« ホーム、スウィートホーム | トップページ | 権力に脅され、だって »

2016年2月24日 (水)

育てた読者に縛られて

80歳を過ぎた叔母と日帰りバス旅行に参加した。
夫の亡叔父の妻で、血のつながりはないが、同じ「○○家」の嫁として話は弾む。

叔母は本や新聞を読むのが好き、と言う。
前に朝日新聞を購読していると聞いていたので、ちょっとしたきっかけをとらえて「叔母様のお宅はまだ朝日新聞なんですか」と聞いてみた。
「そうよ、私はもう70年も朝日なの」と返ってきたので、「朝日ってずいぶん偏向してますよね」と私。

「そう?」と反応が鈍い。
慰安婦問題の後始末をしようともしないし、と言ってみたが、どうもそんなこと考えたこともないような様子で返答がはっきりしない。
家庭欄のコラムとか企画記事の類だけを読んでいるのかもしれない。

これ以上掘り下げるのは無理か、と判断した。
叔母が楽しみにしていたバス旅行で、朝日新聞の偏向ぶりを説明するのも憚られる。そんな雰囲気にはならなかった。

夫の実家も長年朝日新聞をとっている。
あの家で時事問題が話題になることはない。
姑と同居する義妹夫婦も、そういうことには無関心だ。
おそらく朝日の一連の騒動や偏向報道には興味がなく惰性で取り続けているのだろう。

私が以前所属していた女性団体も60代70代が中心だったが朝日を取っている家庭が多かった。

こういう高齢家庭はかなりの割合で存在すると思われる。
「朝日新聞は日本のクオリティペーパー」という思い込みが強く、発想の転換や新情報への感度に乏しく、ネットを利用しない「情報弱者」と言ってもいいだろう。

こういった人々に、朝日新聞やテレビのワイドショー以外の情報を知ってもらうのは容易なことではない。
政治問題は、実生活で話題にしにくいからだ。

「私、時事問題についてブログで発信してるんですよ」と機会があれば言ってみるが、興味を示す人はほとんどいない。

私は朝日新聞が潰れればいいとは思っていない。
日本の新聞という自覚を持ってほしいし、何より、慰安婦強制連行という虚偽を広めて国益を著しく損ない続けてきた事実をきちんと認め反省し、事態の収拾に最大の努力をしてほしい、それだけなのだ。

もしそうすることができるのならば、離れていった読者はきっと帰ってくると思う。


「崩壊_朝日新聞」を書いた元朝日記者長谷川熙氏と元同僚との対談を月刊誌「WiLL」で読んだが、マルクス主義に染まった朝日が報道の方針を修正できなかった理由が垣間見える。
「変だ」と思いながら、どうしても変えられない。
社長を始めとする幹部が頑迷なのかといえば、そうとも言えるし、それだけでもない。自分たちが煽り育てた読者の思想が固定化してしまい、今さら読者を裏切ることなどできないという自縄自縛の状態に陥っているのだろうと思う。
きっと「朝日負けるな。頑張れ」と励ましている熱心な読者も少なくないことだろう。

朝日新聞がファンの支えによって利益を上げ、社員に高額の報酬を支給し続けたことも、誰も「まともになろう」という動きを起こさなかった理由の一つだろう。

朝日では、「左翼ポーズが理想的な記者像への近道で、朝日の王道であり、出世の近道でもあった。」そうで、「大阪本社には左翼ポーズで能力以上に出世して行った者たちがいた」ということだ。

ジャーナリズムが左翼的なのは一向にかまわないと私は思う。
政権に同調するだけではジャーナリズムの役割を果たしているとは言えない。

けれども、朝日が共産主義独裁国家(旧ソ連や中国)の信奉者として、また日本を敵視する周辺国の代弁者としての報道を通して国益を毀損し続けてきたことは異常だとしか言いようがない。

長谷川熙氏のように80歳過ぎてようやく朝日に関わらなくなった後であのように朝日批判をするのは、なんだか狡いような気もするのだが、今はそういうことより、80歳過ぎて古巣を痛烈に批判できるその勇気のほうを讃えたいと思う。

中堅や若手の記者たちも「このままではいけない」と上に進言する勇気を持ってほしい。
日本のことより自分の給料の多寡や出世のほうが大事、というのならばいっそジャーナリストは辞めて他の職業を探したほうがいいと思う。

まあ、儲けさえすれば周りにどんな迷惑をかけようが知ったことではないという態度は他のいかなる職業にも許されることではないが。

.
 
いつも応援ありがとうございます 人気ブログランキングへ

.
//////////////////////////////////////////////////////////

.

|

« ホーム、スウィートホーム | トップページ | 権力に脅され、だって »

コメント

 記事、いつも一行ごとに深く同意し頷きながら読ませていただいています。
ネットの普及でただでさえ新聞の購読者が少なくこれではいけないとでも考えたのか
いつ頃からか、朝日テレビが天皇ご一家の特集番組を報道していますけど一体どうなっているのでしょうね。
皇室のお一人が亡くなられたとき紙面で「OOさん」と。
それを思い出すと素直になれない自分がいます。

日帰り旅・・叔母様との会話のくだりをニンマリと想像いたしました。


 

投稿: ka・ko | 2016年2月25日 (木) 09時04分

★ ka・ko さん

コメントありがとうございます。
朝日系は元々皇室には冷淡でしたよね。
日本共産党の思想と連動してたんでしょうね。
日本社会はずっと朝日のようなスタンスが知的で正しい方向というような雰囲気があって、この頃ようやくまともになってきたと思うと今度は「右傾化」などと的外れの批判の言葉が飛び交うようになりました。
ネットで理路整然と語る人たちまでが「ネトウヨ」などと謂れなき中傷をされてしまいます。
ネットでは支離滅裂なサヨクは一掃されつつありますが、問題はテレビや新聞ですね。
朝日新聞は、なんとなくズルズルと修正していくのでしょうか。
きっぱりと「今までの弊社の方針は間違っていました」と宣言しないまでも、慰安婦問題で国を窮地に陥れたことはきちんと謝ってほしいし、率先して世界の誤解を解く努力はしてほしいものです。

>日帰り旅・・叔母様との会話のくだりをニンマリと想像いたしました。<

朝日の間違いを理解してもらうことは失敗しましたが、その他の話題ではとても気が合うんですhappy01

投稿: robita | 2016年2月25日 (木) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/64126895

この記事へのトラックバック一覧です: 育てた読者に縛られて:

« ホーム、スウィートホーム | トップページ | 権力に脅され、だって »