« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月28日 (水)

和を以て貴しとなす国なんだから

違うでしょう、小林よしのり氏。→ http://blogos.com/article/191971/

所信表明演説で、自民議員が立って拍手したのは、海保、警察、自衛隊という、国民の安全を守ってくれている方々に対する敬意を表したものなので、安倍首相の演説に対するstanding ovation とは違うと思うんですよ。

ほら、これに呼応したのではないですか。↓

≪現場では、夜を徹して、そして、今この瞬間も、海上保安庁、警察、自衛隊の諸君が、任務に当たっています。
極度の緊張感に耐えながら、強い責任感と誇りを持って、任務を全うする、その彼らに対し、今この場所から、心からの敬意を表そうではありませんか。≫

警察や自衛隊に対する感謝の意であって、安倍氏に対する忠誠心を表すものでもなんでもないので、ヒトラーになぞらえるのも的外れですよね。
「ハイル・シンゾー」などとシールズ並みのからかいの言葉は愚かしい。

.
また、女系天皇や、天皇譲位についても、小林氏はこんなことを:

>だが、政権を取った安倍晋三は、真っ先に女性宮家創設の法案を潰し、権力の亡者となって、なんと天皇陛下を邪魔者あつかいにして、宮内庁に手下を送り込み、陛下を管理しようとまでしている。<


物事を単純化し、こういった激しい言葉で、安倍氏を独裁者だと罵る。扇動が目的なのか、何か他に重要な意図があってのことか。

しかし、ちょっと考えればわかることなのですが、天皇制と近代国家はそもそも矛盾するものです。

その矛盾の存在をどう考えるかについては、小林氏のような「これが正しい!」といった主張を押し通すだけで到底収拾のつくものではありません。

みーんな、悩むんです。

最も合理的な収拾の仕方は、天皇制を廃止することではないでしょうか。

なのに国民がそれをしたくないので、悩むんです。

天皇陛下は具体的な理由を挙げて生前退位 譲位を示唆されました。
ほとんどの国民がそれを支持しました。

私も天皇陛下の御本心を知ることができて本当に良かったと思っています。

一方で、それはやはり、法律改正を要求するという天皇の政治介入にほかならず、これが認められると、厳格に守られてきた皇室の位置づけにほころびが生じるのは避けられません。

皇室典範を変えると、これから先の天皇も、「もう疲れた。次に譲りたい」という意思を表明すれば退位が自由にできることになりましょう。

しかし、安倍内閣が考えているように、今上天皇だけに適用される「特措法」を作るとなると、それは陛下のお考えとは違うでしょう。陛下は「自分だけ生前退位をしたい」と仰っているのではなく、天皇終身制そのものに疑問を呈しておられるのですから。

皇室の方々は人間です。私たち国民の思い通りに動く人形ではない。しかし、まさに当事者である皇室の方々が、天皇制に対してものを言うことも許されない・・・、この矛盾があるからこそ、みーんな悩むのです。

.
敗戦後も、日本人は皇室を排除しようなどとは微塵も思いませんでした。
国民の天皇に対する敬愛の念はGHQの方針をも変えさせました。

私は天皇と国民の想いの相乗作用で日本国が醸成されていくものと思っています。

だから、いつまでもこの形が続くことが理想と思っています。

しかし、女系を認める、男系に固執する、終身制をやめる、崩御の日まで在位していただく・・・、そのように、いろいろな識者が「これだ」と独善的に主張して決着がつくものとは思いません。

世界でただ一つのこの日本の国の形を、私は大変に美しいと感じますが、同時に人間社会が進化するにつれて大きな軋みも生じ始めているのも事実でしょう。
非常に難しい問題なのです。

小林氏のように、違う考えの人を罵って対立を深めるだけでは何の解決にもなりません。

穏やかに話し合ってもすぐに解決法が見つかるわけでもないとは思いますが、まずは、日本の歴史の中で天皇というものがどういう存在であったかを国民自身が知らなければ、議論が必要と言ったって、論理の立てようもありません。

まずは、だいたいで良いからポイントをつかむこと。これが大事だと思うのです。

.
民進党の馬淵澄夫氏は良く勉強したらしく、このように書いています。→ http://blogos.com/article/191671/

あまりよく理解できないのですが、要するに、「譲位を滞りなく行えるよう儀式の意味づけをした努力の跡が持統天皇の在位時代に見られる」ということだと思います。
これには、「血の継承より魂の継承が重要である」という意義が含まれるようです。


下の文章が、わかりやすく要約されている部分だと思います。

≪皇統の中断なき継受を実現するため、(1)仏教との連携により天皇の死を外部化し、(2)譲位を恒常化するという、二重の防護壁を設けることで、先帝の死とは関係ない時空間で穢れなき大嘗祭が行うことができるようになった。もはや、殯の長期化に対する否定的な感覚は、この天武から聖武の時代に変更のきかない方針として定着しつつあった。

ところが、慶応4年・明治元年(1968年)、明治政府は一連の神仏分離令を発し神仏習合を禁止し、明治天皇を現人神とする国家神道を国教化する方針に踏み切る。同時に天皇が崩御された際の皇霊祭儀に関しても、1200年間続いていた仏式葬を止め、神式の「殯(もがり)」が復活した。つまり、持統天皇以来、皇位が安定的に継承されていく為の仕組みが一気に壊され、復古という名のもとに不安定だった天武以前の時代に逆戻りさせられたのである。≫

.
馬淵氏の記事の中、取って付けたように安倍政権への批判に導く最後の2段落はまったく賛同できませんが、「天武・持統の時代に皇位継承の安定性を図るために整えられたらしい仕組みを取り戻す」、と説明された主要な箇所から考えれば、生前退位の解釈はそんなに難しいことではないように思います。

しかしながら、これも一つの考え方であって、異論も出るでしょう。

だから、時間が必要だと思うのです。

テレビのワイドショーで、天皇の歴史や儀式についてわかりやすく説明してくれないでしょうかねえ。何もわからないのに国民的議論なんてできませんから。

国民の理解には時間がかかります。だから、今上陛下の御身をお守りするためには、とりあえず特例法で乗り切るのが妥当ではないでしょうか。

それぞれが持論を掲げて譲らず、角突き合わせるだけでは徒に時間が過ぎるばかりです。

問題の先送りも、事柄によっては功を奏することがあると思うのですがどうでしょうか。

.
 
いつも応援ありがとうございます → 
                               人気ブログランキングへ

.
関連記事: 「大人同士の話し合い」
.
////////////////////////////////////


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月26日 (月)

夏の終わりに

昨日、久しぶりに晴れて、物干し場にしているサンルームに洗濯物を干そうとしたら、ぶぅ~んぶぅ~んと虫の羽音が聞こえます。
見回すとどこから入り込んだのか大きなスズメバチが一匹、外に出ようとガラスにぶつかりながら飛んでいるではありませんか。

あわてて、部屋に戻り、サッシを閉めました。

さてどうするか。普通の殺虫剤ではすぐに死にそうもなく、ヘタに噴射して手負いの巨大スズメバチが怒り狂ってこちらに向かってきたらと思うと恐ろしくてそれはできません。

自然死するまでサンルームを締め切って待つしかないのか。

考えあぐねていたら、なんと虫嫌いの主人がサンルームに入り、スリッパでヤツを床にはたき落とし、ばしんばしんと叩き殺してくれたのです。

定年以来、すっかりオバサン化していた主人の勇気ある行動に、やっぱり男の人がいてくれると心強いと実感し、「わーい、すごいすごい」と拍手喝采したものです。

それで思い出したのが、ちょっと前に読んだこんな記事です。→ http://blogos.com/article/190459/

男性だってセクハラは嫌なんだ、という趣旨ですが、それ以前にこれは人権問題であろうと私は思います。

男性にも女性にも、クモを病的に怖がる人がいるのです。

私もその一人で、「アラクノフォビア」という病気と考えられます。→ 「蜘蛛」 

ゴキブリだって毛虫だって、どんと来いなのですが、クモに対してだけ尋常でない恐怖を感じるのです。

高所恐怖症の人にバンジージャンプを強要することが許されないのと同様、クモ恐怖症の人にクモと対峙せよと命令するなど、人権を無視した行為ではないでしょうか。

高いところに立つと恐怖を感じるのは人間として当然ですが、本当の高所恐怖症というのはそういったものとは違ってかなり深刻なんだそうですね。

コメント欄には、「クモごときで情けない」とか「クモは益虫だから殺さないで」といった意見が寄せられていますが、そういった問題でなないのですよ。

私はスズメバチを見ることはできるけれど、クモは見ることさえ恐怖です。おそらく男性だってそういう人はいるはずです。

セクハラもパワハラも、女性は自分がされた時だけ騒ぐのでなく、自分が男性に対してそれをやっていないか我が身を省みる必要がありますね。

ちなみに、今日、主人が二階のベランダの庇にスズメバチの巣を発見しました。夥しい数の蜂が群がっていました。

使ってない部屋のベランダだし、寒くなったらいなくなるだろうから、といって放置すると来年はもっと巣が増えるのでしょうかね。近所迷惑になるから駆除したほうがいいのかな。

これがアシダカグモの大群だったら、私はもうこの家には住めません。

.
   
いつも応援ありがとうございます → 
                              人気ブログランキングへ


.
//////////////////////////////////////////////


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月22日 (木)

「真相はかうだ」

橋下徹氏が「豊洲問題はカラ騒ぎになる可能性あり」と書いている。→  http://blogos.com/article/191251/

テレビでは、「盛り土がー」「たまった汚染水がー」「地下への秘密の入り口がー」と、専門家やらコメンテーターやらを動員して、毎日同じようなことを繰り返しているように見える。

面倒くさいから、じっと見ているわけではないが、ところどころ見る限り、まあそんな印象だ。

弁護士の橋下氏は面倒くさい文章を読むのはお手の物だから、あれこれ資料を読み込んでわかりやすく説明してくれる。

私はそのわかりやすい橋下氏の文章を読むのも面倒くさいので、最初のほうだけ読んで、「こんなに騒ぐ必要のある問題なのか」という印象を持つ。

「豊洲の地下空間には、優れた地下水管理システムが完備されている」
という都議のおときた駿氏のブログ記事などを読んでも同様に思う。→ http://blogos.com/article/191362/

.
一方で、「不備な点があればきちんとクリアしてから移転するべき」という意見もまた正しい。

ただ、「騒ぎすぎではないか」と論じている人は橋下氏やおときた氏以外にも少なからずいるのに、テレビでは「問題だ問題だ」と騒ぐ一方だ。

テレビやネットで部外者や素人がああだこうだ好き勝手に言ったり書いたりするのを東京都は放置するしかないのか。

様々な問題が複雑に絡み合っているのだろうから、ずばり「真相はこうです」と簡単に説明できるものでもないとは思うが、なるべく早く決着し、なるべく早く移転して落ち着いてほしい。
.
話は変わるが、さっき、毎週見ているTBSテレビ「プレバト」の俳句教室に鳥越俊太郎氏が出ていた。

恥ずかしげもなくよく出るなあ。

聞くところによると、しばらく前から既にラジオやテレビに出ているとのこと。

どうしても自分を露出したい執念があるようだ。

テレビもどうして起用するかねえ。

不安を煽ったりするのと同じく、「嫌なもの見たさ」の視聴者のニーズに応えているのだろうけど。

.
    
いつも応援ありがとうございます → 
                                 人気ブログランキングへ


.
/////////////////////////////////////////


.

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2016年9月15日 (木)

「政治家」は蓮舫さんの自己実現の一つ?

蓮舫氏は二重国籍の問題を抱えたまま、民進党代表選に突入しました。

先日のTBSラジオ「デイキャッチ」で、宮台真司首都大学教授がいつものお得意の
「頭の悪い連中が、吹き上がって、ギャーコラギャーコラ騒いで」などのフレーズを織り込みながら、「日本のためにどれだけ一生懸命に働くか、それさえしてくれる政治家であれば二重国籍など問題にするほうがおかしい」と、言っていました。

「日本のために一生懸命働く」というのも、政治家によって見解の相違がありますからなんとも言えないですね。

日本は自分の主張をせずにおとなしくしていたほうが、たとえ属国になろうとも、摩擦を起こすより日本のためになるという考え方をする政治家も少なくないでしょうから。
そういう政治家たちは、日本の弱体化を狙う中国や韓国に寄り添うような言動をしますが、本人たちにとっては何も変ではないのでしょう。
そういう議員を多く抱える政党が野党第一党であること自体、おおいに疑問です。

で、蓮舫さんなんですが、色々な検証記事を読む限り、この二重国籍は「うっかり」ではなく、そのことを認識していた、つまり意図的である可能性が高いようです。→ http://agora-web.jp/archives/2021418.html


前述の宮台教授は「日本のために働いてくれる政治家であれば二重国籍など問題ではない」と言いますが、そんな緩い考えでいいのでしょうか。

宮台さんはいわゆるコスモポリタニズム的平和を革命的な力で起こそうと夢想している学者さんですから、自由に持論を述べていてもかまわないと思いますが、国政政治家はそうはいきません。国益のために働くべき国会議員が、国家間の利益相反に際して迷走したり裏切ったりする恐れがあるのです。

日本人は几帳面で繊細な割に、外国が絡むと「まあいいじゃないか」「そんなことにこだわらなくても」といった大雑把な態度を取りがちです。

しかし、そういう雑な取り扱いで問題を軽視し、きっちりとけじめをつけなかったことで、後々、自分自身を苦しめ続ける経験を日本人はたくさんしてきたのではなかったでしょうか。

やはりこのことは厳正に対処しておかないと、また取り返しのつかないことになるかもしれません。

それにしても、蓮舫さんの人気の高さはいったい何なんでしょう?
イキがってカッコつけてるお嬢ちゃんにしか、私には見えないのですがね。


.
   
いつも応援ありがとうございます → 
                               人気ブログランキングへ


.
//////////////////////////////////////


.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月11日 (日)

安倍政権もなかなか慈悲深いと思いますけど

.
元自民党幹事長の加藤紘一氏が亡くなりました。

空想的平和主義者で反米で親中で社会党か共産党員のような人だったので、右派からの評判は芳しくありませんでしたが、亡くなった人は決して悪く言われないものです。
加藤氏の言動を厳しく批判していた産経新聞だって、褒め言葉を駆使して追悼しています。

国政の政治家としてどうかと思いますが、小林よしのり氏は加藤氏と気が合ったようです。→ http://yoshinori-kobayashi.com/11265/

昔の小林氏なら、自虐史観の持ち主である加藤氏を口を極めて罵っただろうと思いますが、年を重ねて、そういうことより保守本来の慈悲深い国内政治のほうに重きを置くようになり、加藤氏と思いを共有するようになったのでしょう。

思いやりのある政治、それはそれでいいんですが、国防と歴史観については、小林さんでも説得はできなかったんでしょうかねえ。

勘違いしたまま逝っちゃうなんて。

.
   
いつも応援ありがとうございます →  
                                人気ブログランキングへ

.
/////////////////////////////////////////////////


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »