« 初めての選挙 | トップページ | 蔑む相手が違う »

2016年6月20日 (月)

来し方の全否定は至難の業だけど

共産党が「国民連合政府」などと言い出して、国政に関わろうと画策する動きを見せつつあるせいか、このところ、言論誌などでは共産党批判の論考が目立つようになりました。

私は以前この記事で、あるジャーナリストの「共産党もそろそろここいらで普通の政党になりたいんだよね」という言葉を紹介しました。

日本共産党の出発点や、彼らのやってきたこと、そして今も堅持する党綱領などを考え合わせると、やはり「普通の政党」ではなく、日本の国体を根本から変えようとする異形の集団として警戒することは必要かと思います。
.
「安倍政権の暴走が心配」だけれど、「民進党は頼りない」ので、「いっそ共産党を支持しようかと思っている」などという純朴な声を聞くことがあります。

私も党首の志位さんの人の好さそうな笑顔や、時おり耳にするまともな発言に、「良い人なんだなあ」と感じることもあります。たしかに良い人なのかもしれない。
でも「良い人」が「厚い信仰」によって道を誤る、ということもあると思います。

共産主義国家の恐ろしさについてはもう誰もが知っていると思うのですが、日本共産党には心を許してしまうところがありますよね。同じ日本人なんだから、という感覚だと思います。
.
そういったこととは別に、私は、共産党が一度政権に加われば、この政党が大きく変わるんじゃないかとも思うこともあります。

社会党が村山内閣で政権に入った後、社会党は消滅し、議員たちの多くは民主党に合流しました。
しかし、旧社会党政治家たちは基本的な思想は変わっておらず、今の民進党は保守政治家が少なくないにも関わらず、旧社会党のような主張をしています。
    
社会党の流れを汲む議員たちに乗っ取られてしまったかのような様相です。

一方で、共産党から抜けた人は、まるで目が覚めたかのように180度考え方を転向させるような印象があります。
私はあまり例を知らないのですが、筆坂秀世氏や兵本達吉氏などの書いたものを読むと、まるで右派評論家です。

除名された恨みで古巣を批判するといったものではなく、共産主義や日本共産党に関する第三者としての分析には説得力があります。

カルト宗教から目覚めたかのようだ、と言っては失礼でしょうか。

社会党は解体してもサヨク根性から抜け出せず思考回路は昔のまんまだけれど、共産党はもしも解体することがあるとすればその時にはすでに脱皮に成功しているということかもしれませんね。

さて始末が悪いのはどっちでしょう。

.
   
いつも応援ありがとうございます → 
                              人気ブログランキングへ

.
///////////////////////////////////////////////////

.

|

« 初めての選挙 | トップページ | 蔑む相手が違う »

コメント

でも、日本共産党から除名された人士にはあの「有田芳生」もいるからなぁ…

投稿: かせっち | 2016年6月20日 (月) 18時32分

★かせっちさん

お久しぶりです。
あー、有田さんはそうだったんですね。
やっぱり一度共産主義に染まると一筋縄ではいかないんでしょうか。始末が悪いですね。
目が覚めるかどうかは結局人によるということですかねcoldsweats01

投稿: robita | 2016年6月20日 (月) 22時46分

>>「良い人」が「厚い信仰」によって道を誤る、ということもあると思います。

良い人感動によって間違いまくる、ということはよくあります。そんな時には思い切り爆笑してしまいます。時にやり過ぎたかなと思いながら。

投稿: Σ・亜歴 | 2016年6月21日 (火) 23時24分

★Σ・亜歴さん

感動は人間の行動の原動力ですからね。社会主義者も共産主義者も何らかの感動を以てそういった主義に身を委ねるのでしょう。
「**主義」に囚われることなく、柔軟な考え方で共存するのが理想ですけど、なかなかそううまくはいきません。思い込みというのは厄介なものですね。

投稿: robita | 2016年6月22日 (水) 08時49分

爆笑も一種の感動表現です。

<<「**主義」に囚われることない柔軟な考え方>>も良いのですが、「**主義」への気合と覚悟を欠くのも時にはご愛嬌です。そう、資本主義を批判しながら叩くのは金融業と軍事産業だけ、自分が勤めている業界には一切の批判をなさらない方もおられます。

通常なら「二枚舌」とそれに本気で反論するところですが、この場合はその方の人徳もあって、「仕様がないなぁ~」と笑って受け入れてしまいます。

それも普通の市民としてのバランス感覚なのでしょう。気合と覚悟は立派ですが、現実生活も大事です。

投稿: Σ・亜歴 | 2016年6月25日 (土) 14時52分

★Σ・亜歴さん

そうですね。主義より現実ですね。

投稿: robita | 2016年6月25日 (土) 23時36分

>>志位さんの人の好さそうな笑顔

大虐殺や大弾圧を指導した共産党の指導者達(ポルポト・スターリン・毛沢東etc)、皆さん人の好さそうな笑顔してますよ。

投稿: 仮)山田二郎 | 2016年6月26日 (日) 16時15分

★仮)山田二郎さん

そうですね。笑顔に騙されてはいけませんね。
共産党ではないけれど、知的で優しげな笑顔で人の好い国民を魅了する要注意人物は少なくないですね。 

投稿: robita | 2016年6月27日 (月) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/66118483

この記事へのトラックバック一覧です: 来し方の全否定は至難の業だけど:

« 初めての選挙 | トップページ | 蔑む相手が違う »