« 平和への思い | トップページ | 権力の所在 »

2015年6月26日 (金)

タブーを越えて

自民党の勉強会での百田尚樹氏や議員たちの発言が問題になっています。→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150626-00000006-okinawat-oki

沖縄の二つの新聞社は絶対つぶさなあかん


記者たちが退出した後の懇談で、身内だけだから本音を言ってしまったのでしょうが、なぜマスコミの知るところとなったのでしょうか。

内輪だけなら、本音を言うことはよくあると思うのですが、たとえ内緒話でも言ってはいけないのでしょうか。政権についている自民党だからいけないのでしょうか。報道関係者のいないところで言ったわけだからそんなに悪いこととは思えないのですけど、違うのでしょうか。

まさか本当に自民党が「沖縄タイムズ」と「琉球新報」を潰しにかかるとは思えませんし、できません。

マスコミを懲らしめるために経団連に働きかけることもできるわけがありません。

この日本で報道の自由を規制できるはずがない。でしょ?

政府が本当にそれをすればもちろん言論弾圧になるでしょうが、一部議員の内輪話もだめなんでしょうか。私にはよくわかりません。

.
沖縄の地主たちが地代で潤っているとか普天間基地ができてから周りに住宅ができ始めた云々の話ならば、ネットなどではよく言われることですが、こういうこと、堂々と表で言い合って、はっきりさせるわけにはいかないのでしょうか。裏でこそこそ言ってるだけではお互いに理解し合えないのではないでしょうか。

沖縄に関しては、触れてはいけないタブーがたくさんあって、いったい真実はどこにあるのか誰もわからないのです。いや、「沖縄の不都合な真実」(新潮新書)などを読むと、あまりに歪んでねじれた沖縄の事情を垣間見ることができます。

でも、タブーなんでしょう。誰も触れてはいけないのでしょう。はっきり本音をぶつけ合えないことなど、この世にはいくらでもありますものね。

けれども、沖縄の世論を作り上げる二つの地元新聞が偏向していて、沖縄県民の自由な思考の発展を妨げているのだとしたら、その辺りからほぐしていけば、糸口がみつかるかもしれません。

去年、公正中立な立場の八重山日報が那覇に支局を開設したと聞きましたが、まだ発行部数も少ないようですね。健闘を祈ります。

.
     
いつも応援ありがとうございます →  
                                  人気ブログランキングへ

/////////////////////////////////////////////////////

|

« 平和への思い | トップページ | 権力の所在 »

コメント

勉強会での発言記事読みました。
そういうことがあったのですか。
これを機会に、はっきりさせたらいいと思います。

お金が落ちるところに人が集まっていく、というのは、洋の東西を問わず世の常です。
思いやり予算や基地がらみのお金が相当額沖縄県に割り当てられているのも現実なのではないでしょうか。
ITの時代です。容易に情報を整理して発信できる時代です。いつまでも、歯に衣着せてのままでは通らないのではないでしょうか。
近年、鹿児島県徳之島で衆院議員の補欠選挙がありましたね。その時のマスコミのインタビューへの回答に「沖縄県レベルの暮らしになりたい」というのがありました。
基地を受け入れているとセットで今があるんだと思うけれど、、、、。
そこのところ、オープンに議論できる世の中になったらいいですね。


投稿: 案山子 | 2015年6月27日 (土) 11時01分

こんばんは。

沖縄の問題というのは大変ややこしい問題ですね。
先日NHKのとある番組で、沖縄在住の80代のご夫婦に
インタビューをしており、沖縄の大手新聞社の語る
県民の気持ちとは大きく違って聞こえました。


少し長いのですが、凄く印象的だったので紹介させて下さい。


---(以下インタビュー内容)

(記者) 沖縄って何か変わりました?

(夫) 海の破壊が続いたね。こんないらん物を一杯作ってね。

(妻) 基地があるというのも複雑な気持ちなんですよ。基地内ですよ、と言われている所は緑豊かなんですよ。
嘉手納基地の中に、自分達の昔の家屋敷があったんだけど、そこにはウガンジョ(拝所)といって、
ご先祖様たちがお祀りした、その土地の神様がいるんですよ。
それも残してくれているんですよね、向こうは。

(夫) 基地内でそのものを残してくれてる。素晴らしいですね。

(妻) ところが、開放になりますでしょう。
たちまち建物だらけになるんですよ。

(夫) 基地が良くないというのは心情的にはよく分かるんですけど、とても変な気分ですね。


---(ここまで)

このご夫婦からは、米軍に対する感謝の気持ちが見て取れ、
こっちにいるとわからないリアルな沖縄の人の声が深く心に響きました。
複雑な感情を抱きながらも共生している人達が、きっと沢山いるんでしょうね。

えらく長いコメントになってしまいました(笑
ごめんなさい。


投稿: よしこ | 2015年6月27日 (土) 21時34分

★案山子さん

>これを機会に、はっきりさせたらいいと思います。<

私もそう思うのです。
「弱者だから」「被害者だから」と、触れてはならない問題になってしまっていること、世の中たくさんありますよね。
沖縄の問題もなかなか真実が明らかにされず、そのため本当の弱者がおきざりにされたまま、貧富の差がすごく広がってるそうです。
「沖縄の不都合な真実」にも、「沖縄には、自分たちの現状を変えたくないという集団が存在し、この集団には政治的保守派と革新派の双方が含まれる」と書いてあります。
「基地には反対だが、基地の見返りである振興資金に依存する公主導・官主導の経済はこのまま続けたい」のだそうです。
本来、社会的弱者の味方になって権力側と対決するはずのマスコミ・学識者・労組が支配階級と一体化してしまっているのだとか。

>「沖縄県レベルの暮らしになりたい」<

隣の県からはそういう風に見えるのですね。

>オープンに議論できる世の中になったらいいですね<

こういう構造を突き崩すのは並大抵のことではないと思いますが、仰るようにネット上に飛び交う情報の整理も必要だし、沖縄を牛耳ってると言われる新聞とは別のジャーナリズムが育つことが大事なのでしょう。
ただ地縁共同体の中でなかなか本音を言い難いということがあるかもしれません。購読新聞を変える、ということもできにくいのかもしれません。
顰蹙を買った百田氏らの失言も、風穴となればいいとは思いますが。

投稿: robita | 2015年6月27日 (土) 23時15分

★よしこさん

NHK番組の紹介ありがとうございます。
米軍と地元住民は色々なイベントで交流し良好な関係を築いているのに、そういうことが報道されることはほとんどない、と「沖縄の不都合な真実」にも記述があります。
「沖縄の総意」というのはどうもまやかしであるようです。それぞれに複雑な事情を抱え、それらが複雑に絡み合い、そこにつけ込むのが彼の国の見えざる触手、ということでしょうか。

投稿: robita | 2015年6月27日 (土) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/60526191

この記事へのトラックバック一覧です: タブーを越えて:

« 平和への思い | トップページ | 権力の所在 »