« もっと強くなれ | トップページ | きっと理解できます »

2015年7月14日 (火)

そこの奥さん、ちょっと聞いてください

新安保法制の議論をするのに改正法案を読まなければならないでしょうか。私は普通の人はこれを読む必要はないだろうと思います。

法案の内容は内閣官房HPに行けば読むことができますが、「第○条○項○号を第○条○項○号に改める」とか「・・・を削り・・・の次に・・・を加える」といった記述が延々と続き、専門家ならともかく、一般の国民がこれを読んで頭に入れるのは相当難しいと思います。

単に時間がないとか面倒くさいとか頭が悪いとかいうことでなく、そんなことを知っても意味がないだろうと思うのです。

たぶん世界のどこの国でも、軍事に関わる法律を一般国民が熟知した上で政治家に付託しているわけではないと思います。

安全保障についての理解は実は一般国民でも容易にわかるシンプルなことではないでしょうか。

ずいぶん前、安全保障に関する知識も今よりもっとなかった頃、「独立宣言」という文章を書いたことがあります。   

知識はないけれど、現在考えていることと変わりません。

「こんなに多くの国民の皆さんが米国の言いなりになるのを嫌がっているのだから、アメリカからの独立(つまり憲法改正・自主防衛)は、もう国民の総意と言えるのではないか」というようなことを書きました。

それはつまり、アメリカとの同盟が嫌なら別れて自分たちだけで防衛するしかないし、自主的にやるのがいやならアメリカの助けを借りるしかないだろう、という二択を問うたシンプルなものです。

そして今、安倍政権は「自分たちだけで防衛するのはリスクが大きすぎる。日米同盟は不可欠だ。しかし、アメリカの背中に隠れて安穏とし続けるのは独立国としてどうなのか。日本もある程度は汗を流し、時には血を流すこともあるだろうが、自主防衛の気概を持つことで、同盟国に物言える関係を構築することは日本のためになる」、・・・このような考えで日米同盟を強化する方針を打ち出しました。
やっとこういう普通のことを言う総理大臣が受け入れられる日本になったのです。

なぜかそれを「戦争をしたがってる」などといって騒ぐ人たちがいます。その人たちが一般の国民を呪文のような言葉で惑わし、正しい理解をさせないように執念の活動を繰り広げています。いったい日本国民なのでしょうか。どこかの国の工作活動をお手伝いしているのでしょうか。

タチが悪いのは、根強いファンが多く日本人に影響力の強そうな宮崎駿氏や 、面白おかしい説法で人気のある瀬戸内寂聴尼のような人が国防の何たるかも理解しないまま、「世界がおかしくなったのは安倍さんが悪いから」みたいな言い方で涙ながらに訴えたりすることです。
無知からくるそういう言説に乗ってしまう人が残念ながらまだまだ多いのも事実です。

戦争の恐怖を語るだけで何も考えていない宮崎さんや寂聴さんなどはともかく、小林よしのりや宮台真司、 そしてこんなことを言って憂国に耽っている内田樹など各氏の主張は、「対米従属をやめて重武装(核兵器を含まなければ意味がない)し、個別的自衛権だけで国を守るべきだ」と言っているに等しいのです。

どうでしょうか。安倍政権の方針とどちらが過激で危険でしょうか。

より良い案がなければ、この2通りのどちらかを選択するしかないと思うのですが、安保法制に反対している人に何か良い考えはありますか。

国会では他にも審議しなければならない問題が山積みです。
民主党の岡田代表は「国民の理解を得られない中での採決には反対だ」と言っていますが、理解しようとしない人はいつまで待ってても理解しませんよ。

強行採決も仕方がありません。

.
 
普通の人がこうやって広めるのがいいと思います → 
                                          人気ブログランキングへ


///////////////////////////////////////////////////////

|

« もっと強くなれ | トップページ | きっと理解できます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そこの奥さん、ちょっと聞いてください:

« もっと強くなれ | トップページ | きっと理解できます »