« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月30日 (金)

ささやかな幸せって・・・

<前記事より続く>

おおかたの人が思っているだろうが、ぜひ女性に就いてほしい職種があるのは事実である。医師、看護師、介護士、教師などはその最たるもので、それを利用する側の希望として、女性にいてほしい分野ではないだろうか。

一方で別に女性がわざわざ入らなくても良い職種はたくさんある。そんなことより子供を産み育てる大役を果たしたほうがいいのでは、と思えるような仕事は、職業選択の自由はさておき、いくらでもある。

たとえば政治家など女性がやる必要があるのだろうか。

女性の声を政治に反映させる、などと言うけれど、こちらから見ていると女性政治家の多くはほとんど男である。

男のメンタリティを持ちながら「女性の代表」などと胸を張ってくれてもなあ、という気はする。
.

女性の社会進出に反対するわけではない。

働きながら子供を2・3人も産み育てる女性を天晴れだと思うが、もしそれが困難ならば、子供をたくさん産み育てることに専念するのも一つの生きる道ではないか。

子供を持つ余裕がないとか、二人目を持てないとか、それには経済的な理由があるだろうが、政治や社会だけのせいにするのはちょっと違うような気がする。

.
ところで、子供が増えない最も大きな原因は非婚だということだ。

うんうんいるいる、友人知人ご近所見聞きするだけでも、30過ぎ40過ぎの独身男女がごろごろいる。

結婚したくても相手が見つからない人は別にして、その多くは結婚や子供を持つことに興味がないらしい。

親のアドバイスは「価値観の押しつけ」として断固拒否されるのだそうだ。

「結婚」も「子供」もたぶん面倒くさいんだろうな。

ある女性小説家のエッセイを週刊誌で時々読むのだが、子育てに四苦八苦している模様である。

ただ四苦八苦なら昔から子育てにはつきものだが、「ああ、この状態からいつ抜け出せるのだろう。いつになったら自由を得て思うように仕事ができるようになるのだろう」といった叫びに、早く自分の本来の仕事に戻りたい、子育てが自分の仕事の邪魔をしている、という焦燥感が正直に表れている。

もうこの人は第二子を産むつもりはないだろう。

それでも自分を自分たらしめている作家という最も重要な部分を大幅に削減して子供に関わることが、無駄どころか大きな価値を生み出していることに彼女はすぐに気付くだろう、というか、そんなこと承知の上での愚痴にすぎないのかもしれないけれど。それにしてももう子育てはこりごりという思いでいっぱいの様子がうかがえる。

キャリアを積む多くの女性たちがそれをなげうってまで子育てをしようとは思わない時代だ。

二年前に「一人っ子政策」の緩和を始め、このたび完全に廃止した中国でも、政府の思惑を裏切って「経済的に大変だから二人目はいらない」とする夫婦が多いと聞く。

蔓延る力を失った人類の行く末をちょっと見たい気がする。

 <続く>

.
      
いつも応援ありがとうございます → 人気ブログランキングへ


.
/////////////////////////////////////////////////////////

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年10月23日 (金)

「専業主婦」考

<前記事より続く>

ずいぶん前だが、テレビのルポルタージュ番組の中で30代独身女性が鬱々と語るのを見たことがある。
不況の中、就職難で思うような仕事を得ることができず、資格を取るなどして頑張ってみたが、正社員にもなれないまま不安定な仕事にしがみつくだけの毎日、結婚のあてもなく、将来の展望がまるで見えてこない・・・。

「キャリアを積んで自立するべく努力してきたが、結局ささやかな家庭を持つという最低限の幸せさえ得ることができなかった・・・」と最後につぶやいたその声は生活に疲れ切っているようだった。

バブル崩壊後に社会に出た世代はロストジェネレーションなどと言われ、男女問わず多かれ少なかれ苦難を引き受けざるを得なかった世代である。

彼女が幸せを得ることができない悲観的な立場に追いやられてしまったのは、たしかに不況が原因であろう。

ただ、いつの世も、好況不況は繰り返し起こった。経済状況とは関係なく、人は所帯を持ち、子孫を残してきたのもまた事実であることを考えれば、「幸福追求」を我々はいったいどう考えれば良いのか。

彼女が「こんなことなら自立など考えず早いうちに見合いでもして子供を二人ぐらい産んでささやかながら家庭を築いた方がよほど良かった」と思ったかどうかはわからないが、「結局最低限の幸せさえ得ることができなかった」という言葉に彼女の苦悩の本質を感じることはできる。

女性が自立のため(仕事を続けるため)に結婚や子育てをあきらめなければいけない社会のしくみが間違っている、というのが一般的認識であることを承知の上で言うのだが、では、その「正しいしくみ」とやらを実現しているらしい北欧やフランスで人々は「理想に近い社会」を手に入れたと満足しているのだろうか。
それ以前に、欧米人と同様のそういうしくみを日本社会に当てはめることは適切なのだろうか。

もう価値観もなにもすべてが変わりつつ現状の流れに沿って動いているのだから、いまさら女性の家庭回帰の動きなど起こるわけがない。第一、夫の稼ぎだけで生活できるはずがない。労働力不足を女性で補うことは不可欠である。・・・と、そういうことになっているのは理解するのだが、何か釈然としない。本末転倒とはこういうことを指すのかもしれない、などと思ったりもする。

政府は、女性が活躍する社会を推進させると言うが、女性ならではの仕事として本当は何を期待しているのか誰も正直に言いたがらない。

女性が子供を2・3人産んで亭主の稼ぎでやりくりし、すったもんだしながら家庭を築いてゆくことの輝かしさは、最近の「女性が輝く社会」などととってつけたようなスローガンなど吹き飛ばしてしまうような確かで力強いものなのではなかろうか。

時まさに、「原発を稼働させてまでそんなにたくさんの電気はいらない」「もう経済成長はいいじゃないか。これ以上豊かになる必要があるのか」などと主張する勢力が幅をきかせる時代である。

それらの人々のそういった主張は誤りだと私は思っているが、彼らがそう考えているなら、家庭での女性の「腕力」の発揮にも賛同してもらえると思うのだがどうだろうか。

「なぜ女性だけが」というお定まりの反応はもう聞き飽きた。

 <続く>

.

  応援ありがとうございます 人気ブログランキングへ

.


///////////////////////////////////////////////////////////

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月19日 (月)

プロ彼女考

このところ芸能人の結婚が続いていて芸能界は「結婚ラッシュ」なのだそうです。

芸能人同士の結婚もありますが、男性芸能人の結婚相手が「一般女性」と発表されることがありますよね。
芸能界と一般女性との接点がそう多いとは思えませんが、ちょっと前にテレビのバラエティ番組「ホンマでっか」で、ウソかホントか「プロ彼女」と表現される女性たちの生態を垣間見ることができました。

この番組は、色々な分野の学者や評論家による社会的事象の分析と、それらに面白おかしく突っ込む芸能タレントたちのトークで成り立っています。
なにより番組全体を盛り上げ、爆笑のオチに導く司会の明石家さんまの話術が見事です。

で、芸能人とお付き合い可能な「一般女性」の話なのですが、彼女らは過去に読者モデルなどの経験がある女性が多いそうで、そういう関係で華やかな世界ともつながりがあり、芸能人の集まるパーティーなどの情報も手に入れやすいと思われます。

番組では、4人の女性評論家たちが、プロ彼女の行動を事細かに説明します。こちらにその様子が → http://tv-mania.jp/?p=3457

しかし、最初はそのしたたかとも言える彼女たちの周到さに驚いていた出演者たち、特に男性は、聞いているうちにプロ彼女を「素晴らしい」と絶賛し始めるのです。

評論家たちも、「策略をめぐらせて大物をゲットしようとする腹黒い女たち」という視点で、このプロ彼女なる女性たちを槍玉に挙げてみんなで高揚感を共有しようとしていたつもりだったのに、「男のために専業主婦めざしてして料理の腕を磨き、家事に励み、いつも綺麗でいること、上品にふるまうことを心がけている女性の何が悪いねん。ええやないか。あんたらも少しは見習えや」などとさんまさんに言われてしまいます。

マツコ・デラックスさんに至っては、「だってそれ、普通に会社で働いてても同じことやるじゃない。情報を集めて相手に気に入られるよういろいろ画策して契約取ったりするわけでしょ。おんなじよ」と指摘するのです。

結局、女性評論家たちの最初の意気込みはしぼんでしまいながらも爆笑のうちに番組は終わりました。

専業主婦の座を射止めるために努力する女性をあっぱれと褒めたたえる、これが男性一般の本音なのか、それとも生活力のある男性ならではの特権なのか、それとも、あの番組内での冗談として済ませられることにすぎないのか、それは定かではありませんし、日本人の意識が特殊だとか欧米に比べて遅れているとか批判するのは簡単ですが、社会的建前と生身の人間の本能的欲求が裏腹なのは人間社会の常でしょう。

嘗ては勤め人家庭において普通だった専業主婦は今では夢のまた夢です。

今の女性には想像もつかないことだと思うのですが、昔の女性の結婚に至る過程って、程度の違いこそあれ、「プロ彼女」に通じるものがあったなあと思います。

嫁として子供を産み育て家庭を守るという期待をかけられたし、娘たちはそんなことに反発などしなかった。

それは一見、「無私」のようにも見えるのですが、結局は無意識ながらも自分の生存のためであり、幸福追求の一つの手段であったと思います。

「自立した人間同士で共に生きていきたい」という現代女性の真っ正直な姿勢とはまったく違った結婚観を、嘗ての女性は持っていました。

もちろんもちろん「私はそうじゃなかった。精神的にも経済的にも自立していて男女対等な立場で結婚を考えていた」という年配女性も少なからずいるでしょう。

しかしお見合い結婚のほうが多かった時代には、年頃になれば女性の自立よりとにかく結婚相手を探すのが至上目的であった、というのは事実だったと思います。

なにはともあれ専業主婦おおいにありの時代でした。

 <続く>

.
   
いつも応援ありがとうございます → 
                                人気ブログランキングへ

.

/////////////////////////////////////////////////////////////

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

叱咤激励のデモ

ユネスコ(国連教育科学文化機関)が、中国が申請した「南京大虐殺の記録」を、世界記憶遺産に登録してしまいました。

「30万人虐殺」などというとんでもない虚偽に対して日本が公正な判断を求めたのにもかかわらず、中国と仲の良いイリナ・ボコバ事務局長は中国の一方的な主張だけを認めてしまいました。

多くの人が指摘していることですが、ユネスコの創立趣旨は「人の心の中に平和のとりでを築くこと」なのに、こんなでたらめを定着させることに手を貸しているユネスコはいったい何のために存在しているのでしょうか。

これでは平和とは正反対の対立や憎悪を増幅させるだけになってしまいます。

菅官房長官がこれに遺憾の意を示し、ユネスコへの拠出金停止も検討している、と述べたことが、「日本がユネスコを脅迫した」と中国国営新聞で報じられ、それが世界に配信されるという情けない事態になっています。

日本の中でも、「拠出金停止という大人げないことはすべきでない」などと言う人も少なからずいるようですが、「公正な検証をせず対立を生むような決定をするのはユネスコの理念に反する。そのような組織に資金を提供することはできない」ときっぱり言うことが大人げないでしょうか。

日本軍が極悪だったというレッテル貼りは、主に日本人自身(あるいは日本人のふりをした日本在住反日勢力)が作り上げて海外に広めたものです。朝日新聞などは大きな役割を果たしてきました。

何も知らない多くのお人好し日本人は、そちらを信じて加担してきたのです。

日本人もだんだん目覚めてきたとは言え、国の名誉に関することには、普通の生活上、自分にあまり関係がないので、強い怒りを覚える人はそう多くはないようです。

国会前で、「日本政府、きちんとユネスコに抗議しなさい!」などというデモが盛り上がることもありません。そんなことをするのは、例の黒い街宣車ぐらいなものです。

過日「安保反対、9条守れ」のデモがあれほど盛り上がったのは、なんといっても組織の力でしょう。

いくら中韓の捏造やユネスコの不公正に対する政府の無策に怒りを覚えても普通の人には動員力がありません。例えばインターネットで個人が呼びかけたとしても少人数では結局「しょぼい人たち」と評されるのがオチです。

安保法制の時に、賛成派のデモも行われましたが、マスコミにもほとんど取り上げられないような規模でした。

「政府は断固ユネスコに抗議すべき」という要求を掲げたデモ隊が、あの安保反対のデモぐらいの規模になれば、きっと世界もびっくりするでしょうに。

左翼の組織力、動員力は絶大で、自分たちを「核」としてそのまわりに「踊らされやすい人たち」を分厚くコーティングする術に非常に長けていると言わざるを得ません。

やっぱり老獪な左翼にはかなわないのかなあweep

外務省なのか官邸なのか、とにかく一番の責任者は首相でしょう。しっかりしてください。


.
    
よろしくお願いします → 
                      人気ブログランキングへ

.
 関連記事: 「思考開始」 

///////////////////////////////////////////////////////

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水)

ご報告いたしま~す!

今年のノーベル医学・生理学賞に大村智氏、物理学賞に梶田隆章氏の受賞が決まった。
あと科学分野では化学賞が残っているが、日本人有力候補もあげられているようだ。

日本人は科学分野で受賞が多い。
科学に優れた才能を発揮するということかもしれないが、それ以上に、地道に辛抱強く研究を続けるという日本人の特質とされる勤勉さの成せる技とも言えるだろう。

先の大戦ではさまざまな分野における多くの有能な若者が次世代を残せないまま命を落としたが、日本の誇るべきDNAは途切れることなくしっかりと受け継がれている。

戦没者の運命に思いを馳せる時、後世に生きる同胞として有り難さと申し訳なさに胸がいっぱいになるが、それでもこうして日本人の精神性が確かに継承されていることを、天かどこかに向かって大きな声で報告したいような気持になる。

.
 
いつも応援ありがとうございます → 
                             人気ブログランキングへ

.

///////////////////////////////////////////////////////////

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

福山吹石千原ジュニアのみなさん、おめでとう!

菅官房長官が、フジテレビの情報番組で、歌手で俳優の福山雅治さんと俳優の吹石一恵さんの結婚についてコメントを求められ、「この結婚を機に、ママさんたちが一緒に子供を産みたいとか、そういう形で国家に貢献してくれたらいいなと思っています。たくさん産んで下さい」と発言したそうです。 → http://blogos.com/article/136671/

ネットでは「国のために子供を産めというのか」などという反発も見られるようですが、マスコミ含め全体的に特に問題にはなっていません。  

もうあれは8年以上前になるのか、第一次安倍政権下で厚生労働大臣を務めた柳澤伯夫氏の「産む機械」発言の時の異常な世間の反応を思い出すと、隔世の感があります。

菅発言を擁護する必要は特にないとは思いますが、「国家に貢献」について一言。

国家に属している限り、国家存立のため、国民ができることをするのは当然だと思います。

国家に貢献するのが嫌なら、国家に属さない選択もあり得るとは思いますが、それはさすがに現代人の生存上無理があります。

法律に書いてあることを守る、ただそれだけで、国家存立が可能であるなら、それだけでいいと思います。

でもそれだけでは国家存立が危うくなるのなら、一人ひとりができることをしなければならないのではないでしょうか。

「国の少子化対策」と「子供を持とうという国民の積極的意思」、この両輪のどちらが欠けても子供は増えないのです。

今から産んでも、増え続ける高齢者を支えることが不可能であるならば、高齢者にもさまざまな面での覚悟が必要でしょう。高齢者にも「国家への貢献」をしてもらわなくてはなりません。

あれにもこれにも反対し、あれもこれもしてくれと望んで衰亡に向かうか、「国家への貢献」とは何かを考えるか。

「国家」は常に国民の上にあってただ抑圧や命令をするものと思い込んでいないでしょうか。国家とは私たち自身です。

.
    
いつも応援ありがとうございます → 
                               人気ブログランキングへ

.
関連記事:

   「女性は子供を産む機械」 

         「その②」 

          「その④」 

   「謝らなくてもいいのにねえ」 

.
/////////////////////////////////////////////////////

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »