« 古き良きあの時代 | トップページ | まだまだテレビは左翼が主流だけれど »

2016年11月12日 (土)

リーダーシップ

トランプ氏が大統領に就任したらアメリカがTPPから脱退する可能性が高いので、TPPそのものが成立しなくなるそうです。

で、民進党などは、「ここで日本がTPPを(本会議で)採決したら世界の笑い者ですよ」とか「TPPの採決はトランプ新大統領に喧嘩を売る行為」とかいって与党自民党に食って掛かってましたが、これは日本政府が悪いんですか?

せっかくみんなで積み上げてきた交渉事なのに途中で脱退すると言い出したアメリカのせいであって、日本政府を責めるようなことじゃないような気がするんですけど。

.
アメリカが脱退するなら、ちょうど良い、アジアとオーストラリア地域などで経済連携協定結べばいいと思うのですが、アメリカという巨大市場がなければ意味がないということなのでしょうかねえ。

でも、もともとTPPはシンガポールやブルネイなど4カ国で始めた小規模なもので、アメリカは後から入ってきたのでしたよね。

近隣諸国だけで協力し合おうということではなかったのかなあ。

メキシコのグアハルド経済相はアメリカ議会がTPPを承認しないのであれば、アメリカ抜きで協定を発効する道を模索すべきと語ったそうなので、それができるなら何もこんなに大騒ぎすることはないように思います。

いいじゃないですか。アメリカなんか入ってもらわなくて。

それこそ日本が「東アジア共同体」のリーダーとなるチャンスだ。

嘗て我が国はマレーシアのマハティール元首相から「日本よ、アジアのリーダーたれ」と発破をかけられたじゃありませんか。

「笑いものになる」などと卑屈な態度をとる必要がどこにあるんでしょうか。

.
   
よろしくお願いいたします →  
                           人気ブログランキングへ


.
/////////////////////////////////////


.
 

|

« 古き良きあの時代 | トップページ | まだまだテレビは左翼が主流だけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/68401055

この記事へのトラックバック一覧です: リーダーシップ:

« 古き良きあの時代 | トップページ | まだまだテレビは左翼が主流だけれど »