« 辻元清美が首相になったら | トップページ | 若き保守派論客 »

2015年8月15日 (土)

青空が見えた

安倍総理による70年談話は未来志向を基軸にしたもので、70年もの間、平和を保ち続けている国の首相が語るにふさわしい内容だったと思います。

「あの戦争には何ら関わりのない私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」ときっぱり言い切ったことは、このまま卑屈な態度を未来永劫続けていかなければならないのか、という圧迫感を感じ続けてきた多くの日本人に、希望の光を見たような気分にさせてくれたのではないでしょうか。

立場や考え方の違うどんな人からも文句のつけにくい、工夫が凝らされた文章だったと思います。

それでも民主党の岡田代表、村山元総理、テレ朝「報道ステーション」、TBS「NEWS23」などは、「安倍総理自身のお詫びの言葉がない」などと批判していましたが、揃いもそろって、何が何でも日本を卑屈な国にしておきたい人たちなんですねえ。こういうのを「自虐的」というのですよ。

談話に先だって、夕方からフジテレビで「みんなのニュース」という番組をやっていました。
その中で脳科学者の中野信子さんからこういう発言がありました:


≪人間は戦争をする生き物です。その前提で対処法を考えないと間違えてしまう。「自分への戒め」として謝罪をし続けることは自己評価を低くし、自分の中に「○○」(聞き取れませんでした)を溜めていく。そのことが再び戦争につながっていくんです≫

生き物の宿命を理解したくない人たちからの反発があるだろうに、テレビでこのことをきっぱりと言い切る中野さんの勇気と知性を高く評価したいと思います。

中野さんの言う通り、今も世界は戦いに満ちています。
この現実を直視し、その上で戦争を食い止めるための知的戦略を図ることができるのが、生き物の中で唯一人間だけなのです。

反省や謝罪を繰り返すだけでは戦争を防げるはずがありません。

だからこそ、積極的平和主義の旗を高く掲げる安倍首相の今回の談話を、謝るだけの外交と決別し、自信を取り戻した日本人として平和貢献のために胸をはって歩き出す出発点としなければならないと思います。

.
   
いつも応援ありがとうございます → 
                              人気ブログランキングへ

.

 関連記事: 「強くなるしかない」  

. 

///////////////////////////////////////////////

.

|

« 辻元清美が首相になったら | トップページ | 若き保守派論客 »

コメント

robitaさん、こんにちは。

一筋の光が見えましたね。
現段階ではこれが限度でしょう。
植民地支配、侵略、痛切な反省、お詫びなどの文言を盛り込みながら、過去の談話とは違った意味合いにとれる内容だったと思います。
中韓からは激しくはないが批判が有ったりしましたが、好感を持たれるような内容である方が問題なので、無視しましょう。両国の経済状態の悪さがうかがい知れますね。
村山富市氏からも「談話は継承されていない」などと文句が出されましたが、自分の談話が否定されるということは、日本の歴史の中に悪、汚点として記録されることになるので必死なだけです。
これも無視しちゃいましょう。

しかし最近のNHK、朝日などのメディアは酷いもんですね。安保法制、沖縄基地問題、さらに原発再稼働などもにからめて、激しく打倒安倍政権の動きを強めています。「談話」のようにくれぐれも慎重に事を進め、憲法改正までたどりついてほしいです。

投稿: T.I. | 2015年8月15日 (土) 19時16分

★T.I.さん 

>自分の談話が否定されるということは、日本の歴史の中に悪、汚点として記録されることになるので必死なだけです。<

そうですね。すでに「自虐」ではなく、自らのアイデンティティを失うことの恐怖から、抵抗せざるを得ない状態に陥っているのでしょうね。
マスメディアの恣意的な報道の仕方にもうんざりです。政権にダメージを与えることだけにがむしゃらになっているとしか思えません。

>「談話」のようにくれぐれも慎重に事を進め、憲法改正までたどりついてほしいです。<

今回のことで政治には慎重さがいかに大切かがわかりました(゚ー゚;

投稿: robita | 2015年8月16日 (日) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青空が見えた:

« 辻元清美が首相になったら | トップページ | 若き保守派論客 »