« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月29日 (日)

頭が固い

今日のTBSテレビ「サンデーモーニング」≪風をよむ≫は「科学者と軍事」と題して、軍事目的で科学を研究することの危険性を訴えていました。

まず最初に、「来年度防衛費が5兆円を超える」だとか「F-35戦闘機の購入費が予算に入っている」だとか「首相が国会で日本独自の防衛強化を訴えた」だとか、軍事費を増大させている現政権がいかにも好戦的であるかのように印象づけ、

「科学技術の研究は軍事のためではなく、国民の幸福のためでなくてはならない」として現政権を危険視する池内了名古屋大学名誉教授の発言VTRを流します。

科学者でも、時々、こういうどうにも頭の固い人がいますね。戦後教育の弊害です。

日本が率先して軍備を拡大しているのではなく、日本を取り巻く環境の危険性が高まっただけなのに、防衛のための科学技術の研究を頭から否定する硬直した思考には驚くばかりです。頭が良いはずの人たちなのに。

これはすべて憲法9条の思い込みが土台になっています。日本の手足さえ縛っておけば安心、という思い込み。
.
しかし、番組のレギュラーコメンテーター達が「防衛強化」に批判的なコメントをする中、外交評論家岡本行夫氏が「私はこの池内さんの考えには違和感を感じます」と申し訳なさそうに話し始めました。

「技術自体に罪はない。軍事技術を防衛のために使っちゃいけない、というのはおかしい。国民の幸福は平和であることが前提。その平和を守るための国防の研究を罪悪視する国など日本以外にない」と、至極当たり前の発言をしていました。

こういう番組に綿密な事前打ち合わせがあるのか台本があるのかよく知りませんが、岡本氏のようなまともな考えを持つ人を出演させるようになったということは、反日極左のサンデーモーニングも少しは変わり始めたということなんでしょうか。

いや、まあ、最後はやはり岸井成格氏の「ここ数年日本は軍事的に暴走しているので怖い」というコメントで終えてましたから、来週からまた同じような「すべて日本が悪い」路線を続けるんでしょうけど。

.
左翼活動家たちが何らかの目的があって政権を悪者に仕立て上げようと意図しているのはわかりますが、地上波のテレビ番組というのは多かれ少なかれそういう思想に影響を受けた人々が作っています。

時の政権が、国民を思うまま支配するために何か悪だくみをしている、という発想をしてしまうのが、まさに「革命アタマ」だと思います。 

そりゃ、アメリカのようにドナルド・トランプみたいなのが出てきたら不安にもなるでしょうが、日本の安倍首相がいったいどんなトンデモ政策を発表したり実行したりしたというのでしょうか。

集団的自衛権や特定秘密保護法や共謀罪の問題でもそうなんですが、人権に配慮しつつできるだけ国益に叶う形で法整備しようとしても、右翼だ、暴走だ、危険だ、日本が滅亡する、と騒ぐ人たちが出てきます。

頭から否定して拒否するだけでは、議論に入ることもできません。

そもそも、この国は、言論の自由もあるし、選挙もあるし、王族が代々支配する独裁国家ではないのです。

政権が国民を騙して悪い法律を作ろうとしているというなら、首相も与党政治家たちも引退して「普通の国民」になった時、自分たちだってその被害をこうむることになります。

自分たちにも都合の悪い法律を作ってやろうだなんて普通は考えないでしょう。→「みんながみんな国民」 

政権のやることなすこと「暴走だ」と騒ぎ立てる前に、冷静になって話し合いができる状態にしてほしいものですね。

.
 いつも応援ありがとうございます → 


.
////////////////////////////////////


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

思い込みの人生

BLOGOSでこんな記事をみつけました。→「でんでん騒動」に思う 

何のことかしらと検索してみたら、安倍総理が参院での答弁で「云々」を「でんでん」と読み、ネットを中心に反安倍勢力が喜んでいるということのようです。

たしかに 井戸まさえ氏の言う通り、
≪よもや、生まれてから61年間、「云々」という言葉と出会ったことがなかった、もしくは読みを誤解したまま過ごしてきたというのはちょっとした衝撃ではある。≫には同感です。

私も麻生太郎氏が総理大臣の時に「未曾有」を「みぞうゆう」と誤読したのを、今までの長い人生、ずっと勘違いしたままできたなんて信じられな~い、とびっくりしたものです。

しかし、思い出すのは私自身、50歳前後だったと思うのですが、「最期」を「さいき」と読み、小学生だった末っ子に「それ、『さいご』って読むんだよ」と訂正されたことがあります。

だって、「学期(がっき)」とか「前期(ぜんき)後期(こうき)」とか「末期(まっき)」とか「終末期(しゅうまつき)」とか言うじゃありませんか。なんで「最期」だけ「さいご」なんですか。
「さいご」だなんて「最後」と混同しちゃうでしょうに。 

まあ、「末期」は「まつご」とも読むし、「一期一会」なんてのもあるにはありますけどね。

でも、漢字の読みは慣習で定着するものなんでしょうから、ひとり抵抗したって仕方がないので、その時、しっかり覚えました。

それにしても、私は何十年も間違った思い込みをしていたんですね、誰にも訂正されないまま。そういうこともあるんです。

東大出てるのに、教師なのに、弁護士なのに、そんなことも知らないの?・・・なんてことは世の中よくありますよね。

でも、漢字の誤読ぐらい、その人の仕事の大筋には関係ないので、そんなに問題にすることもなかろうと思います。

鬼の首を取ったように「安倍は馬鹿だ」とはしゃぎまわっている人たちだって一回や二回はそういう経験あるんじゃないですか?

ただね、井戸さんが、
『「総理より漢字が読める」というちょっとした優越感に揺さぶられて、活動の万能感につながらないことを祈る。』と、反安倍勢力を戒めているのには同意するけど、

『反トランプの集会等を見ていたら、何か声をあげねば的な思いがつのるのもわかる。
自分の暮らす国でも同じような危機が存在する。
正しいことを言っても、なぜか選挙では勝てない。』

というのはねえ・・・。

正しいのに選挙に勝てない、ってすごい思い込みですよ。


.
 よろしくお願いします → 



.
//////////////////////////////////////////

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土)

アメリカはアメリカ

トランプの不支持率が支持率を上回っているのがニュースになってますけど、かといって、ヒラリー・クリントンが当選していたとしてもやっぱり拒否反応を示す人は同じぐらいいたかもしれませんよね。

大統領に立候補するのは立派な人じゃなくて変な人ばかりで、アメリカも人材不足ということかしら。優秀な人(立派な志を持った人)は政治家なんかにならずに他の職業に就くんでしょう。

政治家の中にも立派な人は少なからずいるのかもしれないけれど、台頭するには色々な要素が必要でしょうから仕方がないことかもしれません。

アメリカの大統領が誰になろうと、日本はアメリカとの同盟関係は堅持しなければならないでしょう。

ロシアとの友好関係の構築・経済協力も進めながら、大国の狭間で安倍政権はバランス良くやっているのではないでしょうか。

昨日、例のTBSラジオ「荒川強啓デイキャッチ」を聴いていたら、例の宮台真司教授が、安倍首相の施政方針演説を酷評していました。

「日米同盟強化」の方針に、
『アメリカが変化しているのに安倍政権はまだアメリカ「ケツなめ路線」で行こうというのか』と。

相変わらずですねえ。この人は安倍さんが嫌いで嫌いで仕方のない人で、いつも番組中必ずと言っていいほど安倍さんの悪口と、よほどこの言い回しがお気に入りなのか「ケツなめ路線」という言葉を入れてきます。

で? 

アメリカ大統領が変わったのにまだ日米同盟重視にこだわる安倍はバカだと言うなら、どうしろっていうんですかね。

中国は虎視眈々と日本を狙ってますよ。日本単独で防衛するの?核武装するの? 恐ろしいよう。

司会の荒川氏も宮台氏の御託宣に感心ばかりしてないで、もっと具体的な突っ込みをしないと、あの番組を熱心に聴いている善良なお爺さんお婆さんたちの教育上よろしくないですよ。

.
 いつも応援ありがとうございます → 


.
       
             「防衛の意味」 

.
///////////////////////////////////

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月19日 (木)

騙されてやろうじゃないの

共産主義者は狡猾で、資本主義経済に移行した国でも、共産主義的体質は変わりません。

自由と民主主義の国々だって国益のために陰謀をめぐらすでしょうが、共産主義者は手練れでスケールが大きい。

日米開戦は資本主義国同士を戦わせ弱らせて共産圏を拡大するためのソ連の陰謀、というのはよくある「陰謀史観」として片づけるわけにはいかないようです。→ http://www.sankei.com/column/news/170115/clm1701150008-n1.html

同じようなことは現在も起きています。

中国寄りの台湾国民党をせっせと支援し、台湾の分断を図る中国。

反日を盛り上げ、日米韓の防衛態勢に亀裂を入れようとする北朝鮮の工作活動に見事に乗せられてしまう韓国。

そして、70年もの間、共産主義者の工作活動に騙されっぱなしで、今もなお騙されたままの人が少なくない日本。

今となっては、冷戦時代の「資本主義」対「共産主義」という対立構造ではなくなったけれど、大国の覇権主義は変わらず、新たな対立構造が生まれています。

とりわけ中国の台頭は、アメリカの主張してきた「自由と民主主義を守る」という動機からではなく、まさに世界に君臨する権力を手にしようという勢いです。

CIAの陰謀を暴くつもりなのか、ハリウッドの映画監督などは、スノーデン事件を映画にしたようですが、「世界を監視するアメリカ」と、「共産主義的謀略体質の国」、どっちがどのくらい怖いんですか?と私は聞いてみたくなります。

自由な国のそういう人たちの正義の行動は、狡猾な覇権国を利することになるのではないか、はたまた、CIAの個人監視のほうが世界にとってずっと脅威なのか、なんて普通の人に判断できるものでもなく。

「私はどっちもイヤ」なんて言えない事態であることを理解するしかないでしょう。

国なんてものがあるかぎり、人間はそうなるものだから。

.
 いつもありがとうございます →  


.
///////////////////////////////////////

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

取り戻しつつある日本

昭和45年に割腹自殺した作家の三島由紀夫が、その9か月前に受けたインタビューの録音テープが、未公開のままTBSに保管されていたことがわかりました。

2・3日前、TBSラジオでその音声が流されていたのを聴きました。


私は高校生の頃、至近距離で三島由紀夫にじっと見つめられたことがあります。・・・いえ、別に驚くようなことではないのですけどね
wink

家族で伊豆のリゾートホテルに滞在していた時、建物からプールに続く出入り口で、プールから戻ってきた三島と出会いました。私が道を譲られて会釈し通り過ぎる間のことです。

すれ違う人間から目をそらさないのは、武人としての習いなのでしょうか。澄んだ綺麗な目でありました。

件のインタビューではこんなことを言っていました:

「僕がなぜ軍人が好きかというと、理由は単純で、純粋な人というのは軍人の中にいるから。僕は純粋なものが好きなんです。」

長い間「放送禁止」の扱いで未公開のまま倉庫に眠っていたのは、「憲法9条は偽善」「軍人が好き」などという大作家の言葉はTBSにとって甚だ都合が悪かったからでしょうね。

今「こんなものが出てきた」と公開したのはどういういきさつがあってのことでしょう。

.
三島の行動は理解できないけれど、「このまま行ったら日本はなくなって、無機質な経済大国が極東の一角に残るだけだ」と三島が国を憂えた心情は当時の日本人にとって多かれ少なかれ共感できるものであったかもしれない。

しかし46年たった今、日本は当時より美しくなったんじゃないでしょうか。


「このまま行かなかった」んですよ、三島さん。日本は懸命に美しさを取り戻す作業をしている最中なんです。


.
  .応援ありがとうございます → 



.
//////////////////////////////////


.    

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

来月69歳になります

ブログランキングのカテゴリー登録を「年代別・60代」に変えてみました。

なるべく多くの人に読んでいただきたくて、以前も「専業主婦」と「社会・経済」を行ったり来たりしたことがあったのですが、あまり効果もないまま結局「専業主婦」に落ち着いていました。

しかしやっぱり活動範囲を広げねばと思い直してこちらに登録し直してみると、なんと応援クリックが増えたのです。ありがとうございます。

こちらのカテゴリーの方々にしてみれば、知らないおばさんがいきなりやって来て大きなお尻で座席のすき間にぐいぐい割り込むかのような印象を持たれたことと思います。申し訳ございません。

でも聞くところによると「クリック代行」業者を利用する人もいるらしく、それならば正々堂々と図々しさを発揮したほうがずっとましだと思いました。

ブログを書き始めて12年半。日本人の間違った思い込みについて書いてきました。

あまりそういうことを考えたことのない方々になんとか届かないものかと、あれこれ工夫しながら続けています。

.
 応援ありがとうございます → 


.
////////////////////////////////


.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

責任の所在

朝日新聞が社説で韓国慰安婦像撤去に関する政府の対応を偉そうに批判している、と木走正水氏が書いていまして、コメントも多数集まっています。→
http://blogos.com/article/205145/

慰安婦問題を捏造し、韓国に日本憎悪を植え付け、日韓関係を修復不可能なほどに悪化させた張本人がどの面さげて言うか、ということですね。

たしかに、原因を作った朝日新聞には重大な責任がありますが、「事実でない」ということをはっきり言わないでここまで来てしまった政府も悪い、とはよく言われます。

しかし、なぜ政府は「事実でない」とはっきり言わなかったのでしょうか。その理由はこうです。

日韓合意についての記事でも書きましたが、
ちょっとでも反論すると激昂して話を続けることができなくなるので、韓国との交渉はものすごく難しい」 と言う政府関係者の述懐を新聞で読んだことがあります。

しかし、問題は、激昂する韓国に何も言えなくなってしまう気弱な政府というより、日本国民にあります。

私はよく覚えているのですが、昔から慰安婦強制連行や南京大虐殺など、流布されている「日本軍の悪行」に異を唱える政治家はいました。

そして「強制連行はなかったのではないか」と発言する閣僚も時々いました。
その途端、朝日新聞を始めとする大マスコミがこぞって大批判を繰り広げ、左翼マスコミに洗脳されていた大多数の国民も騒ぎ立て、韓国や中国も一斉に「反省してない日本」を非難しました。

つまり、はっきり言えなかったのは、「事実でない」と言えば政権が危うくなるほどの騒ぎになったからでしょう。

責任は国民にあります。

自分たちがどんな風だったのかしっかり思い出して、今からでもできることは、原因を作った朝日新聞に「強制連行や性奴隷の事実はないのです。誤報を繰り返したことを私たちは反省しています。ごめんなさい。もうやめましょう」と、韓国の民衆に向けて発信させるよう、運動することです。

まずは、反省していない朝日新聞にダメージを与えることです。

.
先日、74歳になる姉が久しぶりに一人でやってきました。
たまに会いますが、子供や孫が一緒のことが多いので、これまで政治の話などすることはありませんでしたが、「早朝に新聞を読むのが楽しみ」と言う姉がまだ朝日を愛読していることを知りました。

たぶん、「育てた読者に縛られて」 で書いた叔母と同じく、家庭欄とか天声人語などのコラムを楽しく読んでいるのだろうなと思いつつ、妹と二人で、新聞変えたほうがいいよ、と説得しました。

納得したようでしたが、果たして変えたかどうか。

しかし、姉によると、住んでいる団地では朝日新聞購読者が多く、全体の雰囲気は「反安倍政権」のようです。

そんな中で姉だけが違うことを言えば「右翼」だなんて言われてしまうでしょうね。

だから、朝日新聞購読をやめましょう、という運動は難しいのですが、せめてこうやってネットで訴えていかなければと思います。

購読数が今よりもっと減ることで危機感を味わってもらわなければ朝日は変わらないでしょう。

それとも、購読数が激減しても莫大な資産があるから食いつぶしながら細々とごまかしの言論を続けるだけでしょうか。

それでも、解約が増え続けることは強いメッセージにはなると思います。

.
朝日新聞が韓国に向けて自身の反省の弁を大々的に発信すれば、当面は活動家たちの反発もあるでしょうが、押さえつけられていたまともな韓国国民が意見が言えるようになり、徐々に日韓関係は良くなっていくのではないでしょうか。

もし朝日新聞が日韓関係が悪いのを本当に憂慮しているなら、元凶を作った者として罪滅ぼしの意思を持てば済むことです。


.
もう少し応援いただけないでしょうかcoldsweats01 
              どうかお願いいたします  shine shine



.
///////////////////////////////////


.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

「この世界の片隅に」 2

アニメーション映画「この世界の片隅に」が大絶賛上映中だそうです。

映画はまだ見ていませんが、原作漫画はずいぶん前に読んで簡単に感想を書きました。 → http://robita-48.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_0731.html

戦時下の庶民の生活がのんびりしたタッチで描かれています。

戦争中はたしかにモノ不足で不自由はしていたけれど、人の感情は平時と変わらず、非常時には非常時に合わせた生活を工夫し、「あるものでなんとかする」という昔の人の逞しさが感じられます。というか人間は本来そういうものでしょう。

一方で、女性たちがストレスに苦しむ現代社会。

例えば、BLOGOSに載せられた「男尊女卑のお正月」「”初詣にベビーカー”問題の本質」で述べられるように、現代の女性たちの悩み苦しみのなんと深いことか。

便利で楽しい生活と豊富な知識・情報を手に入れたにもかかわらず・・・、いや、それゆえの苦悩と言えましょう。

井戸まさえ氏は書きます;

≪子育て真っ盛り時代にかかる過剰なストレスが、
外食したい、旅行に行きたい等々、子どもがいなかった時代と同じように楽しまなければならないという「無理くりオーダー」を自分に課し、ドツボにハマって行くというパターン。≫

.
知ることと知らないでいることのどちらが人を幸せにするか、などという二者択一の問題ではないにしろ、「自由と民主主義が人間社会をだめにした」だとか「もう経済発展はしなくていいじゃないか」とか、現代社会の失敗や軋みの数々を、そういった言葉に託す知識人は少なくありません。達観してるんだか青臭いんだかわかりませんけど。

そういう言葉や女性たちの切実な訴えを耳にするたび、私はつい「そんなら女は家事育児に専念するとか、大家族で住むとかすればいいじゃないの。案外今よりマシかもしれないよ」と思ってしまいます。

.
 いつも応援ありがとうございます → 


.
/////////////////////////////////////////


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

守るために変える

NHK「2時間でまわるルーブル美術館」を見ました。

南海キャンディーズの案内(語り)によるルーブル見学です。

芸術は歴史に沿った「伝統と革新の融合」であることが、駆け足の鑑賞で説明されました。

「伝統」と「新しい発想」との融合は、当初は反発が激しかったかもしれません。でも奇異に見えていたものが、時とともに受け入れられるようになるのは自然なことだと思います。

関わる人の「気分」や「勇気」あるいは「必然性」によって伝統は変化しても別に不思議ではないのですよね。

.
新年最初の「朝まで生テレビ」(テレビ朝日)で皇室についての討論をやっていました。
台所で作業しながらなので全部は見られませんでしたが、なかなか意義のあるものだったと思います。

出演者の中で、旧皇族の家系の竹田恒泰氏だけが終身天皇と男系を守るべきと主張していて、形勢不利の状態でした。

男系を守ることについて、「男系にこそ天皇の存在意義がある」という竹田氏の考えはよくわかります。突然別の家系に引き継がれることになったら、それは敬うべき存在となり得るのか、という疑念もよくわかります。

これに対して民進党の細野豪志氏は、「(竹田さんの)気持ちはよくわかるが」と理解を示した上で、「でもこのまま悠仁さまだけに希望を託して打つべき手を打たないでいると天皇制は崩壊してしまう。私は日本には天皇が必要だと思っている」と切々と訴え、その真摯な態度は好ましいものでした。

すごく感じが悪かったのは、東大教授の井上達夫氏。

天皇制はなくすべきと考えている井上氏は、完全に小馬鹿にした言い方で竹田氏に反論していました。

細野氏と井上氏、どちらが討論を実りある到達点に導きうるかというと、もちろん細野氏です。

井上氏のような不遜な態度で対論者に突っ込むのは、自分は気持ち良くなるかもしれないけれど、相手の反発心を煽るだけで議論は収斂されていきません。
物事に折り合いをつけるのは大事ですから、そういうやり方はよくないです。

学者や評論家は思うままに持論を主張し喧嘩してもかまわないが、落としどころを探り上手にまとめるのが政治家、ということでしょうか。

天皇制を持続させるためにこそ制度を変える必要がある、というのは順当な考え方ではないでしょうか。
長年続いたからといって、そのことだけに固執するとすべてを台無しにしてしまう。
「変わらずに生き残るために変わらなければならない」ということでしょう。

.
 今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m  → 


.
「変わらずに変わる」 コメント欄: 映画「山猫」の台詞について  


.
////////////////////////////////////


.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »