« 地固め | トップページ | ふるさとは地球、と胸を張る日だってきっと来る »

2015年6月10日 (水)

宝物なのか魔物なのか

「じゃあ、いったいどうしろと言うんですか」

安保法制をめぐって重箱の隅をつつくような野党の質問に安倍総理がこう逆切れしたら面白いな~って思うんですよ。

国の存立を真面目に考えてる政治家だったら、「憲法改正しかないじゃないですか!」と即答するんじゃないでしょうか。

これで憲法改正の機運が高まること請け合い(笑)

.
昨日、テレビ朝日「報道ステーション」を見るともなく流してたのですが、「自分たちの都合の良いように解釈して、他の意見に聞く耳持たず・・・・」のような言葉が聞こえてきました。見るとコメンテーターの「新進気鋭の憲法学者」木村草太首都大学准教授でした。

別にこの人に限らず、安倍政権をこういう言い方で批判する人はよくいます。

「自分たちの都合の良いように」・・・・、これはどういうことなんでしょうね。
日米同盟を強化したり国際貢献や国益のために自衛隊の活動範囲を広げたりするとなぜ政権に都合がいいのでしょうか。
自衛官が国外で活動中に死亡して政権存続が危うくなるようなリスクを冒してまでやろうとすることがなぜ「
都合がいい」といった私的な欲望のためであるかのような言い方で非難されるのかわかりません。

「安倍政権の都合」とやらを具体的に説明してもらえないでしょうか。

安倍総理も覚悟を見せてほしい。

改憲を目指すなら、本当のこと、厳しいこともちゃんと正直に言うべきだと思います。
自衛官が武器を取って戦えるようになると、身を守ることもできるが、命を落とすこともあるかもしれない、と。
侵略者やその他の世界の無法者と立ち向かうということはそういうことだと。

私も最初は、安倍総理がごまかすような形で答弁をするのは仕方がないと思っていました。
なぜなら、「リスクは高まる可能性がある」などと正直に言えば、国中大騒ぎになって安保法制どころか改憲もできなくなってしまうのではないかと思ったからです。

しかし、事ここに至っては、堂々と正攻法で行くべきじゃないかと思います。
マスコミや国民は最初は大騒ぎするかもしれないけど、すぐに落ち着くんじゃないでしょうか。
とにかく我々国民が理解するほかないのです。

憲法改正には時間がかかるので、今のところはどっちみち今回の法案を通さなければならないとは思いますが。

.
かくも学者を困らせ、国会を紛糾させ、国民を惑わす憲法9条とはいったい何ぞや。

.

  いつも応援ありがとうございます  
                                      人気ブログランキングへ

.

//////////////////////////////////////////////////////////////

|

« 地固め | トップページ | ふるさとは地球、と胸を張る日だってきっと来る »

コメント

「焦土の宝石」ですよ。笑
憲法大好き少女だった私は、なんという素敵なスローガンだろう、と思って育ちましたから。憲法前文も大好きでした。大人社会の知性を垣間見た思いでした。中学生の時、熱心に暗記したものです(robitaさんは同世代だと思いますが、そういうことはなかったですか)。
ちょっと日本語としては、あか抜けている(翻訳口調)と思ったので、チェックしたら、そのころに作られた国連憲章で謳われているテーマに通じるものがありました。同じく焦土と化したヨーロッパも戦争こりごり、世界中が平和を希求した風潮のさなかで生まれたのです。
その後の70年、世界で戦争が絶えた年はなかったのではないでしょうか。最近は近隣国も領土拡張に熱心だったり。この状況は70年前とは変わっているので、あの焦土で堅持した意志だけでは、相手を説得するのは難しいと思います。

投稿: 案山子 | 2015年6月10日 (水) 08時17分

★案山子さん

憲法を学校で熱心に学んだ記憶はありませんが、ただ「戦争放棄」という憲法を持っていることを誇らしいことだとは思っていました。日本人はほとんどがそう思っていたと思います。
でも、諸国民の公正と信義など信頼できないとする人々は国防の重要性を訴え、それゆえ「タカ派」だの「右翼」だの「軍国主義者」だのと批判され続けてきました。

>「焦土の宝」

戦争に倦み疲れた日本人にはまさに光輝くダイヤモンドだったんでしょうねえ。
今となっては一国平和主義というのはもう立ち行かないわけですが、「戦争を極力避ける平和国家」という日本人の共通の意思は非常に強固だと思います。「近頃の日本は戦争したがってる。非常に危うい」なんて、いったいどこのどいつが言ってるんでしょうかねえcoldsweats01

投稿: robita | 2015年6月10日 (水) 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/60318871

この記事へのトラックバック一覧です: 宝物なのか魔物なのか:

« 地固め | トップページ | ふるさとは地球、と胸を張る日だってきっと来る »