« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月29日 (火)

架け橋

日本独特の左翼や対案なしに何でも反対の野党の厄介な様子はネットの中では普通に語られますが、ネットを見ない人、その中でも高齢者は偏向メディアの影響を強く受け、軍事に関して現政権は暴走をしているとの懸念を持つ人が多いようです。

ネットでは、左翼は劣勢で、その論理の矛盾や主張の根拠の乏しさはあらわになり、左翼以外の人にとっては戦後70年の間に溜まりにたまった垢が洗い落とされていくかのような爽快感を感じる場であると思います。

しかし、私たちはこの垢をネットの中だけで排除して気持ち良くなっているだけではいけないと思うのです。

ネットから離れれば、実社会では、地上波を独占するテレビ報道があり、根強い支持者を持つしぶとい新聞社があり、無意識にその中に浸る人々(主に高齢者)が大勢います。

国会では改憲勢力が3分の2になったとは言え、多数の国民の意識がこのままでは改憲に失敗するかもしれません。

先日の日曜日も高齢者の好むTBS「サンデーモーニング」では、相変わらず「権力の暴走」とか「立憲主義を守れ」とか、議論を一歩も前に進めさせないようなレギュラー陣のコメントでがっちり固めていました。

他国に作ってもらった変な憲法を、日本人が日本人の手で作り変えること(本当は改憲ではなく「自主憲法制定」でありたい)はすべての国民の願いであるべきなのに、その日本人自身が改憲を阻止しようとするのはまったくもっておかしな事態です。

視聴者を自分たちの思う方向に誘導することしか考えていない傲慢な番組は他にもありますし、それらは視聴率も高めなのです。
さまざまな見方や情報があることを伝える必要性を痛感します。

.
この記事の最後のほうにも書いたのですが、ネットを始めた頃に参加していた掲示板があります。 
年配者がお喋りをする場ですが、ちょっと訪ねてみたところ、今夏の参院選のことが話題に上っていました。
改憲は悪いことと思っているかのような認識なので、私は思い切ってそこに書き込みをさせていただきました。

______________________

突然の書き込み、お許しください。
私は10年以上前にyahoo掲示板に参加していた者です。
こちらのトピックにも少し書かせていただいたことがあります。

少し前、久しぶりに掲示板を開いてざっと読ませていただきました。
皆様の会話の中で気になったことがあったので、ずいぶん迷いましたが今日思い切って書かせていただこうと思います。

参議院選挙で改憲勢力が3分の2になったことを危険だと書いた方がいらっしゃって、それに異論を唱えられない空気があるように思いました。

国土防衛のために安保法を整備したり、辻褄の合わない現在の憲法(主に9条)を現実に合わせて手直しするのは悪いことでしょうか?

伺ってみたいことは山ほどあるのですが、皆様が楽しく会話なさっているところに乱入してせっかくの和気藹々とした雰囲気に水を差してしまうとしたら大変申し訳ないことです。

ただ、インターネットで活発に語られるまともな意見はなぜテレビや新聞に広がっていかないのか、どうしていまだに高齢者を中心に憲法9条が神聖視されているのか、国家生き残りという当たり前の課題に取り組む政権の姿勢がなぜ「暴走」などと表現されてしまうのでしょうか。私はいつもそう思います。

年配者もマスコミの論調を鵜呑みにしないでネット内の色々な意見に触れさえすれば、国防についての正しい理解が広がるのではないだろうかと私は思っています。

なぜマスコミは本当のことを伝えないのかについては、長くなるので省きます。
皆様はこうやってネットを利用していらっしゃいますが、匿名とは言え、お友達関係を築いておられる場で政治を語るのはなかなか難しいこととお察しします。

しかし国防は他人事ではなく、私たち国民全員に関わる日本の存立の問題です。勘違いや思い込みで判断を誤ってはならないと思います。

安全保障政策の重要性を国民に説明するのは政府の責任だと思いますが、国民の側からの能動的な態度も必要ではないでしょうか。政権を監視し、批判すべきところは適正に批判する力を持つためにも。

私はブログを開設して12年になりますが、主に「思い込まされた日本人」をテーマに、普通の主婦としてわかる範囲で書き続けています。

例としてこんな記事でも見ていただけたら幸いです。 → http://robita-48.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-44e5.html  

ネットと「表社会」をなんとかつなげることはできないだろうか、という思いでこちらにお邪魔させていただきました。

長々と申し訳ありません。

なお、この書き込みについては返信はご無用です。なごやかな場の雰囲気はどうぞそのままに。

よろしければ拙ブログまでどうぞお気軽にお越しくださいませ。
失礼いたしましたm(_ _)m

           robita (ブログ「幸か不幸か専業主婦」)
______________________

・・・と、こんな風な文章を載せさせていただきました。

私を覚えていてくださっていた方もいらして一応歓迎されましたが、皆さんがどう思われたかはわかりません。

でもこんなことでも少しずつやっていかないと、テレビと真実との間の溝は開いたままです。

現実社会で口にしにくいなら、ネットの中でできることをしようと私は思っています。

私は本音を言えば、改憲できないのならできなくてもいい、ただ、現憲法は日本が占領されていた時に、独立国としての主権がないまま、アメリカに作ってもらったものだということだけは国民として理解しておくべきだと思うのです。
.
    よろしくお願いします →  


.
////////////////////////////////////////////////
.
 

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2016年11月23日 (水)

革命脳

日本サヨクの主張(特徴)は、憲法9条堅持、安保反対、基地反対、原発即廃止、死刑制度廃止、偏向歴史観(日本を虐める国々に都合の良い)、反米なのにアメリカの占領政策に盲従、等々となっております。

これは反自民党政権というより、国家は国民の敵だという思考が根底にあるので湧き上がる主張と思われます。
ロシア革命あたりで思考が停止しているようです。

国体を根底からひっくり返さなければ国民は救われない、という正義感からなのでしょうが、我が国が民主主義国であることをすっかり忘れているみたいです。

「革命あたま」なので、「国民には本心を表す自由がない」との思い込みがあり、選挙という民主主義の根幹を否定するかのような言動をします。

革命という甘美な誘惑に囚われているので、国会前に人を集めて「国家権力の横暴を許すまじ!」と叫んで陶酔します。

とにかく国家は悪なので、死刑は国家による殺人である、などという表現が大好きです。

ですよね。


 
いつも応援ありがとうございます →  



.
/////////////////////////////////////


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

卑怯は許さぬ

小学校4年の時です。

授業中に先生が何か質問を出して、A君が指され、A君は立ち上がっておどおどと何かしらの意見を言いました。

A君は真面目でもないし勉強ができない子でした。A君の家はとても貧乏でいつも汚れたボロボロの服を着ていました。

でも、その時の意見は、拙いながらもなかなか優等生的な真面目なものでした。きっとこういう答えが望ましいのだろうと考えた上でのことだったでしょう。

すかさず、B君が「なんだよ。お前んちクズ屋じゃねえか」とヤジを飛ばしました。

B君は普段から生意気で野放図なわがまま坊主でしたが、そのヤジに対して、先生が「B君!」と大きな声で一喝しました。

B君はきまり悪そうな表情を見せ、A君は黙ってうなだれていました。

そのあと、先生は説教をするでもなく、何事もなかったように授業を続けましたが、私は子供ながらに「良いものを見た」という感覚を覚えました。

きっとクラスのみんなも同じように感じたと思います。
子供はきっとこういう単純なことで「正義」を心に刻んでいったのだと思います。

昔、まだ人権意識が低かった時代に、無邪気な子供が思いつくままに大人の前でも悪い言葉を包み隠すことなく平気で口にしていたということでしょう。
大人はそれを叱り飛ばすだけで済みました。

人権意識が高まり「差別やいじめはいけないこと」と誰もが知っている成熟した今の社会では、悪行動は地下に潜り、子供の世界でどんないじめが起きているのか、大人が把握しにくくなっています。だからいじめの解決は難しいと言われます。

「差別やいじめはいけないこと」を単なる知識として頭に入れておくだけで問題が収まらないのは明らかなのです。

やはり、これには低学年のうちの「正義感の涵養」が必要ではないかと私は思います。

道徳教育に力を入れたっていじめはなくならない、と言い続けるある種の人々がいますが、果たしてそうでしょうか。

教育学者の貝塚茂樹氏が産経新聞に「いじめ許さぬ道徳教育の使命」と題する一文を寄せています。

「学習指導要領において道徳教育が、『自己の生き方を考え、主体的な判断の下に行動し、自立した人間として他者と共によりよく生きるための基礎となる道徳性を養うこと』を目標としていることをわすれてはいけない」
と指摘し、『道徳教育をしてもいじめはなくならない』という傲慢な批判はもういらない。」と断じます。

私はこの意見に同感です。

なぜ「ある種の人々」が道徳教育で正義感を教えることに反対するのかについては、理由はわかっていますが今はさておくとして。
.
昔の子供がよく読んだ少年小説についての書評を引用して書いたことがあります。→ 「鞍馬天狗」 

何かと忙しい今の子供に本を読む時間はないかもしれません。
しかし、たとえ一冊でもいい、何時限費やしてもいい、道徳の時間を使って、わかりやすい勧善懲悪ものの少年小説を読んでみるのもいいじゃないかと思います。

子供だって、正義の行使には感動するのです。
.
 よろしくお願いします →  
                      


.
///////////////////////////////////////


.

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年11月18日 (金)

小林よしのりに告ぐ

小林よしのりさんの凄まじい櫻井よしこさん批判文を読みました。→「櫻井よしこに告ぐ」 

なぜあのように、見下し、蔑み、乱暴に罵りの言葉を投げつけるのでしょうか。

あんな言い方では相手を不快にさせ、頑なにさせるだけで、問題の解決にはつながりません。
「こういう可能性もあるのではないでしょうか」と穏やかに持ちかけるだけで、冷静な意見交換ができるのではないかと思います。

今まで何回も意見を申し入れたのに無視されたとか全く理解されなかったとか、そういう事情でもあったのでしょうか。
そうでないなら、一方的に激しく罵倒するのはどうかと思います。対立するだけです。

小林氏の言うように30年間にわたって天皇のお仕事ができないまま身をお隠しになるということはさすがにないでしょう。
しかし7・8年とか10年に及ぶという可能性はありますので、たしかに、小林氏の意見はなるほどと思えます。

日本の根幹を成す大事なことです。喧嘩をするのでなく、普通に話し合いをしてほしいものです。

小林さんは有名人で、人脈もあるでしょうから、終身天皇を主張している人たちに助言してあげることはできないのでしょうか?

何回でも申し入れをして向こうが拒絶するようだったら、その経緯をメディアで公表すればいいと思うのですけどねえ。有名人なのだから。

本当にわかってほしいのなら「わかってください」という真剣なアプローチが必要です。罵倒は逆効果。

本当に日本の行く末を案じているなら、「話をしよう」という態度が必要です。それが愛国心というものではないでしょうか。
.
 
 賛同いただけましたら
     クリックお願いいたします
                                                         


.
/////////////////////////////////////

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

まだまだテレビは左翼が主流だけれど

日曜日の午前中にお笑い芸人やタレントたちが集まって時事問題を話し合う「ワイドナショー」(フジTV)という番組があるのですが、これがなかなか面白い。

皆さん専門家ではないわけですが、普通のワイドショーのコメンテーターたちの凡庸な意見よりよほど胸に響くし納得できることを言ってくれるんですね。


昨日はアメリカ大統領選の話でしたが、こども漫才「まえだまえだ」のお兄ちゃん、高校生になった前田航基くんの意見が落ち着いていて感心しました。

「トランプになって日本中が慌ててるけど、アメリカにとって日本はアジア制圧の重要拠点なので米軍が撤退することはないと思います。だから日本が『どうぞ出て行ってくれてもいいですよ』というスタンスをとれば、逆に思いやり予算を下げさせる交渉もできるんじゃないかな、と思います。」
TPPについても、「アメリカの利益のための協定じゃなくなったら、その他の太平洋諸国で経済連携が結構うまくいくんじゃないか。アメリカが抜けるからってそんなに嘆くことはないと思います」と。

ネットなどで情報を取捨選択して自分なりの考えをまとめているのか、それとも親や教師などまわりの大人たちからの適切な示唆や指導ゆえなのか、ちかごろの若者の頼もしさが感じられるような光景でした。

ヘタな評論家やジャーナリストよりまともな考え方が一般国民の間に広がっていることの表れかもしれません。


.
 
どうかよろしくお願いします →  
                          人気ブログランキングへ


.
////////////////////////////////////////////


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

リーダーシップ

トランプ氏が大統領に就任したらアメリカがTPPから脱退する可能性が高いので、TPPそのものが成立しなくなるそうです。

で、民進党などは、「ここで日本がTPPを(本会議で)採決したら世界の笑い者ですよ」とか「TPPの採決はトランプ新大統領に喧嘩を売る行為」とかいって与党自民党に食って掛かってましたが、これは日本政府が悪いんですか?

せっかくみんなで積み上げてきた交渉事なのに途中で脱退すると言い出したアメリカのせいであって、日本政府を責めるようなことじゃないような気がするんですけど。

.
アメリカが脱退するなら、ちょうど良い、アジアとオーストラリア地域などで経済連携協定結べばいいと思うのですが、アメリカという巨大市場がなければ意味がないということなのでしょうかねえ。

でも、もともとTPPはシンガポールやブルネイなど4カ国で始めた小規模なもので、アメリカは後から入ってきたのでしたよね。

近隣諸国だけで協力し合おうということではなかったのかなあ。

メキシコのグアハルド経済相はアメリカ議会がTPPを承認しないのであれば、アメリカ抜きで協定を発効する道を模索すべきと語ったそうなので、それができるなら何もこんなに大騒ぎすることはないように思います。

いいじゃないですか。アメリカなんか入ってもらわなくて。

それこそ日本が「東アジア共同体」のリーダーとなるチャンスだ。

嘗て我が国はマレーシアのマハティール元首相から「日本よ、アジアのリーダーたれ」と発破をかけられたじゃありませんか。

「笑いものになる」などと卑屈な態度をとる必要がどこにあるんでしょうか。

.
   
よろしくお願いいたします →  
                           人気ブログランキングへ


.
/////////////////////////////////////


.
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月10日 (木)

古き良きあの時代

あんな突拍子もない人物が大国アメリカの指導者になってしまって、アメリカはいったいどうなる、日本はどうなる、世界は・・・とあちこちから悲鳴のような声が上がります。

でも、そんなに心配するほどとんでもないことにはならないんじゃないでしょうか。

たしかにドナルド・トランプ氏がアメリカ大統領に選ばれたことは意外ではありましたが、考えてみれば、アメリカは発展途上国ではないのですから独裁者一人の意向で好き勝手な政治が行われるとは思えません。

議会もあるし、マスコミの力も大きいのです。
大統領は決断はするけれど、そこに至るまでは多くのまともな人が関わります。

今日、安倍首相と電話で話したというトランプ氏は「アベノミクスを支持する。アドバイスをお願いしたい。日米同盟を堅持していく。」と伝え、結構まともだ、と政府関係者は評価したそうです。

さて、なぜアメリカ国民はトランプを選んだのでしょうか。

専門家の皆さんが口を揃えて言うのは、「格差拡大への不満から、思い切った変革をしてくれる大統領を求めた」、ということです。

しかしそれだけで政治経験のない人物にこんな勢いがつくものだろうか。

ひとつには、フェミニズムからの揺り戻しがあるのではないかと私は思うのです。

もっと言えばリベラリズムの「生真面目さ」「息苦しさ」からの解放を求める人々の存在が意外と大きかったのではないでしょうか。

トランプの差別発言がさほど減点とならなかったのはきっとそういうことなんじゃないかと思います。

人権を盾にした言葉狩り、女権拡張、理不尽をことごとく糾弾し正義をことあげする女性たちや女性化した男たちが締め上げるこの社会・・・、もううんざり・・・、そういった感情が膨らんでいたかもしれません。

「家族の結束力」がトランプの特徴のひとつでもあります。
知的な人々が主導してきた「洗練」「先進」を表すリベラリズムより、素朴なトランプの家族主義が受け入れられたとも考えられます。

どういう社会に息苦しさを感じるかは人それぞれです。

この世は、異なる考えや感性を持つ人たちによる「揺り戻し」の繰り返しではないでしょうか。

時が過ぎゆけばまた、保守的な社会が窮屈だと人は感じ、今リベラルに向けられるのと同じ言葉で保守的な人々が批判される時代がやってくるでしょう。

.
そんなことより、慰安婦問題で日本非難決議を主導していた日系議員マイク・ホンダ氏が下院議員選挙で落選したことのほうが私にはずっと大きなニュースでした。良かった。


.
   
よろしくお願いします → 
                       人気ブログランキングへ


.
/////////////////////////////////////////

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

闇市の闇

NHKの朝ドラ、主人がはまっていて熱心に見ているので、私も成り行きで一緒に見ています。
 
今やっているのは「べっぴんさん」。
子供服のファミリア創業者の話で、神戸生まれの私もよそ行きに着ていたその上品で可愛いデザインを懐かしく思い出します。
 
世間知らずのお嬢さんが商売を発展させていく苦労話はいいのですが、朝ドラの常で、戦中戦後の社会の描き方がファンタジック。

例えば今日、ヒロインの父親が、闇市を暴力で仕切る元締の男と相対して正論をぶち、説教するというカッコいい場面があったのですが、一般人があんな振る舞いができるような場所ではなかったでしょうねえ。

闇市といえば、(特に大阪や神戸は)三国人が幅を利かせ、警察さえも手を出せないところに、ヤクザ(というか任侠の世界の男たち)が制圧に乗り出していたといった状況だったらしいですから。

それともあの父親自身が闇市に睨みをきかせる顔役だったのでしょうかね。

しかしまあドラマなので、感動的に美しく盛り上げざるを得ないのでしょう。

.
そういえば、昔、知人の年配女性が杉良太郎のファンで、テレビ時代劇を毎週楽しく見ているのだけど、ご主人が時代考証的に矛盾する点をいちいち言うのでいやだと言っていたのを思い出します。
「うるさいなあ、もう。こっちは杉さまの顔を見たいだけなんだから、って言ってやるの」って言ってました。

そういうことなら、昔の少女漫画みたいな構成の朝ドラでも、その根強い人気にはそれなりの理由があるのかな、と思います。
あんまり文句ばかりつけてると、「うるさいなあ、もう。女優の可愛い顔を見るのが楽しみなだけなんだから」なんて言われそうです。

.
それはそれとして、ジャーナリストの故竹田圭吾氏の遺したtwitterの言葉には同意します。

≪『ごちそうさん』に限らないけど、戦時中を舞台にしたテレビドラマの主人公たちが、いかにも現代的な感覚で国家総動員法や言論統制に「良心からの抵抗」を試みるのがウソっぽくて苦手。そうした人々を善、反対の立場の人を悪と単純に塗り分ける物語設定もウソっぽくて苦手。≫


うん、実際の歴史を描く時に
あんまりファンタジーを織り込むとしらける。


.
    
いつも応援ありがとうございます → 
                               人気ブログランキングへ


.
///////////////////////////////////////

.
 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »