« 結党精神 | トップページ | 軍人の覚悟に敬意 »

2015年9月 2日 (水)

センチメンタル嵩じてアグレッシブ

8月30日(日)、国会前で3万人~12万人ぐらいの群衆が集まって安保反対デモがあったそうな。

デモに参加して演説した有名人(坂本龍一、森村誠一、山口二郎氏ら)を、安保賛成派の岩田温氏のみならず、反対派の小林よしのり氏も批判しています。    


私は以前、文芸評論家の野口武彦氏の興味深い文章を、ブログのコメント欄で紹介したことがあります: 

≪「 始まったぞーッ。
ついに武装決起の時がきて、突入が命令され、もう引き返せない事態のただなかに突き進んでゆく痺れるような快感は、えもいわれぬものらしい。一度やってみるがよい、と昭和の2・26事件で死刑になった一将校が獄中手記に書いている。クーデターはぞくぞくするほど魅力的なのだそうである」≫

前述のアジテーター諸氏は革命の高揚にしびれるほどの快感を味わっているものと思われます。

私、twitterの読み方がわからないのですが、下記はたぶん山口二郎さんのつぶやきです:

「54年前の今頃、数十万の市民がアカシアの雨に打たれながらも、国会を包囲し、民主主義を守れと叫び、岸信介の改憲野望をつぶした。」

「アカシアの雨に打たれながら」というところが、青春の情熱と感傷を懐かしむ思いにあふれていますね。

ノスタルジックな気分に支配されてしまっているから国防の議論が噛み合わないのでしょうか?

彼らの言動は、政治とか思想の問題というより、むしろ心理学とか脳科学で扱うほうが適切なのではないのかと思えてきます。

一般の参加者何人かにインタビューしているのをテレビで見ましたが、「憲法に反することはやってはいけない」「国会での審議が不充分」「アメリカの言いなりになって戦争に巻き込まれる」といった程度のことしか答えられないのですね。
それでも「安保反対!」の叫び声をあげる様子は元気溌剌。

この人たちは、安全保障の論議をちゃんと聞いたことがあるでしょうか。

芸能界の人たちも「反対」の声をあげていますが、もしあまりよく理解しておらず雰囲気に引きずられただけの言動であるならば、有名人としての影響力に思いを致してほしいものです。→ http://blogos.com/article/130978/

どうして新安保法制が必要なのかについても少しは興味を持ったら如何でしょうか。

この状況はあの60年安保の時ととてもよく似ていると思います。あの時私はまだ中学一年で、事情がよくわかりませんでしたが、大人になってからわかったことは、岸内閣と米国が合意した安保条約改定はそれまでのものより平等になっていること、安保反対デモで騒いだ学生たちは誰も改定安保条約の中身を読んでいなかったこと、でした。

今回のデモはあの時のデモとは違う、という人はいるけれど、同じようなものじゃないでしょうか。

デモは悪いことではないし、意思表示は大いにするべきだと思います。

何かに熱くなるのも、人間には、特に若者には必要です。

ただ、デモを行っている自分たちこそが民意の代表だと錯覚して、まるで「民意を無視する独裁者を打倒すべし!」と言わんばかりに首相を罵倒する態度には首を傾げざるを得ません。

.
   
いつも応援ありがとうございます →  人気ブログランキング


.
///////////////////////////////////////


.

|

« 結党精神 | トップページ | 軍人の覚悟に敬意 »

コメント

軍事パレードに関する海外ニュースをご覧になりました?
仕事に追われていたので日本のニュースをちゃんと見る時間はなかったのですが、見た限りでは単に軍人の行進や習主席の演説場面くらいしか流してなかったのですが、ミサイル搭載した長い車列や無数の戦車、航空機みるからに怖い絵柄が流れていました。
中国の最新ミサイルは米国空母をターゲットに開発されたと米国系のニュース。ドイツの局は中国国民が洗脳されていること、天津の爆発等を紹介していました。

少数民族の虐待、民族浄化の疑い、人権無視、自由の抑制、専制政治…。まるでヒットラーですよね。どうして左派の人たちが中国の肩を持つのか、メディアはなぜ追求しないのか、自由放題に悪口雑言を許している自国の首相をヒットラーになぞらえるのか非常に不思議です。
日本国民を傷つける行為に出た村山元首相はパレードに参加せず、入院だそうです。今頃反発の強さに驚いて心臓がパクパクしたのかも。

投稿: さなえ | 2015年9月 4日 (金) 09時41分

★さなえさん

海外ニュースは見ていません。
ドイツのニュースも見られるのですか?

>自由放題に悪口雑言を許している自国の首相をヒットラーになぞらえるのか非常に不思議です<

仰るとおりですね。甘えているのだと思いますが。

>村山元首相はパレードに参加せず、入院だそうです<

あらまあ。
首相当時は優しそうなおじいさんが野党に厳しく追及されているのが気の毒で見ていられませんでしたけど、まさかこんなに頑迷な方だとは思いませんでした。
入院は、本当にどこかお悪いのか、それともマスコミの取材を避けてのことかもしれませんね。

投稿: robita | 2015年9月 4日 (金) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: センチメンタル嵩じてアグレッシブ:

« 結党精神 | トップページ | 軍人の覚悟に敬意 »