« 近現代史 | トップページ | Mr.Goodman »

2016年5月24日 (火)

人生90年

所属しているシニアクラブでは、役員のなり手がいなくて、2年前まで4年間やっていた私に再び役が回ってきました。
会員は70人近くいるのですが、お願いしても皆さん年齢を理由に固辞されます。「私なんかもう年寄りで何もお役に立てませんから、若い方にぜひお願いします」てなことを仰るわけです。
若い方というのは60代後半ぐらいの人を指すわけですが、その年令の人は少なく、二回目を務める人も増えて来ましたし、若めの人が入会してくるとすぐに役員をやらされ、次の年には、新人であるにもかかわらず会長に選ばれたりします。

しかしこれは「老人クラブ」なのですから、老人自身が役員となって運営するべきものであるはずなのです。
たしかに、健康上困難な人とかあまりヨボヨボの人にはできませんが、この歳になれば60代だろうが80代だろうが、みな同じ高齢者です。あちこち痛いんです。

老人は老人なりの運営をすればいいだけのことであって、老人にはできないから比較的若い老人にお任せします、というのは、如何なものかと思います。

しかし、そういうことに気づいてくれたのか、説得に応じて今年は70代後半の女性二人と男性一人が加わってくれました。

役員会を開いてみると、思った通り、私なんかよりよほどしっかりとした意見を仰るし、積極的にイベントの提案をしてくれるのです。ほらご覧なさい。できるじゃありませんか。

歳だからできないという思い込みをやめて、やってみれば年齢など関係ないもんだと思いました。

.
地区内には10以上の老人会があり、横のつながりの会合などに行ってみると、役員をしている方々は当然皆さん70代80代のお年寄りです。

先日、その寄り合いに出席したのですが、皆さん異口同音に仰るのは、「地域の連携が大切な時代なのに、老人クラブには興味を示してくれないんです」、「どう見ても老人なのに『いやあ、私はまだまだ』なんて言うんですよ。自分を老人だと思ってないんですね」、「まだ夫婦揃っているうちはいいけど、一人になったら引きこもってしまいますよね」

近隣の人々同士の交流のために、皆さん熱心に声掛けを続けているようですが、成果が出ないようです。

嫌がる人を無理に引き込まなくてもいいのではないかと思っている冷淡な私は、皆さんなんて優しいのだろうと思いながら聞いていました。

「そちらのクラブではどんな具合ですか」と聞かれたので、正直に思っていることを言いました。

「地域社会のわずらわしさから解放されたい人が増えていった結果、こうなってるわけで、そういう人が年を取って地域で孤立しても仕方がないのではないか」というようなことを言ったところ、70歳前後と思しき女性が、「そのくせ困るようになってから『政府が悪い』とか言うんですよね」と合いの手を入れてくれました。

それでも、皆さんあくまでも優しく「まあ少しずつ努力していきましょう」という結論で閉会しました。

.
興味を示さない人を熱心に仲間に入れようとするのは、孤立老人が増えると何か社会全体の損失につながるからなのか、それとも純粋に人助けの気持ちからなのでしょうか。


あとで寂しい思いをしてもそれは自分が選んだことなのですけどね。

.
お年寄りを大事に、とかいうけれど、甘やかしは為にならないのではないかと思うこの頃です。


.
   
いつも応援ありがとうございます → 
                             人気ブログランキングへ

.
関連記事:  「下から上へ」

            「無縁社会?」

.
/////////////////////////////////////////////

.

|

« 近現代史 | トップページ | Mr.Goodman »

コメント

シニアクラブがあるというところが流石都会ですね。

僕も今年町会長やってますけど、文句をつけてくるのは大体老人でそういう人に限って絶対自分ではやらないんですよねえ。

僕の家はそんなに他所や近所と付き合ってないんですけど、それでもまだ古くからある家だから甘くみてもらってますが、これがここ20年(!)ぐらいで新しく越して来た組(班)の人が町会長やろうものなら定例総会で老人がここぞとばかりに粗を見つけては騒ぎまくって大荒れですから、もうどうしようもないなという感じです。

そんな自治会もあともって10年ぐらいでしょうか。2025年問題をきっかけに自治会も大きく変わってくれると嬉しいんですが。

投稿: コウイチ | 2016年5月26日 (木) 15時23分

★コウイチさん

>シニアクラブがあるというところが流石都会ですね<

「老人会」では老人臭いということで、シニアクラブなんて称してるんですよ。老人なのにね。老人会なら全国どこにでもありますよね。
昨今の老人はどうしても老人になりたくないみたいで。

コウイチさんは若いのに町会長を引き受けるとは立派です。でも大変そうですね。

>文句をつけてくるのは大体老人でそういう人に限って絶対自分ではやらないんですよねえ<

じゃあ次はあなたが会長になって思うようにやってください、って言っちゃえば

うちのクラブでは穏やかな人が多いので、感謝はされますが、文句は出ないですね。文句を言うと役員やらされるかもしれないと思ってるのかもしれませんけど(笑)

>2025年問題をきっかけに自治会も大きく変わってくれると嬉しいんですが。<

その頃には社会が大きく変容して自治会にケチくさい文句など言ってる場合じゃない時代になってるかもしれませんね。

コウイチさん、頑張ってください。
私もなるべく頭の悪い年寄りにならないよう頑張ります。

投稿: robita | 2016年5月27日 (金) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生90年:

« 近現代史 | トップページ | Mr.Goodman »