« 「怖いのは誰?」と言ってみる | トップページ | 高齢世代の大事なお仕事 »

2015年8月 9日 (日)

怖がる相手がちがうのよ

「『今の日本マジでヤバいんじゃない?』って、友達と話すことあります」・・・、安保法制について、街頭インタビューを受ける高校生がこんなことを言っている映像がテレビでよく見られます。

「ヤバいって、具体的にどういうところが?」とか、「安倍政権はなぜ安保法制を通そうとしているんだと思う?」とか質問することはいっさいありません。

高校生までが今の日本の右傾化に危機感を抱いている、といった印象を振りまくためですね。

「ヤバい」の根拠を考える思考をストップさせたまま、「軍国主義に突き進む日本」という雰囲気だけを作り上げようとしているマスコミ。

何のためか。

戦時中と同じく(逆の方向ではあるけれど)、高揚感を盛り上げて発行部数を増やしたり視聴率を上げたり、つまり金儲けのため、そして、自分たちのアイデンティティ喪失を避けるためにやっているんですね。

高校生の皆さんはこういうわかりやすい文章を読むと理解できると思いますよ。→永江一石さんの記事 

ネットを使っているのならこういう記事を読んでほしいな。

.
   
       いつも応援ありがとうございます
       一日一回押してくださると有り難いです 

                 
                    人気ブログランキングへ

.

|

« 「怖いのは誰?」と言ってみる | トップページ | 高齢世代の大事なお仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怖がる相手がちがうのよ:

« 「怖いのは誰?」と言ってみる | トップページ | 高齢世代の大事なお仕事 »