« センチメンタル嵩じてアグレッシブ | トップページ | 聞く耳を持たない人々 »

2015年9月 6日 (日)

軍人の覚悟に敬意

安保法制の議論は国会でもテレビの討論会でもまだ続いています。
与党側の言うことも野党側の言うことも相変わらず同じで、堂々巡りにしか見えません。

「戦争に巻き込まれるのが不安だ」といって法案に反対している野党と、「そんなことにはならない」という政府側。

これを繰り返しているだけだから、一向に噛み合わないのでしょうね。

野党が心配しているのは実際にはいわゆる「戦争」ではなく、「自衛隊が武器を使用しなければならない事態」だろうと思います。日本は戦争はできませんから。

だから「武力行使を余儀なくされる事態に巻き込まれるのが不安」ということになります。

「武力行使を余儀なくされる事態に巻き込まれる」ことは「絶対に」あってはならないのでしょうか?

「絶対に」あってはならないことならば、野党が廃案を主張するのは「絶対に」正しいと思います。
こんな法律を作って自衛隊が海外活動の範囲を広げることは絶対に間違っているし、それどころか、PKO活動を可能にするべく今まで作ってきた法律もすべて廃止するべきだと思うのです。

そうじゃないですか? だって世界というのは日本にいてはわからないような危険なことが日々起こっていて、海外の紛争地で活動すれば戦闘に巻き込まれることは大いにあり得ますよね。

今まで特段大きな戦闘に巻き込まれたことがなかったからよかったようなものの、自衛隊は既に危険な状況をかいくぐって活動しているのが現実です。

古庄幸一元海上幕僚長が、≪法案が通ることで自衛官のリスクが増大するとの指摘もありますが、「何を今さら」と言うほかありません。≫と言います。→ http://www.sankei.com/politics/news/150901/plt1509010016-n1.html 

現場ではどんなことが起きるのか私たちにはわからないのですから、本当に自衛隊員のことが心配なら、必要な時には現場の判断で武力行使ができるよう法律を整備することが大事でしょうし、他国への助太刀だって常識的な範囲内で行えるようにしておいた方がいいのではないでしょうか。  

それがだめだというなら、自衛隊はいっさい外に出てはならないと思います。自衛隊はやはり軍隊ではなく、国内に留まって専守防衛に徹するべきなのです。

しかし現実問題として、そういうわけにいかないから、政府も今の憲法の下でなんとか整合性をつけようと苦労しているのだと思います。
防衛問題については誰が政権を取っても同様に悩むでしょうし、国益を考えるならば現政権と同様の方針を選ばざるを得ないのではないでしょうか。

維新の党の案がより歯止めが利いていて検討に値すると言われますが、強い歯止めをかけるということがやはり軍隊として極めて動きにくいものになるのは否定できないでしょう。


政府案に反対の人が懸念する「アメリカの戦争について行かざるを得なくなる」というのはどういうことなんでしょう。

日本はそんなことを強制されても仕方のない立場なんでしょうか。「行かざるを得なくなる」というのが私にはどうも理解できないのですが、アメリカが脅迫でもするのでしょうか。

もしそうなら、なおのことそういう変な関係を改善するためにも、日米同盟の片務性を直していかなければならないのではないでしょうか。どっちみち同盟関係を解消するわけにいかないのですから。

今朝、TBSテレビ「サンデーモーニング」で8月30日の国会前安保反対集会(デモではないそうです)を取り上げ、今までおとなしかった普通の国民が声を上げ始めたと評価していました。
そして、公民権運動のキング牧師の
≪この世界最大の悲劇は、悪しき人の暴言や暴力ではなく、善意の人の沈黙と無関心だ≫という言葉を紹介しました。

善意の人が沈黙を破り、無関心から目覚めて戦争法案に反対の声を上げた、と言いたいのでしょうか。

でも、無知のまま闇雲に大きい声を上げるのは良いこととは思えません。

キング牧師の別の言葉なのですが:

≪この世で本当の無知と良心的な愚かさほど危険なものはない≫

お祭り気分で安保反対を叫んでいる善男善女を指しているように思えてきます。

.
       いつも応援ありがとうございます → 
                                  人気ブログランキングへ

.
///////////////////////////////////////////////////////////////

|

« センチメンタル嵩じてアグレッシブ | トップページ | 聞く耳を持たない人々 »

コメント

まさしく仰るとうりです。
読ませて頂いて、心の底からスッキリ致しましたっ!
私が考えている事を全て語ってくださいました。
今宵は静かに眠れそうですっ!^^。

投稿: fuuair12です | 2015年9月 7日 (月) 00時29分

★風来さん

ありがとうございますm(_ _)m

色々な考えがあって当然だと思いますが、憑かれたように「戦争法案反対!」とか言って他の意見を遮断してしまうのはダメですね。
文章のつながりが悪いところがありましたので、少し書き加えました。

投稿: robita | 2015年9月 7日 (月) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/61495137

この記事へのトラックバック一覧です: 軍人の覚悟に敬意:

« センチメンタル嵩じてアグレッシブ | トップページ | 聞く耳を持たない人々 »