« 優しさと怒り、やっぱり優しさ | トップページ | 百合の大輪 »

2016年7月30日 (土)

駆逐

鳥越俊太郎候補の珍妙ぶりがわかりやすくまとめられています。→  http://blogos.com/article/185167/

鳥越氏はマスコミ界の大物としての地位を確立した人だと思うのですが、実はジャーナリストとして全然中身のない人だったのではないか、という話です。

ちょっと前、経済問題などをそれらしく解説、報道番組などで重用されていたショーン・川上という自称経営コンサルタントの男性が、実は専門家ではなかったということがわかって大騒ぎになり、メディアから姿を消した、ということがありました。

テレビ局は何も調べずに採用したのだろうか、なんでだまされるかなあ、なんて思ったのですが、それでも、発覚するまでにそんなに長い月日はたっていなかったのではないでしょうか。

鳥越氏はもう76歳です。
経歴詐称があるらしいことはさておいても、マスコミ界で目立つようになって以来、誰も彼の本質を見抜けなかったのでしょうか。

彼はジャーナリストであった50年もの間、いったい何を勉強し、取材し、報道してきたのでしょうか。

どうしてそんなに長い月日を世間に悟られずにジャーナリストとして生きながらえることができたのでしょうか。

結局この人は、反権力、反自民党、戦争反対、護憲、そんなことしか言ってこなかっただけの人ではないか。

長年こういう人がジャーナリストとして通用してきたことに改めて驚きますが、これは戦後日本が抱える病理と無関係ではないように思います。

あるいは、以前はもう少しまともだったのかもしれませんが、年を取るにつれ「反権力」や「護憲」に特化していったものか。

つまり、「何はなくとも反権力」というみもふたもない左翼に先鋭化していったということでしょうか。

それならなおのことそんな人が都知事になるべきではないと思います。

.
ところで、きのう外出した主人が持ち帰った「日刊ゲンダイ」を何とはなしにめくっていたら、こんな記事が →
「小池新党」連携シナリオ「大阪維新」

≪都知事選は小池百合子がぶっちぎりで当選しかねない勢いだ。
こんなシナリオが囁かれている。
小池は都知事就任後、ドン内田茂と激突し、都議会自民党は「小池派」と「内田派」に分裂する。
来年夏には都議選が行われる。
その時、“小池派”は地域新党「小池新党」を立ち上げ、各選挙区に候補者を擁立する可能性が高い。
橋下徹が小池擁護をしていることから、小池新党は大阪維新と連携するのではないか。
“自民党”と“小池新党”が2大勢力になる可能性がある。
今の野党が一掃されるので、安倍官邸にとっても歓迎すべきことなのではないか。≫


要約するとこんな感じなのですが、いいじゃないですか。

自民党にいる守旧派がどういう立ち位置になるのかわかりませんが、自民党も分裂すれば政界再編が起こり、望ましい形の2大政党ができあがるんじゃないでしょうか。

自民党に対抗すべき野党は、あの「野党連合」とか言って気勢をあげてる連中じゃありませんよ。

小池さんは当選しなかったとしても、いずれ何らかのアクションを起こすのではないかしら。

.
あの「日刊ゲンダイ」にしては良いこと書くなあ、と思ったら、文章の最後に:

≪東京は「小池新党」、大阪は「橋下新党」、国会は「安倍自民党」____日本の政治は恐ろしいことになりかねない≫
 だってさ。

何が恐ろしいもんかね。


.
   いつも応援ありがとうございます →  
                                人気ブログランキングへ


.
///////////////////////////////////////////


.

|

« 優しさと怒り、やっぱり優しさ | トップページ | 百合の大輪 »

コメント

良い意味で順当な結果になってしまい悲しいです。

生きているうちに、世界初のピンク都政が見られるかと期待してましたのにwww

投稿: 仮)山田二郎 | 2016年8月 1日 (月) 00時42分

★仮)山田二郎さん

>生きているうちに、世界初のピンク都政が見られるかと期待してましたのにwww<

まったくです(笑)、と言いますか、民主党が政権に就いた時のように醜態を晒してくれれば、中身のない「ジャーナリスト」の本性が周知されて良かったかもしれません。
惨敗とは言え、鳥越氏は130万票も取ってますから、東京都にはそれだけの「?」な有権者がいるということですね。
小池さんもこれからいよいよ本当の苦難が始まると思いますが、頑張っていただきたいと思います。

投稿: robita | 2016年8月 1日 (月) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/66752439

この記事へのトラックバック一覧です: 駆逐:

« 優しさと怒り、やっぱり優しさ | トップページ | 百合の大輪 »