« 中国32番目の省? | トップページ | 情けない私たち »

2016年10月13日 (木)

解せないこと2題:

どうにも不思議なのです。

土木技術専門家の話では、豊洲の安全性は何の問題もないように思われます。
  
  テレビ朝日「TVタックル」  https://www.youtube.com/watch?v=Q0NsjEZLM-w

藤井聡教授の説明は明快です。

今日も藤井教授がニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか」で、同様の説明をしていました。
キャスターの「なんで都庁の技術職員はすぐにそういう説明をしなかったんですかね。そうすればこんな大問題になることはなかったのに」という疑問には、「知事が命じなければ言わないのではないか」とか「技術者は炎上した世間を恐れて言う勇気がなかったのではないか」などと言っていました。

わかりませんねえ。

それでは、知事には誰も正しい説明をしていなかったのでしょうか。土木技術の専門家ならばみんな最初からわかっていたというではありませんか。

誰一人として「ちょっとちょっと小池さん、実はこういうことなんですよ。早まっちゃいけません」と耳打ちさえしなかったというのはどう考えても変だ。

わざと知らせないで、恥をかかせてやろうとか陥れてやろうとか、そんな意図でもあったんじゃないかと思ってしまいます。

.
もうひとつは、元首相、小泉家の変。 →     http://blogos.com/article/193801/forum/

小泉元首相のお姉さんの葬儀での弔辞なんですが、「私の姉を、孝太郎も進次郎も本当の母親だと思っていた」って、ちょっと変ではないかと思いました。

長男の孝太郎氏はなんとなくわかっていたそうですが、幼児なら騙すことはできても、進次郎氏は中学生の時に知ってびっくりしたなんてちょっと鈍感すぎるのではないでしょうか。

だって、見てれば夫婦じゃないってわかると思うんですよね。

大家族らしいので、大勢でガヤガヤ暮らしてたらあまり細かいことに気づかなくなるのでしょうか。それとも男の子ってそんなものなんでしょうかね。

理解不能な二つの話題でした。


.
   
いつも応援ありがとうございます → 
                                 人気ブログランキングへ


.
///////////////////////////////////////////

.
 

|

« 中国32番目の省? | トップページ | 情けない私たち »

コメント

小池さんが求めていたのは、豊洲にどんな不正行為があったかであって、豊洲には問題がないと言う情報じゃなかったってだけの事です。
また今回の政治的な懲罰人事によって、都職員からの協力を得る事はまず出来なくなるでしょうね。

投稿: 仮)山田二郎 | 2016年10月17日 (月) 14時40分

★仮)山田二郎さん

>小池さんが求めていたのは、豊洲にどんな不正行為があったかであって<

そうですね。
豊洲の汚染・設計変更問題と、豊洲移転にからむ利権や不正問題は分けて考えるべきということですよね。
人々はまだ前者を怖がってるみたいだし、共産党あたりはこれからも「こんなの出ました!」とか言って騒ぎそうですが。


>また今回の政治的な懲罰人事によって、都職員からの協力を得る事はまず出来なくなるでしょうね。<

そうなんですか。人事を刷新して権力基盤を確立するのが目的、などとテレビでは言ってました。

投稿: robita | 2016年10月17日 (月) 22時15分

>わざと知らせないで、恥をかかせてやろうとか陥れてやろうとか、そんな意図でもあったんじゃないかと思ってしまいます。

私たちでさえ、ネットで調べれば簡単に分かることです。なぜか、それは彼女の目的は、まず権力を掌握することだからしょう。自分を正義の味方と位置づけるには相手は巨悪じゃないと困りますからね。現場が気付いたやるべきことをやったことをマニュアル通りではない、命令に背いたと言うことで首を切るのは、全員をイエスマンに仕立てるためと思いたくなります。東京の未来、日本の未来は彼女にとってたいした関心事じゃないとますます思えるようになりました。そう考えると一連の行動に説明がつきます。実にあざとい人です。

投稿: さなえ | 2016年10月18日 (火) 05時58分

★さなえさん

>自分を正義の味方と位置づけるには相手は巨悪じゃないと困りますからね<

テレビや新聞など「表の世界」ではそれは成功していますね。
ネットの議論はいろいろあるようでよくわかりません。(もうほとんどblogosしか見ていないし、それも飛ばし読みだしcoldsweats02
いずれにしても、権力掌握は目的達成のためには欠かせないでしょう。
「調整型」でうまくいくならそうすればいいと思いますが、都庁の「闇」とやらがどんなものなのかわかりません。

>実にあざとい人です<

結果を出さなければ、ただの「あざとい人」で終わってしまいます。それは彼女の本意ではないでしょう。
時代や状況にもよるでしょうが、はたから見たらあざとく見える策略を巡らせるというのは、ある意味政治家として頼もしいかもしれません。
他の多くの女性政治家のきれいごとより小池さんのしたたかさに期待しています。今のところはね。

投稿: robita | 2016年10月18日 (火) 10時17分

私はね、小池さん、応援派です。
よくぞ清水の舞台から、ということだけでも、すごいです。
就任以来、お昼のテレビの格好の具になっていますが、尾ひれをいっぱいつけて報道されているのであって、筋を追っていく力があると(有能なブレインも含めて)、よい舵取り役になるのではないでしょうか。よい舵取り役が女性って、カッコいい!出る杭は打たれるです。それをものともせずの小池さんは、打たれ弱い私には、羨望の人です。

投稿: 案山子 | 2016年10月20日 (木) 12時38分

★案山子さん

ワイドショーは面白くするために話を盛ったり捻じ曲げたりするし、ネットは本音の論議もできるけど何が真実なんだかよくわからないです。小池さんには政治家としての力量があると思うので、都政の刷新のためがんばってほしいです。

投稿: robita | 2016年10月21日 (金) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/67937906

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 中国32番目の省? | トップページ | 情けない私たち »