« 改憲しても平和憲法であることに変わりはないのに | トップページ | ロマンスグレーに気をつけろ »

2016年5月 7日 (土)

秩序崩壊のあとに来るもの

アメリカ大統領選で、共和党指名候補がドナルド・トランプ氏になることが確実になり、更に、民主党候補のヒラリー・クリントン氏が不人気であることから、トランプ氏が次期アメリカ大統領になる可能性が高くなってきました。

「日本はもっと金を出せ。さもないと米軍は日本から撤退する」などとトランプ氏が脅しているので日本政府は大慌て、などと言われます。

しかし、トランプ氏が出現するずっと前から専門家はこういう事態は想定していたようなので、日本政府も慌てているというより、やっぱり来たかと気を引き締めているんじゃないかと私は思います。

 

3年ほど前にジャーナリスト青山繁晴氏や外交評論家の故岡崎久彦氏の発言を記事に書いたことを思い出しました。→  「世界はひとつ その2」

 

とても長い文章ですが、真ん中あたりから書いてあるのは次のようなことです。

 

【 青山氏は「将来どんな人物がアメリカ大統領になるかわからない。中国系や韓国系かもしれない。だから、いつまでも日米同盟に寄りかかって安心するのでなく独立しないといけない」と言い、岡崎氏はその4・5年も前に「世界情勢は変わる。だが日米同盟はあと10年は必要だ(言い換えれば「10年ほどたてば世界情勢が変わって日米同盟破棄に至るかもしれない」ということ)」と言っていました。

私は、日本を敵視するようなアメリカ大統領が誕生すれば、そのこと自体が世界の大変革をもたらすかもしれない、と思います。】

 

今、日米同盟が危うくなるような大統領が誕生しようとしているわけですが、さて世界はどのようになるのでしょうか。

 

日本にある米軍基地に、アメリカは「本社機能」を置いています。
同盟国の中でも最もアメリカが重視し信頼しているのが日本であり、その基地機能は本国と同水準で、アメリカの世界展開において重要な戦略拠点になっているというのです。
アメリカが日本から撤退するということはつまりアメリカが小さくなり世界への影響力が著しく低下するということなのです。嘘だと思ったら軍事アナリスト小川和久氏の
「日本人が知らない集団的自衛権」を読んでみてください。
トランプ氏の発言に慌てているのはアメリカ政府のほうでしょう。
.

「トランプ氏は無知だから、アメリカの世界戦略にとってどれほど日米同盟が重要かを知らないのだ。実際に国防省から説明を受ければ理解するだろう」などと思っても、トランプ氏を支持するのはアメリカ国民です。

アメリカ国民が、「アメリカはもう世界に影響力を持たなくていい。影響力がなくなることで国益が損なわれても構わない。もう大国でなく、国内でちんまりと暮らせればそれでいい」と考えるならば、アメリカはそうなるでしょう。

アメリカがリーダーの座から滑り落ちることで、世界はどんな状態になるでしょうか。面白・・・、あ、面白がってはいけませんね。

 

でも怖いもの見たさで大統領本選がちょっと楽しみ。

 


.
   
いつも応援ありがとうございます → 
                              人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 改憲しても平和憲法であることに変わりはないのに | トップページ | ロマンスグレーに気をつけろ »

コメント

>>ヒラリー・クリントン氏が不人気

これは事実ですが、ゲテモノのトランプ氏の方がさらに嫌われています。ただ、困ったことにアメリカ社会の屑が彼を熱狂的に支持しています。

>>でも怖いもの見たさで大統領本選がちょっと楽しみ。

ちょっと不謹慎ですね。ただ、例の彼はそんな世界を望んでいるようです。

投稿: Σ・亜歴 | 2016年5月 7日 (土) 21時05分

★Σ・亜歴さん

>ちょっと不謹慎ですね。ただ、例の彼はそんな世界を望んでいるようです。<

だいたい革命志向の人(左翼)というのは、世界が大混乱に陥ることで新たな構築が可能になることを望むのではないでしょうかね。
自分で武器を持って蜂起することができない今の時代にはそれしかないんですよ。
米軍は日本から撤退することを望んではいないでしょうが、もしトランプが大統領になってそのような方針を打ち出しても、やれるものならやってみなさい、と日本は言うことができるんじゃないですか。
日本はアメリカに対して既にカードを手にしていると言えます。
それに東シナ海に限って言えば、日本単独で守れるのではないでしょうか。軍事に無知な私が言うのも無責任とは思いますがすみません。

投稿: robita | 2016年5月 7日 (土) 23時05分

米国が日米同盟破棄だのと言いだしたら、日本は中国・北朝鮮・ロシアに太平洋を自由に航行させちゃいますよと言えば良いだけですよ。
良くも悪くも日本列島は米国の盾ですからね。
さすがに無知な米国民も、防ぎようのない距離に核ミサイルの発射台となる原潜がうようよいる状況の恐怖には耐えられないでしょうから。

投稿: 仮)山田二郎 | 2016年5月 8日 (日) 00時30分

★仮)山田二郎さん

>良くも悪くも日本列島は米国の盾ですからね<

そう、撤退して損するのはアメリカのほうでしょうね。

独立国としての姿勢がちゃんとしていれば、日本は何もおどおどすることもないし慌てる必要もないと思うんですよ。
万が一日米同盟解消ということになっても日本は核武装の必要あるんでしょうかね。
誰も使えない、ということがわかっているものを持つことに意味があるとは思えません。
それを使ってしまえば自国自身が国際社会の一員として非常に大きなダメージを受けてしまうのはわかっているはずですよね?
ただ、日本として使用済み核燃料の再処理技術(プルトニウム抽出)を錬成しておくことは有用じゃないかと思います。
素人はこんなことしか考えられないのですが

投稿: robita | 2016年5月 8日 (日) 10時08分

仮に日米同盟破棄&日本が核武装するとするなら、核弾頭の照準は中国・ロシアや北朝鮮ではなく、米国やヨーロッパ諸国とする方が色々と効果的です。

投稿: 仮)山田二郎 | 2016年5月 8日 (日) 14時02分

★仮)山田二郎さん

>米国やヨーロッパ諸国とする方が色々と効果的です<

そうなんですか。
よくわかりませんけど、世界の揉め事の根源は実はそっちということですか。

投稿: robita | 2016年5月 8日 (日) 22時32分

日本が滅ぶ時は、お前らも道連れにしてやるぞって事ですよ。

投稿: 仮)山田二郎 | 2016年5月 9日 (月) 01時51分

★仮)山田二郎さん

いやー、北朝鮮みたいに振る舞うということですか
国際社会の不安材料になってしまいますね。

ただ私は「日本が本気で世界平和を訴えるなら、口先だけで平和という言葉を唱えるのでなく国連を乗っ取るぐらいの意気込みがなければだめだ」と思っているのですが、あの胡散臭い国連を日本主導で作り直すことができるなら、核兵器で脅すのも有効かもしれませんね
まあそれは冗談ですけど、現在大国と言われている国々が自然と衰退に向かい、日本が一人勝ちすることができれば日本の発言力は大きくなるんじゃないでしょうか。
そのためにも、子供を産やし、しっかりした教育を施し優秀な人材を育てることが大事だと思います(なんか全体主義国家っぽいですけど

投稿: robita | 2016年5月 9日 (月) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秩序崩壊のあとに来るもの:

« 改憲しても平和憲法であることに変わりはないのに | トップページ | ロマンスグレーに気をつけろ »