは思えない有毒物質を排出する火力発電と、不安定な自然エネルギーだけで、日本人の生活がどう変わるか私は見てみたい気持があります。

電力不足による産業の衰退で日本は荒廃してしまうのか、あるいは不便で貧しくとも健康的な生活を得た日本人が世界で最も幸せな国民として称賛を浴びるのか、やってみたらいいんじゃないでしょうか。

______貧困になれば、もっと子供を産まなくなるだろう、というのは、恐らく間違いなのである。
貧困は日常生活が不便になるということだから、人間は頭より体を動かし、今よりもっと肉体的に素朴に健康になる。すると性欲も原始的に復活する可能性はある。
______
___略___飢餓で人がばたばた死んでいるような土地の現状も見たが、そこで医師たちから聞いたもっとも驚くべき話は、飢餓状態になると人間の受胎率は上がるという話だった。おなかが空けば、セックスどころではなくなるだろう、と私は思っていたのだが、体の方はきちんと種の消滅の危機を察して増える方向に働くのだという。繁栄が人口を減らした、とすれば、私たちはどう方針を変えればいいのだろう。≫

昨日の産経新聞の曽野綾子コラム「生活水準と少子化の関係」(透明な歳月の光)からの抜粋でした。

それでも政治を司る者としては、どんなに「独裁」「暴走」などと批判されても、国を衰退させるわけにはいかないという姿勢を貫くしかないでしょう。

.
   
いつもありがとうございます →  人気ブログランキングへ


////////////////////////////////////////////////////////////////

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月 8日 (水)

老人だって依存症

信州大学入学式で学長が新入生に「スマホ依存をやめて自分で考える時間を持ってください」という旨の祝辞を述べたそうです。

便利な道具を活用するのは良いが、SNSやLINEでの果てしなきやり取りやゲームがやめられなくなるという依存症には陥らないように、という当たり前の警告ではありますが、「スマホやめますか、それとも信大生やめますか」という言葉が新聞の見出しに使われたためか、ネットでも話題になりました。

若者がそうやって何かに心を囚われて大事なことを忘れてしまうことを憂慮するなら、高齢者にだって心配な問題はあります。
マスコミの発信に「思い込まされ」「心を囚われて」しまうことは若者より高齢者に多いのではないでしょうか。

先日TBSラジオ「荒川強啓デイキャッチ」でジャーナリストの青木理氏がこんなこと言ってました。 →https://www.youtube.com/watch?v=H1kqsTivfHk

要約すると、≪安倍政権になってからマスコミに対する介入圧力が強まっている。マスコミも委縮して権力の監視を怠っている≫ というものです。

青木さんは「圧力があるのは間違いない、自粛があるのも間違いない」と言いますが何を根拠に断言するのでしょうか。国がマスコミに圧力なんかかけたら、まさに恰好の餌食といいましょうか、飛んで火に入る夏の虫といいましょうか、騒ぎ立てられて大変なことになると思いますよ。

池田信夫氏も書いていますが  http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51933593.html  
政府がマスコミに圧力かけられるものですか。

青木さんは権力に対してファイティングポーズをとって頑張っている番組として、「報道ステーション」「NEWS23」「報道特集」「サンデーモーニング」などを挙げていますが、これらの番組の報道姿勢の偏向ぶりはテレビや新聞以外ではよく指摘されるところです。

マスコミが委縮しているとしたら、それはここ数年の日本人の目覚めによるものであって、マスコミは変わりつつある世論に合わせて論調を変えるべきか否か単に懊悩しているだけなんじゃないでしょうか。

しかし世論が変わりつつあるとはいえ、人口の大きな割合を占める高齢者は前述のような偏向番組を好んで視聴する傾向にあります。
これらのメディアが「右傾化を憂う」などという言説を流し続けては高齢者をミスリードし、頭の切り替えを阻んで偏向思想依存に手を貸しているとなると、若者のスマホ依存とどっちが厄介なのだろうかと考えてしまいます。

ネット情報は色々ですが、載せられた情報や意見には速やかに異論反論補足が寄せられ、収斂されていきます。
テレビのニュースショーのコメントしか知らない高齢者がネットに対する偏見を捨てさえすればもっとレベルの高い知識が得られるでしょうに。

スマホは掌に乗るパソコンなんだそうです。老いも若きも大いに利用したらいいんじゃないでしょうか。私は持ってないけど(笑)

.
    いつも応援してくださって感謝です → 

                               人気ブログランキングへ

4/10  少々加筆


//////////////////////////////////////////////////////////////

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年4月 4日 (土)

蛮勇

思想家の内田樹氏が、日本が当面アジアインフラ投資銀行(AIIB)参加を見送ることに対して、「願望を語るより現実をみつめる方がいい」と政府の方針を批判しています。 →http://blogos.com/article/109370/

New York Times の記事を読んでそう思ったらしいのですが、「『アメリカによく思われたいから』とか『中国が嫌いだから』という理由で参加しない日本」などと評するのはいかにも底が浅いですね。

私にも日本の国益のためにどうすべきなのかはよくわかりませんが、内田さんは、ニューヨークタイムズだけでなく他の論説もたくさん読んで情報を整理してから意見を言ったほうがいい、ぐらいはわかります。

こんな記事では、ニューヨークタイムズの一記者の描写だけを根拠に判断していると思われてしまいます。

日本政府は国益を考えるのが仕事ですから、さまざまな分析の結果(中国はアジアで何を目指しているのか、どんな経済事情を抱えて日本やアメリカに何を求めているのか等)、決めたことだと思います。
内田さんが言うように、「世界のみんなが中国の強い経済力を評価して参加しているのに日本だけが意地を張っている」というような幼稚っぽいことではないでしょうね。

話は変わりますが、爆笑問題の太田光氏が普天間移設問題に関してラジオで「安倍のバカが」と何度も連発して物議を醸しているそうです。
政治に無知なまま、ただ政府のやることに反対するだけの人ですが、沖縄基地問題の不都合な真実についてもきっと何も知らないんでしょう。内田さんもこれと同レベルなのかな。

専門家でもない人が、政府の重大な選択について自信たっぷりに批判するのは非常に勇気が要ることだと思います(バカさも要りますが)。

そういう人たちがどんどん喋って物議を醸し、やがて本当のことが明らかになってくる、という道筋をたどりながら、世の中はなんとか成り立っているのかもしれませんね。

.
  
いつも応援ありがとうございます  →
                              人気ブログランキングへ


////////////////////////////////////////////////////////////////

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »